(新設)認知症サポート指導料

新点数、続々登場


中医協の答申は、もう見ましたか?

オンライン診察、遠隔モニタリング加算など現代の実生活に合った新点数が出てきましたね。パソコン、スマホの普及は21世紀を象徴するもの。今後はパソコンを使いこなせる世代が、老人世代に突入していくので、オンライン上で診察をするのは抵抗なく受け入れられることと思います。

次に気になったのは、医療機関、訪問看護、薬局等が情報を共有することに対する新点数。かかりつけ医制度をより充実するために、横の連携を強める必要があるということですね。

そして一番気になったのは、認知症患者への指導料の新設。当院の院長は認知症サポート医で、最近は本当に多くの方が認知症の相談に来られます。公安の認知症テストで問題のあった方が警察の勧めで、来院されるパターンがほとんど。テレビや新聞でも多く取り上げられるようになった認知症。高齢化の今、認知症は多くの人に取って身近な問題なのです。




認知症サポート指導料 450点


(新設) 注 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、他の保険医療機関からの依頼により、認知症を有する入院中の患者以外の患者に対し、患者又は患者家族の同意を得て、療養上の指導を行うとともに、当該他の保険医療機関に対し、療養方針に係る助言を行った場合に、6月に1回限り所定点数を算定する。

【施設基準】以下の要件を満たす常勤の医師が配置されていること。

ア)認知症サポート医に係る研修等を終了していること。

イ)認知症サポート医として地域の認知症患者に対する支援体制構築のための役割・業務を担っていること

 要するに・・・各都道府県に認知症サポート医として研修を受けたドクターが他院から認知症の鑑別のために紹介された患者に対して、診察、診断、指導をし、その結果を紹介元の医療機関に情報提供を行った場合(ここでは助言と書いてありますが)に、算定できるもののようですね。6月に1回(半年に1回)算定できます。




認知症療養指導料



  1. 認知症専門診断管理料を算定した患者の場合  350点(従来からあり)

  2. (新設)認知症サポート指導料を算定した患者の場合 300点

  3. (新設)認知症サポート医自らが療養計画に基づく治療を行う場合 300点





注 2については、当該保険医療機関の紹介により他の保険医療機関において認知症サポート指導料を算定した患者であって、入院中の患者以外の患者に対して、当該他の保険医療機関から認知症の療養方針に係る助言を得て、当該保険医療機関において、認知症療養計画に基づいた治療を行うとともに、当該患者の同意を得た上で、当該他の保険医療機関に当該患者に係る診療情報を文書により提供した場合に、当該治療を行った日の属する月を含め6月に限り、月1回を限度として算定する。ただし、1又は3を算定した場合は算定できない。

注 3については、新たに認知症と診断された患者又は認知症の病状変化により療養計画の再検討が必要な患者であって、入院中の患者以外のものに対して、認知症患者に対する支援体制の確保に協力している認知症サポート医が、当該患者又はその家族等の同意を得て、療養方針を決定し、認知症療養計画を作成の上、これらを当該患者に説明し、文書により提供するとともに、当該認知症サポート医が当該計画に基づく治療を行う場合に、当該治療を開始した日の属する月を含め6月に限り、月1回を限度として算定する。ただし、1又は2を算定した場合には算定できない。




要するに2は、認知症患者を、紹介した医療機関が、認知症サポート医に対し、文書で情報提供をした場合取れる指導料。

3は、その逆で、認知症患者を紹介されたサポート医が、紹介元の医療機関に文書で情報提供をした場合取れる指導料。

どちらも認知症サポート医、およびサポート医に対し紹介をした医療機関が、算定できる指導料です。どちらも治療開始から半年間(月1回)算定出来ます。



認知症サポート医とは


厚労省のホームページをご覧ください。認知症サポート医について説明があります。→厚労省 認知症サポート医

こちらでは、全国のサポート医を検索できます。→認知症サポート医

皆さんの勤めている医療機関は、サポート医になっていませんか?もし、なっていて、適切な診察が行われていたら、認知症サポート指導料算定できるかもしれません。



まとめ


中医協の答申はとても読みにくいですよね。難しい言い回しをしてあるので、最初は戸惑うこともあるかもしれません。そんな時は、声に出してゆっくりと読んでみることをお勧めします。書いてある文章を頭に具体的に思い描くように読み進めると、意外と分かりやすくなります。小学校から毎日宿題になっていた「音読」。やはりこれが一番いい勉強方法のようです。

スポンサーサイト

中医協の情報をどう読むか

診療報酬改定について具体的な情報あり


中医協のホームページをチェックしていると、そろそろ具体的な事案が発表されました。点数こそ、まだ〇点と明らかにされていませんが、ほぼ変更事項は見据えていけそうです。

早速みなさもチェックしてみてください。

中医協2018.1.26より




変更事項のチェック


中医協のホームページを見て頂けたでしょうか。「500ページほどにも及ぶ資料、見ていられないよ。」って感じでしたよね。私もまずパソコン画面では見にくいのでプリントアウトしようと思ったものの、膨大な資料のページ数に躊躇してしまいました。

家庭用のプリンターでは、インク切れの連続になりそうです。

さて、どうやって作業していけばよいか。


  1. まずは自分のところに関係ありそうなところをピックアップするところから始めましょう。目次をみると、大体必要な部分が見えてくるはずです。

  2. 必要なページ番号をメモに取り、印刷します。

  3. あとは、ななめよみ



今はそれだけで十分です。1月の段階でこれだけの情報が把握できていれば、クリニックレベルでは何とかなります。

大切なことは、変更になる点数の現在の算定を確認すること。どういう風に現在算定しているのか、理解は出来ていたか、そのチェックが重要になります。それが出来たら、変更になる部分の説明書きの頭に必ず基本的な考え方が、書いてあります。













ここが関係ありそうです


ここからは当院に必要になりそうなところをピックアップしてみました。


  • 医科歯科連携 診療情報提供料の新設→診療情報連携共有料

  • 複数医療機関による訪問診療可能→在宅患者訪問診療料(他の医療機関の依頼を受けて訪問診療を行った場合)

  • 往診料(緊急往診加算)の対象患者追加、および夜間休日加算の取り扱い適正化→往診料

  • 入院時の診療情報提供料(訪問看護ステーションからの情報も添付する場合)→診療情報提供料(Ⅰ)療養情報提供加算

  • 在宅ターミナルケア加算の評価、および酸素療法加算の新設

  • 情報通信機器を活用した診療に対する評価→オンライン診療料

  • 電話再診料の要件見直し

  • 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料 遠隔モニタリング加算新設

  • 在宅酸素療法指導管理料 遠隔モニタリング加算新設

  • 情報通信機器を用いた死亡診断の要件明記

  • 明細書無料発行完全義務化

  • 一般名処方加算の見直し→処方箋料

  • 向精神薬処方料の見直し

  • 分割処方の見直し→処方箋の見直し

  • 血糖事故測定器加算の見直し→月30回以上新設

  • ヘパリンナトリウム(ヒルドイド)保険給付の見直し、明確化




まとめ


診療報酬改定は、色々と面倒なことではありますが、院内の算定を見直すチャンスでもあります。特にクリニックなどの場合、周りが見えない分、現算定が正しいと思い込んでいて、今まで見過ごしてきた算定も出てくるかもしれません。
中医協の資料は診療報酬早見表同様、読みにくく、理解しにくく、面倒な文章ですが、慣れてしまえば言い回しが同じです。わかりにくい場合は、一文一文、声に出して読むとよりわかりやすいものです。私はいつも小学生の読み聞かせの宿題のように、ゆっくりと声に出して繰り返し読むようにしています。

情報通信機器診療について

情報通信機器診療?

1月に発表された中医協の資料を見てみると、段々とその概要が見え始めてきました。診療所に関して言えば、かかりつけ医制度がより充実されるように点数構成されているようです。その中で私が面白いと思ったのは、資料の中を見ると、何度となく「情報通信機器を活用した医学管理の評価を新設する。」という文面が見られること。
難病外来指導管理料、在宅酸素療法指導管理料など情報通信機器診療の対象となっています。
まだその資料をご覧になっていない方はこちらをどうぞ。→中医協30.1.12より
一体、情報通信機器診療って何なんでしょうか?

遠隔診療

平成29年7月に厚労省から出された通達を見てみると・・・
  • 情報通信機器診療とは遠隔診療のこと
  • 直接の対面診療を行うことが困難である場合
  • 離島、へき地の患者
  • 症状が安定している患者に対し、患者の病状急変時等の連絡・対応体制を確保した上で、実施することによって患者の療養環境の向上が認められる遠隔診療を実施する場合として在宅酸素療法患者を対象とする
  • 当事者が医師及び患者本人と確認できる場合、テレビ電話や電子メール、ソーシャルネットワーキングサービス等の情報通信機器を組み合わせた遠隔診療
こういった場合を遠隔診療対象とするようです。実際にはどういう風に行われるものを、保険診療と認めるのか、楽しみなところですが、当院の医師に尋ねたところ、
「そんなのは、まだ無理だよ~。よほど安定した患者さんならいいけど、結局、話をしたら具合が悪いからということで、検査が必要になりそうだよね。実際に実現するのはどうかな。」との意見でした。


遠隔診療を商売にする

情報通信機器診療について院内で話をしていたところ、タイミングよく、「遠隔診療をお手伝いします!」というタイトルのファックスが流れてきました。さすがですね~。時代は遠隔診療にスイッチしているのを既に商売にしている業者があるのですね。というより、既に始めている病院もあるのだということにも驚きました。

初診時には、対面診療が基本のようですが、あとはパソコンやスマホでの遠隔診療も可能。診察、予約、支払いまでパソコン、スマホで出来てしまうのです。現代のように情報通信機器がいきわたっている世の中。保険診療まで認められていくなんて、時代は確実に変わってきています。

最初、電子カルテが出た時は、「こんなの使いこなせないし、便利そうだけど、普及するかなあ~。パソコンを使えない先生もいるのだし。」と思っていましたが、あっという間に電子カルテは普及し、今では電子カルテのない仕事は考えられません。

遠隔診療も「医療機関側が使えたとしても、ご高齢の患者様は使いこなせないでしょう。」なんていう心配は無用なのかもしれません。今やスマホだって高齢者が自由自在に使いこなせる時代。最初の使い方さえ、丁寧に教えてくれる業者が仲立ちしてくれれば、遠隔診療はあっという間に広がることと思います。


まとめfc2blog_2017091400050254a.jpg

本当に便利なものは、すぐに世の中に広まっていきます。携帯電話などが、一番いい例で、あっという間に世界中を占拠しました。私の学生時代には公衆電話が当たり前のように世間にあふれていたものです。今や、公衆電話さえ探すのも難しくなってきました。誰もが携帯やスマホを当然のように持つ時代ですものね。

私の学生時代は、友人や恋人と待ち合わせをして、相手が中々待合時間に現れなくても辛抱強く待ったもの。「途中で何かトラブルがあったのかなあ?・「待ち合わせ場所間違えたかなあ?」「もしかして、時間も間違えたかも?」など確かめるすべもなくひたすら待ったものです。

それに比べて、私の子供たち世代は、待ち合わせ場所も待ち合わせ時間も、なんとなく決めるだけでOK。あとは現場で「今どこどこだから、ここに何時頃着くから。」なんて簡単に連絡が取れるのですから。

医療にも、世の中の変化に敏感に反応していける柔軟さが求められています。


速報!中医協総会で具体的案、示される

中医協総ー3 29.9.27より

平成30年度診療報酬改定に向けて着々と議論が進んでいるようです。26.9.27の発表ではかなり具体的な課題を用いて説明がなされています。分かりやすく要約してみました。


課題1 診療報酬事務の合理化

  • 施設基準届出手続きの合理化
  • 入院診療計画書等の様式の見直し
  • レセプト摘要欄の見直し


課題1の対応方針

  • 内容を必要最小限にする
  • 定型的なものに選択肢を設ける
  • 重複している項目は省略する


課題1の対応案(具体例)レセプトの摘要欄の記載方法の見直し

例:在宅自己腹膜灌流指導管理料


例:両室ペーシング機能付き植込み型除細動器

その他にもレセプトの摘要欄の記載方法の見直し項目(案)(医科)が一表になっていました。結構数があります。是非チェックしてみて下さい。個人的に当院で必要な箇所に青線を引いています。このブログでは字も小さいですので、原本を見たい方はこちらを参照して下さい。➡レセプト摘要欄記載方法の見直し項目(案)





課題2 診療報酬情報の利活用

  • レセプト患者の住所情報
  • 診療コードを実臨床に即したコード体系
  • 傷病名、診療行為を国際化に標準化されたマスター整備
  • 診療実績データ分析を容易に


課題2の対応方針

  • レセプトに患者の住所地の郵便番号(7桁)及び氏名のカタカナ記載
  • 手術コード(Kコード)にSTEM7を併記する欄を設け、データを収集する


課題2の対応案(具体例)手術コード STEM7の体系

例:K529、K657-2



まとめ

大分具体案が示されるようになりました。平成30年度の改正では電子カルテの内容もかなり見直されることになりそうです。住所の郵便番号記載やカタカナ表記など、保険証には記載されていないもの。入力の際に確認していく必要がありそうです。春先に慌てないように、情報収集に努め、改定へのイメージを持っておく事が大切です。


中医協29.8.9より

平成30年度診療報酬改定に向けた議論(第一ラウンド)の概要が発表されました。いつもよりは、読みやすい資料でしたのでポイントだけをまとめてみました。

中医協29.8.9☜詳しくはこちらをどうぞ

はじめに

(基本認識の共有)
2025年には、団塊の世代が75歳以上となる。
医療・介護ニーズが増大、多様化。その反面、労働人口(若い人)は減少。
少ない若者で多くの老人を支えられるか、どんなサービスを提供できるかが重要。

(医療と介護の同時改定)
平成30年度の診療報酬改定は介護報酬との同時改定。その中で大切なポイントが4つ。
  1. 看取り
  2. 訪問看護
  3. リハビリテーション
  4. 関係者間の連携・調整

議論と論点


【入院医療】

65歳以上の入院患者が70%を超えて、高齢者向けの医療ニーズが高まる。その反面、支える側の若者が減少。質の高い入院サービスを提供するために、効果的・効率的な入院医療を議論。

(一般病棟入院基本料)7対1の届出が最も多い中で、10対1でも7対1と同基準を満たす病棟が多数存在している現実がある。入院基本料の元にある「看護配置等の要件」だけでは、いかがなものか。もっと詳細に分析を行い、整合性に見合った基本的要件そのものを見直した方がいいのでは。という議論。

(医療機関の連携)
医療機関間の機能分化・連携が極めて重要。
複数の医療機関が連携を進めやすくするような方向へと。

(地域包括ケア病棟入院料)
急性期治療を経過した患者や在宅において療養を行っている患者を受け入れ、在宅復帰支援を行う機能づくり。

(回復期リハビリテーション病棟入院料)
患者のADL向上による寝たきりの防止と在宅復帰を目的としたリハビリテーションを効果的に提供できるよう、早期から集中的なリハビリテーションの実施を推進する。提供量だけでなくアウトカムにも注目した評価が必要。

(療養病棟入院基本料)
高齢者の機能維持に係わるリハビリテーション、患者家族の意思を尊重した看取りを支援する機能確保。

(認知症治療病棟入院料)
高齢者の増加が見込まれる中、認知症に伴う行動・心理症状への対応の在り方。


【在宅医療】

訪問診療、訪問看護、歯科訪問診療、訪問薬学管理などの在宅医療のニーズの増加。
各々のサービスの連携の重要性
地域ケアシステムの構築の推進。質と量と効率性の確保
在宅医療のニーズの多様化で、看取りを含めた課題の多様化をふまえ、かかりつけ医の在宅医療提供体制、救急応需体制、複数の診療科による協働体制の必要性

【外来医療】

高血圧・糖尿病・高脂血症といった生活習慣病の患者が約3割強。
効果的・効率的な服薬管理、医学管理の必要性
薬剤の伸び率が高いことへの問題。
かかりつけ医、主治医機能の評価、向精神薬の適切な処方の推進、紹介状なしの大病院受診時の定額負担の導入等。
画像転送による診断に加え、在宅における療養指導、慢性病の健康指導管理の多様なサービス提供モデルの検討。現在の対面診療だけでなく、ICTを活用して、サービスを提供する医療を議論。
重症化予防のために、健診などの予防事業に医療機関の関与が重要。
重症化予防のためにより質の高い医学管理が求められる

【横断的事項】

かかりつけ医機能の充実。複数の医師・医療機関等による連携、ICTを活用できるようにすること。
地域包括ケアシステムの構築
診療報酬の様々の報告・届出が負担となっていること。
レセプト情報のデータを活用

【歯科医療】

かかりつけ医歯科医機能、チーム医療の推進、医科歯科連携等の視点での議論

【調剤報酬】

特定の保険医療機関からの処方せんの集中により、機能を十分に果たしていない薬局があることを指摘。かかりつけ薬剤師の服薬管理の構築。医薬分業を実現していないので、なんとか抜本的見直しをし、薬局の評価の在り方を視点に議論。

主な検討項目

(1)医療機能の分化・連携・地域包括ケアシステムの構築の推進
  ①入院医療、②外来医療、③在宅医療、④医療と介護の連携
(2)患者の価値中心の安心・安全で質の高い医療の実現
(3)重点分野、個別分野に係わる質の高い医療提供の推進
  ・緩和ケアを含むがん、認知症、精神医療、リハビリテーション、
  ・口腔疾患の重症化予防、薬剤管理業務
(4)持続可能性を高める効果的・効率的な医療への対応
  ①医療品・医療機器等の適切な評価
  ②次世代の医療を担うサービスイノベーションの推進(バイオテクノロジー、ICT,AI等)


まとめ


医療介護ニーズ、効果的効率的、機能分化・連携、アウトカム、意思尊重、各々のサービスの連携の重要性、質と量と効率性の確保、協働体制の必要性、医学管理の必要性、ICT、AI、予防事業に医療機関の関与、地域包括ケアシステムの構築、レセプト情報のデータを活用、かかりつけ
何度も繰り返し出てくる言葉が上の赤い文字。難しい議論はわかりませんが、次の狙いがどこにあるかはこれで何となくわかるかなと思います。興味深かったのはは次世代の医療を見据えていること。私たちが老人になる頃には、次世代AIが主治医だったりするかもしれませんね。
スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }