救急対応 動物病院編

猫の急病


昨日、我が家のねこが急病になりました。ちなみに2匹いるうちの雌の黒猫の方です。夕方まで元気にフードも食べて、同居のトイプードルにいつものように「フー!」と怒ったりしていたのに(我が家の黒猫とトイプードルは険悪の中です)、夜になって突然、便を出したいけど出ないのか、トイレと部屋を行ったり来たり、「ミャーミャー」と苦しそうに丸まったり、目も虚ろ。これはおかしい!と飼い主である妹がどうしようと相談に来たのです。

時は22時。かかりつけの動物病院はもうやっていません。明日まで待つのもどうも心配で、救急病院を探すことにしました。

インターネットで検索しても近隣には、動物の救急病院は見当たりません。少し遠いですが(車で1時間ぐらい)、遠方の市にある動物病院が1件見つかり、とりあえず電話をかけたところ、24時まで空いているとのこと。急いで、車で駆けつけました。




動物医療センター


妹の運転で、ナビ通り1時間ほど車を走らせると、その病院が見えてきました。いつも行くかかりつけの動物病院と違って、そこはなんと病院ではなく、「動物医療センター」。2階建ての総合病院で、私の勤めている診療所よりはるかに近代的できれいな外装でした。

中に入ると、夜の11時にも関わらず、数匹のワンちゃんとその飼い主さんが待合室で待っていました。受付は、広々とした近代的なスペースで、制服を着た女性がいて、人間の病院と全く同じ感じ(いや、それ以上かも)。軽い問診があり、受付を済ませると、奥の中待合に通されました。

待合で診察室を数えてみるとなんと12の診察室があるようです。「体温測りましょうね~。」と助手の方が来られて、ぶすっと肛門に体温計を突っ込まれて、我が家の黒猫は「ギャー」と雄たけび。「少し熱がありますね。39.2℃です。」とのこと。突然のことで我が家の黒猫は、具合が悪いのにも関わらず興奮マックス。これはまずいといや~な予感。そのあと診察室に案内され、登場したのは若い若い男の獣医さん。お腹をさわられただけで「フー、ギャー、ヒー」と爪を立てて嫌がり、抑えていた飼い主の妹にまで、「シャー」と爪を立てる始末。十分なエコーや血液検査も出来ずに、先生の見立てだけで、「まあ、腸炎でしょう。薬出しておきますね。」と診察が終わりました。




会計


やっと診察が終了し、ケージにいれたとたんにあんなに怒っていた黒猫ちゃんは、ほっとしたのか大人しく眠りだしました。そのあと、会計で呼ばれ、救急料金も含めて9000円とのこと。もっと高いかと思っていたので少しほっとしましたが。会計はクレジットカードも使えるようで、当院の診療所より進んでいるなあ~と感心。外来診察は1階でしたが、2階には、手術室、入院室、リハビリ室もあるとのこと。CTやMRIも完備していて、入院時には面会付添い室なんてものもありました。予約も自動予約システムを導入していて、保険が効かない以外はほとんど人間と同じでした。



まとめ


ペットも人間同様、今や家族同然です。人間と違って言葉にできないので、飼い主が異常をキャッチするしかありません。ペットが動物病院に診てもらうには、当然健康保険がありませんので、人間でいうと自費で支払うのと同様。昨日の診察だと、初診料282点+深夜加算480点+腹部エコー530点といったところでしょうか。いつ病気をするかわからないので、ペット保険に入ろうかと迷ったこともありましたが、結構毎月の支払が高い(個体、年齢によって違いますが、月:3千円から5千円でした)ので、病気をするかもわからないのにこの保険料はどうかなと思い、入っていません。でも急な病気の出費はやはり困るもの。入院や手術になったら、数十万円の出費になるのも困る。結局、普段から自分でペット積み立てをしています。月3000円を積み立てているのですが、家のタンス貯金なので、貯まってもつい使ってしまうのが悩みの種です。
スポンサーサイト

「サ高住」の暮らしぶり

学会休みは親孝行のチャンス


先週、当院長が学会で3日間、臨時休診となりました。前回の学会休みは、夫と長崎の軍艦島ツアーに行ってきましたが、今回は姉と二人で福岡県で独り暮らしをしている父の元を訪れました。

父は、90歳を超えていますが、最近福岡県に引っ越しをし、未だに一人暮らし。近くに長姉が暮らしているので移り住んだのですが、高齢者の一人暮らしは如何なるものか、医療機関に勤めている私にはよくわかっています。暮らしに不自由はないか、周囲の環境はどうか、いつも長姉にばかり任せきりで申し訳ない気持ちを胸に、新幹線に乗り込みました。

父の住まいは福岡県小倉市。新幹線を降りると、すぐに見えてきたのが「銀河鉄道999」のメーテルや鉄郎、キャプテンハーロックの像です。「銀河鉄道999」は私が中学生の頃、大好きだったアニメ。「宇宙戦艦ヤマト」同様、大好きだった漫画家松本零士さんの作品です。そのアニメから夢や希望を学んだと言っても過言ではありません。父がこんな町に住んでいるなんて!なんだか嬉しくなりました。



「サ高住」とは



実は父は、「サ高住」=サービス付き高齢者向け住宅に住んでいます。サービス付きという言葉から介護付きの高齢者施設と思われがちですが、そうではありません。いわゆる介護度でいうと、「自立」した人が入居する住宅で「安否確認」と「生活相談サービス」のみです。ケアの専門職の方が日中は対応してくれますが、夜間は常駐していないところもあるようです。父のところは、夜間も常駐していて、夜間休日に具合が悪くなり救急受診するときなどは、実費で付き添いもしてくれるとのことでした。

入居時の一時金が不要で月決めの賃貸マンションを契約しているような感じです。ちなみに父のもらっている年金で十分払える家賃となっています。


部屋の内装


父の部屋は概ね8畳程度の広さがあります。部屋は手すりつきで、段差のないバリアフリーになっています。クローゼットと冷蔵庫、介護用ベッド、テレビ、エアコンが取り付けられていて、部屋内にトイレ、洗面も完備されています。お風呂と食堂は共同で残念ながらその様子は今回見ることが出来ませんでしたが。

防犯もかなり高度で、マンションのエレベーターを使って、勝手に父の住む階に行こうと思っても専用のカードキーがないと、エレベーターにも乗れません。職員さんに連絡すると、窓口で訪問者の名前を記入し、身分が明らかになって初めて、マンションの訪問者用カードキーを渡してくれる仕組み。外部から怪しい人が入り込まないようによく考えられていました。

父の部屋の窓から見た景色です。海が近くてとてもよい眺め。


「サ高住」のデメリット


父がサービス付きの高齢者マンションに住むのは二か所目ですが、どちらも内装はきれいで高齢者には安全な作りになっていました。しかし、住むのは高齢者の一人暮らし。自立の場合は、デイサービスなどの施設内サービスは受けられないため、自分で自分の昼間の居場所、交流場所を探さなくてはなりません。比較的父は、男性とはいえ、他人と関わるのが好きなタイプなので、近くのスポーツクラブや老人クラブに通いたいと考えてはいるようですが、中々実行出来ずにいます。年々衰えていく体とつきあうだけでも大変なのが現実。施設内にそのような交流の場が持てると一番いいのですが。高齢者の孤独は即認知症にもつながりますし、父を孤独にしないことが、私たち子供の緊急の課題です。


門司港観光


父と別れてから、近くの門司港観光に行ってきました。門司港レトロは長崎、神戸、横浜のように大きな港町ではありませんが、クラシックな建物が素敵な港町でした。門司港駅舎は大正時代の建物でクラシカルな気分に浸るにはピッタリ。旧門司税関、国際友好記念図書館、旧門司三井倶楽部と海沿いの古い町並みをゆったりと散歩しているとノスタルジックな気分になれます。名物の焼きカレーの匂いが今も記憶に残ります。門司港から巌流島までの連絡船も出ていて10分程度で到着するようです。巌流島は武蔵と小次郎が対決したことで有名ですよね。今回は時間がなくてその船には乗れませんでしたが次回必ず乗船してみたいなと思います。









メルカリに夢中

バブル世代


言い遅れましたが、私のブログを読んで頂いている方なら、もうお気づきでしょうが私はバブル時代に青春を謳歌した世代です。ちびまる子ちゃんと同年齢で、今でも松田聖子とビリージョエルのファンと言えば、年もバレバレですかね。バブル時代にブランド品をポンポンと買ったり、若い女子でも投資信託に手を出したり、付き合う男は本命は3Kと決めていて(高身長、高学歴、高収入)、その他アッシー、メッシー君もいたりして。そんな浮かれた時代でした。そうそう、今NHKの朝ドラの「半分青い」の時代です。そんな時代を生きてきたせいか、五十路になっても浮かれ気分が抜けなくて、欲しいものには、あまり考えずにお金を出してしまったり、今後の人生にまだ浮かれ気分な夢を見ているもんですから、さとり世代の子供たちに「お母さんはもう・・・」と叱責される始末です。




捨てる神あれば拾う神あり


「メルカリ」って皆さんご存知ですよね。私ももちろん、その存在は知っていました。以前に「現金が高値で売りに出されて即禁止された。」なんてニュースもありましたしね。でも、自分で売ったり買ったりしようなんては全く思ってなかったんです。バブル世代の申し子としては、「リサイクル品や中古品なんて。」誰が着ていたかわからない服を買う事に抵抗があったんです。

しかし、同い年のバブル世代の夫が、最近メルカリで服を買うようになりました。バブル当時は、ブランドものが好きだった夫ですが、バブルがはじけた後は、スーツも量販店で買うようになりました。

しかしやっと子育てが一段落したものの、まだまだ家のローンもあるし、老後の生活に備えなくてはいけないし、まだまだ以前のように自由に好きな服を買うわけにはいきません。そんな時、出会ったのがメルカリでした。

夫曰く、「メルカリには大好きな自分のブランドの洋服が結構出ていて、値段の割にはしっかりした商品ばかりだし、売買の仕組みも上手く出来ている。会社の経営方針もしっかりしているし、もうじき株式も上場するよ。これからはメルカリの時代だよ。」

「ほほー。そんなもんかね~。」と私もメルカリを覘いてみたところ、なんともう私には手が届かないと思っていた昔好きだったブランドの服が結構出品されているではありませんか。中古とはいえ、中には未使用品もありますし、サイズや商品の状態もわかり易い。コメントで質問も出来るし、時には値段交渉も出来る。最近「ユニクロ」や「しまむら」ばかり着ていた私ですが、気が付くとメルカリの商品に夢中になっていました。試しに思い切って、購入ボタンを押してみると、すぐに出品者から返信があり、トントンと売買が成立しました。3日程で届いた商品は、思った以上に状態もよく、すぐに試着。久々に好きなブランドに腕を通し、思わず鏡の中でにんまり。私もすっかりメルカリファンになってしまったという訳です。




メルカリでサイドビジネス


メルカリには洋服だけでなく、本当に何でも売買されています。最近面白いなあ~と思ったのは、手作りグッズを依頼者からの要望に応えて作る出品者です。

私が目を止めた手作りグッズは、若い小さな子供さんがいる主婦の方で、サンリオやジブリなどの手作りメッセージカードを作って販売している方です。子育ての合間に得意な腕を振るっているのでしょう。

私が「ムーミン一家が大好きなので、作れますか?」と質問したところ、すぐに返事が来て現在私の為にムーミンやリトルミイなどのキャラクター5人セットを作ってくれているところです。5日程で出来上がるとのこと。値段も5枚で540円と格安で、届くのがとても楽しみです。

私が子育て世代の時は、節約するというやり方で、生活を切り盛りしていましたが、今の若い人達は、要らないものを売ったり、自分の技術をネットで売ったり、サイドビジネスがうまいなあ~と思います。



メルカリで「医療事務」と検索すると・・・


試しにメルカリで「医療事務」で検索してみました。みると、数年前の診療点数早見表や医療事務本、電卓などが売りに出されていました。中には2018年度版も売りに出している方もありましたが、大方古いものばかりでした。過去の医療事務講座のテキスト一式を数万円と結構な値段で売りに出している方もいてびっくり。確かにどこかの講座を受講するよりは格安な値段ですが、数年前の古い情報なんて勉強してもあまり意味ないのに。購入される方がいたとしたらなんだか気の毒だなあ~と感じたのは私だけでしょうか。



ルーティン仕事にご注意

毎日すること

毎朝、私は必ず自宅を出る時に、必ず、我が家の愛犬をケージの中に入れていきます。我が家は二世帯住宅ですので、普段家族がいる時は、二階の部屋で一緒に過ごしているのですが、出かける時は一階の義父母世帯の目の届くところにケージがあって、そこに入れて出かけるのです。
しかし、今朝はどういうわけか、私は愛犬をケージにいれて行くのを忘れて、二階に置いたまま出かけてしまいました。今日は、たまたま夫がまだ家にいたので、「犬をケージに入れ忘れているよ。」とメールをくれて、代わりにいれてくれましたが。
別に大した出来事でもないのですが、愛犬を飼い始めて11年間、毎朝同じことを繰り返しているのに、「なんで忘れたんだろう?」と少し自分が心配になりました。まさか認知症のはじまりか?冷静に分析すると、今朝は少し気になることがあったので、そのことを考えすぎていて、すっかり犬のことは忘れてしまったのではと思います。

ルーティン仕事にご注意

家のことは忘れても家族しか問題になりませんが、仕事で「あっ!うっかりしてた!」というのは通じません。
例えば最近こんなことがありました。
受付で保険確認をして、すぐに患者様に保険証をお返しして、その後患者様は診察室に呼ばれました。そして診察が終わり会計も済み、帰宅されました。しかしそのあと薬局に行かれた患者様が戻って来られて「保険証返してもらったっけ?」と尋ねてきたのです。
当院では受付時に保険証確認のために保険証を一旦は預かっても、確認をしたらすぐに返すようにしているので、「先ほどお返ししましたよ。」と伝えても中々納得してもらえません。「返してもらっていない」の一点張りなのです。
保険証確認を担当したスタッフも「返しましたよ」と言っても、ルーティン仕事にしているので、自信を持って返答できず、事務スタッフであちこち置忘れがないか、調べた挙句、患者様のカバンの中に入っていたことがあります。
保険証を預かり、保険確認をし、返却する。この単純なルーティン仕事にも気を配って、その時の光景を記憶に刻みながら確認して仕事をする必要があります。
メモでも構わないので、『○○さんに返却した☑』のように一人仕事の場合は確認してすることも必要です。


算定もルーティンになっていませんか

診療報酬改定があって新しく加わった算定などは、とても気を配るので算定ミスはありませんよね。妊婦加算を取り忘れることは、まずないと思います。
しかし本当は一番注意しなくてはならないのは、慣れっこになっている普通の算定です。例を挙げれば切りがありませんが、慣れている人ほどむしろ失敗しやすいものかもしれません。
当院でも調査をしたところ、一番ミスしやすい算定は、特定疾患療養管理料とか診療情報提供料とかいつもよく出てくる算定でした。算定についてはそれぞれの医療機関で漏れがないように様々な工夫がなされているとは思いますが、まず必要なのはルーティン仕事だと思ってさらっと仕事をするのではなく、集中力を持って算定することだと思います。
レセプトをチェックするのも同じですよね。算定ミスを見つける技術も必要ですが、それよりもまずは集中力。集中力をもってどれほどその仕事に従事できるか、それに尽きると思います。

まとめ

集中力を高めるといっても、そう簡単ではありません。一流のアスリートが記録を出したときなどは「ゾーン」に入り、ボールが止まって見えたとか、思わぬ力が発揮できた等とよく言われますが、それも集中力のなす技です。集中力はすべて日ごろの練習の賜物とか。ここぞという時に集中力を発揮するためには普段からの練習が大事だそうです。
私たち医療事務はそこまでの域に至ることは勿論ありませんし、そこまでの必要もありませんが、常日頃から集中力を高める仕事が出来るように、普段の勉強が大切なのかもしれません。

ポケ森に夢中です

ゴールデンウィーク前は大忙しです

今日はゴールデンウィーク前の土曜日だったこともあり、途切れることなく来院される患者様の応対に追われて、気が付くとあっという間に14:00でした。院内はさながら駅前のショッピング街のような賑わいを見せていて、待合室は、テレビの音も聞こえないほどの患者様のおしゃべりで花が咲いていました。
当院は、ゴールデンウィークはカレンダー通りなので、来週は1日、2日だけが診療日。後半の連休に備えてそこから慌てて、月末処理をして、ゴールデンウィーク明けのレセプト準備もしてと終わるとすっかり夕方になっていました。
家に帰ると、私の注文した診療情報早見表が届いていて、嬉しいやら、悲しいやら。ゴールデンウィークぐらい仕事を忘れてのんびりしたいのに、でもやはり読みたいしと、複雑な心境です。
それにしてもこの診療点数早見表。改正の度に分厚く、重くなっていくのはどうにかならないものでしょうか。ほら、ビルのようにしっかり大地に立っていますよ。


ポケ森に夢中です

実は私、昔から「どうぶつの森」の大ファンでありまして、スマホ対応の「ポケ森」が出てからは、毎日ブログと同じように、夢中でログインしています。
「ポケ森」とはニンテンドーが出しているスマホ対応型のゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のことです。その少し前まではポケモンゴーをしていたのですが、「ポケ森」が出てからはこれ一筋。3時間おきに入れ替わるどうぶつたちの要求を聞きながら、ポケ森の世界に入り込んでいます。
最近は自分で楽しむだけでは飽き足らず、ポケ森専用のアカウントを作って、インスタグラムにも投稿しています。
仕事のある時は、さすがに3時間おきにログインするわけにはいかないので、このゴールデンウィークは好きなだけ森に入り浸れると思うと幸せな気分になります。私の一番のお気に入りは、「マスター」。コーヒー好きの私にはたまらないキャラクターです。もちろん、このゴールデンウィーク。愛しの我が子たちも続々と帰ってくるので、久々のお母さん業も頑張りますけどね。


もし、ポケ森をやっている方がいらっしゃったら、是非私のキャンプにも遊びに来て下さい
ID:0096 5671 324
時々インスタグラムにも投稿していますので、よかったらこちらも覘いてみて下さいね。
アカウント:pandnuts
それではみなさん、よい連休を!


スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
アンケート募集
無料アクセス解析
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さんへの応援ブログです。
(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }