FC2ブログ

機能強化加算

他のクリニックを受診したところ・・・


私はランニングを趣味にしているのですが、11月末に今年度最初のフルマラソンを控えています。本番まで練習時間も残り少なくなってきたこともあり、いつもよりハードな走り込みをして、本番前になって足首が急に痛くなってきました。これはまずいと、先日、近所の外科に診察に行きました。ここの先生は、「日本医師ジョガーズ連盟」に加入されている方で、先生自身もランナーです。先生は、医師+ランナーとして、私の気持ちを汲み取って話をして下さり、適切なアドバイスも頂き、とても満足して帰ってきました。

さて、帰り際に領収書に目をやると、なんと「機能強化加算」を算定しているではないですか。これはこの4月から新しく導入された新点数。私のクリニックでも院長に算定をするかどうかと試みたのですが、全ての条件に当てはまることが出来なくて諦めたもの。算定しているクリニックさんも実際あるのだなあ~としみじみ思いながら帰宅についた次第です。

機能強化加算(80点)

機能強化加算は80点という点数ですが、全ての初診料にプラスすることが出来ます。
条件は以下の通り
【告示】
ア 次のいずれかに係る届出を行っている。
①A001の注12地域包括診療加算
②B001-2-9地域包括診療料
③B001-2-11小児かかりつけ診療料
④C002在宅時医学総合管理料(在宅療養支援診療所(B004退院時共同指導料1に規定する在宅療養支援診療所をいう)。以下同じ)又は在宅療養支援病院(C000往診料の注1に規定する在宅療養支援病院をいう。以下同じ。)に限る)
⑤C002-2施設入居時医学総合管理料(在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院に限る)

イ 地域において包括的な診察を担う医療機関であることについて、当該保険医療機関の見やすい場所に掲示している。

【通知】
次のいずれにも該当する。
ア 診療所又は許可病床数が200床未満の病院である。
イ 次のいずれかに係る届出を行っている。
①A001の注12地域包括診療加算
②B001-2-9地域包括診療料
③B001-2-11小児かかりつけ医診療料
C002在宅時医学総合管理料(在宅療養支援診療所(B004退院時共同指導料1に規定する在宅療養支援診療所をいう)。以下同じ)又は在宅療養支援病院(C000往診料の注1に規定する在宅療養支援病院をいう。以下同じ。)に限る)
⑤C002-2施設入居時医学総合管理料(在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院に限る)
ウ 地域におけるかかりつけ医機能として、健康診断の結果等の健康管理に係る相談、保健、福祉サービスに関する相談及び夜間・休日の問い合わせへの対応を行っている医療機関であることを、当該医療機関の見やすい場所に掲示している。

簡単そうで全部条件をクリアするのには大変そうですね。特に在宅をメインに診療しているところなら、条件もクリアできそうです。

まとめ

診療報酬改定当初、+80点は大変大きいので、当院でも在宅時医学総合管理料を算定しているし、これはいける!って思ったのですが、やはりそう簡単にはいきませんでした。

在宅時医学総合管理料を算定していても、在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院に限るようですし、院長に相談したところ、夜間休日まで対応するのは今の体制では無理とのこと。

もし、条件に合う医療機関さんでも、届出が必要で、かつ「健診結果の相談に応じますよ~夜間の問い合わせにも応じますよ~」と書いたものを院内掲示する必要があります。



スポンサーサイト

妊婦加算炎上?

妊婦加算について昨日のTBS「あさチャン」見ました?


家庭によって、何故だか朝見るニュースって決まってますよね。我が家では子供たちが小さかった頃はフジテレビのめざましテレビだったんですけど、子供たちが大きくなってからは、夏目さんの司会の方が気持ちが落ち着くので、TBSの「あさチャン」を見ています。朝のニュース番組って内容をみるというより、流してるといった感じ。出勤までの忙しい時間を管理するために、時計代わりに利用している人も多いのではないでしょうか。

さて、昨日の「あさチャン」を何気なくみていたら、突然「妊婦加算」についての番組が始まりました。私たち医療事務関係者には、すっかり定着した妊婦加算ですが、一般の方から、「なんだこりゃ!」と話題になっていたようです。番組の内容は、こんな感じでした。

妊婦加算も登場。
今こそ知りたい!得する医療費節約術。
妊婦加算は今年4月から。
病気やケガなどで妊婦が医療機関を受診すると保険適用内だと診察料に上乗せされるもの。
厚生労働省によると、妊婦には慎重な対応が必要だからだという。
医師・医療ジャーナリスト・森田豊によると妊婦の診察を敬遠する医師もいたという。
妊婦加算は医療体制を強化する目的で導入された。
他にも乳幼児加算、時間外加算、深夜加算、休日加算などもあり、緊急時以外は診察時間内に受診したほうがよい。
薬局でも夜間休日等加算などがある。
お薬手帳を持参すると得。
かかりつけ薬局を作ると得。
SNS、セルフメディケーション税制、ドラッグストア、コンビニについて言及。



元バレーボール日本代表・大林素子のスタジオコメント。










他にもネットを調べてみると妊婦加算は結構批判的にとらえられていて、yahooニュースでも取り上げられていました。




患者の立場で考える



私はどうも今まで医療事務の立場でしか物事を考えていませんでした。妊婦さんが診察に来られると、確かにドクターは処方内容など慎重になり、薬局と相談をしたり、処方内容を調べたりと結構手間がかかります。患者さん本人とお腹の中の赤ちゃんのために、ひと手間かかるのだから、加算がつくのはある意味当然ではないか。と思っていたのですが、世間では「妊婦税」とまで言われているのです。患者を差別しているかのような印象も持たれている「妊婦加算」。完全に悪者扱いになっていました。当院でもこの半年で数人の妊婦加算を算定しましたが、患者様に納得いくように加算の意味を伝えたかどうか?となると自信がありません。何気なく算定してしまったなあ~と反省した次第です。診療報酬改定などは、一般の人は詳しい情報を知らないことが多いもの。院内に目につきやすいように掲示すること、丁寧に説明を行なうことが必要ですね。




診療報酬改定から半年 返戻に注意


気が付いたら診療報酬改定から早半年が過ぎました。妊婦加算のレセプトも正しく記載出来ていますか?妊婦加算の場合、レセプトに「当該患者が妊婦である旨を記載する」必要があります。妊婦加算だけでなく、他のレセプト定型文も9月までは、返戻されなくて大丈夫だったものも、10月以降は正しく入力しないと返戻されてきますので注意が必要です。

過去のブログで妊婦加算についてまとめてあるので、のぞいてみてくださいね。→妊婦加算について




まとめ



「立場が変われば見方も変わる」妊婦加算はまさにそんな感じですね。「自分が患者だとしたら。」「自分がお金を払うとしたら。」そんな気持ちでいつも対応していきたいものです。患者様に医療費のことに聞かれたら、分かりやすくすぐに答えられるそんな医療事務を目指せるといいですね。

医療事務お勧めのレセプト本

レセプトお疲れ様です


レセプトシーズンになりました。皆様忙しく業務に携わっている頃かと思います。10月はインフルエンザワクチン接種も始まり、大忙しの毎日。その合間に業務を遂行していると、どうしても他のことがおろそかになったりするもの。今日も院長から、「今月のレセプト、病名が抜けてるの結構あるよね~。」などと嫌味を言われてしまいました。(ちなみに当院ではレセプト点検は院長と事務との共同作業です)当院の院長は完璧主義者。見つかった病名漏れは、数件。しかし、数件のミスも顔で笑って心で許してはくれません。病名が抜けた返戻など、もってのほか。事務の怠慢と不機嫌な態度を取られます。今日も「給料下げるぞ!」とまでは言われませんでしたが、その勢いで嫌味を言われてしまいました。

「君たちを事務のプロだと思って雇ってるんだから。」嫌味の後は必ずこの台詞。確かにそうなんですけどね。機械じゃないんだから時々そんなことも起きますわ。って心の中では思うんですけど。甘いですかね~。




書籍代に5万円?!





嫌味な厳しい院長の基で4年間仕事をしたお陰で、レセプトには強くなりました。ある意味感謝。しかし最初からこうだった訳ではありません。知識をつけるために結構、医療事務関連の本は読み漁ってきました。中でも医学通信社の本は粒ぞろいなものが多いので、とても勉強になります。少しお値段が高いのが玉にキズですが。この4年間で使った書籍代は5~6万円ほど。医療事務の点数、仕組みは改訂ごとに変わるので、中古品では役に立たない場合も多いので、常に最新版を揃えていっていると、こんな値段になってしまうのです。

特にAmazonがお気に入りなので、医療事務関連だけでなく、気になった本はすぐにぽちっと購入してしまう性分。半分くらいは「あっ。これ失敗。」と思うものもありますが、買ってみないと成功も失敗もわからないもの。

今日は私のお勧めの最近出た(これから出る)レセプト関連書籍を紹介します。




医療事務お勧め本












まずはこれ!医学通信社出版の「プロのレセプトチェック技術2018-2019版」です。私は毎回新しい年度のものがでると、必ず購入しています。

お勧めポイントは、


  • 請求漏れの事例が、具体的に書いてあること!


返戻、若しくは再審査の時に、まずは自分の事例と同じものがないか探してみて、私は何回かこれに助けられたことがあります。全く同じ事例とはいかないまでも、同じようなケースが書いてあったりして、非常に見やすいです。全部に目を通していなくても、目次で検索できるので、辞書のように使うことが出来ます。




次にまだ未発売のもので、私が今回初めて購入しようと予約をしているのは、同じく医学通信社の「請求もれ・査定減ゼロ対策2018-2019年版」という本です。医学通信社のホームページで内容を斜め読みしただけですが、レセプトチェックって何をしたらいいんだろうと思っている人には参考になりそうな本です。私は我流でレセプトチェックをしているので、一度目を通してみて自分のレセプトチェックの技術を見直したいなあと思って予約しました。実際本が届いたら、またブログで紹介しますね。




まとめ


11月に入り、すっかり秋らしく、寒くなってきましたね。秋の夜長に読書はぴったり。医療事務の本もいいですが、寝る前に小説を読むのも中々いいものです。今、読んでいるのは村上春樹先生の「東京奇譚集」。18歳で「ノルウェイの森」に出会った以来のハルキストですが、この本はまだ読んだことがなくて、「ハナレイ・ベイ」が映画化されたこともあり、単行本を購入しました。その中の一つが「ハナレイ・ベイ」で、その他の短編集のどれもこれも期待を裏切らない小説ばかり。すっかり夜更かしの毎日です。

診療所はやっぱりイイね。

診療所の昼休み


最近、ブログをご無沙汰しております。というのも、仕事もプライベートも忙しく、パソコンのスイッチを入れて、そのまま机に突っ伏して寝てしまうという毎日でして。(はい、言い訳ですが・・・)

というのも、時は秋。マラソンシーズン真っ只中。今日は淡路で10K、来週は大阪でハーフ、そしてその2週後には、京都で今年初のフルマラソンの予定で。その後も春のオフシーズン期までマラソン大会の予定、予定、予定。仕事の合間の昼休憩は、絶好の練習時間と、近所の公園を走っています。

午前診が早く終われば、午後診までの間まで2時間半の時間が確保できるので、他のスタッフも自分の家に帰って一息休むもよし、夕飯の買い出しに行くもよし、スポーツクラブでひと泳ぎするもよし。と自由に自分の時間を使っています。

先日、昔の病院時代の友人たちとごはんを食べに行く機会があり、「昼休みにランニングをしている。」と話をしたらとても驚かれました。私としては、「昼休みが短くても夕方早く終われる病院勤めはいいなあ。」と思っていましたが、病院勤めの友人から「私なんか夕方早く帰れたとしても、一回家に戻ってオフになったら、却って何もしたくなくなるもんだよ。同じオフ時間でも、限られた時間だからこそ、有効利用しようって思えるんじゃない。」と言われて、診療所勤めで良かったなあと思った次第です。






診療所の仕事内容


同じ病院勤めでも、規模の大きさによって仕事内容は変わってきます。いわゆる大病院に勤務している友達に聞いたところ、今は、受付専門だとのこと。私と一緒に仕事をしていたころは、診療報酬の本を片手に会計画面を鮮やかに操っていた彼女なのに、今は全く診療報酬には関わっていないとのこと。もちろん異動もあるらしいのですが、どこも仕事が細分化されていて、他の部署のことはさっぱりわからないとか。

それに比べて、診療所は受付、会計、診療報酬、レセプト、ドクタークラーク、と仕事内容は多種多様。敷地の葉っぱの掃除から、院内のトレイ掃除まで、何から何まで広く浅く仕事に携わることが出来ます。やはり、仕事内容からみても、診療所勤めで良かったなあと思った次第です。




診療所の人間関係


これも病院勤めの友人から聞いたことですが、友人は派遣会社からの委託でその病院に勤めているのですが、どうも派遣会社が2社入っている上に、病院直の雇われ事務もいるらしく、3つの会社で、病院内の仕事を分断して受け持っているようです。同じ事務同志でも、会社が違えばユニフォームも違うし、立場も違うということで、中々仲良くなることが出来ないそうで。一つの病院をシェアしているのですから、大変なのは想像できますよね。一つの国に三つの民族がいれば、上手くいかないのと同じですね。

それに比べると、診療所はスタッフの数が少ないこともあり、仲良くならざるを得ません。一人気に入らないからと言って、その輪を崩すことなどあっては、全く上手くいかなくなるでしょう。嫌いなタイプの人とうまくやるのは大変ですが、でも長く側にいると、いいところも見えてくるもので、診療所でなかったらきっとその人の良さも気付かずにただ避けていただけかもしれません。やはり、そこは診療所こその良さだと思います。




まとめ


今日は診療所の良い所を並べてみました。病院勤めでうまくいかなかった人も診療所なら上手くいったという人もいます。もちろんその逆もありですが。

なんだか今つまらないなあ。って思う人は、自分にとって働きやすい医療機関、働き方をもう一度探してみるのもよいかもしれません。





70歳以上の方のレセプト特記事項欄について

70歳以上の方の高額療養費について

平成30年8月より高額療養費制度が改正されました。70歳以上の方の上限額が変更になり以下のようになっています。

簡単にいうと、現役並みの方がより多く、そして細分化し、一般の方も個人負担アップとなっています。

レセプト表記も変わります

「そんなこと当然知ってるよ~。」ですよね。実は私も理解しているつもりだったのですが、レセプト表記については理解していなかったのです。(またまた失敗)
というのも、先日国保から連絡文書が届き、とある患者様のレセプトの特記事項が変更になっているので、「区エ」→「区オ」に変更して下さい。という内容でした。その患者様は限度額認定証を提示されていない方だったので、最初何のことかすぐには理解できず、「?」どういうこと?という感じでしたが、よくよくもう一度高額療養費改正の文書を読み直すと重大なことを見落としていたことに気が付いたという訳です。

厚生労働省のホームぺージを再度検索すると以下のような通達が載っていました。
~中略~
  • 原則70歳以上の患者については診療報酬請求書等における「特記事項」欄への略号の記載を行うこととなります。
~中略~
  • 負担割合が3割の患者においては請求されるレセプトについては「特記事項」の略号を「区ア」とみなすこと。ただし、請求点数からみて「区イ」「区ウ」の該当であることが疑われるため、返戻等により略号等の確認及び記載を行うこと。
  • 負担割合が2割又は1割の患者において請求されるレセプトについては、略語等を「区エ」とみなすこと。ただし、摘要欄等において、低所得Ⅱ又は低所得Ⅰの確認ができたときは、「区オ」とみなすこと。
  • 医療保険と特定疾患給付対象療養の併用レセプトの場合についていも返戻等により略号等の確認及び記載を行うこと

まとめ


恥ずかしながら、レセプト特記事項、一部負担金額欄の表記について、電子レセプトなので大して気にも留めていなかった私の弱点が暴露されてしまった出来事でした。
しかし、実際の現場では、患者様から限度額適用認定証が提示されない場合、実情がわからず困りますよね。実際に患者様も自分の区分がわからないということです。保険入力画面で、限度額を変えてしまった場合、次の保険確認の時に、限度額認定証を持っているはず!とこちらも提示を依頼しそうで、(実際には患者様はもらいにいっていない場合)現場での対応をこれから検討するところです。皆さんのところではどうしていますか?



スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }