FC2ブログ

認知症療養指導料 算定してますか?

高齢者の免許返納


最近、毎日のようにニュースで流れてくるのは、高齢者の交通事故。高齢になり、いつ自動車免許を返納するべきなのか?基準は?代わりに何か足を確保できるのか?マスメディアでも様々な意見が飛び交っています。

我が家にも後期高齢の両親が同居していますし、未だに運転も続けていますので他人事ではありません。都会なら車に替わる電車やバスが十分存在することもあり、簡単に手放すこともできるでしょうが、地方の高齢者にとっては、車を失うということは、自らの生活を失うのも同様。今の現状では、私の住む市町村では、免許返納をしたところで、1年に20枚程度のタクシー券をくれるだけのみ。1か月に1~2回病院通いをするだけで、なくなってしまう枚数です。毎日の買い物はどうするのか?銀行にもいけないではないか。家族が同居していない場合は?もっと急速に高齢者の車に替わる足を提供してくれる自治体の素早い働きを期待したいところです。



認知症療養指導料1 2 3の違い


2018年4月から認知症療養指導料が3区分に再編されました。認知症患者が増える今、クリニックでも認知症の治療のために、認知症疾患医療センターや認知症サポート医に紹介するなんてことも普通に行われているのではないでしょうか。認知症を紹介したりされたり、その時に生じる管理料がこの認知症療養指導料。特定疾患療養指導料よりも高い管理料。取り忘れなんてことがあっては、もったいない。もう一度見直してみてください。取り漏れしていませんか?

でも、認知症療養指導料って言っても自分のクリニックは一体どんな管理料が取れるのかしら?1? 2? 3? 

下に簡単に図解してみましたので見て下さい。



認知症療養指導料1(350点)





認知症療養指導料2(300点)





認知症療養指導料3(300点)






認知症を紹介したり紹介されたりして、認知症療養指導計画書にて助言をする指導料。過去にもブログ内に同様の記事を書いていますので、ご覧ください。→(新設)認知症サポート指導料について認知症サポート指導料、認知症療養指導料




まとめ


認知症療養指導料を取り始めて約1年が経ちました。実はこの記事を見直そうと思ったのには訳がありまして。なんと先日、認知症療養指導料3が返戻されたのです!

算定開始から既定の6月を過ぎたのですが、再度認知症が増悪し、療養計画書を再考し再提出した患者様に、治療開始日をリセットして、再度算定しはじめたところ、6月を過ぎたとのことで、返戻!!!!!最初の6月しか取れないなんて、その後の管理指導に対して、なんの管理料も取れないなんておかしい!

どうしても納得がいかなくて、実は院長と相談の上、再審査中です。

新しい管理料のため、あれこれ本を調べてもネットを検索しても、中々ぴんとくる答えが得られず、手探りでの再審査請求。それが通過したか否か、また後日、ブログを通じてお知らせしますね。


スポンサーサイト

アンケート結果を受けて(クリニックの業務内容)

アンケートへのご協力ありがとうございました。

先日、クリニックの業務内容について、皆様にアンケートをお願いしたところ、現段階で48名の方にご回答頂き誠にありがとうございました。アンケートは引き続き行っていますので、今後増える可能性もありますが、現段階で一旦結果を皆様にお伝えしたいと思います。
アンケート結果は、ブログから簡単に見ることが出来ます。
アンケート募集のページに飛んでから以下のように操作して下さい。→アンケート募集(クリニックの業務内容)

①下の投票結果をクリック

②投票結果が見れます
③コメント欄もここをクリックすると見ることができます。

アンケート結果を受けて

私がこのようなアンケートをしようと思ったのは、自分が余計な仕事をしているのではないか。本来の医療事務以外のことをしすぎてはいないか。本当にこれは給料に見合っているのか。など仕事に対する不信感が始まりでした。長いこと同じところで働いていると、経営者も労働者もなれ合いになって、本来の軸から大きく外れてしまうことも。そもそも他のクリニックさんはどの程度の仕事を事務がこなしているのか。いや、するべきなのか。など気になることが多くなって来たからです
でもアンケートの状況をみてみると、みなさん、普通に私がやりすぎだと思ってることも、普通にやっている感じですね。クリニックなんて、その経営者のやり方で、業務量が決まるので他と比べることが出来ないのだなと思いました。まあ、そもそも不満があるなら、やめちゃうしかないでしょ!ってことですからね。
とにもかくにも、私のアンケートにお答えいただいた方、誠にありがとうございました。今後ももっとクリニックの実態がわかるようなアンケートを考えて実施していきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。





医師事務作業補助者に更なる教育を

医師事務作業補助者の資質


ドクターの隣に座って、カチャカチャとタイピングする医師事務作業補助者。最近では当たり前の光景になってきました。医師の業務を減らして、効率化を図る。そのために誕生した医師事務作業補助者。今後、医療事務がAIに替わり業務が縮小されても、医師事務作業補助者はむしろ今後尚必要とされる仕事かもしれません。

「なぜ?」って。「ただ、医者の言ってることを電子カルに打ち込んでるだけじゃない。今や誰でもパソコンぐらい打てるよ。」そんなこと言う人は、何もわかっていない人です。




医師の記憶の手助けをする


医師事務作業補助者は、医師や患者の言葉をタイピングもしていますが、打ちながら、「この薬は適切か?」「アレルギーは大丈夫か?」「過去の病歴は?」「検査の必要はあるか?」など頭の中でクルクルと考えながら、医師に適切なアドバイスを行う必要もあります。

医師も人間。診察時に長~い患者様からの訴えがあると、全ての訴えを覚えているわけではありません。集中力が途切れてしまうと最初のくだりは忘れてしまうものです。

「あれ?先生、最初に患者さんの訴えた、頭痛の薬のこと忘れてるなあ。」「そろそろ、胃内視鏡の検査を受ける時期だけどなあ。」「以前にこの薬でアレルギーが出たはず。」など医師が忘れていそうな患者の情報を、さりげなく伝える。そんな医師へのささやきも大切な仕事の一つだからです。




医療知識と文章力


それに加え、医師が書かなければならない、様々な書類(診断書、紹介状、入退院証明書、主治医意見書等)をカルテを読み起こして作成する仕事もあります(勿論下書きですが)。それにはカルテを自由に扱える技術、知識はもちろん、患者の病歴、医師や看護師の使う用語、検査画像等の意味もある程度、把握できなければ書けません。もちろん、それを正確に簡潔に文章におこせる力も必要とされます。更に、担当医師の文章の言い回しの癖、好みなども、そっくり真似ることが出来れば、言うことなしなのですが。




人間力


黙ってカチャカチャと機械のように打ち続ける仕事。「患者様を相手にする医療事務より人間力は要らないのでは?」ですって?とんでもない!医師事務作業補助者ほど人間力が必要とされる仕事はありません。

もちろん患者様と直接話をする機会は少ないですが、医師事務作業補助者はまずは担当医師と十分にコミュニケーションが取れなくては、仕事は円滑に運びません。また医師以外にも一緒に仕事をしている看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、医療事務担当者等々。院内のあらゆる人とうまくコミュニケーションが取れていないと、仕事を円滑に進めることは出来ません。

もともと何も資格がなくても採用されやすい医師事務作業補助者。もちろん、通り一遍等の見せかけの32時間以上の研修はありますが、当の本人はわからないことだらけ。医療現場が初めての方も多いものです。医療事務からの転換組ならまだ良いのですが、そうでない場合は本当に大変です。一から現場で勉強するには、その専門家たちに色々と教えてもらうのが一番。相手の懐に入り込んで、色々と教えてもらえる友好な関係を作れる人間力。仕事をスムーズに運ぶには、これが一番大切なのかもしれません。




「おしん」のような耐える人材


人間力が必要なことは、先ほど書きましたが、それに加えて医師事務作業補助者には我慢強さと辛抱強さが要求されます。医師事務作業補助者はを目指す人はまずこの現実を理解しましょう。


  1. 給料が断然安い(パートやアルバイト扱いが多い)

  2. 黙って仕事をすることが要求される(おしゃべりは厳禁)

  3. 人の話を辛抱強く聞かなければならない(患者の話が退屈な時でも、集中して聞く必要あり)

  4. トイレや水分補給など、生理現象も自分ではタイミングを選べない(医師のトイレタイムや診療の合間に済ませる必要あり)





タイピング力の速さとCtrlキーの重要性


最後に絶対必要なのはこれ!タイピングの速さです。ブラインドタッチは当たり前。一秒でも早く間違いなく文章を打てる技術は医師事務作業補助者にとって必須。早く打てても間違いばかりの文章では意味がありませんから。タイピング技術は練習あるのみ。一に練習、二に練習。→(こちらも参考までにどうぞ)医師事務作業補助者への道

あと必要なのはショートカット技術。パソコンを自由自在に扱うには少なくとも以下の技術は習得しておきましょう。

まず、文字列を選んでから


  • Ctrlキー ⊕ C = コピー

  • Ctrlキー ⊕ X = カット

  • Ctrlキー ⊕ V = ペースト





    • Ctrlキー ⊕ U = 全角ひらがなに変換



    • Ctrlキー ⊕ I = 全角カタカナに変換


  • Ctrlキー ⊕ O = 半角カタカナに変換


  • Ctrlキー ⊕ P = 入力中の文字を全角英字に変換


その他にもよく使う単語は辞書登録しておいたり、読みがわからない漢字はマウスで手書き入力する方法は習得しておきましょう。




まとめ


医師事務作業補助者は今後ますます必要とされる医療事務の仕事と私は考えています。それなのに、医師事務作業補助者の教育体制は未だ不十分な現実。医療事務知識に加え、医療そのものの知識が必要な業務。もっともっと教育体制が整って、身分が保証され、そして給与に大きく反映するそんな医師事務作業補助者の時代が来て欲しいものです。






アンケート募集(クリニックの業務内容)

クリニックの医療事務って

最近、院長からの業務要望が遠慮なく増えていっています。私がここに来たのが約4年前、当時は立ち上げたばかりのクリニックということもあり、自分の仕事内容が適切なのか、不適切なのか考えもせず、ただ必死で業務をこなしてきました。
しかし、ふと立ち止まって雇用契約書を見てみると、私の事務内容は(受付事務)とかかれています。病院勤めをしている人なら、細かく業務は分かれているから、自分の業務が過剰だとは思わないかもしれないですが、クリニックでの医療事務はその院長の意向一つで千差万別。院長の声一つで、何でもやらなくては、いけない気にさせられるものです。何故なら、院長はイコール経営者だから。逆らうことは首も同然。もちろん、やんわりと断ることが出来れば一番いいのですけれど。
給料は増えずで、業務量だけが増えていく。これってどうなんでしょう。新しい業務を増やされた時に、「これは契約にありません。」と断ることもできずに。
病院の事務と違って、クリニックの事務は管理者がいません。適切か不適切化もわからずにやっているのも事実。もちろん組合とかもありませんし、時間的に過剰勤務になっていても誰にも相談できないのも事実。
皆さんの仕事内容はどうですか?

アンケート募集

みなさんの率直な意見を聞きたいです。以下は私が医療事務としてやっている仕事のほんの一部の抜粋です。医療事務として当たり前と思う業務は省いています。
「この中でやりすぎじゃない?」って思う業務はありますか?「いやいや、私はもっとこんな仕事までやってるよ!」っていう意見もあればコメント欄に記載して頂ければ嬉しいです。

05/24のツイートまとめ

queseraserapan

妊婦加算の再開検討 厚労省、自己負担緩和が課題に: 日本経済新聞 https://t.co/10Plaeghb6
05-24 23:59

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }