FC2ブログ

最近の超おすすめ本 3選

書籍代はケチらない


診療報酬改定があるたびに我が家の本棚は、医療事務の本が増えていきます。どの本も改訂の度に少しづつ更新されているので、もったいないかなあ~と思いながらもついAmazonでポチっと購入してしまいます。最近は専門書の類もすぐにネットで購入できる時代。タイトルやレビューを参照して、「これは良さそう~値段もまあまあ。」と思うと、つい購入してしまいます。
ここまで行くと趣味の世界で、今まで一体いくら使っているのかなあ~それに見合った仕事をしているかなあ~などと考えることはしません。「本には多くの宝が眠っている」とかのウォルトディズニー氏もおっしゃっていますしね。


最近のおすすめ本 3選


私のブログ内でいつも「診療点数早見表」や「今日の治療薬」「診療報酬・完全攻略マニュアル」などのおすすめ本を掲載していますが、今日は最近私が手にした医療事務の本で「これは買って良かった!」と思える超お勧め本を紹介します。
あくまでも私が便利だなあ~、買って良かったなあ~と思っているだけですので、全員の方に役に立つという保証はありませんのでそこらへんは、ご理解のほどお読みください。

医療事務の現場で役に立つ公費説明のポイント「秀和システム社発行、医療事務総合研究会著」

この本のサブタイトルは「医療事務員のためのスキルアップノート」となっていて、【そこのところが知りたかった!】この一文にひかれて購入しました。本の内容はすべてカラーで、新人事務員が先輩事務員に聞きながら公費の説明の仕方を理解するという設定になっています。公費って説明するのが難しいじゃないですか。専門用語の羅列ばかりだし。この本はそこのところをとてもわかり易く書いていて、あくまでも患者様に説明するときの状況を想定して、具体的に書いてあるのが特徴です。特に便利だなあと思ったところは、実際に患者様から聞かれそうな内容を掲載してくれている点。「難病と診断されたらどうしたらいいの?まずどこに行けばいいの?」患者様にそう聞かれたらどう答えますか?もう、ドギマギしながら訳のわからない説明をしなくてもよくなりますよ。とにかく読みやすくて分かりやすい。まずは自分の理解のために、後輩たちを育てるために、そして患者様への説明のために、きっと役に立ちますよ。

たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル 第5版「日経BP社発行 たんぽぽクリニック 永井康徳著」

たんぽぽ先生の在宅報酬の本を初めて手にしたのは2年前のこと。在宅報酬が苦手で出来るだけ分かりやすく書いてある本はないかと、探し回って見つけたのがこの本です。専門書にも関わらず、イラストや図を随所にいれてあり、改定箇所は色をつけて分かりやすくしてあって初心者でも理解できるように工夫が施してあるのが最大の魅力。正直、初心者にはどんなに簡単に書いてあっても在宅報酬は難しいもの。最初は難しくても、この本を何度も読んでじっくり勉強してみてください。驚くほど自分の在宅報酬の知識が上がりますよ。本の端から端まで捨てるところがないくらい、役に立つ情報満載です。


世界一役に立つ 介護保険の本「講談社発行、東田勉著」

医療事務を勉強していると、介護保険が絡んでくることってありませんか?訪問看護ステーションから連絡が来たり、ケアマネが患者様と一緒に来院されたり。医療は介護とは切っても切れない重要な知識です。仕事を離れても介護はどの家庭でも訪れる身につまされる現実。介護保険を知っていて損になることは一つもないはずです。まずは介護保険を知りたい!そう思って探したのがこの本です。なんたって「世界一役に立つ」とまで言い切っているのが、素敵じゃないですか。なかなかここまで言えるもんじゃないですよね。この本は介護保険の今だけでなく、今までの経緯まで説明してあるので、社会的背景から理解することが出来ます。介護保険の解説書は実は本屋さんには、多数並んでいてどの本を買うべきか悩むもの。迷ったらこの1冊。手に取ってみてください。


まとめ


私は昔から図書館が大好きです。用のないときにはぶらっと図書館で一日過ごします。一人で過ごす雨の日の平日の図書館は最高に贅沢なひと時。
医療事務系の本は仕事ですのでよく読みますが、基本的に小説が大好きです。特に芥川賞とか直木賞とか本屋大賞とか話題になった本は読みたい主義。全て本屋さんで購入していたら大変な額になりますので、お気に入りの作家以外は図書館で借りることにしています。でもこれらの本は大勢の人に人気があるので、予約して3か月後にようやく読めるなんてことも。今は、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読んでいます。本なのにピアノの音が聞こえてくるような不思議な感覚。皆さんはもう読みましたか?
スポンサーサイト

診療点数早見表(医学通信社) 2018年4月版

診療点数早見表(医学通信社) 2018年4月版 予約受付中




医療事務の必需品、診療点数早見表2018年4月版(医学通信社)が4月下旬に発売になります。

皆さんは予約されましたか?

私は当然予約しています。診療所でも事務員用に1冊、いつも院長に購入してもらっていますが、個人用にも必ず自分で購入するようにしています。個人で購入したものは、家庭用として、家での調べものに活躍してくれています。

診療点数早見表でワクチン寄付に協力できます。


4500円+税と少し、お高めですが、医療事務に係る方なら是非とも2年に1度の改正時には買い替えておくと、あらゆる場面で、活躍してくれること間違いなし。私が今更宣伝するまでもないほど、みなさんよくご存じの内容ですが、もう一つ、私が「医学通信社、ここナイス!」と思えるところが一つあります。

それは、「診療点数早見表」1冊購入することによって、2人分相当のポリオワクチンを認定NPO法人「世界の子供にワクチンを 日本委員会(JCV)」に寄付する活動をしている点。

自分の勉強になって、医療機関の役に立って、更にワクチンを寄付出来るなんて、素晴らしいじゃないですか。みなさまも是非ともご協力を。


これから発売される書籍一覧


診療点数早見表の他にこれから買おうと思っている医学通信社の書籍を紹介します。


  • レセプト総点検マニュアル2018年版

  • 診療報酬・完全攻略マニュアル2018-2019年版

  • 最新 検査・画像診断辞典 2018-2019年版

どれも5月に刊行予定のようです。これらの書籍もいつも新しいものが出たら買い揃えています。

あと絶対に忘れてはいけない本がこちら、南江堂の「今日の治療薬2018」





薬のことならこの一冊にお任せ。医師、薬剤師向けでは?って。いえいえ、医療事務員にもわかりやすく、役立つ内容満載。病名を調べたり、医師と薬のことについて話すときはまずこれをチェックしています。


まとめ


さあ、診療報酬改定後、初のレセプト業務ももうすぐ。今日は久しぶりのオフで、五月人形を飾りました。我が家の猫のクロちゃんが、こっそり写っているのを見つけられた貴方は、超ラッキーです。

2025年を見据えて お勧めの一冊

届きました!



昨日、待っていたこの本が届きました。医学通信社からの本で「医療と介護のクロスロード:武藤正樹教授著」という本です。

今日から読み始めましたが、正直少し難しいですが、この大切な平成30年度の診療報酬改定がどういう目的でどういう経緯で進められているのか、膨大な中医協の資料の前で茫然としている私にとっては非常に助かる本です。中医協の資料では変更点しかわかりませんが、この本を読むと、大筋がはっきりと見えてくるのでより診療報酬改定を理解することが出来ます。

  • ポイントを絞って説明してあること。
  • なぜ、こういう改訂が行われるのかを、日本の過去、現在、未来を見据えて書いてあること。
  • 多くのカラー資料を使って分かりやすく説明を加えていること。

目次



目次を見るだけで今回の診療報酬改定が何をポイントにしているのかわかりますよね。診療所の方なら、在宅医療、訪問看護、看取り。そういったところが仕事に直結するのではないでしょうか。
仕事面だけでなく、自分が老いていく未来が、国がどういう構想を練って計画していくのかがよくわかります。安倍内閣は現在消費税アップを棚上げしていますが、今の私たちにとってはうれしいことかもしれませんが、そのお陰で財源が見込めず、医療費削減に向かわざる負えない現実もよくわかってきます。
政治が将来の自分たちに、未来の子供たちに影響を与えているなんてあまり考えたりしませんでしたが、もっと長い目で政治に関心を持って、選挙に行かなくてはと思った次第です。

まとめ

この本は90PほどのB5判の薄めの本ですが、今回の診療報酬改定を理解するには、十分な内容です。全体的な動きを知りたい方、中医協の資料で頭を痛めている方は是非この一冊手に取ってみてください。お勧めです。



医療事務マニュアル 最初の一冊、最強の一冊

今月の頭に、とある方からメールを頂きました。

「医療事務の本で最初の1冊としてお勧めする本はどれですか?」とのご質問でした。

最初、「それは当然、診療点数早見表でしょう~」と思ったのですが、よくよく持っている本をペラペラとめくってみたら、最近は使っていなかったのですが「中々これはいい!」と改めて見直した本があります。

今日はその一冊についてお勧めポイント8つを交えて紹介します。


診療報酬完全攻略マニュアル「医学通信社」







お勧めポイント1 診療点数早見表と照らし合わせて読める


説明の合間に赤字で診療点数早見表のページが書いてあり、詳しく知りたい場合にすぐに引くことが出来ます。





お勧めポイント2 算定の決まり事


🚥マークのついたおまとめページがあり、そこを読むだけでざっと内容を把握することが出来ます。基本を見直すにはピッタリ。初心者から熟練者までチェックしたい項目がまとめてあります。




勧めポイント3 レセプト「摘要欄」の書き方が一目でわかります。


レセプト摘要欄って、結構細かいルールがあって、医療事務員泣かせですよね。それを診療報酬別に簡潔にまとめてくれています。私は日々これに助けられています。




お勧めポイント4 One Point Lesson


地味に役立つのがこのコラム。最近、この時間グラフのお蔭で、往診料の時間外加算を間違わずに算定することが出来ました。各診療報酬ごとに収められています。




お勧めポイント5 イラストいっぱい


そう、何といってもこの本の素晴らし所は、イラストを沢山使ってあり、とても分かり易い点です。初心者の方には特にお勧め。算定のことがイメージ出来て、頭にすんなり入ってきますよ。




お勧めポイント5 続き 一目でわかる


算定の基になった考え方を詳しく書いてあります。説明しなくても、このページを見てもらえばわかりやすいこと理解してもらえますよね。




お勧めポイント6 算定手順もわかりやすい


例えば画像の算定の仕方とかって、分かりにくくありませんか。ここではその算定の手順をわかりやすく、具体例を挙げて書いてくれています。




お勧めポイント7 基本がしっかり


最後に医療事務の基本の基本がまとめて記載してあります。初心者の方の学習に、熟練者の方の復習に役立つこと間違いなしです。




お勧めポイント8 これは便利な略語集


カルテの略語など、医療事務なら知っておきたいことが一表にまとめてあります。何冊も他の本を開かなくてもいいので便利ですよ。




まとめ


如何でしたか?診療点数早見表ほど詳しくはのっていませんが、必要なところは、ほぼ網羅していると思いませんか?A4版で診療点数早見表より字が大きく見やすいところも気に入っています。診療点数早見表と一緒に使えば鬼に金棒!私は改定の度に両方購入することにしています。皆さんも一度手に取ってみては?お勧めです。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }