FC2ブログ

インフルエンザワクチン2018

インフルエンザワクチン2018年事情は


今年もインフルエンザワクチンの時期がやってまいりました。新聞各紙でも、インフルエンザワクチンのニュースがちらほらと掲載しはじめています。去年は供給不足で患者様への案内が大変であったことを、思い出したところです。

ヤフーニュースより




どうもこのニュースを読むと、今年は昨年のような「ワクチン不足」はないように十分足りる量を準備しているようですが・・・


  • あくまでも「適切使用」が前提

  • 13歳以上の人には1回接種を周知

  • 大幅納入を「厳に慎むよう」


昨年度、適切な使い方がなされずに、一部の医療機関、地域での偏りがあったのも事実。しかしながら、医療機関にとっても、患者様の要望に十分応えてあげるには、ワクチンを確保したいのも本音。(またこれはオフレコですが、インフルエンザ接種は医療機関の懐を温かくするのも事実)。という訳で、今年もなんだか雲行きが怪しそうですね。希望者全員に滞りなく、ワクチン接種できると良いのですが。




インフルエンザワクチン予約開始


てなわけで、当院でも本日よりインフルエンザワクチンの予約を開始致しました。予約にしているのは、発注の本数管理のため。厚労省が言う「適切使用」、過剰発注を避けるために、決まった人数を把握するためです。

お陰で受付仕事が混雑し、大変でした。インフルエンザワクチン予約のポスターを掲示したとたん、患者様からの質問、予約が殺到し、普段の受付事務プラス、ワクチン関連の説明で、大わらわ。日程を決めて、予約表に記入し、問診表を渡すだけなのですが、ひと手間かかるものです。終わった頃にはなんだかグッタリしてしまいました。




ワクチン接種前に準備する項目




  • インフルエンザワクチン接種日を決める(当院では、インフルエンザワクチン特別外来を週2日午前のみ、通常外来とは別に、応援医師を依頼します。当院通院患者様は予約診察日に同時にインフルエンザ接種をします。)

  • 予約枠を設ける(インフルエンザを希望する方には、問診票を手渡すと同時に接種日を決めてもらいます。インフルエンザを希望した方には、予約を取って頂き、予約票を配布すると同時に院内でのインフルエンザワクチン本数を把握します。予約本数をみながら、インフルエンザワクチンの発注をします。)

  • 問診票、説明書を準備する(市町村からインフルエンザ問診票、説明書が届くのは毎年接種日直前です。届いたと同時に、全員で問診票、説明書、接種シールをセットします。)

  • 電子カルテの自費項目に今年のインフルエンザ費用を追加する(電子カルテに入力するための自費項目をセット項目にする作業です。)

  • インフルエンザ予約要領を決める(電話受付と来院受付の両方で対応します。予約時に氏名、生年月日、住所、電話番号を確認します。高齢者でも住所によっては、当院では無料にならない場合もあります。毎年数名、住所が遠方にもかかわらず、事情で近隣に住んでいる高齢者が来院し、ワクチンを接種した後、現住所と住民票住所が違うことに気付き、自費で頂く事例が発生しています。)

  • ワクチン接種時の対応の流れをスタッフ全員でシュミレーションする(受付➡問診票記載➡体温測定➡診察➡接種➡会計)診察とは別室で行われるバージョン、診察中に同時に打つバージョン、2パターンでシュミレーションします。

  • 接種後、市町村への請求事務方法の確認


結構、することが多いです。



    まとめ


    このシーズンが始まると、まずはスタッフからワクチン開始。私は注射の後がいつもパンパンに腫れるので本音は受けたくないのですが、無料ですし、仕事の一貫ですし、仕方なくワクチン接種をします。今までワクチンを受けてもインフルエンザにかかったことが2回もあるので、正直気がすすまないのですが。

    ワクチンを受けると、インフルエンザにかかったとしても軽くなるとは言われていますが本当のところはどうなんでしょう。

    私の夫は、一度もインフルエンザワクチンを受けたことが無いのに、インフルエンザにかかったことがないのが自慢。かかりにくい人っているんですよね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Tさん。コメントありがとうございます。
インフルエンザワクチンの季節始まりましたね。秋だなあ~って感じです。
しかし、今年は早々に一部の地域でインフルエンザが既に流行したところもあり、ワクチン予約の問い合わせが早々に始まりました。今年は流行するんでしょうか。

さてご質問の件ですが、当院では接種済票は、厚労省の実施要項に則り、65歳以上の患者若しくは若しくは60歳以上65歳未満の対象病状患者様のみにお渡ししています。
上記の対象者に関しては、予防接種済証の交付が義務付けられているので、当然渡さなくてはいけませんが、その他の方に関しては、任意ですので渡していません。
Tさんの地域の医師会の方がいうように、64歳以下の方は必ずしも渡す義務はないと考えています。

問診に漏れがないか、住所、氏名、年齢に間違いがないか、医院の印鑑は抜けてないか、接種済み票の記載漏れはないか、等々、本当に手間がかかります。高齢者の場合、患者様がお一人で、100%完成の状態で問診票を書きあげられる方は少なく、代筆でかなり手を加えないといけない場合もあり、本当大変ですよね。

そうこうするうちに、本格的なインフルエンザシーズンもやってきます。お互い、インフルエンザにかからないように、この季節を乗り越えましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }