気が付くと200記事!

感謝!


今年の3月22日に「医療事務えとせとら」を書き始めて、早半年が経ちました。気が付くとこの記事で、200記事達成。大して参考にならないブログを訪問して下さった方々に、感謝の思いでいっぱいです。お蔭で訪問して下さった方も13000人を超え、ページビュー数も1か月で30000になりました。私のブログを訪問して下さるというのは、医療事務に奮闘されている方が沢山いるのだということ。ド田舎の小さな診療所勤めの片隅からパソコンを通じて、日本中の見えない医療事務の仲間とつながっているという思いは、一層私の仕事のモチベーションに繋がっています。



ブログを始めて良かったこと



  • 毎日のネタ探しで、医療事務が楽しくなった

  • 知識が深まり、仕事の質が上がった

  • パソコンを打つスピードが格段に上がった

  • パソコンについて以前より詳しくなった

  • google adsense等で少額ながら、副収入が発生した







ブログを始めて失ったこと



  • テレビの視聴時間少々とゲームと読書の時間少々




初投稿記事➡電話再診


私の記念すべき第1号は、「電話再診」から始まりました。昨日、偶然にも電話で患者様から問い合わせがあり、この記事のことを思い出しました。




電話口には、毎月定期的に来院されている24歳の女性

「先生、いらっしゃいますか?ちょっと聞きたいことがあって代わってもらえませんか。」

「今、診察中ですのですぐには電話に出られませんが、どうなさいましたか?とりあえず看護師に代わりましょうか?」

「え~。代わってもらえないんですか。私は先生に聞きたいことがあるんです。」

どうしても、直接先生と話をしたいようです。

「わかりました。今、診療時間中で、他の方の診察中ですので、このまま電話口でお待ちになられますか?電話再診料がかかりますがよろしいですか?」

「え!、電話で聞くだけでお金がかかるってこと?なんでなの?」

「電話とは言っても、医師と診療について話をするということは、診察になりますので、申し訳ございませんが、後程、請求させて頂きます。」

「じゃあ、いいです。」

そう言って、この患者様は電話を切られました。




この患者様が何を困ってらっしゃたのか、聞き出せなかったことが気がかりですが、どうしても医師と話をしたいと言われたので、こう対応するしか仕方がありませんでした。

多くは、何か薬のこととか、症状のことで困って電話をかけられてくる方が殆ど。そういう場合は、医療のことなら、とりあえず看護師に話を聞いてもらい、(どうしても手がふさがっている場合は事務でも聞かざるを得ない場合もありますが・・・)、急ぐことでしたら、診療の合間に医師に確認をし、指示をもらうようにしています。医師が電話口に出ない場合は、もちろん電話再診料は頂いておりません。こういうやり取りは、必ず対応したものが各々カルテに記載し、記録を残すことにしています



まとめ 
ブログアイコン「なつこ」の原画 ~幼少期の末娘が愛犬「なっちゃん」を描いたもの


ブログを始めて、多くのブログを見にいくことが増えました。世の中には本当に色々な人が色々な情報を発信してくれているのですね。美味しいものを食べに行くにせよ、旅行にいくにせよ、悩みを相談するにせよ、とにかくありとあらゆるブログがあるものです。ブログは、個人の日記的なものも多いですが、身の回りで見つけたこと、自分自身に起こったことなど、「生」の情報が流れているのが面白いです。これからも「生」の医療事務を発信していきますので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

腹が立ちまして

時々、どうしても腹が立つときがありまして、こんな時はこんな記事は心に沁みまして。➡今の仕事が「辞め時」だと分かる10のサイン


心が疲れているときは、どうもこんな記事に目がいくもんで、「私も、もしかして今って辞め時?」なんて思ってしまったりしている訳でして。


不満を数え上げたって、何もいいことなどないのですがね。



診療所勤務の醍醐味って・・・



診療所ってとこにおりますと、横のつながりがなくなるもんで、他人の畑がよく見えるものです。「○○クリニックは医療事務の給料25万円だって。」とか「△△診療所は、給料は安いけど、ボーナスが3か月出るらしい。」とか「✖✖医院は、スタッフを毎年ハワイへ連れて行ってくれるんだって。」とか。


確かに病院と違って個人経営だけに、診療所勤務は謎の給与形態が多いもの。給料では支給されなくても、謎の袖の下があるクリニックもあると聞きます。ちなみに私のところはそういった袖の下はありません。個人にもかかわらず、普通の契約通りの給与形態です。毎月右肩上がりの収益は、レセプトの数でスタッフ一同一目瞭然。それにしてはスタッフへの還元率は低いと感じています。まあ実のところは、個人個人のことですので、真実はわかりませんがね。




辞め時と思った訳



実は今の診療所は給料で決めました。さっき言ったこととあべこべじゃないかって?そうですよね。でも最初に就職を決めたときは、仕事量がどのぐらいかわからなかったので、単純に給料としては以前勤務していた病院より高かったので飛びつきました。我が家には3人の子供がおりましたし、全員大学進学を志望していたこともあって、給料アップの現勤務に飛びついてしまった訳です。夫は世間一般では、そこそこ給料をもらっている方だとは思っていますが、家のローン、3人分の子供の学費(全員私学で全員一人暮らしです)、年老いた両親、この条件では、私も必死で働くしかないわけで。


でもようやく3番目の子供の大学卒業までの目途が立ち、ふっと、疲れてしまったのかもしれません。




辞め時と思った第一の理由は、どうも今の給料と仕事量が比例していないように思えてしまって。


診療所勤務って午前診察と午後診察と二部構成なのですが、午前の患者数が多いと昼休みもわずかしかなく、そのまま午後診察に突入し、終わるのは8時を過ぎることもあります。毎日毎日家に帰るのは夜の8時から9時。月曜から土曜までの勤務ですので日曜しか休めません。(木曜・土曜は半日勤務ですが・・・)。スタッフが少ないので有給も取りにくく、家族より診療所の院長・スタッフといる方が時間的に長いこの現実。スタッフと仲がいいところだけは、本当に良かったと思いますが、仕事量と拘束時間、給料を天秤にかけると、疲労感が勝ってしまうこともあるのです。




第二の理由は、仕事が代わり映えしないこと。毎年毎年同じことの繰り返し、同じ人間関係、同じ疲労感に単純に飽きてしまったのかもしれません。




第三の理由は、代わり映えのない仕事とはいえ、少しづつ少しづつ、スタッフへの院長の要望が強くなり業務量が増えていくこと。おまけに100%完璧を目指す院長故、それに応えようと背伸びをして必死で仕事をこなすことに疲れてしまったのだと思います。仕事量が増えたとしても給料は変わらないのも不満の一つです。




それでも辞めない訳



色々文句を言ってしまいましたが、今は辞めません。文句はあっても仕事は総合的に合っているか判断する必要があります。




仕事量は多く、院長の要望が多いのは、スタッフへの信頼が厚いせいと思いましょう。


休みは少ないし、夜も遅いけど、その分残業代はつきますしね。


不満があっても、スタッフ同士で文句を言い合える間柄は捨てがたい。


院長はワンマンだけど、札束だと思えば腹も立ちません。


長い老後を考えると、働けるうちに働くのが花です。


私には夢があって(今度、機会があったらブログに書きます)、その実現のためにも定期的な今の給与は魅力です。




ちょっと前向きに捉えてみると、立ち止まってしまった足を一歩踏み出すことが出来るものです。




まとめ



今日はつまらないブログにお付き合いいただき、申し訳ありません。ちょっとブログで吐き出すことが出来て、元気が出てきました。明日からまた、皆様に有益な情報を伝えらえるよう、ここらでリセットして頑張りますね。





モチベーションは結局お金か

賞与


自分と言う人間の本質をみたり。

今日は賞与の日。所詮医療事務、されど医療事務。毎日頑張っているのだし、少しぐらい成果が反映されればと期待していた日でした。結果はこちら↓





雇用条件は正社員

有給はほとんど取れません

少人数なんでそんなもんです

面談の際に

「今までの成果を賞与で上乗せするよ」と口約束はありました

しかし、規定通りの基本給1か月

成果はなかったということか

単なる口約束だったということか

頑張ったんだけどなあ~

さすがに「あーあ。」とため息

贅沢なのは百も承知

ど田舎の小さなクリニック

正社員で雇ってもらえるだけ有り難いこと

賞与があるだけ有り難いことと

成果をあげろとプレッシャーをかけられるわけでもなく

ルーティンワークを確実に淡々と

人間関係も悪くない

されど毎日100人の患者様

どれだけ儲かっているかは、スタッフ全員周知の事実

有給なんてあってないもの

ひたむきに頑張ってきたんです

少しぐらい還元してくれるかなと

少しは期待していたのです

不満があるならさっさと辞めればいいのです

ちょっぴり愚痴りたくなりました





バブル世代


実は私はバブル世代。世の中がいけいけの時代に、東京のど真ん中、官公庁が立ち並ぶ大手町で銀行勤めをしておりました。短大卒の若干20歳のOLに最初に頂けた賞与は、今日の賞与を軽く上回っていたような。

OLでも投資信託に手を出せた時代。1着10万円のスーツが当たり前の時代。初の女性総合職誕生がニュースになった時代。

30年前の自分に負けた気がして情けないやら、可笑しいやら。

バブルがはじけると共に子育て主婦に専念し、子育て卒業を機に再就職。

その間に世の中は変わっていたのですね。

賞与が少ないにもかかわらず、バブルの感覚が未だに抜けず、未だに高みを夢見ている、どんぶり勘定の母のことを、バブル崩壊時に誕生したゆとり世代の子供たちはあきれ顔で笑います。

「だからバブル世代は困るよなあ。賞与があるだけマシじゃないの。」

ブログを始めて3ヶ月

 このブログに目を止めて頂いた方全員に心からの感謝の意をこめて


ブログを始めた訳


このブログを始めて3ヶ月が経過しました。ブログの右も左も全くわからず、続くのがどうか半信半疑の中、自分のノートをまとめるよう、医療事務のことをまとめてみようと思ったのが始まりです。最近は、自分のブログをプリントアウトし、一冊のバインダーにはさみ、整理しています。先日も、自分で書きながら忘れてしまった算定をこのブログで読み返したり。すっかり自分で自分に助けられています。





FC2を選んだ訳


FC2ブログにしたのも、大した理由などなく、近所の図書館で、借りたブログの本がたまたまFCブログの本だった。というだけ。表紙のひよこがかわいいな。と思って選んだだけ。図書館での貸し出し期間が2週間だったため、返却しなくてはならず、読み切れないし手元においておきたいな、と思い結局自分で購入しました。ブログには色々とあるってことも何の研究もしないまま、ファーストインプレッションで読んだのがこの本。

この本は本当に読みやすく、まったくパソコンの苦手な私でも、この本の通りに、一つ一つすすめていっただけで、すっかりブログにはまってしまいました。

何もわからない状態から、目次を追うようにひとつひとつ勉強していって、今ではこの本の最終章のアソシエイトを貼れるようにまでなり、今ではグーグルアドセンスにも登録申請し、わずかばかりではありますが、報酬も得ています。最初はもちろんお金の報酬なんて全く気にしていなかったのですが、毎日1円でも10円でも報酬が増えていくのは面白いもので、すっかり虜になっています。



新しいブログ


そして最近はgoogleのbloggerにも新しいブログを投稿しはじめました。タイトルは【Nihongo】と【夫の365日手作りお弁当】というブログです。今、ボランティアで外国人の方に日本語を教ていて、そのヒントになるようなブログを作りたかったからと、最近夫が、とある理由で、私のためにお弁当を作ってくれるようになったからです。

【よかったら見てね。➡Nihongo。➡️夫の365日手作りお弁当】。なぜ、FC2を離れたのかというと大きな意味はありません。グーグルアドセンスを貼れるようになってから、毎日その成果をグーグルでチェックするのですが、その時、グーグルにもブログがあることを知り、他のブログと違って、シンプルな感じで、テンプレートなどは豊富ではないのですが、広告が最初から全くないのと、苦労してグーグルアドセンスを申請しなくてもグーグルのブログだけに、簡単にアドセンスを貼れるのも魅力でした。あと、一番の魅力は、海外の人にもみてもらえるための翻訳機能がついていること。よかったらみなさんこちらも見てみてくださいね。


これからのこと


世間では、ブログで生計を立てたり、一儲けできる方もいるようです。しかし、私の場合、医療事務という限られた部門ですし、大きな成果は期待できません。それより今の自分の仕事に役立てるよう、同じ悩みをもっている方が共感できるような、自然体のブログをつづけていきたいなと思っています。いつも読んで頂き心から感謝しています。

恐るべし90代

私の父親


私には今年91歳になる父親がいる。いつもニコニコ笑っている穏やかな性格だ。

父は大正ロマンの香り漂う男で、一見、90代には見えない。未だに背筋もしゃんと伸びているし、認知症もない。
パソコンを自由に扱い、エクセルの腕前は働き世代の私にも理解できない関数を使う。今はロトの当選確率を上げるため、日夜データ解析を日々の仕事としている。インターネットをいつもどこかのパソコンセンターで借りている。というので、ワイハイっていう便利なのがあるよ。家につけてみたら。と私が言うと、自分でワイハイまで、設置してしまった。
そして、メールの返信はすこぶる速い!今みだ、ガラケーであるが、次はスマホに買い換えると宣言している。多分、今の父なら使いこなしてしまうだろう。
80代で英会話を始め、近くの英語教室に通っている。鬼畜米英の世代である。もちろん若い時に英語など触れたことがない世代だ。今は耳が遠くなって、会話は難しいと言いながら、英会話教室のアシスタントのような手伝いをしていて、先日は、トランプ大統領就任の演説の英文を翻訳して、私に見せてくれた。
あと、太極拳も最近始めたらしく、最高年齢の太極拳生徒として、県知事から表彰されたらしい。
言い忘れたが、父は一人暮らしだ。
父は、母との間に私を含め3人の娘がいる。昔から娘しかいなかったせいか、家を継いでくれとは、一言も言わず、私達には、自分の好きな道を行きなさい。誰も跡なんか継がなくてもいいよ。と言っていた。そして、全娘共、長男と結婚してしまい、苗字が変わってしまった。
母が25年前に他界し、流石の娘達も、父を心配し、一緒に暮らそうと提案してみたこともあったが(実際、2ヶ月ほど、姉一家と暮らしていたこともあったが、すぐに嫌になって一人暮らしに、戻ってしまった)
1人でいたいと、頑固に受け入れず、今まで一人暮らしを容認してきた形だ。流石に90になって、火の始末等が心配で、高齢者マンションに引っ越しをしてもらったが。

何故、父はこんなに元気でいられるのだろう。





父は大正15年、凍てつく青森の生まれだ。学生の頃に戦争に突入したが、身体が弱い(どうも肺が悪かったとか)ということで、兵役は逃れている。特別、身体が強いタイプでもないようで、兵役は逃れたが、お国のために、製鉄所で働き始めたようだ。
戦争後、母と結婚し、北海道で生活。娘3人をもうけ、転勤を繰り返し、今は九州に住んでいる。子供達を独立させた途端に、母が亡くなった。これから夫婦2人でノンビリと思ったところだったから、最初、父の落ち込みは激しかった。
しかし、持ち前の前向きな性格と女好きが高じて、母亡き後、70代で再婚までしている。その後、籍のややこしさもあって、2人は離婚。しかし、未だによきパートナーのようだ。
食事は、東北生まれの人間なので、私の記憶ふる限りでは、酒も好きだし、塩辛いものが好きだった。
しかし、母亡き後、エリナという健康食品に傾倒し、今は、朝食は、エリナのジュース?だけ。なんだかA、 B 、Cという、三つの粉に水を入れて、混ぜ合わせて、飲んでいる。
お前も飲めと、何回か送ってくれたが、身体にいい成分は入っているのだろうが、あまり美味いものではなく、コッソリ捨ててしまった。
ただ、その商品とは別で送ってくれた、クランベリージュースはとても美味しかったが自分で購入するには、高くて続くわけもない。

父の生活


朝食はこのエリナ。

朝食を食べたあと、習い事の太極拳や、英会話教室にいき、何もない時は、近くを一万歩目指して歩き回るらしい。気軽に誰にでも声をかける性格なので、私が父の町を訪れた時も、みんなが父を知っているようで、声をかけてきた。
昼食は、コーヒー☕️と時に軽食。
夕食のみ、高齢者マンション付きの普通の食事をしているようだ。
父曰く、人間には、二食ぐらいがちょうどいいらしい。
夜は、温泉に入り8時には就寝。湯の町別府に住んでいるので、高齢者マンションにも温泉がついているらしい。なんとも贅沢な生活だ。
宮沢賢治が言っている。
宮 沢 賢 治 詩 碑
雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
欲はなく
決して怒らず
いつもしずかにわらっている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜をたべ
あらゆることを
じぶんをかんじょうに入れずに
よくみききしわかり
そしてわすれず
野原の松の林の蔭の
小さな萓ぶきの小屋にいて
東に病気のこどもあれば
行って看病してやり
西につかれた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北にけんかやそしょうがあれば
つまらないからやめろといい
ひでりのときはなみだをながし
さむさのなつはオロオロあるき
みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい
まあ、そこまで、ストイックではないが、父にはそれに通じるところがある。
父は、言う。
欲を捨て、日々暮らせることに感謝をしなさいと。
父の背中から私はまだまだ多くのものを学んでいる。

続きを読む

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }