自分の勤務時間を管理する

勤務時間を管理する


クリニックに転職して3年が経過しました。クリニック立ち上げ当初は忙しすぎて、毎日深夜残業を迎えることもしばしば。そんなバタバタ時期の頃を思うと今は穏やかな日々です。開院当初のことを思うと残業時間もぐっと減りました。家庭のこと、体のことを思うとそれはとても良いことなのですが、やはり給料もぐっと目減りしました。次に浮かんできたのが、この残業時間は正しいのか?という疑問。というのもスタッフ内で時折給料明細に?と思われる点が浮上してきたこと。

「有給半年経ったけどまだ付いてないんだけど?」

「時間給パートだけど、追加で勤務した分が入ってないんじゃない?」とか

本人達が理事長にかけあうと、やはり間違いであったとの回答。慌てて修正をしてくれたようですが、こんなことで大丈夫?と思った訳です。クリニックの社労士さんに直接聞くわけもいかないので、自分で勤務管理をしてみようと思いました。




変形労働制を採用


以前のブログでも書きましたが、当クリニックは変形労働制です。

こちらも併せてご覧下さい。➡変形労働制について

3年間そんなことも知らずに働いてきました。最初は変形労働制について知らなかったので、単純に時間外を超えた分が残業費だと思っていたので、その安さに当然納得いかなかったのですが、理屈を理解してみると分かります。

1日8時間を超えたところは、単純に残業費として発生しますが、その他の日の残業は(1日の勤務時間が4時間~7時間弱の日もあるので)週40時間内、月160時間内かがポイントになります。

多くの診療所のようなところは、変形労働制を採用しているところが多いようです。






どの程度残業しているの?


まず、自分の残業時間をチェックすることから始めました。ちなみにこれは9月の残業時間です。




8:42時間残業をしていて、16,262円支給されています。単純計算すると1時間2000円ってとこですかね。




「先月そんなに働かなかったのかなあ?いやいや、働きました。残業もしました。インフルエンザの下準備もありましたし、レセプト担当に当たっていたので、遅くまで残った日もあったような・・・あっ!そうか祝日も多かったから実労働は少ないのか?う~む」実に人間の記憶はあいまいです。



変形労働制の落とし穴


変形労働制の場合、毎日が8時間勤務という訳ではないので、まずは就業規則を確認します。毎日何気なく働いていると当たり前だと思っていたことが、間違いであったことに気付くこともあります。(例えば、当スタッフ殆どが間違った認識を持っていたのが火曜日の昼休憩。1時間あると思っていたのですが、よくみると50分休憩でした。)
まずは当クリニックの就業規則を確認します。

  • 月水金 8:30~13:00 15:30~19:00(8時間勤務)

  • 火   8:30~12:40 13:30~17:00(7時間40分勤務)

  • 木   9:00~13:00(4時間勤務/業務形態上、当番制を採用 週1~2回勤務)

  • 土   8:30~12:50(4時間20分勤務)

  • 計           (40時間勤務)


うまく作られてますね。毎日は8時間勤務ではありませんが、1週間で40時間になるように組んであります。但し、木曜日は当番制になっているので、実質40時間に満たない週もあるのです。その場合は、残業を多少しても、残業として発生しないことになります。


勤務時間管理表を作る


エクセルで勤務時間管理表を作ってみることにしました。そこに毎日の残業代を入力していけば、大体の様子がつかめるはずです。エクセルはあまり得意でないので、やっとこさ、ここまでの表を作り上げ、10月分の時間を入力してみました。






さあ、あとは10月分の給与が入ったときにこの表と比べてみれば正しいかどうかわかりますね。



まとめ


自分の給料明細をしっかり見つめたこともないまま仕事をしていたなんて。今更ながら反省です。改めて支給明細書を見てみると

  • 介護保険ってこのぐらいなんだ~

  • 住民税高いなあ~

  • 厚生年金ばか高!

  • 福利費ってなんだ?


色々と気付くことがあります。


みなさんもたまには、給与明細を見直してみることをお勧めします。
スポンサーサイト

変形労働時間制について

労働時間について


「最近、残業代ってちゃんとついてるんですかねえ?なんだか給料安くって。」

「院長都合の休診って、休日扱いになってるんでしょうか。」

「午前診察の残業と、午後診察の残業って、同じ掛け率なんですかねえ?時間が遅い方が大変なのに。」

などなど、最近しばしばスタッフ間で労働時間について話題に上がります。各々、院長に尋ねたりしているのですが、どうもこちらが納得いくほどの答えが返ってこない。というのが実情。労働時間の話って難しいですし、「社労士さんに任せてあるから、間違いないよ、うるさいなあ~」との雰囲気を醸し出すので、あまり根掘り葉掘り聞けないというのが実情です。

大学時代の友人である社労士の友達の助けも借りて、自分の労働時間について調べてみました。




医療機関は変形労働制が多い?


就業規則をチェックしてみると、どうも当院は「1か月単位の変形労働制」を採用しているようです。週平均40時間で、診察時間に応じて各曜日の労働時間も違うことがわかりました。

医療機関の場合、レセプトなどの関係もあり、月内の労働時間に偏りがありますし、変形労働制を採用しているところが多いようです。

特に驚いたのが、当番制で出勤していた木曜日が(木曜日のみ完全予約制を導入しており、業務が少なく、スタッフ全員出勤の必要がないため)、実は正規の労働時間に充てられていること。要するに出勤のない木曜日の週は、実労働時間が少ない=その週に残業をしても、実労働40時間に満たないため、残業代がつかない!ということでした。

どうもこの「変形労働制」とやらは、労働者より経営者の利点の方が多いのでは???

少しその内容について調べてみることにしました。




変形労働時間制とは


変形労働時間制とは、労使協定または就業規則等において定めることにより、一定時間を平均し、1週間当たりの労働時間が法定の労働時間を超えない範囲内において、特定の日又は週に法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。

1日単位(8時間)、1週単位(40時間)の規制によらない弾力的な労働時間の配分を認める制度です。業務の性格上、繁忙期と閑散期の場合や勤務制によるシフト勤務の場合などに利用されます。

変形労働時間制は労基法の定める一定の要件のもとに認められるもので、具体的には次の制度があります。


  1. 1か月単位の変形労働時間制(労基法32条の2)

  2. 1年単位の変形労働時間制(労基法第32条の4)

  3. 1週間単位の非定型的変形労働時間制(労基法第32条の5)



1か月単位の変形労働時間制とは


1か月単位の変形労働時間制とは、1か月以内の一定の期間を平均し、1週間の労働時間が40時間以下の範囲内において、1日及び1週間の法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。

1か月単位の変形労働時間制の総労働時間は「1週間の法定労働時間×変形期間の暦日数÷7」で計算されます。

(1か月の暦日数)


  • 31日の場合:労働時間の総枠(177.1時間)

  • 30日の場合:〃(171.4時間)

  • 29日の場合:〃(165.7時間)

  • 28日の場合:〃(160.0時間)




時間外労働の求め方


変形労働時間制の場合、重要になるのは次の3つの時間です。


  1. 1日の所定労働時間

  2. 1週の所定労働時間

  3. 変形期間(当院では1か月)の所定労働時間


要するに、実労働時間が、この3つの条件を超えた時のみ、時間外労働手当となります。

今日は残業を沢山したから、単純に時間外労働が発生するのではなく、その日の所定労働時間を超えているか、1週の所定労働時間を超えているか、そこをチェックする必要があるようです。







まとめ


曜日によって、それぞれ違う所定労働時間を定めている当院の場合、残業時間=時間外勤務手当にはならないので、厳密に時間外労働手当を求めようとすると、随分難しくなりそうです。自分の時間外勤務手当が正しくつけられているのかどうか、突き止めていくには、毎日の勤務時間を記録し、厳密に計算していく必要があります。
さてそこまでする元気が今の自分にあるかどうか。
勤務時間を記録するアプリも多数あるよう。まずは、勤務先のタイムカードを押すだけではなく、自分で記録を取ってみましょうか。






スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }