日曜診療の病院

蜂咬傷


今日は、地域の墓掃除の日でした。朝、6時からの早朝作業。眠い目をこすりながら夫が出かけて行きました。1時間程で、作業を終えた夫が汗だくで帰って来ました。




「お疲れ様~」
「アシナガバチ蜂に刺さされちゃったよ。それも4箇所も。」
夫の足首、腕、中指、肩にクッキリと蜂の噛み跡!足首の噛み跡が1番大きく、周囲は、見る見るうちに腫れてきています。
「蜂の巣があるのに気づかなくて、そこの草引きをしてたんだ。洋服の上からも刺してくるし、参ったよ。」





急いで、ネットを調べてみると、とにかく洗って、毒を出した方がいいと書いてあります。絞り器なるものがあるようですが、そんなものがある訳ありません。



義父は、昔の知恵で「毒を口で吸い出した方がいい。」などと言うのですが、ネットを調べると、それは体内に毒を取り込むのとになるので、やめた方がいいと書いてあるし。



とにかく汗だくの身体を洗う際に、ついでに毒を洗い流してもらいました。その後は、家にあったロコイド軟膏を塗って、様子をみることに。アナフィラキーショックなとが起きるのは30分以内のようです。


30分を超えても、息苦しさなどの症状はないようですので、とりあえずホッとしましたが、やはり蜂は蜂。刺された周辺の痛みは強いようです。病院を受診した方が良さそうだということになりました。

日曜診療


今日は日曜日。救急受診をするしかなさそうです。急いで新聞の休日診療当番表をみてみると、近隣は内科しかやっていません。蜂咬傷ですので出来れば外科か皮膚科の方がいいのですが・・・

とりあえず消防署に聞いてみることに。休日・緊急で空いている病院を探すのにはそれが一番。

救急車を呼ぶのではないので、決して119を回さないで下さいね。地域の消防署に聞いて下さい。○○○(地域の番号)-0119でかかるところが多いようですが、地域によって違うかもしれませんのであしからず・・・

消防署に聞いてみると、なんと隣の市に普通に日曜診療をやっている外科があるようです。なんてラッキー!早速、その病院を受診しました。

日曜診療ということで、患者様も多く、若干待たされましたが、消毒・処置をして頂き、内服薬・塗布薬を処方してもらい帰宅しました。

救急での受診だと、休日加算が加算されますが、普通に日曜診療をしている病院ですので、診察料も通常通りで助かりました。





日曜日ですが、通常通りの診療報酬です。

創傷処置をして処方が出たのみ。

夫が以前にその病院にかかったことがあったようで、診察券の再発行に150円かかりましたが・・・(当院は108円です。少しお高め(-_-;)

でも日曜診療は休日加算になぜ相当しないのでしょうか?


休日加算



赤線の部分をご覧下さい。日曜日を常態として休日を診療日としている保険医療機関は除くとあります。つまり元々日曜日を診療日としている病院はたとえ日曜日であっても休日加算は取らないということです。なるほど、とても親切で患者のことを考えている病院ですよね。もっともっと、夜間や休日などに普通に診療をしてくれる病院が増えて欲しいものです。
働く側としては大変でしょうけど、こういう場合、勤務時間に時間外加算はつくのでしょうかねえ?

まとめ


蜂咬傷は1回目より、2回目の方が怖いそうです。夫も今回が初めてだったのでこの程度で済んだのかもしれません。蜂に刺されないためには・・・
①蜂のいそうなところに近づかない
(作業などでどうしても出かけなくてはいけない場合は仕方がないですが・・・)
②白っぽい洋服を着る
③整髪剤や香水などは付けない
(花に間違われるかもしれないので)
④帽子をしっかりかぶる
(黒いもの、動くものに攻撃してくるので)
⑤長袖のシャツとパンツを着て、軍手も必須
⑥光るものもタブー
(腕時計、指輪なども身に付けないように)
⑦ハッカ油のスプレーをする
(メントール効果で蜂が嫌がるそうです)
もし、2回目以降刺されたらひどいアレルギー反応が出る可能性もあるので、すぐに病院に行くことも大切です。
スポンサーサイト

湿布薬について

今年も大阪マラソンに当選しました。今年の倍率は、4.11倍だったようで、2年続けて当選するとは非常に運のいいことだと思います。今年こそ、「達成サブ5!!」目指して朝練を開始しました。朝練をはじめてわずか2週間経過した頃、右足のふくらはぎに違和感を感じはじめ、それでもそのまま走っていると、きーんとこむら返りを起こしてしまいました。悶絶寸前の痛みに座り込んでしまったのは言うまでもありません。
その日からどうも足に違和感が残るので、本日主治医(当院の院長ですが・・・)の診察を受け、湿布薬を出して頂きました。

ジェネリック薬 70枚の値段


もちろんジェネリック薬をお願いし、一般名で処方して頂きました。
かかった薬代はこの通り。


最大量の70枚を頂いたのですが、なんと210点×3で630円です!安さに感激です。
これじゃあ、厚労省から70枚制限受けますよね。これだけ安ければ、誰もかれもドラッグストアで買うことなどせず、出来るだけ沢山、病院で湿布もらいますものね。買うと本当に高いですから。それも全て使い切ることもなく、捨て去られている湿布は、日本全体でいくらの損失になっているか。お役人もいいところに目をつけたものです。
1回の処方において70枚以上の湿布薬が処方されている人数は月に30万人を超えているとか。枚数制限によって年間数十億円の医療費削減をみこんでいるとのことです。

ジェネリック利用促進の案内

先日家族のもとに健康保険組合からこのような案内が届きました。ジェネリックに替えませんか?という御誘いのお手紙。何気にみているとなるほど、なんて安くなるのかしらとびっくり(゚Д゚;)。先発薬に対して拘りのない人やアレルギーのない人なら是非ともジェネリックにすることをお勧めします。

一般名処方

ジェネリックを処方するための一般名処方の仕方については過去の記事をご覧下さい。


一般名処方加算について


まとめ

マラソンなどの激しい運動時には、脱水症状がではじめると、こむら返りを起こすようです。こむら返りに対処するには、漢方の芍薬甘草湯もよく効くらしく、マラソンの前日に、必ず飲むことにしています。走っている最中でもこむら返りを起こしてからでも、芍薬甘草湯は効くらしいので、ポーチの中にも一包しのばせています。夏を制するものは、マラソンを制す!を信じて、今日も早速走ってきますかね。では、いってきます。

あなたが支払った医療費の見方教えます。慢性疼痛疾患管理料

先日、義母が庭の段差を踏み違えて、腰を強打し、歩くのにも支障があると近隣の整形外科を受診したました。レントゲンでは大きな異常が見当たらなかったのですが、リハビリをした方がいいということで、2か月ほどコツコツとリハビリに通っていた時があります。下記はその時の医療費明細書。今日は慢性疼痛疾患管理料について勉強します。


慢性疼痛疾患管理料 130点




上の赤ペンで囲んだ部分に注目。早速、診療報酬早見表をチェックしてみると





要約すると、「外来の患者で、慢性的な疼痛病名を主病とする患者で、リハビリを行っているものに月1回130点の管理料がとれる」ということですね。「リハビリの分はその管理料に含まれ、特に届出は必要ない」と書いてあります。

月の途中からの算定の場合

慢性疼痛疾患管理料を算定する場合に、同月内に消炎鎮痛等処置は同時算定出来ないとあるが、月の途中に発症し、この管理料を算定した場合は、その最初の月に限り、その算定以前の消炎鎮痛等処置は算定できる。
算定日をレセプトの「摘要」欄に記載すること
算定日以降の再診料の外来管理加算、消炎鎮痛等処置は算定
算定日以前は、外来管理加算の算定

参考

原則として、下肢痛に対し慢性疼痛疾患管理料の算定は認められない
慢性疼痛疾患管理料はリハビリ療養を行った場合に算定できるが、但し、湿布処置のみは不可✖
初診・再診時どちらでも算定できる


まとめ


実は、普段内科的疾患の患者しか目の当たりにしないので、改めて整形外科にも医学管理料があることに新鮮な驚きを覚えました。改めて勉強してみるとなるほど、どの科にもそれぞれ、慢性的な疾患には管理料が存在するということですよね。分かり切っていたと思っていた医学管理料。また一から勉強です。
その後、熱心にリハビリに通った母は、腰痛も回復し、整形外科通院も終了しました。私も5年前に足首を骨折したことがあり、ギプスが外れたあと、せっせとリハビリに通ったことがあります。整形外科はとにかくリハビリを真面目に続けるか否かで、回復の度合いやスピードが違ってきますよね。整形病名で通院の皆さま、日々のリハビリでの効果が感じられなくても、是非とも時間を作ってでも、じっくりと通ってくださいね。きっと後の回復が違ってきますよ。











あなたが支払った医療費の見方教えます。耳垢栓塞除去

プールの季節が始まりました。今、近隣の学校では、手足口病が流行っているそうです。夏には夏特有の病気があります。
うちの家族の話です。水泳に通っているのですが、2日前、水泳から帰ってくるなり、「耳に水が入って、水が出なくて気持ち悪い。」と訴えてきました。「所詮水だから片足でトントンしたら抜けるよ。」と言ってみたものの抜けず、「そのままにしてても、そのうち乾くよ。」と言ってみたり。結局2日経過しても耳が詰まってるみたいで気持ち悪いと、本日近所の耳鼻科を受診しました。


耳垢栓塞除去

家族の話によると、なんやら掃除機のようなもので耳の中を吸い取られて、スポッと何かが抜けたとたんに耳が治ったそうです。先生の話によると水が気になって耳を触っているうちに、耳垢を押し込んでしまったのが原因だそうで、その耳垢を除去してもらって、治ったようです。耳垢栓塞除去について早見表を確認してみましょう。



まず、耳垢栓塞(じこうせんそく)と読みます。

耳にたまった耳垢を取り除く処置のこと。簡単なものは、基本診療料に含まれるので算定できませんが、複雑なものは、片耳、もしくは両耳で算定します。耳垢水を使用して顕微鏡下に色々な処置器具を使って除去する処置とのこと。うちの家族の場合は何か吸い出す機械のようなものを使用して取られたようですが、いっぺんに耳が元通りになったと大変喜んでいました。


まとめ

fc2blog_20170501223049282.jpg

医療で一番有り難く感じるのは、この処置かもしれませんね。怪我をしたり、痛みがあったり。そんな時、医師の処置は魔法の手となるのでしょう。普段は内科勤務をしているので、処置の場面には多く出くわしませんが、随所随所で処置についても学んでいこうと思います。

医療費明細書を読み解く訓練

今日は皆様に問題です

この患者様はどんな症状で何科を受診されたと思いますか?どんな薬が出されて、どんな診断で、いくら費用がかかったのでしょうか?
医療費明細からわかる患者像を想像してみましょう


①初診料
この患者様は初めてこの病院を受診されたことがわかります。基本の282点だけということは、時間外でもなく、休日でもなく、深夜でもなく、夜間早朝でもなく、6歳未満でもなく、通常の時間帯にこの科だけを受けた、6歳以上の方と想像できます。病院なのか診療所なのかはこれだけでは、判別できません。

②血液検査
生化学検査を10項目以上、検査していますね。TP AST ALT ChE(肝機能)、BUN クレアチニン UA(腎機能)、総コレステロール TG HDL(脂質異常)、グルコール(血糖)、CRP(炎症反応)、末梢血液一般(貧血等)、尿検査。
肝・腎・脂質・血糖と体の全体をみるべく、一連項目をざっと検査しているようです。外来迅速検体検査加算がないこと、検体検査管理加算がないことから、おそらく診療所ではないかと思われます。病院でしたら、必ず検査室があるでしょうから、その日のうちに結果が出せれば、外来迅速検体加算を50点取っているはずですから。
CRPがあることから、痛みがあったか、熱が出てたか、腫れがあるのか。炎症反応を調べるべく、何らかの訴えがあったのではと推測されます。この段階では、まだ診療科を特定することは出来ません。

③画像診断
右足部のレントゲンを実施していますね。単純撮影で、回数4回、部位は足ですので、おそらく外科か整形外科を受診したのでしょう。内科ではレントゲンで足を撮ることはないと思いますので。画像診断管理加算がないことから、ほぼ間違いなく診療所ですね。

④投薬
処方せん料のみですので、院外薬局の診療所ですね。一般名処方加算1を取っていることから、処方した全部の薬をジェネリックで処方しても良いということです。後発薬をすすんで処方したところをみると恐らく3割負担の患者様の可能性が高いです。薬代は馬鹿になりませんからね。

⑤注射
生理食塩液+ノイロトロピン注射液3.6単位 3ml


これは間違いなく痛みを緩和するために注射をしていますね。レントゲンの部位が足でしたので、おそらく足が痛むのでしょう。ほぼ間違いなく、整形外科でしょうか。

⑥処置
消炎鎮痛等処置(器具等による療法)をしているところをみると、間違いなく何らかのリハビリをしているのがわかります。恐らく足の痛みに対する、リハビリが行われたと思います。


回答

  • 3割負担の男性(大人) 
  • 足の痛みを訴えて、診療所の整形外科を初診
  • 痛風若しくは骨折等を疑って血液検査、画像検査を施行
  • 処方は痛み止め(セレコックス、ロキソニン等)、+胃薬(ムコスタ等)+湿布薬か
  • 検査結果が出てから再診を指示されている、結果によっては、追加処方か内科受診を指示の可能性も

回答の基準

レントゲン+外来スクリーニング的血液検査が行われていることから、外科的痛みだけではなく、内科的疾患を疑って検査をしているものと思われます。部位が足のことから高尿酸血症(痛風)を考慮しているものと思われます。痛風だとすると割合的に成人男性が対象ではないかと考えます。レントゲンの結果、注射とリハビリをしていることから、痛みを緩和する注射、及び電気治療などのリハビリが行われた可能性が高いです。血液検査が外来迅速検体加算が算定されてないことから、おそらく結果は後日。診療所だと思われます。そして検査結果は後日、再診を指示されているでしょう。痛風の可能性は高いですが、確定診断にはまだ至っていないので、現段階では、処方は単なる痛み止めであると思われます。一般名処方が3点のことから薬は2剤以上でているので、痛み止めと共に胃薬か湿布薬が出されたと思われます。

今後の再診では、検査結果をみながら、UAが高値であれば、フェブリクやザイロリックなどが処方されるでしょうし、肝機能、腎機能、血糖などが高ければ、他の疾患の治療も必要とのことで、内科受診を指示されることでしょう。いずれの結果も良ければ、外科的痛みの治療のため、続けてリハビリ通院を勧められるかもしれません。


まとめfc2blog_201704301955062ed.jpg

いかがでしたか?実はこれ、私の夫が足の痛みで近所の整形外科を受診したときのものです。この場合は、最初から状況がわかっていたので、スラスラと回答しましたが、たまにこのように明細書もしくはレセプトをみながら、どんな患者様なのかどんな診察状況なのかを推察し、今後どういう診療になるかを予測するのは、医療事務力のよい訓練になりますよ。

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }