医師事務作業補助者の皆様へ トイレに行ってますか?

膀胱炎発症


私は、本来尿管結石の持病があり、砕石術を受けたこともあります。膀胱の辺りのチリチリした痛み、してもしても治まらない尿切迫感。石の痛みと膀胱炎の痛みは、最初少し似ていて、そういう時には、即泌尿器科を受診するようにしています。

今日も馴染めの泌尿器科を訪れたところ、「これは、また膀胱炎だろうなあ。とりあえず、検査に出すね。」と言われ、5日分の抗生剤が処方されました。

「体、冷やしたらダメだよ。水分は十分取ってる?トイレ我慢してるんじゃない?」

と言われました。




医師事務作業補助者の膀胱


医師事務作業補助者になってから、実はトイレに行けなくなりました。他の医療事務従事者は順番に休憩を取って、水分を補給したりトイレに行ったりと、業務の合間をぬって、ホッと一息つけるのですが、私の場合、医師が休憩を取るタイミングでしか、休憩を取ることが出来ません。午前に1回取れればいい方で、診察が立て込んだ時には、昼休みまで行けないこともしばしば。

医師の膀胱に合わせて自分の膀胱を合わせている感じ。逆に行きたくなくても、医師がトイレに行った時にはとりあえず私もトイレに行く毎日です。

同じく水分補給もトイレのついでに、急いでペットボトルのお茶を含む程度。膀胱炎体質の場合は、500mlの水分を午前中に1本、午後に1本は必要なようですが、昼食時のお茶を除いて、1日500mlがいいところです。ましてや私は尿管結石持ちなので、本当はより一層の水分補給が必要なのですが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で膀胱炎が治ってしまうと、水分量が減ってしまうのでしょう。




医師事務作業補助者の防寒対策


トイレ休憩の問題も勿論、頭の痛いことですが、次に問題なのは、寒さです。

医師事務作業補助者はずっと座っている仕事。普通の医療事務員のように立ち上がったり、歩き回ったり、患者様に声をかけることはありません。医師のコンピューターみたいな役割ですから、じっと同じところで手だけをカチャカチャ動かすのみの仕事。(もちろん頭はフル回転ですよ。)

暖房の効いた診察室でも動かないでじっとしていると冷えてしまうのは当然。白衣の下は、ヒートテックやタイツで防寒して、カイロを背中に貼っていても足の先まで冷え切ってしまうのです。

毎年、足の指がしもやけになるのも、職業病と諦めています。

足元に小さなヒーターでも欲しいなあ~と思いながらも、声に出せずに我慢をして毎年、暖かい春を心待ちにする私です。




疲れは大敵


そして、一番大事なのは疲れをためないこと。

私の場合、毎年11~12月にフルマラソンに出ているので、マラソンの後はやはり体が弱るのか、何らかの影響が体に出ることがあります。先月末の大阪マラソン後は、足の回復も早かったし、今回は大丈夫!と思ったのですが、やはり体は正直ですね。弱ったところに影響が出てしまいました。

仕事でも、10~12月は患者数が増えて残業も増えがちなシーズン。多少なりともそれも影響しているのかもしれません。

しかし、一番影響していると思われるのは、夜更かしの「ポケ森」。

昔から「どう森」愛好者としては、やらずにはいられなくて、毎日遅くまで「ポケ森」に迷い込む毎日。遊んでないで、早く寝なさいってことでしょうね。



まとめ


医師事務作業補助者は医師に寄り添う仕事。どうしても診察に穴を開けたくなくて、自分の身体の声を聴かずして、業務をしてしまうところがありますが、健康あっての仕事です。割り切って、トイレに行ったり、休憩したりしたいものです。
スポンサーサイト

医師事務作業補助者の重要性

骨粗しょう症薬と抜歯

先日の診察時の話です。いつも一人で診察を受けに来られる、難聴の高齢女性の方が、その日はお孫さんと一緒に来院されました。
お孫さん:「先生、うちのおばあちゃん、骨の薬って飲んでるんですか?抜歯をした後の治りが悪くて、口腔外科を紹介されたんですが、『骨粗しょう症の薬をのんだまま、抜歯をしたのが原因かもですね。』と言われてしまって。」
医師:「抜歯されたんですか。初めて聞きましたよ。確かにフォサマックという骨の薬をいつも処方していますよ。抜歯をした歯医者さんには、そのことを言われなかったのですか?」
お孫さん:「おばあちゃん、骨の薬を飲んでるかどうかも知らなかったみたいで。歯医者さんに聞かれてもわからなかったみたいで、そのまま薬を飲み続けたまま抜歯したみたいんなんです。」
どうもこの患者様。歯科で抜歯をする際に、お薬手帳を見せずにか、歯科医師の意図がわからなかったのか、フォサマックを服用したまま抜歯したようです。抜歯後の修復が悪く、その後口腔外科を紹介された様子。危うく顎骨壊死を起こしかけたようでした。

原因と対策

ここで問題なのは、何故このようなことが起きてしまったか。ということ。
  • 患者様が自分の服用している薬を把握していなかった
  • 家族がいつも薬の管理・診察など、関心を払っていなかった
  • 歯科医が抜歯前に服用している薬について、患者様の話だけを聞いて納得し、かかりつけ医に問い合わせをしなかった
  • かかりつけ医が診察時に抜歯することを聞き出せなかった
このように高齢の方で一人で診察を受けに来られる場合は、しばしこのようなケースが生じます。今回は幸いにも、大事に至る一歩手前でしたが、薬に関するトラブルは診察室で起こりがちです。
「そんなの医師の責任だし~」
確かに薬に関しては処方した医師の責任下ですが、その医師の一番身近にいて、診察室の現場にいるのは医師事務作業補助者の貴方。知識こそ浅いですが、何かおかしいと感じるチャンスを捉えることが出来るのは、医師事務作業補助者なのです。

医師事務作業補助者の重要性

私は、医師事務作業補助者だけが、診察室を冷静に見渡すことが出来る番人だと考えています。

医師は自分の思いで診察を推し進めようとする場合もありますし、看護師は処置等で現場を離れることもあります。医療事務員はカルテを通じてしか現場の状況はわかりません。

唯一、診察室での医師のミスを指摘できる存在。

私はそれが医師事務作業補助者だと思っています。カルテの隅々まで見渡し、患者様と医師の会話に耳を傾けて、何かおかしなことはないか。隈なくチェックするのです。

  • 「先生、患者さん、本当はこんなことを言いたかったのでは。」
  • 「この方の息子さんはいつもこちらに来られている○○さんですよ。」
  • 「この方、緑内障があります。処方大丈夫ですか?」
  • 「去年の同じ症状にこの抗生剤、効かなかったようです。」
などなど。特に薬に対して何かコメントすると医師に失礼と思われがちですが、私は浅はかな自分の知識をすべて集めて、おかしいと思ったことは臆せず先生に尋ねてみることにしています。


まとめfc2blog_201711141952569bc.jpg

医師事務作業補助者はやっと最近になって、あちらこちらで見かけるようになりましたが、電子カルテ入力が速いだけでは務まりません。医療事務の知識を持っているものが、診察室現場にいると、新たな算定に気付くこともあります。
「あっ。今の先生の話って肝炎指導料取れるんじゃない?」って気付いたり。
特定疾患の患者様の診察で「先生、今日のその処方は54の保険使用されますか?」と質問出来たり。
算定と医療知識。幅広い勉強が必要な仕事です。

医師事務作業補助者 封筒の書き方(和封筒)

封筒書きにもルールあり

前回院外文書について書きました。➡院外文書の書き方

実は封筒を書くにも一定のルールがあります。何気なく書いている封筒にも、ビジネスにおいては、失礼にならない基本があります。
今日はそのルールをひとつづつ解説です。


和封筒の表書き

  1. 約1cmあける
  2. 1文字くらいあけるとよい
  3. 住所より1文字下げて書く
  4. 肩書はやや小さめに書く
  5. 肩書と名前の間は、半文字あける
  6. 名前はやや大きめに。左右中央に来るように書く
  7. 切手はまっすぐにする
  8. 切手と郵便番号は高さをそろえる


和封筒の裏書

  1. 郵便番号を書く
  2. 日付はこのあたりに書く
  3. 斜めに下がるように住所、会社名、氏名を書いていく
  4. 社名より2文字くらい下げて書く


横書きにする場合

  1. 約1cmあける
  2. 住所は区切りのよいところから2行に分けて書く
  3. 1行目より1文字下げて書く
  4. 郵便番号と住所の間は半文字あける
  5. 斜めに下がるように書いていく
  6. 住所・氏名は裏面右下でもよい
  7. 切手と郵便番号は頭をそろえる


まとめ

院外文書と同じく、封筒を正しいルールで書くのは結構難しいです。院内に届けられる封筒を見てみても中々正しく書けているものは少ないですね。実のところ、手書きで書いてあるものはかなり少ないですけど。
認知症機能検査の中に、ADASという検査があります。その中で文書を封筒に入れ、封筒の表書き、裏書をする検査もあります。認知症が低下してくると封筒が書けなかったり、文書を折りたたんで封入することも難しくなってくるので、その状態を見極めて認知機能の度合いをチェックするのです。
認知機能検査に封筒書きがあるのは、現役世代に出来て当然であったと認識されているため。今のうちにしっかり基本を頭にたたきこみましょう。

医師事務作業補助者 院外文書の書き方マナー

文書を頼まれる

医師事務作業補助者の仕事の一つに医師から対外的な文書を頼まれることがあります。
「大体こんな内容で下書きしといて。」
医師は忙しいですので、そういった業務は近くにいる医師事務作業補助者に指示を出すこともよくあることです。ビジネス文書を書くには一定の決まり事があります。簡単にこの手の文書が作れるようになると重宝がられること間違いなしです。


取引文書と儀礼文書

取引文書

  • 横書きが基本
  • 業務の内容について表題をまず書く
  • 始めに前付(文書の最初に発信日・受信者名・発信者名)を書く
  • 頭語(拝啓、前略など前文主文末文結語(敬具、草々など)で構成する

儀礼文書

  • 縦書きが基本
  • 案内状を除き、表題はつけない
  • 縦書きでは発信日・受信者名・発信者名は最後に後付けとして書


文書のたたみ方

  • 文書は3つ折りが基本
  • 文書の上部が上に重なるようにたたみ、開けた時にすぐ読み出せるようにする




封筒の選び方

A4サイズの文書なら、封筒は洋長3形、B5サイズなら洋長4形を選ぶ


封入の仕方

  • 縦の封筒の場合、輪が右側
  • 横の封筒の場合、輪が上側



まとめ

ビジネス文書には基本があります。どんなに心を込めて書いても形式を外れると相手に失礼になることもありますので、十分注意します。医師事務作業補助者の場合、医師に頼まれて文書を書くことが増えます。医師は結構、こういったビジネスの基本は知らないもの。基本をしっかり身に付けて、しっかり補佐できるようにしましょう。


医師事務作業補助者の仕事 主治医意見書

皆さま、毎日の業務お疲れ様です。医師事務作業補助者の仕事には、2つの大きな柱となる仕事があります。1つ目は、電子カルテの代行入力。そして2つ目は、各種文書の代行作成です。今日は主治医意見書の作成をしてみましょう。

主治医意見書

先日、主治医意見書についてブログを書きました。
主治医意見書
主治医意見書作成料
今日は実際の主治医意見書の書き方を解説します。
医師事務作業補助者の方でしたら、実際に書いてみることもあるでしょうし、医療事務の方も書いたものを抜けがないか、間違いがないか確認することもあると思います。まずはカルテを参照しながら実際に書いてみましょう。


主治医意見書の書き方





申請者、生年月日、年齢、性別、住所、連絡先は楷書で正確に記載する。

②③④
は、カルテを参照し、経過や投薬内容を記載する。経過が長く複雑な場合は、要点をまとめて記載する。
*診療記録より作成できない場合は、医師の指示のもと記載します。

⑤⑥⑦
は、介護記録や訪問看護ステーションなどからの記録から記載する。
参照するものがない場合は、バーセルインデックス(BI)、バイタリティーインデックス(VI)などを家族から聞き取り、参考にするのも良い。
*バーセルインデックス、バイタリティーインデックスとは・・・以下のような機能的評価や意欲の指標を見極めるもの

⑧最後に、医師による確認(医師の直筆)➡重要です!


まとめ

「新規」の場合は、カルテを参照し、一から書く必要がありますが、「更新」の場合は前回書いたものを参考に現在の相違点のみ修正して書くことが殆どです。

市町村から添付用紙に書くよう書面が送られてきますが(市町村によって用紙の内容、スタイルに若干の違いはあります)、実際の医療現場では、その用紙にペンで書くのではなく、電子カルテや、パソコンのテンプレートをあらかじめ用意して、コンピューター内でコピーや修正を行い印刷をします。


実際の流れとしてはこんな感じです。

1、医師事務作業補助者がパソコン(電子カルテ)内のテンプレートに記載する

2、医師が確認をし、印刷したものに、サインをする

3、医事課の事務員に手渡し、書類の最終点検をし、同時に請求事務を行う


まずはカルテを読めるようになること。それが書くための必須条件です。



スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }