訪問診療・往診の条件

2018年スタート


平成30年(2018年)がスタートしました。いよいよ医療・介護同時診療報酬改定の春がやって来ました。今年の当院の院長からの第一声も

「事務の方々、診療報酬改定がスムーズに進むように心して頑張って下さい。」

との重た~い言葉でした。

ここはプラスに捉えて、楽しんで診療報酬改定を迎えたいなあと思っています。まずは、今の診療報酬を理解することが第一!

今日からは何回かに分けて診療報酬改定で変わる可能性大の在宅医療について、復習していきますね。




訪問診療・往診の条件


訪問診療・往診をする場合、誰でもどこでも行っていいわけではありません。以下に表でまとめてみました。







  1. 自宅 訪問〇 往診〇 

  2. サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム 訪問〇 往診〇

  3. グループホーム 訪問〇 往診〇

  4. 小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護 訪問〇 往診〇(注:訪問の場合は、宿泊日のみ対象で、宿泊サービス利用前30日以内に患家を訪問し、在宅患者訪問診療料、在医総管、施医総管、在宅がん医療総合診療料を算定した医療機関の医師が診察した場合に限り、宿泊開始後30日間のみ提供可)

  5. 特別養護老人ホーム 訪問〇 往診〇 (注:訪問の場合は、末期がん、死亡日から遡って30日以内の患者に限る)

  6. 短期入所生活介護(ショートステイ) 訪問〇 往診〇(注:訪問の場合は、ショートステイ利用前30日以内に患家を訪問し、在宅患者訪問診療料、在医総管、施医総管、在宅がん医療総合診療料を算定した医療機関の医師が診察した場合に限り、ショートステイ開始後30日間のみ提供可)

  7. 介護老人保健施設とその短期入所療養介護(ショートステイ)訪問✖ 往診〇(注:往診の場合、併設の医療機関は提供不可)

  8. 通所介護(デイサービス) 訪問✖ 往診✖






訪問診療・往診の対象者


保険診療上の条件としてはこのように定められています。
「在宅で療養する患者であって、疾病・傷病のために通院による療養が困難な者」
要するに自分の足で医療機関に足を運ぶことが出来ない重い病気の患者様のこと。少なくとも独歩で家族や介護者の助けを借りずに通院出来る方は対象とはなりません。
主治医が訪問診療の適応かどうかを判断することが出来ます。
但し、医師の配置義務のある施設の患者様は基本的には対象外になります。

まとめ



最近では多くのクリニック(診療所)で訪問診療や往診を行うようになりました。かかりつけ医制度が益々広まっていくのも明らかですので、現在訪問診療をしていなくても、今後訪問診療を始められるクリニックも増えることが予想されます。このブログでもカテゴリー(在宅医療)に色々と私の失敗談も含めて書いてありますので良かったら覗いてみて下さいね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして^^
内科クリニックに勤務している者です。

今のクリニックは訪問診療を行っており
訪問診療の算定は、勉強不足・経験不足と
いうこともあり、戸惑うこともしばしば…
そんな時にこちらのブログを知りました。

なつこさんはとても勉強家で
努力されているお方だな~と
感心しつつ、良い刺激をいただきました。

年初めでレセプトも、やっとチェック作業が
終わり、9(火)は送信業務でホッと一息です。

過去記事も読ませていただきましたが
なつこさんの職場は人間関係も円満で
充実されていそうでウラヤマシイです。

私の職場は、医療事務20代2人・40代2人
なのですが、若い2人の行動が目に留まること
がしばしばあり、少しストレス…

なつこさんのような主任さんがいたら
とても頼りになりますね。

私はまだまだ経験が浅く、今の職場でも
勤務歴は一番短いので、なかなか人間関係まで
まとめるような力もないですし、レセプトや算定知識も
まだまだ勉強が必要ですが…
いずれは、なつこさんのように皆さんに頼られるような
立場になれるよう努力します^^

これからもいろいろと参考にさせてください。
よろしくお願いいたします。

Re: 訪問診療・往診の条件

みさとさん。コメント、とても嬉しいです。ありがとうございます😊

職場の人間関係って、一筋縄ではいきませんよね。私もブログには、いいことばかり書いているようですが、先生との関係、看護師さんらとの関係、事務同士での関係、小さいからこそのややこしいこと、実はいっぱいありますよ。

大きな病院と違って、部署替えがない分、こじれたら難しいだろうなと、常に気を配っています。
事務同士では、必ず、算定のことは勿論、小さな日常の事から全てみんなで共有するようにだけは気をつけています。誰かに話して、誰かに言い忘れた、というようなことだけないように。小さな火種が、大きな争い事になるものですので。

これからも私の失敗談を交えて、ブログの更新していきますので、一緒に診療報酬改定頑張りましょうね。
スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }