FC2ブログ

診療所勤めの苦悩

5年も同じ診療所に勤めていると、時々無性に嫌になる時がある。
メンバーも同じイコール、力関係も同じ。院長がいて看護師がいて、最下位に事務。そう。いつだって事務は最下位。表向きは上手くいってるよ。でもそれは事務が看護師をちゃんとリスペクトしてるから。 
仕事も5年もくれると、マンネリ化。同じ診療所なんだから、規模が大きくなるわけでなし、常にルーティンの繰り返し。そのルーティンを如何にミスなく、効率よく、最大限の努力をしているけど、功績を称えられるような事はないよね。
メンバーが変わらないってことは、人間関係がうまくいってるってこと。喜ばなきゃね。でもね。違うんだよね。新しい風が吹かないところって、中の人間も何にも成長出来ないってことなんだ。成長もなく、後退もなく。それって幸せなことなんだろうか。
 診療所勤めって、部署替えとか担当替えとかってあり得ない。いつも同じ仕事、同じ担当。診療報酬を勉強してきたのに、同じ算定ばっかり。飽きちゃうよ。2年ごとの診療報酬改定の春。その時期だけが、少し刺激的。その時だけは生きてる!って感じがする。 
あとね。診療所って午前診と午後診療の間に無駄に長い昼休みがあってね。あれって勿論給料が発生してないわけ。みんな家に帰ったり、ダラダラランチしてみたり。好きなように時間を使えるのはいいけれど、朝から夜まで無性に長く拘束時間があって、一日がとにかく長いんだよね。働き方改革なんて、診療所ではあり得ないね。どうせ終わるのは夜だもん。
 診療所勤めで1番大切なことは、院長に気に入られること。べつに特別仕事が出来なくてもいいのよ。院長好みの性格になって、院長好みの外見で、そう。気に入られさえすれば、それだけで大きな顔してられる。もちろん、院長夫人にも気に入られなきゃダメだけどね。
じゃあ、そんなに不満ならなんでその診療所にいるのよ!って?それはね。お金。給料がほんの少し他のところよりいいんだよね。もうそこだけ。最近は院長の顔が札束にしか見えないって感じ。今は生活のため、割り切って生きるしかないかな。
スポンサーサイト



仕事を辞めたくなる時


  1. 算定漏れをした時

  2. 患者様にクレームを言われた時

  3. スタッフ間の関係が悪い時

  4. 新しい事が覚えられない時

  5. 後輩が自分より出来る時

  6. ドクターの機嫌が悪い時

  7. 休みの日に院長から電話があった時

  8. 手取りが少ない給料日

  9. 有給を取りにくい雰囲気

  10. 疲れて帰った夜、洗い物を済ませてない時


そんな時は、求人広告を見ます。新しい職場、新しい仲間、新しいドクター。
新しい仕事が見つかって、「辞めさせて頂きます。」と誇らしげに言う自分まで想像して。
そして次の日。再び同じ職場に向かう私。
あ~。負のスパイラルから抜け出したい

後頭部神経痛

病気は突然やってくる


世の中には、降ってわいたような出来事が突然起こるもので、病気もその1つです。私はおかげさまで大病なく半世紀を生きてこれましたが、それでも何回かは、降ってわいたような病気を味わってきました。 

幼少期は喘息。20歳を過ぎた頃に再度喘息発症。その後、結婚出産子育て時期は比較的、何もありませんでしたが、今から6年前に、突然尿管結石、腎結石発症。悶絶の転がるような痛みで、救急車を呼ぶ騒ぎに。その後治療のため、ESWL(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術)も経験しました。


 そして、今回久々に訳のわからない病気を突然発症。後頭部神経痛でした。

1週間前ぐらいでしたか、突然、なんだか左片側の一部だけ、頭にピリっとした刺すような痛みを感じたのです。すぐに痛みは治まったので、最初は気にしなかったのですが、30秒から1分おきに、そのピリっとしたような、ズキっとしたような痛みが左片側の一部分にだけ、生じるのです。たとえて言うと髪の毛をぐっと引っ張られるような痛み。その日は、とりあえず市販の痛み止めを飲んで寝てみましたが、一向にその痛みは治りません。同じ場所に間欠的に痛みが来てはすぐに引くので、仕事や普段の生活は変わらず出来るのですが、さすがに5日目を過ぎた頃には、いつ治るのかという不安と、痛みが間欠的にやってくるストレスでイライラとしてきました。



診察を受ける


私の勤めている診療所のドクターは神経内科で、頭の専門家。毎日、この手の頭痛の患者様はわんさかやってきます。私はドクタークラークをしているので、毎日隣で一緒に仕事をしているというものの、毎日の日常業務が多忙だったこともあり、中々自分の症状を先生に相談できずにいました。

しかし、さすがに5日目を過ぎ、全く改善しないこともあり、思い切って先生に相談しました。

診察の結果、神経痛とのこと。頭の中の機能がおかしくなったのではなく、頭の表面の神経がピリピリと痛んでいるようです。リオレサールとコカールを処方してもらい、早速飲み始めました。

服薬を始めてから2日後に、嘘のように痛みが引いていきました。薬が効いたのか、たまたま治る頃だったのか。はたまた荒治療で、ストレス解消のために、18Kほどトレイルランをしたのがかえって良かったのかもしれませんが・・・(私の趣味はマラソンです)



医療事務の不養生


「医者の不養生」とよく言いますが、医療事務だからいつでも医療にかかれるかというとそうでもありません。医療事務でも自分の体調が悪くても忙しくて中々、受診できないことが多々あります。特に診療所勤めの場合、土曜日も仕事ですし、木曜日の休診日も他の診療所も同じく休診だったりしますしね。私も今回はたまたま、診療所の先生の専門と私の病気があっていたため、他院を受診せずとも、治療が出来ましたが、これが、もし畑違いの科の病気だったとしたら、どこか他の病院を受診しなくてはなりません。

忙しい時期は、休みを取りにくいこともあり、本当にこういう時は困りますよね。

ちなみに私の医院では、診察代は福利厚生として無料です。今回頭部CTを撮影してもらったりしたので(本当だったらとっても高い!)、診察代無料は本当に助かりました。因みに薬代は自分で負担します。医療機関に勤めていると、多かれ少なかれこういうサービスが受けられるのは、嬉しいですよね。



まとめ


痛みは大分ましになり、やっとゆっくり眠れるようになりました。しかし、まだ頭を触るとなんだか変なピリピリ感がして、また再発するんじゃないかと実は恐れています。最近、このブログをアップできないでいたのは、どうもスマホやパソコンも神経に悪さをするみたいで、少し控えていました。仕事ではどうしても電子カルテの操作が毎日ありますし、プライベートでは少しでも、パソコンやスマホを避けるべきかなと思ったもので。

みなさんも、思わぬ病気には注意して下さいね。ある日突然、病気はやってくるものですから。

会計について

会計のやり方


突然ですが、皆さんのクリニックでは、どんな会計の仕方をしていますか? 
私が思うに、当院は電子カルテだし、予約システムもインターネットが利用出来たりと、中々最先端を行っていると思っているのですが、会計システムだけがとても古くさいのです。どんな方法かと言うと、

  1. 電子カルテで請求金額を計算し、領収書と処方せんを打ち出します。

  2. 手書きの会計簿に、患者名と領収書の金額を書きます。

  3. 古い、昔からあるようなレジスターに、患者のIDと金額を打ち込み、その後患者様から預かった金額を打ち込むと、お釣りの額が表示されます。

  4. お釣りをそのレジスターから自分で数えて、手渡します。


どうですか?領収書の額が分かっているのに、わざわざまた会計簿に記入し、その同じ額をまた手入力で打ち込む。レジスターの操作を少しでも間違うと、戻る操作にまた手間がかかる。会計額が分かっているのに、わざわざ間違う為にやってるのか!と思うくらい不毛な手順。間違えて、最後にお金が合わないとなると、たとて10円でも始末書を書いて提出しなくてはならない。そのため、会計に当たった人は、お金をもらうことに神経を使うため、他の業務が出来ない。
なんかおかしいよな~。ってずっと思っていたのです。今回の院長との面談の時に、この事を提案したところ、案外あっさりと賛同して頂けました。近いうちに1人、スタッフが辞める事情もあり、新しい人を雇うより、新しい会計システムを導入した方が安いと踏んだようです。


自動精算機


今日、たまたま父の通うクリニックに同伴したところ、なんと自動精算機が置いてありました。
「あっ!すごい!これ、自動精算機なんですか?電子カルテと連動してるんですか?」なんて、質問を思わずしちゃいました。自動精算機は受付の横に置いてあり、分かっている人は、次々と会計をしていき、患者様もすっかり慣れている様子でした。これだと、絶対にお釣りの間違いも生じないし、会計簿と電子カルテの帳票が合わないなんてことも絶対にありません。これこれ!これこそ、私の理想としているものだ。と1人感動した私。大きな病院でこそ見かけたことがあるものの、小さなクリニックでもこうやって現実に導入しているところもあるのだと、タイムリーな運命の出会いを感じました。


電子マネーの時代


自動精算機だけで、感動している私でしたが、当院はまだクレジットカードも導入していません。理由は院長が、決済が面倒だからという理由。
最近は電子マネーも当たり前になって来ましたし、スマホ決済も出来るのが普通になってきました。私も近所のスーパーでEdyとnanaco を使っています。最近はアップルウォッチにSuica を登録したので、電車もアップルウォッチを軽くタッチするだけで、改札を通り抜けられるので、とても重宝しています。
そろそろクリニックにもその時代が来るのも近いのは確か。そこにも対応した会計システムが必要かもしれませんね。


まとめ



今日は昨日に引き続き、新幹線の中からブログを書いています。院長の学会休みを利用して、福岡に住む父に逢いにきて、帰るところです。昨日は父に会った後、1人で小倉の町を歩いて来ました。小倉城を見に行ったのですが、ちょうど天守閣の改修工事中。中には入れませんでしたが、外から眺めて来ました。比較的小さなお城でしたが、とても綺麗な風情のあるお城でしたよ。

待ち時間調査のまとめ方

勉強会

当院では、毎月1回スタッフミーティングが開かれていて、その時、スタッフが順番に各自テーマを決めて10分程度の発表をするのが恒例となっています。発案者は院長で、院長自らが勉強が好きなこともあり、スタッフ全員が勉強をして発表をし、色々な知識を身に着け、仕事に生かして欲しいというのが狙いのようです。(過去に同様の記事も書いています。こちらもどうぞ→スタッフミーティングと勉強会
この勉強会は、賛否両論があります。
  • 「こんな機会でもなければ勉強しないし、自分のためになるよね。」~賛成派
  • 「貴重なオフ時間を割いて勉強するのは嫌だ。仕事はきちんとこなしているのだし、やめて欲しい。」~反対派
私はどちらかというと賛成派。診療所にいると世界が狭いこともあり、自ら改革していかないと、毎日のルーティン仕事だけで、日々流れてしまう所もあり、自己改革は中々出来ない環境。毎回次は何にしようかなと密かに楽しんでいます。

勉強会のテーマは「待ち時間」

実は今週のスタッフミーティングの勉強会の担当は、私の順番です。今回のテーマは「待ち時間」にしました。
当院は診療所にしては、患者数も多く、予約と予約外が混在する診察体制。予約の方の時間を優先し、その間に予約外の方を入れていく方法なので、先日も風邪だけで来院された方を2時間近くお待たせし、「少し風邪気味で受診したのに、待たされて却って悪くなったわ。」と最後にたっぷり嫌味を言われてしまいました。患者さんって、医師の前ではニコニコしても、帰り際などに事務員にたっぷり文句を言って帰るパターンが結構多い。事務って、辛い立場です。
そこで、今回のテーマを「待ち時間」にしよう!そう思い、まずは実際の当院の待ち時間を調査することにしました。

「待ち時間革命」

参考にしたのは、この文献。「待ち時間革命」前田 泉著、日本評論社出版です。



「医療機関はなぜ患者を待たせるのか」「待たせることは悪いことか?」「待ち時間の長さよりも、待たされ方」など、参考になる内容ばかり。本の中で、まずは自院の待ち時間を調査してみましょう。とあり、早速調査を始めました。

待ち時間調査

調査の方法は、当院では受付システムで患者様の受付した時間と会計終了時間がわかりますので、それを参考に曜日ごとにエクセル表を作ってみることにしました。
エクセル作成ポイントは3つ
  1. 滞在時間を引き算する
  2. 平均を出す
  3. 曜日ごとにデータを算出する
これを予約の場合と予約外の場合で算出しました。

調査結果

エクセルの表にしてみると改めて、どの程度患者様をお待たせしているのか、どの時間帯、どの曜日に患者様が偏っているのかなど、面白い結果が見えてきました。早速これを今週の私のテーマにして勉強会で発表してきます。私はあまりエクセルが得意ではないので、極々簡単な関数しか使っていません。この程度のエクセルならだれでも出来るレベルですし、自院の実態がつかめると思います。是非皆さんもやってみて下さいね。

まとめ

今、台風情報を聞きながら、ブログを書いています。この辺りも暴風警報が発令されましたが、外はまだ台風が来ているとは思えないほどの不気味な静けさ。前回の台風のようなことが、全国で起こらなければ良いのですが。皆様も十分気を付けて下さいね。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }