FC2ブログ

70歳以上の方のレセプト特記事項欄について

70歳以上の方の高額療養費について

平成30年8月より高額療養費制度が改正されました。70歳以上の方の上限額が変更になり以下のようになっています。

簡単にいうと、現役並みの方がより多く、そして細分化し、一般の方も個人負担アップとなっています。

レセプト表記も変わります

「そんなこと当然知ってるよ~。」ですよね。実は私も理解しているつもりだったのですが、レセプト表記については理解していなかったのです。(またまた失敗)
というのも、先日国保から連絡文書が届き、とある患者様のレセプトの特記事項が変更になっているので、「区エ」→「区オ」に変更して下さい。という内容でした。その患者様は限度額認定証を提示されていない方だったので、最初何のことかすぐには理解できず、「?」どういうこと?という感じでしたが、よくよくもう一度高額療養費改正の文書を読み直すと重大なことを見落としていたことに気が付いたという訳です。

厚生労働省のホームぺージを再度検索すると以下のような通達が載っていました。
~中略~
  • 原則70歳以上の患者については診療報酬請求書等における「特記事項」欄への略号の記載を行うこととなります。
~中略~
  • 負担割合が3割の患者においては請求されるレセプトについては「特記事項」の略号を「区ア」とみなすこと。ただし、請求点数からみて「区イ」「区ウ」の該当であることが疑われるため、返戻等により略号等の確認及び記載を行うこと。
  • 負担割合が2割又は1割の患者において請求されるレセプトについては、略語等を「区エ」とみなすこと。ただし、摘要欄等において、低所得Ⅱ又は低所得Ⅰの確認ができたときは、「区オ」とみなすこと。
  • 医療保険と特定疾患給付対象療養の併用レセプトの場合についていも返戻等により略号等の確認及び記載を行うこと

まとめ


恥ずかしながら、レセプト特記事項、一部負担金額欄の表記について、電子レセプトなので大して気にも留めていなかった私の弱点が暴露されてしまった出来事でした。
しかし、実際の現場では、患者様から限度額適用認定証が提示されない場合、実情がわからず困りますよね。実際に患者様も自分の区分がわからないということです。保険入力画面で、限度額を変えてしまった場合、次の保険確認の時に、限度額認定証を持っているはず!とこちらも提示を依頼しそうで、(実際には患者様はもらいにいっていない場合)現場での対応をこれから検討するところです。皆さんのところではどうしていますか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちの病院は基金より連絡があり慌てて今月より登録していってます。
70歳以上の方は結構いらっしゃるので提示がない場合でも入力しなくてはいけないのが大変です!!
まだ今月は猶予期間ということもありますが、毎月いらっしゃる患者様が多いので来月以降楽になる事を願ってます。

Re: 70歳以上の方のレセプト特記事項欄について

wakaさん、コメントありがとうございます😊

クリニックに来る患者さんって、70歳以上がほとんどで、本当、大変ですよね。
私も特記事項のことを、軽く考えていて、患者さんからの提示がないのに、みなしで入力することに、まだ抵抗がある感じです。
最初から、全員に限度額認定証兼保険証を発行してくれたら良いのに。なんて思うのですが。マイナンバーが浸透して健康保険も兼ねる時代がくれば、もっと楽になるかもですね。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }