時代は変わる もう医療事務なんて要らない

Yahoo!ニュース(ニューズウィーク日本版)でこんな記事をみつけました。➡予約から診察・会計までワンストップのオンライン診療「CLINICS」

もうこんな時代になったのですね~。お店もホテルもスマホで予約が出来る時代。英会話だって受験勉強だって、アプリで有名講師の講義が受けられる時代です。医療にもスマホの波が押し寄せてきています。


「CLINICS」


早速、アプリでダウンロードしてみました。実際はこんな感じでした。





アプリを開くと、登録画面が現れます。

個人情報を登録し、同意書にチェックをすると診察予約が開始。自分の都合のいい時間にビデオ診察をし、薬は処方せんが自宅に郵送されるよう。会計も保険証とクレジットカードをあらかじめ登録してあるので、そのままクレジットカードに決済される仕組みのようです。

実際の患者を診ずして、どこまでの医療が提供できるのかは疑問ですが、少なくともこの記事にあるように、精神疾患患者様や、禁煙外来、様子を伝えるだけで診断を受けれる症状には手軽で利用価値があるように思います。待ち時間が一切ないのも大きな魅力ですよね。

同様にこんなアプリもあります。以前にも記事にしましたが便利アプリ「ヒポクラ」。これは医師が利用するためのアプリですが、もう時代はこんなに変わってきています。
詳しくはこちらもどうぞ。➡ヒフミル君の謎


MEDLEY


同じ会社の提供している「医師たちがつくるオンライン医療時典 MEDLEY(メドレー)」も恐ろしく便利です。実際に使用してみました。








最初に症状や薬などから自分に合うものを入力し、様々な質問が現れます。この質問が実に細かい!試しに私は朝胃のむかつきがたまにあるので、「胃のむかつき」と入力したところ、最初は嘔吐、血便、お腹の張りなど数個の質問にある・ないをチェックするように指示があり、ある/ないと選択すると、それに伴う追加の質問がさらに出てくる。数十ページその質問が繰り返されて、ようやく診断がくだります。最終的にその病気についての説明が数ページにわたりあり、その上で近隣の病院を探してくれるシステムになっています。
私の場合、慢性胃炎の診断でしたが、慢性胃炎のページには(13人の医師がチェック!80回の改定!最終更新2017/7/21)とあり、素人ではなくドクターが最新状況で常に見直しを行っているところに信頼が持てました。
よく患者様の中にネットを調べて「自分はこんな病気だと思う。」と前置きして来られる患者様が最近増えてきているのは、こういう情報があふれているからでしょうね。でも自分の症状から一体何科に行ったらいいかわからないことも多いので、とりあえず調べてみる価値はあると思います。

医療事務の今後


こんな医療が普及されはじめるとしたら、実際の病院に足を運ぶ人は減っていくでしょう。最初はスマホで診察をしてもらい、その後、実際の患者の検体からの検査や画像診断が必要な場合のみ、病院に行くようなシステムが構築されていくかもしれません。

病院では、ペッパー君のようなロボットが受付をし、今まで人がしていた算定から会計まで全てをコンピューターが処理してくれる。レセプトだってそのまま送信される仕組みになるかもしれませんね。

医事課に必要な人間は、そのロボットたちを制御する管理人一人のみってことになったりして。それほど遠い未来ではないのかもしれません。


まとめ


私の子供世代、孫世代の仕事選びは、今後どんどん変わっていくことでしょう。せいぜいあと10~20年程しか仕事が出来ない私としては、心配する必要のないことですが、大きく変わっていく世の中を想像するのは楽しいことです。

若い皆さん、30年後を見据えて仕事していますか?その仕事に人間は必要ですか?

スポンサーサイト

仕事をする目的

ヨガ教室


1年前から週に1回、近所の市民ホールでヨガを習っています。ゆっくりと1時間かけて体を伸ばしていくのは、とても気持ちよく、終わった後はそのままトロトロと眠ってしまうほどの心地よさです。木曜日の休診日がちょうどレッスン日と重なっているので、毎週欠かさず通うことが出来るのも魅力の一つです。趣味でマラソンをしているので、ヨガで体幹を鍛えることも出来、ランニングにも相乗効果があります。

ヨガを教えて下さるのは、インド人の先生でなんと20年以上前から私の住んでいる町の近隣、数十か所でヨガを教えていらっしゃいます。

先日、このヨガの先生に、相談を受けました。私の働いている市のどこかで、新しいヨガ教室を開きたいので、場所探しを手伝ってくれないかとのことでした。

早速、市のスポーツ振興会に相談に行ったところ、外国人ではあるが、日本語は上手だし、20年も前から近隣でヨガ教室を開いているという実績を買われ、すぐにでも契約したいとのことでした。

先生の要望は、出来るだけ多くの人に通ってもらいたい。とのこと。

スポーツ振興会の方が、チラシ作り、配布、広告から人集めまで全て引き受けてくれて、場所代もなし。月ぎめで人数が何人であっても、先生に月謝の7割が支払われるというもの。

決して悪くない条件でした。

しかし、どういうわけか、先生はあまり良い顔をされません。理由を聞いてみると、月謝が高いというのです。月謝は一か月(週1回1時間×4~5回)3500円とのこと。これはスポーツ振興会で決まっている額だそうです。それが高いというのです。

安いと言って不満に思うならまだわかりますが、安いといって不満に思われるなんて、こちらの方が困惑してしまいました。

更に理由を聞いていくうちに、ようやく先生の意図することが見えてきました。

先生は、お金儲けをしたいわけではないのです。ただヨガを一人でも多くの人に伝えたい。ただそれだけだったのです。だから、ヨガに通ってくる方の月謝が高いと長く続かないので、意味がないと。出来るだけ月謝を安くして、一人でも多くの人に集まってもらい、ヨガの楽しさを伝えたい。それが先生の目的だったのです。

仕事の目的


自分なりの目的を持って祖国から遠い日本で、ヨガを教えていらっしゃる先生はとても崇高な方だなあと感心しましたが、では、私は何のために医療事務をしているのでしょう。

簡単に言うと、お金のためです。誰でも一番の理由はそうですよね。私の場合は、自分の空き時間、器、家庭のことなどを考えると、バランスよく出来るのがこの医療事務だったというわけです。(こちらに詳しく経緯を書いています。ご覧ください。➡医療事務を目指す方へ
しかし、今はこの医療事務そのものが面白くなって、深く追求するために仕事をしています。ある意味、お金以外に仕事の目的を見いだせたことは幸せなのかなと思います。

医療事務の目的


医療事務の本来の目的は、医師の業務を事務面でフォローすることです。

「医は仁術なり」という言葉があります。「医は人命を救う博愛の道である」という意味です。医師の業務は「患者を救うこと」私たちも普通の事務ではなく、人の命を救う一介を担っている事務であることを誇りに、業務をすることが肝要です。

とはいうものの、現実には成金主義?権力争い?と思わせるような医師にも遭遇しますよね。そんな医師のために事務をするのが嫌になることもありますよね。しかし、そこはぐっとこらえて、人命を救うため、患者様を第一に考え、仕事が出来る事務員になりたいものです。



まとめ


実はこのネタをブログにしようと思ったのは、息子からの一本のメールでした。どうも仕事がうまくいっていないようで、彼なりに思い悩んでいるようでした。「もう何の目的でこの仕事をしているのかわからなくなったよ」と。

子供はいくつになっても、子供です。母は子供が落ち込んでいる時、心臓をわしづかみにされているような気分になるものです。それは昔も今も同じです。母としてどうメールを返信してやればいいものか、励ますのがよいのか、突き放すのがよいのか。夫からは未だに子離れが出来ていないと怒られますが・・・皆さんの仕事をする目的は何ですか?

私の息子への精一杯の返信は「明日は明日の風が吹くよ。」

診療所か病院か

日から、勤め先の診療所の院長が学会に行かれるので、スタッフは臨時休業!あまり、有給を取りにくい我々にとっては、至極の喜び。私は、遠く離れて暮らす九州の父のところに、フェリー⛴往復旅行を計画している。
以前勤めていた病院では、有給はほとんど消化できるほど、利用していた。子供達も小さかったので、有給制度には色々と助けられた。病院の頃は、有給も取りやすかったなあ~と今更ながら思う。
しかし、従業員としては、診療所と病院どちらがいいのであろう。もちろん、それはその人にとってのデメリットなので、優劣はつけられないが、私の経験した限りでの診療所と病院との違いについて書いてみようと思う。 

以下、医療事務業務で、平正社員の場合

勤務日



【病院】月曜から金曜
【診療所】月曜から土曜     木曜は休み

休み




【病院】土日祝日   夏休み3日、正月休み5日曜 


【診療所】日祝日 お盆休み約3日、正月休み7日


勤務時間



【病院】
8:45~17:15  昼休み50分 


【診療所】
8:30~12:50  昼休み50分  15:30~18:30
午前診療が長引く場合は、午前と午後の間の休みがなくなったり、午後診療が長引く場合は診療終了までが勤務となる。20時、21時まで業務となることもある。

残業 レセプト時期除く



【病院】週1から3時間
【診療所】週5時間から7時間 

残業 レセプト時期



【病院】5から10時間
【診療所】2時間程度

業務内容




【病院】外来、入院、受付、会計、労災、事故色々な業務があり、担当替えがよくある。 


【診療所】事務業務は全てやるというスタンス。担当という区切りは曖昧。業務内容に変化なし。


トイレ休憩



【病院】いつでも取れる
【診療所】若干取りにくい、業務の合間に行く

業務改善




【病院】会議等にあげてからなので、中々自分の意見が通りにくい 


【診療所】院長への直談判も可  自分の意見が反映されやすい


給与



【病院】13から15万円
【診療所】18から20万円

有給



【病院】年10日  取りやすい
【診療所】年10日 取りにくい

採用試験



【病院】面接重視だが、試験をするところもある。資格などの提示を求められる。
【診療所】面接のみ。資格などの提示は求められる。

昇給



【病院】平社員の間はほとんど昇給なし
【診療所】年2000円程度のアップ

研修




【病院】マナー研修、個人情報研修、医療事務研修等 多数。診療報酬改定の折はその都度、研修あり。 


【診療所】年に数回。個人情報研修など。診療報酬改定時は、外部研修を利用するか、自分達で研究、学習する。


事務員数



【病院】30名  病床数250床
【診療所】4名 外来数100人/1日

従業員同士のトラブル



【病院】年間数件は必ずある
【診療所】今の所、3年間表に出るトラブルはほとんどない

食事会




【病院】忘年会、新年会、歓迎会、送別会など、年に5から6回   会費制


【診療所】年3回。そのうち1回は、旅行。診療所によっては、海外旅行を毎年恒例とするところもある。 全て費用は無料。


異動




【病院】〇〇会などの医療法人の場合、異動はある 


【診療所】ない


昼休みのコーヒー




【病院】全員で、割り勘 


【診療所】院長からの善意の提供


インフルエンザ予防接種費



【病院】1000円
【診療所】無料

社内恋愛




【病院】結構あり。ドクターや、薬剤師、コメディカルの方との恋愛チャンスあり。 


【診療所】院長以外は、全て女性。全くないに等しい


医療事務の立ち位置




【病院】医者   看護師 その他コメディカルの下 


【診療所】組織は小さいが立ち位置は病院と同じ


まとめ




いかがでしたか?どちらも一長一短って感じですかね。どちらも経験して初めて今の自分があると思うので、皆さんも両方経験してみると楽しいかもですね











医療事務を目指す方へ

医療事務を志し、勉強を始めた人。仕事を探している方。または、現状に不満があり医療事務を諦めようとされている方へ是非ともお伝えしたいことがあります。
あなたはどうして医療事務を志したのですか?




私が医療事務を始めた訳



私が、医療事務の世界に足を踏み入れたのは、今から12年前のことです。末娘が小学校に上がったのをきっかけに、何か仕事をしたいな。と思って仕事を探し始めました。
夫との話し合いの末、以下のような条件で仕事探しをすることにしました。



❶子供達が学校に行っている間だけ働けるところ


❷転勤族の夫に合わせて全国レベルで職場を変えられるところ





❸事務職





この条件に合う仕事が医療事務だったのです。早速、〇〇○学館の資料を取り寄せ(友人からの紹介で講座費が若干安くなると聞いたので)、資格を取るべく、夫に子供を預けて土曜日3か月の講座に通いました。




長い間、専業主婦だった私は、学ぶことが楽しくて、楽しくて。というより、夫に子供を預けて一人で出かけられるのが嬉しくて嬉しくて。その時出合った講師の方々が生き生きと働いていらっしゃるのをとても眩しく感じたものです。3か月で講座を終了し、医療事務の資格の試験にも合格し、○○○学館の斡旋で、すぐに初めての仕事先も決まりました。










最初の派遣先は、○○○クリニック 

週3回 朝8:30~12:00 受付業務 時給820円





最初の仕事は、受付に座って、診察券、保険証を受け取り、紙カルテを診察室に持っていく。ただそれだけの業務でした。




しかし、その仕事が私にとって久しぶりの社会との窓だったのです。第一子が生まれるまでは銀行務めをしていましたが、その後は3人目の子供が小学校にあがるまでの約13年間、専ら子育てに専念していた日々。神戸の片隅の小さなクリニックの小さな受付からみる社会は、ちっぽけな世界でしたが、私にとっては大きな社会へとつながる大きな窓だったのです。





その後、夫の転勤、転居等で病院を変わり、ドック、外来、入院、医師事務作業補助者と色々な業務を経験し、現在のクリニック務めに至っております。➡(同ブログ内の医師事務作業補助者のカテゴリーをご覧下さい。現在の私の業務や待遇についても書いてあります☛医師事務作業補助者の仕事その1 医師事務作業補助者の仕事その2 医師事務作業補助者の仕事その3 医師事務作業補助者の仕事その4



算定業務を覚えましょう



医療事務は、はっきり言って地味です。華がありません。給料もとても安いです(週5日7~8時間労働程度で、月12~15万ぐらいが相場でしょうか)しかし、その一方、働き口はあちらこちらにあるし、条件も色々と選べます。私のように子育ての傍らで条件が色々とある方でも、働き口が割と簡単に見つかるものです。加えて病院の知識は一生役に立つものなので、身に付けておいて絶対に損はないです。




大きな病院だと、医事課といっても仕事の内容は細かく分けられています。受付・カルテ・会計・外来・入院・事故・労災・健診・クラーク・医師事務作業補助者・医療秘書・レセプト・総務などなど。病院の希望によっても千差万別。自分がどの担当に就くかによって大きく将来が左右されます。黙っていたら一生カルテ庫の整理しかできないかもしれません。せっかく医療事務につこうと思ったんです。色々なことを経験しましょう。そして、この道でエキスパートになりましょう。エキスパートになるには、レセコンを使える人=算定ルールを覚える人になる!まずは、そこを目指しましょう。




まずは中規模の病院、ベッド数100床位で、外来の数にして毎日300人程度の病院勤務をお勧めします。そのぐらいの病院だと大まかに入院担当外来担当と分けられる事はあっても仕事は案外色々とやらせてもらえるはずです。まずそういうところで病院業務の大まかを学習し、一通り医療事務の流れを理解したところで、算定に関わる仕事を希望しましょう。やはり、医療事務を勉強した以上、算定業務が花形です。最初は外来から、そして次は入院の算定、病院の雰囲気によって、部署替えは難しいところもあるかもしれませんが、とにかく積極的に算定業務(レセコン)に、つかせてもらうことです。最初はわからなくても否応なしに仕事となると自分を追い込んで学んでいけるもの。教科書を眺めているだけでは絶対に身につきません。習うより慣れろです。算定のイロハがわかれば、どこの病院に行ってもやっていけるはずです。





次に入院業務を希望しましょう。外来算定はもちろんですが私は、入院の算定を覚えることを強くお勧めします。外来算定を基本とすると、入院は応用。この2つを身に付けてしまえば鬼に金棒。後はどの担当についても大抵うまく行きます。中規模病院の算定をマスターすれば、後は大病院を受けても、小さなクリニックを受けても絶対に役立つ人間と判断されて、採用されます。そして必ずや、どこの病院に行っても重宝がられる存在になれます。だまされたと思って、とにかく上司に算定業務をしたいと言ってみましょう。そこからが第一歩です。その後は診療情報管理士、医療秘書、医師事務作業補助者、など幅広くステップアップしていくことも可能です。



まとめ


小さい時から転勤族の娘で、結婚した夫も転勤族。日本全国色々な土地で暮らしてきました。どこへ行ってもすぐによい結果が生まれることはまずありません。
・1年で少し周囲を見渡せるようになります。
・2年でやっと楽しさを見いだせます。
・3年でようやくその環境から認められます。
石の上にも三年。まずは3年間頑張ってみましょう。きっと、よい結果が待っていますよ。
スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }