FC2ブログ

後頭部神経痛

病気は突然やってくる


世の中には、降ってわいたような出来事が突然起こるもので、病気もその1つです。私はおかげさまで大病なく半世紀を生きてこれましたが、それでも何回かは、降ってわいたような病気を味わってきました。 

幼少期は喘息。20歳を過ぎた頃に再度喘息発症。その後、結婚出産子育て時期は比較的、何もありませんでしたが、今から6年前に、突然尿管結石、腎結石発症。悶絶の転がるような痛みで、救急車を呼ぶ騒ぎに。その後治療のため、ESWL(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術)も経験しました。


 そして、今回久々に訳のわからない病気を突然発症。後頭部神経痛でした。

1週間前ぐらいでしたか、突然、なんだか左片側の一部だけ、頭にピリっとした刺すような痛みを感じたのです。すぐに痛みは治まったので、最初は気にしなかったのですが、30秒から1分おきに、そのピリっとしたような、ズキっとしたような痛みが左片側の一部分にだけ、生じるのです。たとえて言うと髪の毛をぐっと引っ張られるような痛み。その日は、とりあえず市販の痛み止めを飲んで寝てみましたが、一向にその痛みは治りません。同じ場所に間欠的に痛みが来てはすぐに引くので、仕事や普段の生活は変わらず出来るのですが、さすがに5日目を過ぎた頃には、いつ治るのかという不安と、痛みが間欠的にやってくるストレスでイライラとしてきました。



診察を受ける


私の勤めている診療所のドクターは神経内科で、頭の専門家。毎日、この手の頭痛の患者様はわんさかやってきます。私はドクタークラークをしているので、毎日隣で一緒に仕事をしているというものの、毎日の日常業務が多忙だったこともあり、中々自分の症状を先生に相談できずにいました。

しかし、さすがに5日目を過ぎ、全く改善しないこともあり、思い切って先生に相談しました。

診察の結果、神経痛とのこと。頭の中の機能がおかしくなったのではなく、頭の表面の神経がピリピリと痛んでいるようです。リオレサールとコカールを処方してもらい、早速飲み始めました。

服薬を始めてから2日後に、嘘のように痛みが引いていきました。薬が効いたのか、たまたま治る頃だったのか。はたまた荒治療で、ストレス解消のために、18Kほどトレイルランをしたのがかえって良かったのかもしれませんが・・・(私の趣味はマラソンです)



医療事務の不養生


「医者の不養生」とよく言いますが、医療事務だからいつでも医療にかかれるかというとそうでもありません。医療事務でも自分の体調が悪くても忙しくて中々、受診できないことが多々あります。特に診療所勤めの場合、土曜日も仕事ですし、木曜日の休診日も他の診療所も同じく休診だったりしますしね。私も今回はたまたま、診療所の先生の専門と私の病気があっていたため、他院を受診せずとも、治療が出来ましたが、これが、もし畑違いの科の病気だったとしたら、どこか他の病院を受診しなくてはなりません。

忙しい時期は、休みを取りにくいこともあり、本当にこういう時は困りますよね。

ちなみに私の医院では、診察代は福利厚生として無料です。今回頭部CTを撮影してもらったりしたので(本当だったらとっても高い!)、診察代無料は本当に助かりました。因みに薬代は自分で負担します。医療機関に勤めていると、多かれ少なかれこういうサービスが受けられるのは、嬉しいですよね。



まとめ


痛みは大分ましになり、やっとゆっくり眠れるようになりました。しかし、まだ頭を触るとなんだか変なピリピリ感がして、また再発するんじゃないかと実は恐れています。最近、このブログをアップできないでいたのは、どうもスマホやパソコンも神経に悪さをするみたいで、少し控えていました。仕事ではどうしても電子カルテの操作が毎日ありますし、プライベートでは少しでも、パソコンやスマホを避けるべきかなと思ったもので。

みなさんも、思わぬ病気には注意して下さいね。ある日突然、病気はやってくるものですから。
スポンサーサイト

会計について

会計のやり方


突然ですが、皆さんのクリニックでは、どんな会計の仕方をしていますか? 
私が思うに、当院は電子カルテだし、予約システムもインターネットが利用出来たりと、中々最先端を行っていると思っているのですが、会計システムだけがとても古くさいのです。どんな方法かと言うと、

  1. 電子カルテで請求金額を計算し、領収書と処方せんを打ち出します。

  2. 手書きの会計簿に、患者名と領収書の金額を書きます。

  3. 古い、昔からあるようなレジスターに、患者のIDと金額を打ち込み、その後患者様から預かった金額を打ち込むと、お釣りの額が表示されます。

  4. お釣りをそのレジスターから自分で数えて、手渡します。


どうですか?領収書の額が分かっているのに、わざわざまた会計簿に記入し、その同じ額をまた手入力で打ち込む。レジスターの操作を少しでも間違うと、戻る操作にまた手間がかかる。会計額が分かっているのに、わざわざ間違う為にやってるのか!と思うくらい不毛な手順。間違えて、最後にお金が合わないとなると、たとて10円でも始末書を書いて提出しなくてはならない。そのため、会計に当たった人は、お金をもらうことに神経を使うため、他の業務が出来ない。
なんかおかしいよな~。ってずっと思っていたのです。今回の院長との面談の時に、この事を提案したところ、案外あっさりと賛同して頂けました。近いうちに1人、スタッフが辞める事情もあり、新しい人を雇うより、新しい会計システムを導入した方が安いと踏んだようです。


自動精算機


今日、たまたま父の通うクリニックに同伴したところ、なんと自動精算機が置いてありました。
「あっ!すごい!これ、自動精算機なんですか?電子カルテと連動してるんですか?」なんて、質問を思わずしちゃいました。自動精算機は受付の横に置いてあり、分かっている人は、次々と会計をしていき、患者様もすっかり慣れている様子でした。これだと、絶対にお釣りの間違いも生じないし、会計簿と電子カルテの帳票が合わないなんてことも絶対にありません。これこれ!これこそ、私の理想としているものだ。と1人感動した私。大きな病院でこそ見かけたことがあるものの、小さなクリニックでもこうやって現実に導入しているところもあるのだと、タイムリーな運命の出会いを感じました。


電子マネーの時代


自動精算機だけで、感動している私でしたが、当院はまだクレジットカードも導入していません。理由は院長が、決済が面倒だからという理由。
最近は電子マネーも当たり前になって来ましたし、スマホ決済も出来るのが普通になってきました。私も近所のスーパーでEdyとnanaco を使っています。最近はアップルウォッチにSuica を登録したので、電車もアップルウォッチを軽くタッチするだけで、改札を通り抜けられるので、とても重宝しています。
そろそろクリニックにもその時代が来るのも近いのは確か。そこにも対応した会計システムが必要かもしれませんね。


まとめ



今日は昨日に引き続き、新幹線の中からブログを書いています。院長の学会休みを利用して、福岡に住む父に逢いにきて、帰るところです。昨日は父に会った後、1人で小倉の町を歩いて来ました。小倉城を見に行ったのですが、ちょうど天守閣の改修工事中。中には入れませんでしたが、外から眺めて来ました。比較的小さなお城でしたが、とても綺麗な風情のあるお城でしたよ。

待ち時間調査のまとめ方

勉強会

当院では、毎月1回スタッフミーティングが開かれていて、その時、スタッフが順番に各自テーマを決めて10分程度の発表をするのが恒例となっています。発案者は院長で、院長自らが勉強が好きなこともあり、スタッフ全員が勉強をして発表をし、色々な知識を身に着け、仕事に生かして欲しいというのが狙いのようです。(過去に同様の記事も書いています。こちらもどうぞ→スタッフミーティングと勉強会
この勉強会は、賛否両論があります。
  • 「こんな機会でもなければ勉強しないし、自分のためになるよね。」~賛成派
  • 「貴重なオフ時間を割いて勉強するのは嫌だ。仕事はきちんとこなしているのだし、やめて欲しい。」~反対派
私はどちらかというと賛成派。診療所にいると世界が狭いこともあり、自ら改革していかないと、毎日のルーティン仕事だけで、日々流れてしまう所もあり、自己改革は中々出来ない環境。毎回次は何にしようかなと密かに楽しんでいます。

勉強会のテーマは「待ち時間」

実は今週のスタッフミーティングの勉強会の担当は、私の順番です。今回のテーマは「待ち時間」にしました。
当院は診療所にしては、患者数も多く、予約と予約外が混在する診察体制。予約の方の時間を優先し、その間に予約外の方を入れていく方法なので、先日も風邪だけで来院された方を2時間近くお待たせし、「少し風邪気味で受診したのに、待たされて却って悪くなったわ。」と最後にたっぷり嫌味を言われてしまいました。患者さんって、医師の前ではニコニコしても、帰り際などに事務員にたっぷり文句を言って帰るパターンが結構多い。事務って、辛い立場です。
そこで、今回のテーマを「待ち時間」にしよう!そう思い、まずは実際の当院の待ち時間を調査することにしました。

「待ち時間革命」

参考にしたのは、この文献。「待ち時間革命」前田 泉著、日本評論社出版です。



「医療機関はなぜ患者を待たせるのか」「待たせることは悪いことか?」「待ち時間の長さよりも、待たされ方」など、参考になる内容ばかり。本の中で、まずは自院の待ち時間を調査してみましょう。とあり、早速調査を始めました。

待ち時間調査

調査の方法は、当院では受付システムで患者様の受付した時間と会計終了時間がわかりますので、それを参考に曜日ごとにエクセル表を作ってみることにしました。
エクセル作成ポイントは3つ
  1. 滞在時間を引き算する
  2. 平均を出す
  3. 曜日ごとにデータを算出する
これを予約の場合と予約外の場合で算出しました。

調査結果

エクセルの表にしてみると改めて、どの程度患者様をお待たせしているのか、どの時間帯、どの曜日に患者様が偏っているのかなど、面白い結果が見えてきました。早速これを今週の私のテーマにして勉強会で発表してきます。私はあまりエクセルが得意ではないので、極々簡単な関数しか使っていません。この程度のエクセルならだれでも出来るレベルですし、自院の実態がつかめると思います。是非皆さんもやってみて下さいね。

まとめ

今、台風情報を聞きながら、ブログを書いています。この辺りも暴風警報が発令されましたが、外はまだ台風が来ているとは思えないほどの不気味な静けさ。前回の台風のようなことが、全国で起こらなければ良いのですが。皆様も十分気を付けて下さいね。

待ち時間を考える

待たせない医者


先日、接遇研修に行った時の記事を書きました。→研修は楽しい

その中でも書きましたが、患者様が医療機関に望む一番の条件は


  1. 待たないこと

  2. 早く治ること

  3. 応対がいいこと

  4. 自分を大切にしてくれること

  5. 設備、立地条件、便利さ


そう、なんと言っても「待たせないこと」が医療機関に取ってとても重要なことのようです。しかし、当院は結構患者様を待たせている毎日。たまに患者様から「まだなの?」とクレームが来ることもありますが、それでもめげずに通ってくれている患者様も沢山いらっしゃいます。そんな患者様のために、まずは一体どのぐらい待たせているのか、客観的にデータを取ることにしました。


待ち時間調査


当院は、予約患者様と予約外患者様が混在する方式を取っています。予約の枠は基本的には10分おきですが、現実問題、それでは患者様を全部いれられないこともあり、5分おきに予約をいれている時間帯もあります。週によってばらつきはありますが、予約枠は午前のみで平均50人、午後20人といった感じです。その間に予約外の患者様を(平均20人程度)いれていき、全体的に午前で平均60~70人、午後で平均20~30人の患者様を診察していることになります。

まず基本的にスタッフ間で心がけていることは、予約の患者様が優先で、予約時間を30分以上は超えないこと。が・・・しかし、実際に調査をしてみると、予約患者様でも平均して40分の遅れがありました。そうなると当然のように予約外の患者様は平均して1時間以上待たせていることが判明。ひどい時には2時間という時も!

勿論、細かく分析してみると、連休のあとの診察日とか、台風の前後とか、土曜日とか、決まって患者数が増える時は当然、待ち時間も長い。体調がぐっと悪く、救急車で病院へ紹介する患者様がいらっしゃった場合にも当然、他の方の待ち時間はさらにぐっと長くなっている始末でした。


受付で出来ること


待ち時間が長くなると、当然患者様のイライラは募ります。皆さんがチラチラと受付の方に目を向けて、「私はまだなの?」という鋭い視線に耐えられないこともあります。そんな時、雰囲気を変えるために、前述の研修では、カウンターから出て一言声をかけると効果的だと教わりました。


  • 「本日は、予約時間が遅れ、申し訳ありません。良かったら新しい雑誌も入っていますのでお手に取ってお待ちください。」


今日、早速、予約時間が遅れイライラした患者様を目の前に、いざこの方法を使ってみようと思ったのですが、どうも勇気がありません。実際、当院の待合室は狭いし、雑誌もそんなに数があるわけでもなく、何か気の利いた一言を発するアイディアが浮かばなかったのです。

その時、一人の患者様が「ねえ、テレビのチャンネル変えていい?」と尋ねて来られました。当院はいつもテレビにはメディア系のインターネット番組が流れていて、正直あまり面白いものではありません。そのメディア番組の中に当院の情報を組み込むことが出来るので(例えば、〇月〇日は休診日です。とか、紹介状をお持ちの方は、受付にお出し下さい。等)院長が気に入っていて、普段はテレビを普通のテレビとして活用せずに、メディア情報を流しているのです。

しかし、患者様からの要望があるとさっとテレビに替える決まりになっています。

スタッフ:「はい、何チャンネルにしますか?」

患者様:「相撲にして。」

テレビを相撲に替えると、待合の雰囲気はがらっと変わりました。今日は稀勢の里が6連勝できるかどうかの大切な一番。患者様の目が一斉にテレビにくぎ付けになりました。受付に向けられていた無数の鋭い目が一斉に相撲を観てくれたお陰で、私たちもやっとホッとしました。


まとめ


相撲、高校野球、オリンピック。これらのテレビ放映は本当に助かります。その中でも相撲はとても人気です。私は今まであまり相撲に興味が無かったのですが、患者様と一緒にテレビを観るうちに段々と名前を覚えたり、技を覚えたりして、楽しくなってきました。今私の一番のお気に入りの力士は、栃ノ心と遠藤。実力も勿論ですが、逞しい肉体にイケメンの顔。今場所も頑張って欲しいです。

臨時休診

台風接近


明日、四国、近畿地方を中心に大型台風が接近しています。最近は台風の接近と共に、各鉄道会社から前もって運休が伝えられるようになったり、ニュースで頻繁に避難を促したり、事態が深刻化しないように配慮がなされていますよね。

今朝、院長から突然話しがあり、「急遽、明日一日休診とすることに決定しました。」とのこと。今まで台風が来ようと、大雪が降ろうと、休診になることは無かったので、スタッフ一同「え!」っという感じ。

さあ、そこからが大変です。当院では4分の3が予約患者様なので、全員に連絡をいれなくてはいけません。通常勤務をしながら全員の予約患者様に電話をするのは、結構大変なこと。慌てて、パートさんを一人呼び出して電話連絡スタートです。




電話連絡にも限界あり


患者様のカルテで連絡先を確認してみると、大体が自宅の電話が登録されています。その自宅に電話をかけてみたところ、どの患者様にも繋がらず、いきなり滅入ってしまいました。

たまに電話が繋がっても、患者様の大半は高齢者なので耳が遠かったり、話が通じなかったり。「明日が休診であることを理解して頂き、薬が切れていないか確認し、必要があれば次の予約を取り直す。」たったそれだけのことに一人10分から15分程度かかってしまいます。中には家族に確認しないとわからない。残薬がどのぐらいかわからない。という方も大勢で話がちっとも前に進まないのです。

それでもまだ電話が繋がった方はまだ良い方で、全く電話をかけても出られない場合も多く、携帯がある場合も高齢者の場合、携帯を持ち歩いていないのか、全く電話に出ない方も多く、家族の携帯番号を把握しておくべきだと、強く思いました。




奥の手


やっと8割方の患者様と電話が繋がった頃は夕方でした。しかし何度電話をかけてもやはり出ない方もいらっしゃって、さてどうしたものか?と思案していたところ、一人のスタッフがグッドアイディアを提案してくれました。

高齢者の場合、訪問看護が関わっている場合も多く、訪問看護さんに連絡をして家族の携帯または居場所に連絡してもらうのはどうか、と。

作戦は成功し、全員に連絡がついたころには、夜の7時を過ぎていました。

通常業務と電話連絡。おまけに台風を危惧して今日は臨時の患者様も多くみえて、今日はどのスタッフも終わるころにはグッタリ。

若い方ならメールで連絡など、他にも手があるのでしょうが、高齢者でおまけに一人暮らしなどの場合、本当に連絡がつきにくいものです。今後に備えて何かよい連絡方法を確保するべきかなと思いました。




まとめ


電話連絡をしていて思ったことは、患者様の伝えてくれた番号が時に間違っていることもあるということ、または携帯などは番号が変わったのか「現在使われておりません。」とアナウンスがある場合も。患者様の連絡先は、形式上カルテに自宅のみを記載していましたが、やはりこれからは自宅、携帯、家族の携帯、またはメールなど、聞いておくほうが便利ですね。高齢者の場合は、訪問看護の把握も重要です。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }