診療所に医師事務作業補助体制加算を!

医師事務作業補助者としての始まり


私が医師事務作業補助者になったのは、平成23年。もう7年も前のことです。医師事務作業補助者の前は、近隣の市民病院に某医療事務派遣会社からの委託業務として、入院担当をしていました。

医師事務作業補助者の命が下ったのは、その病院に電子カルテが導入されることになったこと。高齢の医師が多かったこともあり、医師のパソコン業務のお手伝いをする人材を求めていたのがきっかけでした。

電子カルテに移行するということは、イコールパソコン入力が素早く出来なくてはなりません。パソコン世代ではない医師たちにとって、電子カルテはストレスになることもあります。その手伝いをするために、医師事務作業補助者を置きたいというのが病院側からの要望でした。

詳しくは、カテゴリー【医師事務作業補助者】をご覧ください。→医師事務作業補助者の仕事その1  医師事務作業補助者の仕事その2  




診療所での医師事務作業補助者の仕事


今は、診療所で医師事務作業補助者兼、医療事務として仕事をしています。

詳しくはこちらをご覧ください。→医師事務作業補助者の仕事その3  

病院の医師事務作業補助者と違って、診療所の医師事務作業補助者の大きく違うところは、そこに保険点数が発生しないことです。

勤務医の業務が多忙化していて、その医師業務を補助する目的で、医師事務作業補助者が誕生しました。そのため、今は病院でしか、医師事務作業補助体制加算もありません。4月からの診療報酬改定でも医師事務作業補助体制加算がアップしています。それについてはこちらの記事をご覧ください。→医師事務作業補助者の皆さん、朗報です。




開業医も超多忙な現実


かかりつけ医制度が前面に押し出されてきた昨今。開業医にも多忙の嵐が押し寄せています

病院は敷居が高くなって、まずは開業医にかかってから紹介状を持ってしかかかることが出来ません。そのため、最初の診察は当然、町医者が行うことになります。精査が必要になれば、紹介状を持って病院受診をしていただきますが、そこである程度診断がつくと、また診療所に戻ってくることになります。また悪くなったら、病院へ。退院後は診療所へ。その後は在宅へ。そして看取りという経緯をたどっていくのです。

診療所医師は、以前より、病院や施設などとのやりとりも増えてきています。その都度取り交わされる文書の補助。それも診療所の医療事務の大事な仕事の一つです。




診療所の事務員たちの現実


診療所の事務と病院の事務と大きく違うのは、診療所では診療時間内に同時に文書処理もする必要があることです。
病院では、受付、会計、レセプト、文書業務が同一人物が同一時間内に行うことはまずないと思いますが、診療所では、普通に診察の受付、会計、レセプトをしながらその傍らで文書の処理をするといったことが行われています。
受付をしながら、主治医意見書の請求書を作成し、紹介状の内容をチェックし、郵送するといった感じです。その合間に電話も取りますし、患者さんの世間話にも付き合って、時には薬局まで処方箋を持って走ります、1時間おきにトイレ掃除だってしなくてはいけないのです。
開業医が多忙化すればするほど、事務の多忙化も極まっていく。
かかりつけ医制度が普及すればするほど、患者数も増え、開業医の多忙化につながり、事務処理も増える。医師事務作業補助者の加算があれば、もっと事務員を増やして、医師の文書業務を代行したり出来るのにと思うのですが。


まとめ


最近、近隣の開業医さんが次々と閉院になりました。事情は様々ですが、医師の病気も大きくかかわっているようです。
医者の不養生とはよく言ったもの。勤務医は労災が適用されますが、開業医は経営者ですので、自分で規制しろといったとこでしょうか。
診療所にも医師事務作業補助体制加算がつくべきだなと、私は思います。


スポンサーサイト

医師事務作業補助者の皆様~朗報です!

姫路城マラソン走りました


昨日は雪のちらつく中、姫路城マラソンを走って来ました。とにかく寒かった!手袋の中の手がゴールするまで温もらず、最後には自分でエイドステーションの塩飴の袋を破ることもできず、沿道の方に開けて頂きました。ランナーはもとより、沿道で寒空の中、サポートしてくださったボランティアの方、応援してくださった皆様の声援のありがたかったこと。老人ホームの前で、車椅子に乗ったお年寄り達が応援してくださったのには、涙が出ました。マラソンは苦しいけれど、この一体感がたまらないんだよな~。終わったあとの爽快感もひとしお。

大人になると中々何かを死ぬほど(大袈裟かな?)頑張るってことが減ってくるもので、1年に数回は、頑張る自分を取り戻したくて、マラソンを続けています。

マラソン翌日の今日。体中のあちこちは痛いし、なんだか全身が寒いような熱をもったような。疲れでしょうね。今日はラッキーにも休日なので一日中、家でゴロゴロしています。


医師事務作業補助者の点数アップ


みなさん、中医協発表の2月7日の資料はご覧になりましたか?膨大な資料を読みこなすのに時間を費やしていらっしゃる方も多いと思います。

診療所関係は、前回のブログでも書きましたが、それほどピックアップすると多くはないので、4月からの改訂には十分間に合う内容かと思います。

診療所には直接関係はありませんが、嬉しい改訂がありました。それがこれ☟











医師事務作業補助者という仕事が、世に広まっていき、その有効性が証明された結果ですよね。もちろん勤務医の負担軽減のためのものですが、この先、医師事務作業補助者がより必要とされ、雇用も増えていくのは、間違いありません。

2008年から医師事務作業補助者体制加算が設けられて、着実に点数が上がってきているのは、当初から医師事務作業補助者として病院に勤務していた私としては、本当にうれしい限りです。当時はみんながよくわからなくて、手探りの研修と実務でしたから。その当時の病院でも、さらに人数を増やして、医師事務作業補助者が採用されているらしく、基礎がために携わった私としてはなんとも嬉しいものです。

今の私はというと、診療所で医師事務作業補助者と医療事務とを兼務しています。まだ診療所には医師事務作業補助者体制加算は導入されないので、ただの事務員としてドクターの診察の補助をしています。当時より技術も知識も高まったと思うのですが、診療所ゆえに点数化されないのは、本当に残念です。

勤務医が忙しいのはもちろんわかりますが、町医者も、患者数が多いと多忙を極めています。かかりつけ医制度が広がる中、診療所の医師の業務は益々多忙化へ。近隣の診療所でも、多忙のせいか?若くして診療所を閉めたり、自身の病気のために閉院するところも増えてきています。かかりつけ医に対する点数が見直されているのなら、その多忙なかかりつけ医を支える医師事務作業補助者体制加算も診療所でも算定できるといいのですが。今は入院料に対する加算のため、外来のみの診療所には不要ということでしょうか。




医師事務作業補助者を目指す方へ


医師事務作業補助者は、医師の代行入力が主な業務です。パソコンが早く打てることは勿論必要ですが、医師の代行ということは、それに準じた知識を持ち合わせている必要があります。

そのためには、まず医療事務をしっかり勉強することをお勧めします。医療事務を知り、どこかの医療機関で実務を重ね、そこから興味があるなら医師事務作業補助者を目指した方がいいかもしれません。

その一方、医師事務作業補助者は、担当の医師によって、望んでくるものも全く違いますし、業務は臨機応変に変わる可能性もあるので、医療事務の知識はなくても、どこか他の業種で働いていた、転職組の方が、より高い一般常識を持ち合わせていて、うまくいく場合もあります。

どちらにしても新しい業務ですので、益々需要が増え続けることだけは間違いありません。医師事務作業補助者の資格は比較的簡単に取れますし、今後の自分のために取り合えず取っておくのもいいと思います。

私はニチイの講座で3か月程度土曜日のみの受講で、当時6万円程度で取得しましたが、今なら他の会社の医師事務作業補助者講座も結構ありますね。自分の生活にあった勉強方法を選ぶといいと思います。残念ながら試験はその会社の財団のみ有効なもので、(医療事務講座も同じですよね)派遣として仕事をしようと思っているならその派遣元の講座を受講することをお勧めします。(ニチイやソラストなど)


まとめ


私自身、今の業務や生活に少し行き詰まりを感じているので、自分を高めるために何か適当な資格はないか探しているところです。もちろん業務に生かせる方がよりやる気にもなりますが、全く違う勉強をするのも面白いかもしれません。何か新しいことを始めたら、またブログで報告させて頂きますね。

目は口ほどに物をいう

医師事務作業補助者はしゃべらない

私は、普段は医師事務作業補助者をしています。診察中はドクターの隣に机を並べ、電子カルテに患者様の主訴(訴え)を入力したり、検査オーダーを入力したり、診察状況を入力したり、次の予約を入れたり。とにかくドクターが対面で出来るだけ患者様と診察できるよう、余計な事務手間を省くのが仕事です。

机の配置はこんな感じ。


私の現在の診察室での机の位置はこんな感じです。医師と隣同士に机が並んでいて、パソコンはそれぞれ一台づつ使用していて、この二台のパソコンは、実は一つのパソコンでして、常に同じ動きをするようになっています。つまり医師が診察している間に、私が入力するというわけです。

基本的に私はほとんどしゃべりません。医師と意思疎通をするときも敢えて小声でささやくようにしています。というのも私がしゃべると、患者様の関心がふと私の方にうつるので、診察が中断されてしまうからです。

基本的には私は貝。自分を医師の手だと思っていますので、入力に熱中し、あえてしゃべらないことにしています。


マスクは必需品(笑いたくなる時、どうしてる?)

そうは言っても、やはり私も人間ですので、可笑しくて笑いたくなる場面もあります。先生と患者様のやりとりが滑稽だったり、ドクターの打ち込んだ文字が文字化けして、変な文章になったりしたときなんかは、おかしくておかしくて。でもここで笑うと患者様に不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、とにかく笑いを堪えるのに必死です。幸いにもマスクをしていますので、可笑しくなったら、さりげなく横を向いて気付かないようにしています。


患者様は目で訴えてくる

時々困るのが、ふと入力中に患者様の方を向くと、目線が医師を飛び越えて、私の方を向いていること。医師に何かを伝えようとしているのに、医師がうまく理解できなくて会話がそれて患者様の意図しない方向へいってしまいそうな雰囲気の時に、必死で私の方に視線を向けてくるのです。

例えば、高血圧の患者様に医師が「今日から投薬しましょうね。」と話をしているとします。患者様としては、今の段階ではまだ薬を飲みたくないなあ~という気持ちの場合、なんとか飲みたくないという意思を伝えようとしているのですが、薬の話を積極的にしている医師には通じそうもありません。そんな時、私に目で訴えてくるのです。

「私はまだ薬を飲みたくないの。なんとかならないかしら。」と心の声で。

そんな時は、目をそらすわけにもいかず、医師にこっそり「まだ薬をのみたくないのでは・・・・」と伝えるようにしています。

また、数か月にわたって糖尿病の検査をしている患者様が、その日もデータが悪くて、医師に少し怒られ気味に注意されていました。その患者様は確かに食事制限や運動をあまりしていないようです。

「食べるものちゃんと気を付けている?前も言ったでしょう。運動もしないとねえ~。データ悪くなる一方だよ。このままだとインスリンだよ。」と少し強めに言われるような時も、私の方に視線を向けてくるのです。

患者様としては自分なりに努力をしたのに、悲しいなあという目をして。そういう時は、あえて私は患者様にしっかりと目を合わせて、大きく首を縦に振るようにしています。マスクの下でにっこり笑って。

「わかりますよ。大変ですよね。」という気持ちをこめて。何もしゃべらなくても目で患者様に相槌を打ってあげると、なぜか患者様の気持ちが和らいで、ほっとした顔になり、「先生、少し運動も頑張ってみます。食事も気を付けてみます。」と答えてくれたりするのです。


まとめ

「目は口ほどに物をいう」これは本当です。私は医師でも看護師でもないので、医療のことをあれこれ言う権利も技術も持ち合わせていません。ただ事務として医療現場にいるだけですので。そんな私でも人の話を聞くことは出来ます。答える立場になくても、目で相槌をうってあげることが出来ます。誰かに認められた、わかってもらえた。そう思うだけで人間は変わるのです。

あくまでも医師事務作業補助者は医師の補助として、そこにいる物言わぬ人間です。しかし、目だけで、その場の雰囲気を変える大きな力も持っているのです。

診断書にも色々あります

診断書欲しいんですけど~


インフルエンザが猛威を振るってくると、学校や職場に提出するための「診断書」を所望する患者様が増えてきます。学校によっては、インフルエンザの診断がないと公欠扱いが出来ないようです。同時にインフルエンザが治癒した診断書がないと登校を許可されないようで、多くの学生さんが診断書を所望されます。

また最近は、「町内会に提出したい」などと言われる方も増えて来ました。町内会の役員選出時には特に増えます。中には「老人会に必要なんです。ないとまた役員にされてしまいます。」などと言われる方も。最近では相撲界でも医師の診断書が事件の決め手になっていましたよね。政治家、芸能人も診断書を公表し、仕事を休んだりしています。

社会で生活す
る以上、自分の病気を証明する診断書は、一生必要なのかもしれません。




診断書と、一言で言われても


患者様は簡単に「診断書下さい」と言われるのですが、診断書にも実は色々と種類があります。病院によってはその用紙ごとに料金も違って来ますし、一体何の診断書が欲しいのかの判断が必要になります。まず最初に応対するのは、医療事務員。中には診察の途中で、医師に切り出すこともあります。まずは患者様の書いて欲しい診断書は何かを聞き出しましょう。まずは以下の項目を中心に話を聞きましょう。


  • 所定の用紙があるのか

  • 診断書に何を記載して欲しいのか

  • どこへ提出するのか

  • 期限はいつまでか

  • 診断書によっては料金がかかることを了解してもらう


大抵、この点を聞いていくと患者様の欲しい診断書が見えてきます。




学校の安全会の用紙











学校内で怪我をした場合、「日本スポーツ振興センター災害共済給付金」より治療費が支払われます。その時記載するのがこの用紙。この用紙は無償で交付しなければなりません。1医療機関につき1か月ごとに証明書を交付します。






通常の診断書











これは現在どんな病気にかかっているか、いつまで安静にする必要があるか、などを記入する診断書です。会社を休む時に使用したり、係わっている団体に届け出たり、比較的自由な幅を持って使用できる診断書です。






入院・通院の診断書



これは、任意で保険に加入している方が、保険請求するために記載してもらう用紙です。入院通院など保険がおりる場合に、各保険会社指定の用紙に記載してもらいます。細かく内容を記載する必要があるので、すぐに書けないことが殆ど。一旦預かって、後日出来上がってから取りにきてもらいます。



健康診断書







これは、入社や入学、施設への入所などの時に、各団体から依頼があり、記載するものです。健康診断の証明ですので、検査の上、記載し、お渡しします。これも所定の用紙があるものが多いです。




まとめ


診断書は他にも事故の診断書、労災の診断書など様々な様式のものがあります。医師は医師業務の他にこのような診断書の事務仕事もあるので、大変です。多忙な医師の事務業務を減らすために現れたのが「医師事務作業補助者」。カルテを読み解き、診断書を作成するのは大変な作業ですが、一方とてもやりがいのある仕事です。


医師事務作業補助者の皆様へ トイレに行ってますか?

膀胱炎発症


私は、本来尿管結石の持病があり、砕石術を受けたこともあります。膀胱の辺りのチリチリした痛み、してもしても治まらない尿切迫感。石の痛みと膀胱炎の痛みは、最初少し似ていて、そういう時には、即泌尿器科を受診するようにしています。

今日も馴染めの泌尿器科を訪れたところ、「これは、また膀胱炎だろうなあ。とりあえず、検査に出すね。」と言われ、5日分の抗生剤が処方されました。

「体、冷やしたらダメだよ。水分は十分取ってる?トイレ我慢してるんじゃない?」

と言われました。




医師事務作業補助者の膀胱


医師事務作業補助者になってから、実はトイレに行けなくなりました。他の医療事務従事者は順番に休憩を取って、水分を補給したりトイレに行ったりと、業務の合間をぬって、ホッと一息つけるのですが、私の場合、医師が休憩を取るタイミングでしか、休憩を取ることが出来ません。午前に1回取れればいい方で、診察が立て込んだ時には、昼休みまで行けないこともしばしば。

医師の膀胱に合わせて自分の膀胱を合わせている感じ。逆に行きたくなくても、医師がトイレに行った時にはとりあえず私もトイレに行く毎日です。

同じく水分補給もトイレのついでに、急いでペットボトルのお茶を含む程度。膀胱炎体質の場合は、500mlの水分を午前中に1本、午後に1本は必要なようですが、昼食時のお茶を除いて、1日500mlがいいところです。ましてや私は尿管結石持ちなので、本当はより一層の水分補給が必要なのですが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で膀胱炎が治ってしまうと、水分量が減ってしまうのでしょう。




医師事務作業補助者の防寒対策


トイレ休憩の問題も勿論、頭の痛いことですが、次に問題なのは、寒さです。

医師事務作業補助者はずっと座っている仕事。普通の医療事務員のように立ち上がったり、歩き回ったり、患者様に声をかけることはありません。医師のコンピューターみたいな役割ですから、じっと同じところで手だけをカチャカチャ動かすのみの仕事。(もちろん頭はフル回転ですよ。)

暖房の効いた診察室でも動かないでじっとしていると冷えてしまうのは当然。白衣の下は、ヒートテックやタイツで防寒して、カイロを背中に貼っていても足の先まで冷え切ってしまうのです。

毎年、足の指がしもやけになるのも、職業病と諦めています。

足元に小さなヒーターでも欲しいなあ~と思いながらも、声に出せずに我慢をして毎年、暖かい春を心待ちにする私です。




疲れは大敵


そして、一番大事なのは疲れをためないこと。

私の場合、毎年11~12月にフルマラソンに出ているので、マラソンの後はやはり体が弱るのか、何らかの影響が体に出ることがあります。先月末の大阪マラソン後は、足の回復も早かったし、今回は大丈夫!と思ったのですが、やはり体は正直ですね。弱ったところに影響が出てしまいました。

仕事でも、10~12月は患者数が増えて残業も増えがちなシーズン。多少なりともそれも影響しているのかもしれません。

しかし、一番影響していると思われるのは、夜更かしの「ポケ森」。

昔から「どう森」愛好者としては、やらずにはいられなくて、毎日遅くまで「ポケ森」に迷い込む毎日。遊んでないで、早く寝なさいってことでしょうね。



まとめ


医師事務作業補助者は医師に寄り添う仕事。どうしても診察に穴を開けたくなくて、自分の身体の声を聴かずして、業務をしてしまうところがありますが、健康あっての仕事です。割り切って、トイレに行ったり、休憩したりしたいものです。
スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さんへの応援ブログです。
(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }