FC2ブログ

アンケート結果を受けて(クリニックの業務内容)

アンケートへのご協力ありがとうございました。

先日、クリニックの業務内容について、皆様にアンケートをお願いしたところ、現段階で48名の方にご回答頂き誠にありがとうございました。アンケートは引き続き行っていますので、今後増える可能性もありますが、現段階で一旦結果を皆様にお伝えしたいと思います。
アンケート結果は、ブログから簡単に見ることが出来ます。
アンケート募集のページに飛んでから以下のように操作して下さい。→アンケート募集(クリニックの業務内容)

①下の投票結果をクリック

②投票結果が見れます
③コメント欄もここをクリックすると見ることができます。

アンケート結果を受けて

私がこのようなアンケートをしようと思ったのは、自分が余計な仕事をしているのではないか。本来の医療事務以外のことをしすぎてはいないか。本当にこれは給料に見合っているのか。など仕事に対する不信感が始まりでした。長いこと同じところで働いていると、経営者も労働者もなれ合いになって、本来の軸から大きく外れてしまうことも。そもそも他のクリニックさんはどの程度の仕事を事務がこなしているのか。いや、するべきなのか。など気になることが多くなって来たからです
でもアンケートの状況をみてみると、みなさん、普通に私がやりすぎだと思ってることも、普通にやっている感じですね。クリニックなんて、その経営者のやり方で、業務量が決まるので他と比べることが出来ないのだなと思いました。まあ、そもそも不満があるなら、やめちゃうしかないでしょ!ってことですからね。
とにもかくにも、私のアンケートにお答えいただいた方、誠にありがとうございました。今後ももっとクリニックの実態がわかるようなアンケートを考えて実施していきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。





スポンサーサイト

ヒヤリハット報告していますか?

ヒヤリハットとは



ヒヤリハットとは、その名前の通り、「ヒヤっとしたり、ハットしたりした出来事」の意味。日常の診療現場で患者に傷害を及ぼすには至らなかったが、医療事故に発展する可能性をもった出来事のことです。別名「インシデント」とも言います。看護師さんだったら針刺し事故や、検査ミスなどがありますが、事務のインシデントはどういうことを言うのでしょうか。



  • 保険証の返し間違え


  • 患者様間違え


  • 会計ミス


  • 算定間違え


  • 予約ミス


  • 電話対応ミス



などがそれに当たります。事務のミスは患者様の命までをも脅かすようなことはないですが、お金に関すること、個人情報に係ること、事務としてミスがあった時、又は患者様に迷惑をかけたりしたときなどはヒヤリハット報告をしなければなりません。


私の勤めるクリニックでも、小さなミスも院長に「ヒヤリハット報告」をするように決められています。ヒヤリハットを書くのはとても嫌なことですが、患者様のため、自分のため、スタッフみんなのために自分のミスは必ず全員で共有しましょう。




ヒヤリハット用紙





ヒヤリハットが起きた場合は、上記のような用紙で報告します。「いつ」「誰が」「誰に」「何を」「なぜ」「どのように」という要素を含めた内容を記載します。内容は可能な限り具体的に記載しましょう。




ヒヤリハットは気を付けても起こるもの


あまり大きな声では言えませんが、私も結構、ヒヤリハットをしてきました。患者さんの算定ミスをして、次回追加でお金を頂いたり、返金したり。予約票を間違えて他の患者様に渡してしまったり。少しぼーっとしただけでミスは起きてしまいます。

「このぐらいなら報告しなくてもいいだろう。」「誰も見てなかったし。」と報告をしないまま通り過ぎることもあるかもしれません。しかし、報告をすることによって、小さな事例も院内で共有して、話し合いの機会を持つことが、次のヒヤリハットを未然に防ぐ最大の防御策です。




まとめ



当院では毎月1回スタッフミーティングが行われています。その時にその月のヒヤリハットも暴露されてしまうので、ミスをした月はとてもブルーになります。一度反省したものを再度掘り起こされるような感じがするからです。本音を言うと、スタッフミーティングで過去の事例を発表するようなやり方は、あまり良いとは思えません。大人同士ですし、小さな世界ですし、ミスしたことは誰もが知っていることですから。何ももう一度掘り起こしてつつかなくても。というのが本音。皆様のところではヒヤリハット事例をどういうふうに共有していますか?
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }