FC2ブログ

医療事務的人材

医療事務に求められる人材

  1. 挨拶のできる人
  2. 敬語の使える人
  3. 地味な化粧の好きな人


医療事務に適している人

  1. 主役を人に譲れる人
  2. 二番でいいやと思える人
  3. 人の話を聞き流せる人


医療事務に絶対必要なもの

  1. 仕事以外の趣味
  2. 生きがい
  3. スイーツ


医療事務で今後生き残れる人

  1. 診療報酬点数表を面白いと思える人
  2. 診療報酬点数表を読みこなす国語力のある人
  3. 診療報酬点数表を家庭用と仕事用と2冊買うことを厭わない人


医療事務の将来⇒なし


各病院に一人いれば十分。オンライン資格確認はもう目前。そして今やどこも電子カルテ。そのうちレセプトもアウトソーシングの時代になります。必要なのは機器の電源を入れる人間。その機器を扱える診療報酬等の知識のある人だけ。あと、2~3人、患者様の話を聞いたり、院内を案内する人間が必要かもしれませんが。え!そんなのもロボットAIがやってくれるって!

医療事務は今や絶滅危惧種の職業です。
スポンサーサイト



人生色々ありますわ

私が以前に退職後の仕事を考えていることをあれこれ綴ったところ、ブログを読んでくれている方から、とても有益な情報を頂きました。
医療事務のアウトソーシングの会社で、在宅でも医療事務が出来るシステムのようで、「これは!面白い!やってみたい!」と思い、すぐに応募。本当でしたら今日がその面接の日でした。
実は私の娘がはじめての赤ちゃんを妊娠中なのですが、どうも胎児に異常があるかもということで、大学病院を紹介されました。今日はその娘が羊水検査を受ける日で、今はコロナなので、付き添いは出来ませんが、泣いてばかりいる娘をみると、居てもたってもいられなくて、そばに居てやりたくて、私の転職どころではなくなってしまい、折角の面接を延期してもらうことにしました。
先方の会社の方もドタキャンの連絡をした私にとても親切に接して下さり「ご家族を優先してください。また落ち着いたら連絡ください。」と言って頂き嬉しかったです。
こちらの会社をご紹介頂きましたA様にも連絡を取りたかったのですが、個人メールのアドレスをお伺いしていなかったので、こちらからお詫びのご報告を致します。(このブログを読んで下さっていたらコメント欄非通知でメルアド教えていただけると嬉しいです)
娘のことがある程度落ち着いて、もしまだ会社の方でも募集をしていたら再チャレンジしたいと思います。
人生色々ありますわ。でも自分が悩むより子供が悩むのを見るのはもっと辛い。今何かに悩んでいる方がいたらこちらの記事を読んでみて下さい。→人生の困難な時期を乗り越える四つの方法

出勤一週間の停止命令

先週末、夫が風邪をひきまして。
症状:微熱(37.0)体のだるさ
「ふーん。そうなの。パブロンでも飲んどく?」
普段ならそれで終了。ってとこですが、この時代、コロナを否定せずして風邪とあらず!と医療関係者の端くれである私はそう思いまして、念のため近くの発熱外来を受診させました。
結果は陰性。「やっぱりな。まぁ良かった。」
それで終わりのはずだったのですか、勤め先のクリニックの院長に報告したところ、わ・た・しの一週間出勤停止の命が下されました。
「え!一週間!陰性だったんだよ!まじでか。」心の声
よーくわかってますよ。陰性でもその後に陽性になることもありますしね。その家族なら濃厚接触者扱いとして要注意なのも、医療関係者の端くれの私だって、知ってますよ。
でもね。夫はその後、すぐに回復。仕事にも復帰しました。そりゃただの風邪だったんですから。
何故か私だけが、そうまだ出勤停止中で(もちろん有給扱いですが)家でゴロゴロしております。
「折角の休みだ!どっか行こう!」なんて勿論できる世の中じゃないし、やることなさ過ぎて、今日発表される芥川賞直木賞候補の本をメルカリで購入して(メルカリ なら外に出ずして家のポストに届きますので)読み漁ってます。
さて、誰が取るかなぁ。
個人的には芥川賞には宇佐美りんさんの「推し燃ゆ」か尾崎世界観さんの「母影」。直木賞では西條奈加さんの「心淋川」か芹沢央さんの「汚れた手をそこで拭かない」を推しています。もちろん話題の加藤シゲアキさんの「オルタネート」も素晴らしかったんですが、少し現代風の話題と若者感覚のテンポの速さにおばちゃんはついていけなくて。
兎にも角にもコロナの恐ろしさを身をもって知ったこの一週間。無症状だったり、風邪かなと世間に広まって、PCRをするのはごく一部の意識ある人だけで、PCRが出来て、たとえただの風邪だとわかっても周りの人間も社会活動を停止させられる。世界の人々の命と経済活動も蝕んでいく末恐ろしいコロナ。
皆様も充分お気をつけ下さいませ。

保険証入力よ、さようなら

ついに恐れていた事態が

先日院長からこんなことを言われました。
「今度新しく電子カルテが変わるんだけど、保険証入力が要らないらしいよ。カードリーダーで読み取って勝手に入力してくれるらしいわ。」

え!!!それって、凄いことだよね。保険証入力の面倒さがなくなるってことだよね。期限を切ったり、有効な保険証を確認したり、桁数が違うって返戻されることもないってことだよね。それってすごすぎない!!!保険証確認は医療事務の基本の基本。そこが無くなるなんて( ゚Д゚)

でもちょっと待ってよ待ってよ。それって事務の仕事が大幅に縮小されるってことだし、もちろん電カルに任せて100%ってことはないかもだから、多少その電カル操作の人間は必要だけど、今までみたいにこんなにスタッフ必要?受付人数減らされるんじゃない?

当院は受付事務に常時3名配置されていて、おまけに全員正社員。このコロナ禍で院長も経営が大変なようですし、人減らしはそこまで来ているような感じ。一体だれが?まさか全員パートになれって言われるんじゃ・・・まあ雇用契約がありますからね、無理やりってことはもちろんないんでしょうが、一番年配の私に穏やか~にその提案があるやもしれません。

医療事務の要らない時代。もうそこまで来ています。そのとき自分に何が出来るか。どう対処していくか。実はそのために新たな道を模索しはじめています。よかったらそちらのブログも最近始めましたので、良かったらご覧ください。→古物商なつこの物語


03/28のツイートまとめ

queseraserapan

https://t.co/XmNmH7bIdK
03-28 05:14

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }