FC2ブログ

06/23のツイートまとめ

queseraserapan

RT @ueno_wan: 信じられない、別姓可にすれば婚姻率はただちに上がるのに。家族を壊しているのは誰なのか?最高裁、夫婦別姓認めず 同姓規定に「合憲」判断 15年に続き | 毎日新聞 https://t.co/3Rad2DLX6c
06-23 21:30

スポンサーサイト



人生色々ありますわ

私が以前に退職後の仕事を考えていることをあれこれ綴ったところ、ブログを読んでくれている方から、とても有益な情報を頂きました。
医療事務のアウトソーシングの会社で、在宅でも医療事務が出来るシステムのようで、「これは!面白い!やってみたい!」と思い、すぐに応募。本当でしたら今日がその面接の日でした。
実は私の娘がはじめての赤ちゃんを妊娠中なのですが、どうも胎児に異常があるかもということで、大学病院を紹介されました。今日はその娘が羊水検査を受ける日で、今はコロナなので、付き添いは出来ませんが、泣いてばかりいる娘をみると、居てもたってもいられなくて、そばに居てやりたくて、私の転職どころではなくなってしまい、折角の面接を延期してもらうことにしました。
先方の会社の方もドタキャンの連絡をした私にとても親切に接して下さり「ご家族を優先してください。また落ち着いたら連絡ください。」と言って頂き嬉しかったです。
こちらの会社をご紹介頂きましたA様にも連絡を取りたかったのですが、個人メールのアドレスをお伺いしていなかったので、こちらからお詫びのご報告を致します。(このブログを読んで下さっていたらコメント欄非通知でメルアド教えていただけると嬉しいです)
娘のことがある程度落ち着いて、もしまだ会社の方でも募集をしていたら再チャレンジしたいと思います。
人生色々ありますわ。でも自分が悩むより子供が悩むのを見るのはもっと辛い。今何かに悩んでいる方がいたらこちらの記事を読んでみて下さい。→人生の困難な時期を乗り越える四つの方法

ドラゴン桜から学ぶ 

日曜劇場「ドラゴン桜」


15年前に放送された「ドラゴン桜」が帰ってきました。今回も桜木先生の喋りは絶品で「なるほど」「さすが」と頷くことばかり。時が戻せるなら私も東大専科に入りたかったなあ~と毎週楽しみに見ています。

先週のドラゴン桜で水野先生が生徒たちになぞなぞを出すっていうくだりがありましたよね。「かぼちゃの産地はどこ?→北海道、メキシコ、ニュージーランド」→「え?なんでそんなにバラバラなところで出来るの?→共通点はなに?→あ!かぼちゃって夏から秋にできるんだって。→そうかみんな暑い時にできるんだ。世界の場所に関係なく気候によって左右されてるってことか」

生徒たちに「なぜ?どうして?」そういう視線で物事をとらえることの重要性を実感させるためのなぞなぞでした。

物事に取り組むときには「どうしてなんだろう。」と疑問を持って考え、その意味を考えること。なるほど、人間ってそうやって物事に取り組むと成長していくんですね。






算定も意味を考えると覚えやすいか?


さて、上記のドラゴン桜じゃないですが、先日同じようなことが当院でも起きました。ある一人のスタッフがこんな疑問を他のスタッフに投げかけました。

スタッフ1「スタッフ2さん、どうして、骨塩を測ると、外来管理加算が取れないんですか?」

スタッフ2「それ、講座で習ったでしょ。処置とかリハビリとか検査とかしたときには同時算定できないんだよ。」

スタッフ1「でも、骨塩ってレントゲンですよね。レントゲンって外来管理加算とは関係ないんじゃないですか?」

スタッフ2「え、まあそうだよね。でも電子カルテに入力しても点数出てこないじゃない。だから取れないんだと思うよ。」

スタッフ1「そうですよね。電子カルテは正しいですもんね。」






おっと、これではいけませんよね。何の解決にもなっていません。確かに電子カルテは万能ですので、ほぼほぼ間違いはありませんが、これじゃあ完全に機械に使われているだけですね。でもどうして外来管理加算が取れたり取れなかったりするんでしょう。






外来管理加算の意味を考える


まず、外来管理加算とは何かを考えましょう。

①外来②管理③加算 って具合ですので①外来を受診したときに②患者を診察してその病状ついて医師が管理をし(病状説明をしたりアドバイスをすること)③それを初再診料に加えるもの






なるほど、しっかり患者さんを診察しましたよ。っていう時に取れる点数なんですね。






では、「どうして処置や、リハビリ、生体検査のときには取れないの?」それは診療報酬の本のどこを探しても書いていません。ただ算定できないと書いてあるだけでね。


ちなみに外来管理加算を算定できないのは、



  • 慢性疼痛疾患管理

  • 一部の検査

  • リハビリテーション

  • 精神科専門療法

  • 処置

  • 手術

  • 麻酔

  • 放射線治療


をおこなったときです。一部の検査とは厚生労働大臣が定めるものを指し、



  • 超音波検査等

  • 脳波検査等

  • 神経・筋検査

  • 耳鼻咽喉科学的検査

  • 眼科学的検査

  • 負荷試験等

  • 内視鏡検査



これを丸暗記すれば業務は出来ますが、それでは結局頭に入らないんですよね。どうして処置やリハビリ、生体検査などをしたら算定できないのか?そこが分かれば理解しやすいと思いませんか?



そこで私の勝手な解釈!検査やリハビリ処置のときはそれだけで時間もかかり、お金もかかり、丁寧に診察したのと同じなので、外来管理加算は算定できない!







★ちなみに最初の当院のスタッフ間の会話での骨塩検査は、当院では骨塩を測るのにレントゲンで検査をしているのですが、あくまでも骨塩定量検査は画像ではなく、検査(生体検査)なので、外来管理加算は算定できないことになります。



まとめ


受験や勉強も暗記!仕事も暗記だあ~なんて感じで、意味もわからずに仕事をしているとどこかで躓いてしまいます。何事も意味を考えて自分の脳に落とし込むと理解度も深まり、楽しくなってくるかもしれません。自分なりの解釈で間違っていてもいいので、まずはどうして?と考えることから始めてみましょう。




医科外来等感染症対策実施加算 5点

算定忘れ


連休も終わり今日から診療開始とういうところも多いのではないでしょうか。巣ごもり連休で家にいるのもそろそろ飽きた?感もありますが、私の場合、木曜日定休とういこともあり、今日も休みでのらりくらりと過ごしています。

しかし、のんびりしてばかりいられません。明日、7日から仕事開始で明後日にはレセプト送信!連休明けに患者数も多い上にレセプトチェックにレセプト返戻再審査事務、更に送信と、本当は今日から仕事をしたい焦る気持ちの最後の休日です。

なぜそんなに焦っているのか・・・というのも4月から始まった「医科外来等感染症対策実施加算」。4月から算定できることに最初全く気付かず、慌てて途中から算定しはじめたこともあり、明日は4月中の全てのレセプトを見直さなければなりません。勉強不足(予習不足)って怖いですよね。いつもなら定期的に中医協のお知らせをチェックしているのですが、最近少しさぼってまして、この始末。クリニックってそういうところが怖いんですよね。誰も気づかない、わからない、知らない、そんなことが結構あって知らずに損をしていたりして。反省反省!またしっかり勉強しておかなくては、と心に刻んだ連休でした。



医科外来等感染症対策実施加算とは


厚労省事務連絡より:新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて

↑を読んでみると、簡単にいうと「コロナ対策を外来でしっかりと感染対策をした場合に令和3年4月から9月診療分まで、初診料や再診料等の加算として5点プラスしますよ。」という経過措置です。飲食店が感染対策をすると補助金がもらえるようなイメージでしょうか。

大抵どこの医療機関も感染対策はしっかり取っているはず。期間限定というものの今後も続いていく可能性もありますし、しっかり漏れなく算定しましょう。







コロナと共に失ったもの


最近コロナコロナで食事会も一切なくなり、昼休みも個人個人バラバラで取ることを強要されて早1年半が経ちます。今までだと昼休みに院長やスタッフと談笑を交えて、世間話や医療事務のことを話すことが出来たのですが、最近はめっきりで失ったものも大きいなと感じています。それをどこで埋め合わせるか。人間関係を希薄にしない方法は?課題山積みの毎日です。

コロナワクチン翌々日

コロナワクチンを打った翌日、悪寒、頭痛、発熱、倦怠感、筋肉痛、全て味あわせて頂きました。
しかし接種から翌々日。朝目覚めるとスッキリ。熱も下がり、体のだるさもどこへやら。腕の筋肉痛も和らいで、一体昨日の症状は何だったんでしょう。
まるで、憑き物が落ちたような(実際に取り憑かれたことはありませんが)。
降り続いた大雨がやんで、突然青空が顔を見せたような。
私の身体が戦い抜いて抗体を作ったのでしょう。清々しい疲れと共に目覚めた朝でした。

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }