FC2ブログ

介護割引について

学会休み



今日から、院長先生が学会のため、休診となり、スタッフには嬉しい四日間の連続休暇です。毎回、学会休みには何をしよう、何処行こうと迷うのですが、やはり九州に住む独り住まいの父の顔を見に行くことにしました。このブログでも何度も登場させていますが、私の父は92歳で高齢者サービス付住宅に独り住まいをしています。最近、当たり前ですが歳も歳ですし、少し痩せて以前のように元気が無いとの姉の話もあり、少し心配です。
ということで、今日は九州へ向かう新幹線の中からのブログです。


高齢者の診察


クリニックに診察に来る患者様は、7割方、後期高齢者です。もちろん現役さながらお元気な方も沢山いらっしゃいますが、一番困るのは、認知症や難聴で話しが通じない方です。医学的な話は勿論、保険証不携帯、予約間違いなど、折角受診されてもご理解が得られないまま、お帰りになられるのはなんとも辛いもの。そういう場合には、メモで次はご家族と来院してもらうよう伝えたり、その場でご家族の電話番号がわかれば直接電話して状況を伝えたりしています。
本当は毎回、ご家族と来院して頂きたいところですが、家族間の問題もあり、中々、改善されない場合も多いです。地方の三世代同居が多い地域でもこうなのですから、中央に行けば行くほど、高齢者の独居も増え、他のクリニックさんは、どうされているのかなといつも思っています。
スタッフ側から見ると、「あんなお年寄りを一人で診察に行かせるなんて。誰か付き添ってあげればいいのに。」なんて、思ってしまいますが、当の私こそ、高齢で難聴の父をいつも放ったらかしにして、どれだけ、父の通うクリニックに迷惑をかけているのかなと思うと胸が痛みます。父が時々、電話で「この前もらった新しい薬を飲んでから調子が悪い。」などと聞くと、やはり主治医と上手く話しが通じていないのでは。と心配になります。
今回は、父の顔を見舞うと共に、一緒に父の通うクリニックにも受診しようと思っています。何か手土産を持参して
医療機関によっては受け取って頂けない場合もあるかもですが、皆さまのクリニックではそういう場合どうされてますか?お菓子なら受取りますか?中にはこっそりと先生に何やらお札台の封筒を手渡す方もいらっしゃいますが、そういう時には見て見ぬフリ。なんてこともありますかね。


介護割引


家族側から言わせてもらうと、遠方に住んでいる父が心配なのは、当然なのですが、やはり交通費のこともあり、中々訪れることが出来ないのも事実です。
私の場合、新幹線で移動することが多いのですが、私の所から父の所まで、往復するだけで、25000円はかかります。そこにホテル代を乗せると結構な金額になるのです。姉と話し合いをして、お互い順番に訪問しているのですが、それでも年間にすると25万から30万はかかっているようです。まだ大学生の子供もいますし、家のローンもある。医療事務なんて安月給だし。と、やりくりには結構苦労しています。夫にもかかりすぎじゃない?なんてチクリと言われると、喧嘩の原因になることも。(私は夫の両親と同居しているのに。私の親には冷たいんじゃない!)
有給は腐る程余っているので、使えるのですがやはり先立つものが無いと。というのがホンネ。そんなことを友達に愚痴っていたら、良いことを聞きました。
なんと、飛行機だと介護割引なるものがあるというのです。
調べてみると・・・
JALやANAで介護割引と検索すると、確かにありました。
ちなみにJALでは、JALマイレージバンク(JMB/JALカード)への入会が必要なようですが、介護を必要とされる方の「二親等以内の親族の方」と「配偶者の兄弟姉妹の配偶者」ならびに「子の配偶者の父母」を対象。「介護帰省割引」の適用範囲ご利用区間について「介護をする方」と「介護を必要とされる方」の居住地の最寄の空港を結ぶ一路線限定と、なっていました。
これを利用出来れば、約35%の割引になります。しかしながら、介護保険を受けられる方のみのサービス。私の父の場合、まだ介護保険を受けられる状態にないため、今の段階ではまだ利用できないようです。その上、私と父の路線では新幹線の方が便利なので、JRでも何か介護割引なる制度が出来てくれればと切に願います。


まとめ


そろそろ、父の待つ小倉へ新幹線は到着しそうです。家を出るときは雨模様でしたが、こちらは雨も上がって、よかったです。今回の父へのお土産はなんと2冊の古い本。父から以前に、初めて親に買ってもらった大切な本の思い出話を聞いて、是非探し出してプレゼントしたいと思い、ネットや古本屋を探し回ってやっと見つけた本です。数学の好きだった父に、当時戦中で充分には勉強出来ない父に両親が買い与えてくれた2冊の本。「幾何のあたま」「代数のあたま」喜んでくれるといいのですが。
スポンサーサイト

番外編(ベトナム家庭料理)

誕生日会に招待されました


私は、毎週1回、外国人に日本語を教えるボランティアをしています。今は、地元の企業に研修生として派遣されているベトナム人の青年に日本語を教えているところです。既に3年間、日本に滞在している彼は流ちょうな日本語を話しますが、日本語検定に合格すると、ベトナムに帰ってからも仕事の幅が広がるらしく、必死で勉強しています。私は、そのお手伝いをしているという訳です。

先日、彼の誕生日に、友達が沢山集まるので、先生も是非、ベトナム料理を食べに来てと熱心に誘われて、誕生日会に行ってきました。

彼のマンションに着くと、そこには靴の置き場のないぐらい多くのベトナム人の若者達が。どの子も(私からするとみんな私の子供たちと同世代)皆、素直で控えめな若者たち。習いたての日本語で一生懸命に話をしてくれます。台所に案内してもらうと、みんなでベトナム料理を作っている様子。私も早速お手伝いさせてもらいました。


  1. ベトナム揚げ春巻き

  2. フォー

  3. ソイ

  4. エビとレモングラスの蒸し焼き

  5. チェー


等々。私にはどれもこれも初めて見るものばかり。すべての料理を手作りしていました。男女を問わず、どの子も上手に包丁を扱い、調理をしているのにはびっくり。聞くと、ベトナムの家庭では、小学校高学年にもなると、両親が働いているので、料理や家の事は子供たちがするのが当たり前だとか。フォーのスープを牛骨から取り、チェーに入っているタピオカ風のものまで、片栗粉で手作りしている。初めてみるベトナムのナンプラーやライスペーパー。どこで買ったのか聞いてみると、大抵の食材は、地元の業務スーパーで手に入るそうです。週末に皆で自転車でまとめ買いをして、冷蔵庫にストックしておくそうです。ベトナム人は多くの野菜を食べるのが普通らしく、冷蔵庫には溢れんばかりの野菜が詰め込まれていました。



ベトナム料理の数々



  • ベトナム揚げ春巻き(豚のひき肉、きくらげ、ニンジン、ビーフン等に卵を入れて、よくコネ、餃子の具のようなものを作り、ライスペーパーに包んで揚げます。ナンプラーをつけて頂きます。)

  • フォー(牛骨から取ったスープをフォーにたっぷり注ぎ、牛肉、パクチーをトッピングして頂きます。)

  • エビとレモングラスの蒸し焼き(エビにレモングラスを載せて、蒸し焼きにします。)

  • ソイ(日本のおこわのようなもの。黄色いのは大豆でした。)

  • チェー(ベトナムのデザート。下から、小豆の煮たもの(あんこより甘くないです)、コーン、ピーナッツ、タピオカ風のカタクリ団子、大豆、ココナッツ、その上にシロップ、氷を砕いてのせて、混ぜ合わせて頂きます。)

まとめ

初めて頂くベトナムの家庭料理でしたが、どれも美味しく頂きました。最後にみんなでベトナムのハッピーバースデーの曲をかけて、何度も乾杯するのですが、その曲の大音量にはびっくり。さすがにここは日本だから、近所の人に迷惑だから、音を小さくするよう注意しましたが。
余談ですが、ベトナムの若者たちにどうして日本に来たのか聞いてみたところ、日本に来るとかなり儲かると思っていたようです。でも実際の彼らの給料は、同年齢の日本人に比べるとかなり少ない。理想と現実のギャップに戸惑いながらも、その少ない給料のほとんどを家族に仕送りしているらしいです。最近では介護業界からの求人も多く、今後の日本の高齢化社会を支えるのが、こういった外国人の方々ばかりになるのかもなあ~と感じました。



父のブログ

92歳の父のブログ、始めました。





私の父は今日9月11日で92歳になりました。時々このブログでも登場しますが、父は、現在、高齢者サービス付きマンションで一人暮らしをしています。私は父とは遠く離れて暮らしていて普段何もしてあげることは出来ません。最近父の元気がなくなって来たと姉から聞き(もちろん肉体的な衰えもありますが)何かひとつ元気を出してもらおうと、父に仕事をしてもらうことにしました。何か文章を書くことは認知症予防に最適だそうです。

それがこのブログです。

父は92歳ですが、幸いパソコンを自由に扱うことが出来るので、自分のことを文章にしてもらうことにしました。昔の事、今の事、これからの事。92歳で未だに元気に生きているだけでも貴重ですし、頭がまだはっきりしているのもラッキーなこと。父の92年の人生は、近代日本の1世紀でもあります。是非みなさん、私の父のブログを覘きに来てくださいね。



92歳にだって夢がある

自立老人を支えられない国家

父を見舞う旅


今日は新幹線の中で、ブログを書いています。
昨日、久しぶりに父の住む小倉に降り立ちました。折しも日本列島逆横断の台風の最中、行くのも少しためらいましたが、新幹線が止まったら、仕事を、休んで一泊伸ばそう。たまにはこんな突然の休みもいいかもね。と強行しました。
というのも父の様子が最近元気がない。一番近くにいる姉が参っていることもあって、普段全く父の世話をしない後ろめたさもあり、急いで新幹線に乗り込んだという訳です。
言い忘れましたが、父は大正15年生まれ、御歳92歳。高齢者サービス付き住宅に1人暮らしです。姉が車で30分ぐらいの距離に住んでいます。週末は姉がいつも様子を見に行ってくれているのですが、最近眠れないと睡眠薬に頼る毎日。眠れないと薬を飲む。薬を飲むと身体がだるい。だるいので、昼間寝てばかりいる。昼間寝ているので、夜眠れない。と悪循環の様子。
睡眠薬に後ろめたさがあって、やめていきたいが、中々やめられない。それも悩み。と、元気が無くなってしまったのです。
久しぶりに出会った父は少し痩せて、寂しげに見えました。元々社交的な人で高齢にも関わらず、太極拳、英語、パソコンなど多面なクラブに所属し、友人も多かったのですが、訳あって、去年、姉の住む近くの施設に転居してから、難聴も進んだ関係もあり、他人とコミュニケーションがしづらくなり、新しい環境で友人が出来ないことが、寂しさの一番の原因のようでした。

介護保険は何のためにあるのか


父は、心臓と肺に持病があるものの、背中はピンと真っ直ぐ、どこまでも歩けますし、認知もない。見た目は元気。ということで、何度申請しても介護認定は受けられません。しかし耳が本当に遠くて、筆談でしか会話が成立しないほど。おまけに92歳という超高齢者。何故、こんな老人に日本は手厚くないんでしょう。
自動的に90歳を超えた老人には自立していても、介護保険が降りてもいいと思います。最後まで自分らしく生きたくて、子供の手を借りず。一人暮らし。そんな老人をどうして国は応援していけないんでしょう。
習い事をしたくても送迎がないため諦め、社会から取り残されて行く父。それでは、子供のあなたが面倒みればいいじゃないか。って。そうですよね。それが出来れば一番なんですが。様々な理由があることも分かる方には分かりますよね。簡単に家族で解決出来ないこともあるのです。だから介護保険があるのに、自立だというだけで、何の恩恵も受けられない。
日本というのはそういう国です。戦後の復興に力を注いだ世代を支えることも出来ないのです。

医療の現場から


身体や心の具合が悪くなる老人は病院に行くことだけを日課とします。そこで沢山のクスリを出されて、益々死が遠くなる。それで在宅に手厚くと、医療現場も変わりつつありますが、まだまだこれからだなぁという印象です。
人間は死ぬまで、生きなくてはいけません。自分らしく生きるために。言葉では簡単ですが、生きることは、過酷です。

まとめ


新幹線は、西日本豪雨で被害のあった広島岡山を通過しました。新幹線のホームからは、わかりませんが、ここで、多くの方が被害に遭われました。雨ぐらいで、人が死ぬなんて、誰も予想しなかったことです。突然、命を落とされた方々はどれほど心残りだったことでしょう。
その一方で、オウムの犯人達がまとめて処刑されました。命の重みを、改めて考えさせられた夏でした。

救急対応 動物病院編

猫の急病


昨日、我が家のねこが急病になりました。ちなみに2匹いるうちの雌の黒猫の方です。夕方まで元気にフードも食べて、同居のトイプードルにいつものように「フー!」と怒ったりしていたのに(我が家の黒猫とトイプードルは険悪の中です)、夜になって突然、便を出したいけど出ないのか、トイレと部屋を行ったり来たり、「ミャーミャー」と苦しそうに丸まったり、目も虚ろ。これはおかしい!と飼い主である妹がどうしようと相談に来たのです。

時は22時。かかりつけの動物病院はもうやっていません。明日まで待つのもどうも心配で、救急病院を探すことにしました。

インターネットで検索しても近隣には、動物の救急病院は見当たりません。少し遠いですが(車で1時間ぐらい)、遠方の市にある動物病院が1件見つかり、とりあえず電話をかけたところ、24時まで空いているとのこと。急いで、車で駆けつけました。




動物医療センター


妹の運転で、ナビ通り1時間ほど車を走らせると、その病院が見えてきました。いつも行くかかりつけの動物病院と違って、そこはなんと病院ではなく、「動物医療センター」。2階建ての総合病院で、私の勤めている診療所よりはるかに近代的できれいな外装でした。

中に入ると、夜の11時にも関わらず、数匹のワンちゃんとその飼い主さんが待合室で待っていました。受付は、広々とした近代的なスペースで、制服を着た女性がいて、人間の病院と全く同じ感じ(いや、それ以上かも)。軽い問診があり、受付を済ませると、奥の中待合に通されました。

待合で診察室を数えてみるとなんと12の診察室があるようです。「体温測りましょうね~。」と助手の方が来られて、ぶすっと肛門に体温計を突っ込まれて、我が家の黒猫は「ギャー」と雄たけび。「少し熱がありますね。39.2℃です。」とのこと。突然のことで我が家の黒猫は、具合が悪いのにも関わらず興奮マックス。これはまずいといや~な予感。そのあと診察室に案内され、登場したのは若い若い男の獣医さん。お腹をさわられただけで「フー、ギャー、ヒー」と爪を立てて嫌がり、抑えていた飼い主の妹にまで、「シャー」と爪を立てる始末。十分なエコーや血液検査も出来ずに、先生の見立てだけで、「まあ、腸炎でしょう。薬出しておきますね。」と診察が終わりました。




会計


やっと診察が終了し、ケージにいれたとたんにあんなに怒っていた黒猫ちゃんは、ほっとしたのか大人しく眠りだしました。そのあと、会計で呼ばれ、救急料金も含めて9000円とのこと。もっと高いかと思っていたので少しほっとしましたが。会計はクレジットカードも使えるようで、当院の診療所より進んでいるなあ~と感心。外来診察は1階でしたが、2階には、手術室、入院室、リハビリ室もあるとのこと。CTやMRIも完備していて、入院時には面会付添い室なんてものもありました。予約も自動予約システムを導入していて、保険が効かない以外はほとんど人間と同じでした。



まとめ


ペットも人間同様、今や家族同然です。人間と違って言葉にできないので、飼い主が異常をキャッチするしかありません。ペットが動物病院に診てもらうには、当然健康保険がありませんので、人間でいうと自費で支払うのと同様。昨日の診察だと、初診料282点+深夜加算480点+腹部エコー530点といったところでしょうか。いつ病気をするかわからないので、ペット保険に入ろうかと迷ったこともありましたが、結構毎月の支払が高い(個体、年齢によって違いますが、月:3千円から5千円でした)ので、病気をするかもわからないのにこの保険料はどうかなと思い、入っていません。でも急な病気の出費はやはり困るもの。入院や手術になったら、数十万円の出費になるのも困る。結局、普段から自分でペット積み立てをしています。月3000円を積み立てているのですが、家のタンス貯金なので、貯まってもつい使ってしまうのが悩みの種です。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }