介護施設と診療所

医療機関と介護保険


40歳になった時、突然、給与明細から介護保険料が引かれ始めました。その時は「あ~。私も40歳になったんだ。中年の仲間入りだな。」と少しショックでした。

医療機関で働き始めたのも丁度その時期。窓口で受付業務をしていると、保険証提示を求めると、保険証と一緒に介護保険証を提示されることの多いこと。多いこと。後期高齢者証と大きさも同じですし、間違うのは当然ですが、内容の違いを把握している人も少ないのかもしれません。

今日は、医療現場における介護保険について少し勉強してみたいと思います




介護保険の概要


難しいことは省きます。

介護保険とは40歳以上になったらみんなでお金を出し合って、そのお金で介護の必要な65歳以上の人(特定疾病の方で40歳以上65歳未満の方も含む)を支える介護の仕組みです。

介護の必要な方には段階があって、それを要介護度で7つの段階に分けています。要支援1、2、要介護1、2、3、4、5と介護度が上に上がれば上がるほど、自分で出来ることが減って(自立度)、介護が必要になるということです。

介護度が上がれば、それに伴って利用できるサービスが増えたり、入所できる施設も変わってきます。その時にかかる費用を医療保険のように介護保険で負担しましょう。という制度です。

基本的に医療と介護は違い、医療には医療保険、介護には介護保険が使われるということです。ですので、当然ですが医療機関で介護保険証は必要ありません。




介護施設からの受診者


「なんだ、介護保険のことは、医療事務には関係ないな。じゃあ知らなくてもいいや。」そんな風に私も最初は思っていました。しかし、医療事務に係っていると、どうも介護保険のことが理解出来ていないと、困ることもあるんです。




例えば、患者様が持って来られる主治医意見書。

これは介護保険の審査の際に必要になる、主治医が記載する書類です。医療事務でも必ず目にする書類ですよね。中身を代理記載したり、点検したり、請求したり、送付したり。これを基に介護認定審査会が開かれ、介護度が決まります。

こちらにも主治医意見書について書いてあります。ご覧ください→医師事務作業補助者(主治医意見書の書き方) 主治医意見書 主治医意見書作成料




最近は様々な介護施設が出来て、自宅からではなく、介護施設から受診に訪れる人も増えてきました。介護が必要な方は、ご家族が連れて来られる場合もありますが、最近では施設の方が一緒に同伴される場合も多くなってきて患者様の様子は施設の方から伺う方がよくわかるぐらいです。施設によっては医療保険を使えない場合もあり(医師が常駐しているような介護老人保健施設等)、注意が必要です。介護老人保健施設によっては、一旦一時退所扱いで、医療保険で受診なんてこともあります。




(新設)在医総管 包括的支援加算(150点)
これは、診療報酬改定で定められた新設の加算ですが、「月2回以上訪問診療を行っている場合(別に定める状態の患者を除く)」「月1回訪問診療を行っている場合」を算定する場合において、要介護2以上に該当する等一定の状態の患者に対して、所定点数に加算する。

このように要介護状態で取れる医療点数が違ってくる場合もあります。

その他にも以前、小規模多機能施設入所者の方からの訪問診療の依頼があり、「これは訪問診療?往診?」と悩んだことも。詳しくはこちら→小規模多機能型居宅介護入居者への往診について




このように様々な医療事務で、介護の知識は必要になってくるのです。


近隣の介護施設について


近隣の市町村の介護施設について、どういうサービスを行っている施設なのか、知っておくことをお勧めします。

  • 介護老人福祉施設(「老人保健法」に基づく、要介護3以上の方)

  • 介護老人保健施設(介護保険法」に基づく 病状安定期で医療機関と家庭の中間)

  • 介護療養型医療施設(医療法」に基づく、急性疾患の回復期)

  • 小規模多機能型居宅介護(通所、訪問、宿泊など1つの事業所が行う)などなど。


よく診察に来られる患者様の施設について、知っておくと必ず医療事務にも役立つと思います。自分の家族に介護が必要になった時も、参考になりますしね。



まとめ


私には91歳になる父がいます。幸か不幸か未だ介護保険を受けることが出来ず(健康なので)、母亡き後、サービス付き高齢者向け住宅で独り暮らしをしています。嫁ぎ先の同居の義父母も二人とも後期高齢者です。私の家族にも、介護保険は、すぐにもで必要となる課題。介護の知識は、しっかり勉強しておく必要がありそうです。



スポンサーサイト

介護保険の勉強

ランニングシューズ

今年も大阪マラソン(11月26日)に当選しました。これで大阪は、三度目のエントリー。大阪マラソンは街の雰囲気が楽しく、フードも美味しい。そして何よりも応援してくれる沿道の方々が元気で温かいので大好きな大会の一つです。今年は初マラソンの娘も共に当選し、益々楽しみで今からワクワクしています。
昨日は、初マラソンの娘のランニングシューズを買うために、スポーツショップへ行ってきました。そこでシューズ選びを手伝ってくれたのが、アルバイトの大学生A君。
まずは足の計測。足の4か所に小さなシールを貼って、計測器に足を乗せ計測開始。パソコンでデータ分析をするのにわずか1分程度。あっという間に自分の足の全体像を測ってくれる優れものです。娘のために来たのですが、ついでに私も計測してもらいました。これが私の足。

右と左の足の長さが約0.5cmも違うのには驚きました。シューズがいつも内側ばかりすり減るのは重心が傾いているのが原因だったんですね。私のような甲の低い足には、Nikeかadidasが合うそうです。いつもNikeのシューズばかり自然と選んでいたのは正解だったようです。娘もやはり親子なのか、足の形が私と似ていたため、Nikeのシューズを勧められ、結局親子でおそろいで、買ってしまいました。
アルバイトのA君はランニングシューズについて驚くほど知識が豊富で、本当にアルバイトさん?と聞いてしまったほどです。各メーカーシューズの違いを熟知していて、何を聞いても答えてくれるので満足のいく買い物になりました。A君は大学の4回生とのこと。来年は、スポーツショップに就職するのではなく、教師になるそうです。とてもいい先生になりそうです。


プロフェッショナルとは

A君のプロフェッショナルな知識のお蔭でとてもよい買い物が出来ました。買い物一つをとってもその道のプロの人に選んでもらったり、アドバイス頂くととても心強いものです。果たして、私は医療事務のプロと言えるのでしょうか。
当院の院長は、すぐに私たち事務員に向かって「君たちは医療事務のプロフェッショナルなんだからしっかり頼むよ。」と言います。裏を返せば、プロにお金を出しているのだから算定のミスは許されないよ。ということです。算定でミスがないのは当たり前。診療報酬の質問には、
すぐに答える。中々プロフェッショナルへの道は険しいです。
一旦インプットしたことも、真の知識として自分の中に定着させるのには、時間と手間がかかります。ノートに書いたり、何度も繰り返したり、誰かにその知識を話すと定着しやすいようです。後輩への指導は手間がかかりますが、手間を惜しまず、自分のためにも知識をアウトプットすることが肝心です。

介護保険事務講座

医療でのプロフェッショナルを目指すためにも、やはり介護保険を知ることも重要。先日、ブログでも話をしていた介護保険事務講座のパンフレットが届きました。これは、ニチイの通信講座のパンフレットの一部で費用は36667円。高い?カリキュラムはこんな感じです。



これを見てみると、ざっと介護保険の概要がわかるし、医療にも役に立ちそうです。しかも医療事務の講座の3分の1程度の難易度のようなので取得はしやすいかも。しかし、平成30年度の診療報酬改定は医療介護共に大きな改定ですので、今この現システムの講座にこれだけのお金を出すのはどうも・・・

結局、介護事務の概要について本を読むことから始めようと思い、早速アマゾンで購入。明日には届きます。お盆休みの間に目を通せそうです。アマゾンプライムって、本当に便利ですよね。


まとめ


お盆休みが終わると、子供たちも順番に帰宅して、寂しさと同時に日常が戻ってきます。そろそろ秋のマラソンシーズンに向けて練習計画も立てなくてはいけません。しっかり走り込んで、今年こそは目標のサブ5!(目標低いです(〃▽〃) もちろん、仕事もブログも頑張りますよ!

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
アンケート募集
無料アクセス解析
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さんへの応援ブログです。
(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }