FC2ブログ

番外編(ベトナム家庭料理)

誕生日会に招待されました


私は、毎週1回、外国人に日本語を教えるボランティアをしています。今は、地元の企業に研修生として派遣されているベトナム人の青年に日本語を教えているところです。既に3年間、日本に滞在している彼は流ちょうな日本語を話しますが、日本語検定に合格すると、ベトナムに帰ってからも仕事の幅が広がるらしく、必死で勉強しています。私は、そのお手伝いをしているという訳です。

先日、彼の誕生日に、友達が沢山集まるので、先生も是非、ベトナム料理を食べに来てと熱心に誘われて、誕生日会に行ってきました。

彼のマンションに着くと、そこには靴の置き場のないぐらい多くのベトナム人の若者達が。どの子も(私からするとみんな私の子供たちと同世代)皆、素直で控えめな若者たち。習いたての日本語で一生懸命に話をしてくれます。台所に案内してもらうと、みんなでベトナム料理を作っている様子。私も早速お手伝いさせてもらいました。


  1. ベトナム揚げ春巻き

  2. フォー

  3. ソイ

  4. エビとレモングラスの蒸し焼き

  5. チェー


等々。私にはどれもこれも初めて見るものばかり。すべての料理を手作りしていました。男女を問わず、どの子も上手に包丁を扱い、調理をしているのにはびっくり。聞くと、ベトナムの家庭では、小学校高学年にもなると、両親が働いているので、料理や家の事は子供たちがするのが当たり前だとか。フォーのスープを牛骨から取り、チェーに入っているタピオカ風のものまで、片栗粉で手作りしている。初めてみるベトナムのナンプラーやライスペーパー。どこで買ったのか聞いてみると、大抵の食材は、地元の業務スーパーで手に入るそうです。週末に皆で自転車でまとめ買いをして、冷蔵庫にストックしておくそうです。ベトナム人は多くの野菜を食べるのが普通らしく、冷蔵庫には溢れんばかりの野菜が詰め込まれていました。



ベトナム料理の数々



  • ベトナム揚げ春巻き(豚のひき肉、きくらげ、ニンジン、ビーフン等に卵を入れて、よくコネ、餃子の具のようなものを作り、ライスペーパーに包んで揚げます。ナンプラーをつけて頂きます。)

  • フォー(牛骨から取ったスープをフォーにたっぷり注ぎ、牛肉、パクチーをトッピングして頂きます。)

  • エビとレモングラスの蒸し焼き(エビにレモングラスを載せて、蒸し焼きにします。)

  • ソイ(日本のおこわのようなもの。黄色いのは大豆でした。)

  • チェー(ベトナムのデザート。下から、小豆の煮たもの(あんこより甘くないです)、コーン、ピーナッツ、タピオカ風のカタクリ団子、大豆、ココナッツ、その上にシロップ、氷を砕いてのせて、混ぜ合わせて頂きます。)

まとめ

初めて頂くベトナムの家庭料理でしたが、どれも美味しく頂きました。最後にみんなでベトナムのハッピーバースデーの曲をかけて、何度も乾杯するのですが、その曲の大音量にはびっくり。さすがにここは日本だから、近所の人に迷惑だから、音を小さくするよう注意しましたが。
余談ですが、ベトナムの若者たちにどうして日本に来たのか聞いてみたところ、日本に来るとかなり儲かると思っていたようです。でも実際の彼らの給料は、同年齢の日本人に比べるとかなり少ない。理想と現実のギャップに戸惑いながらも、その少ない給料のほとんどを家族に仕送りしているらしいです。最近では介護業界からの求人も多く、今後の日本の高齢化社会を支えるのが、こういった外国人の方々ばかりになるのかもなあ~と感じました。



スポンサーサイト

09/21のツイートまとめ

queseraserapan

これが「Google」の最新スマホ まもなく日本上陸 #ldnews https://t.co/Z9rBXSr1BS楽しみ!
09-21 06:41

在医総管(在宅移行早期加算)について

在医総管は難しい


みなさんの診療所では、訪問診療を行っていますか?「うちは在宅専門じゃないから。」「内科じゃないし、関係ないかなあ。」そんな声も聞こえてきそうです。私も新規開業の診療所に勤め始めた頃、外来患者様の対応だけでいっぱいいっぱいの状態だったので、「うちには関係ないや。」とあまり勉強をしませんでした。

しかし、新規開業から4年を経て、気が付くと訪問診療の患者様が数十人いる状態に。今年からは在医総管の届出もし、本格的に在宅もスタート。知らないでは済まされない状況に追い込まれてしまいました。

さて、その在医総管(在宅時医学総合管理料)、かなり難しいです。それに伴う加算も色々あります。

このブログでも在医総管の基礎の基礎のみを何回か書いてますが、→(在医総管、施医総管の基本在宅時医学総合管理料について)今日からは数回に分けて在医総管についてお話します。




在宅移行早期加算


まずは基本の診療点数早見表をチェックです。在医総管の項目を開けると、数ぺージにも渡って書いてあり、読むのが嫌になりますね。在宅移行早期加算の項目を探して読みましょう。最初からめげそうですが、まずは基本の音読。何回も声に出して読んでみましょうか。(余談ですが、難しい読みものは、音読することで理解度が格段に上がりますよ。目で見て、声に出して、その音を聞いて、普通に目視するより3倍の効果があります。)




在宅移行に移行後、当該点数を算定した日の属する月から起算して3月以内の期間、月1回に限り、在宅移行早期加算として、100点(月1回)を所定点数に加算する。ただし、在宅医療に移行後、1年を経過した患者については算定しない。




在宅移行早期加算は退院して、その後に在宅に復帰した患者様に取れる加算。在医総管の対象患者様が入院した時には、注意が必要です。退院したという連絡をもらったら、3か月以内の期間、月1回に限り算定出来ます。但し、退院から1年を経過した患者様には算定出来ません。




Q&A


Q1:大腸カメラなどの一泊入院の場合は、算定できますか?

A1:検査入院や一泊入院の後に在宅医療を開始した場合は算定出来ません。




Q2:退院から1年を経過して、再度入院をし、在宅に移行した場合には、もう一度在宅移行早期加算を算定できますか?

A2:算定出来ます。




Q3:入退院を繰り返している患者様はその都度算定出来ますか?

A3:同一の患者様が入退院を繰り返している場合でも、退院の度に改めて算定が出来ます。




Q4:入院起算日がリセットされない3か月以内の再入院の場合でも算定出来ますか?

A4:算定出来ます。




Q5:在宅医療に移行後、一年を経過した患者様で、再度入院の上、在宅医療に移行した場合は算定出来ますか?

A5:算定出来ます。




Q6:退院後、外来通院しながら療養を行っていた患者様が、状態悪化により在宅医療を開始した場合、退院後1年以内であれば、算定出来ますか?

A6:算定できます。退院後1年以内であれば、当該管理料の算定開始月から3月を限度として加算は算定出来ます。




Q7:レセプト摘要欄への記載事項はありますか?

A7:初回の管理料算定年月日を「摘要」欄に記載する必要があります。




まとめ


在宅医療を始める患者様は、大抵の場合、外来診療からいきなり在宅というより、体調の悪化に伴い、一旦入院をして、その後から始めるケースが多いものです。そうなると、この在宅移行早期加算は、かなりの確率で算定出来るケースが生じてきます。

Q6でも書きましたが、一旦入院後に外来に戻って来られ、その後在宅へと移行する場合も算定出来るので、この患者様が一体どういう経過を辿って在宅医療を受けられることになったのか、遡って調べることも重要ですね。

今後は益々在宅医療へと舵を切る日本。益々算定も複雑化するのが予見されますね。今日は在宅移行早期加算について書きましたが、このブログでも在宅医療について今後も発信していきます。

09/18のツイートまとめ

queseraserapan

往診にはいくらかかる?気になる疑問を病院関係者へ取材 #ldnews https://t.co/qaq127OWZk
09-18 20:30

最近、ペットボトルのコーヒーが気に入ってるが、これには参った!麦茶やん笑 https://t.co/M2RaHGiBfX
09-18 06:40

09/14のツイートまとめ

queseraserapan

任天堂、Nintendo Switch向け「どうぶつの森」新作を2019年に発売へ https://t.co/qJ1882bCrT @cnet_japanさんから
09-14 13:31

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }