FC2ブログ

夜間早朝等加算の説明 ネーミングが悪いよね~

夜間早朝等加算



平成28年の診療報酬改定で夜間・早朝等加算について、施設基準を満たしていれば、届出は不要となり、当院でもそれを機に夜間・早朝等加算を算定しています。


でも私個人的にはこの加算は嫌いです。


特に夏場。昼が長くなってくると、まだ外は明るいのに、受付が6時を過ぎたというだけでこの加算を頂かなくてはいけないから。勿論、受付された段階で、まず加算を頂くことを説明するのですが、大抵の患者様は


「え~なんで?そんなのあり?」


「なぜ、夜でも早朝でもないのに、割高になるんですか?」


「診療時間内なのに、どうして?」


「診察券にそんなこと書いてないじゃん。」


「いくらよ?」等々。


勿論、夜間・早朝等加算を頂きますよ~と言った内容のポスターを作って院内に掲示していますし、夕方6時を過ぎての患者様には一言、「夜間・早朝等加算がつきますので少し高くなります。恐れ入ります。」といった声掛けをしているのですがね。


外が明るい夏場は特にクレームが多くなります。「診察券に書いてないじゃん。」には「そりゃあ書いてないわなあ~。」と苦笑いでしたが。



早見表をチェック


1週当たりの診療時間が30時間以上であり、「早朝6時~8時」「夜間18時~22時(土曜は12時以降)の時間帯のいずれかに診療を行う診療所で算定可。


夜間救急を担う病院に軽度の患者様が集中しないよう、設定されました。




当院での取り組み




  1. 以下のようなポスターを作成し、院内に掲示


「当院では、早朝6時から8時、夜間18時から22時(土曜は12時以降)に予約外で受付された患者様に夜間早朝加算50点を加算しております。ご了承下さい。」






2. 夜間18時を超えて受付された患者様には(予約外)、加算がある旨を説明






3.会計時に、加算分があることを明細書を見ながら説明

注:予約の患者様は18時を過ぎても、算定しない









ネーミングが悪いよね


そもそも「夜間早朝等加算」って名前自体が悪いんですよね。センスがないというか、実態が伴わないというか。お偉方は現場で仕事をしないからこんな変な名前をつけちゃうんでしょうが。

夜間と言えば、普通夜ですよ。夜遅いイメージ。少なくとも夜の8時、9時のイメージ。

早朝と言えば、朝の5時とか、6時とかね。お日様が高く上がればもう早朝じゃありませんがな。土曜にあっては12時過ぎれば取られるんだから、夜間でも早朝でもないのになんじゃこりゃ!って患者様が思うのは当然ですよね。

では、こんなのはどうでしょう。

「夕方加算、朝8時加算」

「受付かけこみ加算」

「土曜日ひるごはんどき加算」



まとめ


クリニックの名称が最近はすっかり、ひらがなにしている医院が増えてきました。「さとうクリニック」とか「なかもと整形外科」とかね。議員の名前だって、ひらがなにしてアピールしている時代。

診療報酬も患者様にわかりやすくするのも必要なのでは。って思います。明細書や領収書を見ても患者様にはさっぱりわからないのは、やっぱりダメでしょう。せめて医療事務員の私たちが分かりやすく説明できることが必要ですね。








スポンサーサイト

在宅自己注射指導管理料 導入初期加算

在宅自己注射指導管理料


在宅自己注射指導管理料って舌を噛みそうな長い名前ですが、わかりやすく言うと、「家で自分で注射をするためのノウハウを教える料金」ってことです。注射は本来、医者がするものというイメージですよね。自分でするなんて、とんでもないって思いませんか。私なんかいい年をして、健康診断の採血も未だに怖い人なんで(もちろんインフルエンザワクチンも)、注射を自分で自分にするなんてとても考えられないことです。でも、糖尿病などの病気になったら自分でするしか仕方がないので、そういう患者様のために、医師が「自分で注射をすることを教えて、助言する料金」がこの管理料ということです。




算定方法


在宅自己注射指導管理料は、診療点数早見表を見ると結構ボリュームのある項目です。私の過去のブログに算定方法については、詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。➡在宅自己注射指導管理料について




導入初期加算について


初めて在宅自己注射指導管理料を算定するとき、忘れてはならない加算があります。でも結構忘れがちなんですよね。これ。「導入初期加算」です。

2 初回の指導を行った属する月から起算して3月以内の期間に当該指導管理を行った場合には、導入初期加算として、3月を限度として、580点を所定点数に加算する。

3 処方の内容に変更があった場合には、注2の規定にかかわらず、当該指導を行った日の属する月から起算して1月を限度として、1回に限り導入初期加算を算定できる。

最初に導入した月は、初めてのことなので、しっかり算定するのですが、問題なのが、3月を限度として算定できるという点。

10/1 在宅自己注射管理料 初算定  導入初期加算 〇

11/1 在宅自己注射指導管理料    導入初期加算 〇

12/1 在宅自己注射指導管理料    導入初期加算 〇

1/1  在宅自己注射指導管理料     導入初期加算 ×

つまりこういうことです。(しかし、診察なんてこんなに定期的に出来るわけではないので、この通りには行かない場合もあるのでご注意を)このあと薬剤が変わっても1回に限り算定できるので、更に注意が必要ですね。

参考までに診療点数早見表事務連絡からQ&Aを抜粋します。


  • 問1 C101在宅自己注射指導管理料の導入初期加算を算定している3か月の間に、薬剤の種類を変更した場合は、導入初期加算を合計4か月間算定することができるのか。

  • 答 3か月の間に限り算定する。

  • 問2 導入初期加算を行っている患者が保険医療機関を変更した場合はどのように取り扱うのか。

  • 答 変更前の保険医療機関から通算して取扱う。

  • 問3 導入初期加算については「新たに在宅自己注射を導入した患者に対し、3月の間月1回に限り算定する。ただし、処方の内容に変更があった場合は、①さらに1回に限りとは、導入後3月の間に月2回算定する月があってもよいか。②あるいは、導入後4月目以降においても1回に限り算定可能ということか。

  • 答 ①導入後3月の間に月2回は算定できない。②導入後4月目以降でも1回に限り算定できる。





注意事項


この導入初期加算は、在宅自己注射指導管理料を算定している時に取れる加算なので、例えば同月に他の管理料を算定し、在宅自己注射の血糖自己測定器加算のみを算定することがありますが、それと同じようにはこの導入期初期加算は算定できません。あくまでも「在宅自己注射指導管理料+導入初期加算」と覚えておきましょう。




まとめ


在宅医療管理料はとても難しいですよね。わかっていたつもりでも、もう一度読み直すと、見落としていたりすることも結構あって、私もたまに暇なときにパラパラと診療点数早見表を見直すことにしています。寒い季節にこたつの中で読むと眠ってしまうこともしばしばですが・・・すっかり医療事務の古株になった方も、新人の方も、コーヒー、お菓子を片手に診療点数早見表をめくってみませんか。新しいこと発見出来ますよ。



在宅自己注射と処方箋料

減点されました


12月に入り、皆様忙しくレセプト準備をしていることと思います。最近、レセプトの返戻もかなり減って、順調だったのですが、久しぶりに、処方箋料が減点されて戻ってきました。

それも基本の基本の処方箋料の減点!

かなりショック!

ついうっかり見落としてしまいがちな処方箋料について今日はお伝えします。




減点の内容


今回のケースは在宅自己注射指導管理料を算定している患者様で、インスリンの薬剤を院外で処方しているケースです。

糖尿病の場合、インスリン+内服薬というパターンがほとんどなのですが、今回たまたま内服薬にあまりがあったため、処方せず、インスリンだけを処方するということになった患者様です。

当院は電子カルテのため、処方箋料は自動的に算定してしまいます。最初は内服薬も処方する予定だったので、既に処方箋料は入ってしまっていて、その後インスリンだけでいいと薬局で話があったため、診察後に薬局から連絡がきて、慌てて内服薬だけ削除したのです。インスリンだけの時は処方箋料も同時に削除する必要があるのですが、たまたまそこに気付かなかったのが原因。患者様から頂いてはいけない処方箋料をもらってしまったという訳です。




在宅自己注射と処方箋料


在宅自己注射薬を院外処方するとき、一体どうやって算定したらいいのでしょうか。

診療点数早見表2018年4月版をお持ちの方は、P498の処方箋料の所を確認してください。


(編注)C101在宅自己注射指導管理料を算定している患者へインスリン等の注射薬のみを処方箋で交付した場合は、(在宅医療の薬剤であるため)処方箋料と「注4」「注5」の特定疾患処方管理加算は算定できない。また院内投与の場合も処方料と同加算は算定できない。




在宅療養指導管理に伴う薬剤や特定保険医療材料を院内で投与した場合は、明細書の「在宅」の項で請求し、投薬の部の所定点数は算定できないため、処方箋交付により支給する場合も、同様に投薬の部の所定点数「F400処方箋料」は算定できません。

ただし、在宅療養指導管理に伴う薬剤以外の(投薬の部の)薬剤を併せて処方した場合は処方箋料を算定できます。




まとめ


「そんなこと、当然知ってるよ。」という方も多いと思いますが、内容を把握していても、電子カルテの特性もよく把握しないと、知らないうちに勝手に算定しているということもあるものです。

毎日使っている電子カルテでも案外自動算定項目などを見落としていることもあるんですね。

皆さま、どうぞ私のような減点のないようにしてくださいね。



在宅療養指導料?在宅療養指導管理料?

在宅なのに(医学管理料)?



在宅療養指導料ってご存知ですか?

在宅療養指導管理料のことでしょう?

「どっちがどうなの?」実は以前、私はこの二つを混同していました。どうしてまた、どっちも似たような名前を付けてるんでしょうね。診療報酬にはこのように漢字を羅列して似たような名前で分かりにくものが多いですよね。医療事務泣かせのネーミングだなといつも思っているのは私だけでしょうか。

今日はその復習も込めて、二つの違いを見ていきましょう。


在宅療養指導管理料


こちらは診療点数早見表でみると、項目は、Cの在宅医療の中にあります。


しかも在宅医療指導管理料なんていう点数は実はなくて、ただの大きなタイトルみたいなもんなのです。どれもこれも在宅指導管理料という文字が入っています。全て在宅での継続した医療機器の使用や処置を要する場合に算定するドクターのアドバイス料のことです。


在宅療養指導管理料

①退院前在宅療養指導管理料②在宅自己注射指導管理料③在宅小児低血糖症患者指導管理料④在宅妊娠糖尿病患者指導管理料⑤在宅自己腹膜灌流指導管理料⑥在宅血液透析指導管理料⑦在宅酸素療法指導管理料⑧在宅中心静脈栄養法指導管理料⑨在宅成分栄養経管栄養法指導管理料⑩在宅小児経管栄養法指導管理料⑪在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料⑫在宅自己導尿指導管理料⑬在宅人工呼吸指導管理料⑭在宅持続陽圧呼吸法指導管理料⑮在宅悪性腫瘍等患者指導管理料⑯在宅悪性腫瘍患者⑰在宅寝たきり患者処置指導管理料⑱在宅自己疼痛管理指導管理料⑲在宅振戦等刺激装置治療指導管理料⑳在宅迷走神経電気刺激治療指導管理料㉑在宅仙骨神経刺激療法指導管理料㉒在宅肺高血圧症患者指導管理料㉓在宅気管切開患者指導管理料㉔在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料㉕在宅植え込み型補助人工心臓指導管理料㉖在宅経腸投薬指導管理料㉗在宅腫瘍治療電場療法指導管理料㉘在宅経肛門的自己洗腸指導管理料


在宅療養指導料

一方、在宅療養指導料は、在宅とは言うものの、Cの在宅医療の項目ではありません。Bの医学管理の中にあるものです。
これは特定疾患治療管理料の中の一つであることがわかりますね。在宅と頭についているものの、在宅医療の仲間ではありません。上記の在宅療養指導管理料を算定している患者様に指導を行った場合に算定できるもので、特徴的なのは、医師ではなく看護師等が行った場合にも算定できるところです。

在宅療養指導料とは・・・
  1. 在宅療養指導管理料を算定している患者又は入院中の患者以外の患者であって、器具(人工肛門、人工膀胱、気管カニューレ、留置カテーテル、ドレーン等)を装着しており、その管理に配慮を要する患者に対して指導を行った場合に、初回の指導を行った月にあっては月2回に限り、その他の月にあっては月1回に限り算定する。
  2. 保健師、助産師又は看護師が個別に30分以上療養上の指導を行った場合に算定できるものであり、同時に複数の患者に行った場合や指導の時間が30分未満の場合には算定できない。なお、指導は患者のプライバシーが配慮されている専用の場所で行うことができるものであって、患家において行った場合には算定できない。
  3. 療養の指導に当たる保健師、助産師又は看護師は訪問看護や外来診療の診療補助を兼ねることができる。
  4. 医師は診療録に保健師、助産師又は看護師への指示事項を記載する。
  5. 保健師、助産師又は看護師は、患者ごとに療養指導記録を作成し、当該療養指導記録に指導の要点、指導実施時間を明記する。

まとめ

実はこの在宅療養指導料、結構取り漏れていました。在宅関係のことで看護師が患者様に指導室で話をすることはよくあったのですが、時間が何分行われているかとか、内容は何かなどあまり気にも留めていなかったのです。確かに30分という時間は長いものですので、厳密に当てはまっていたのかどうかはわかりませんが、今後は在宅のことで医師経由で看護師に指示があり、指導室で話をすることがあったら、時間をカウントしてもらい、算定していこうと思います。もちろんカルテに内容を記載してもらうのも皆さまお忘れなく。

胃瘻=「寝たきり」とは限らない

胃瘻と寝たきり


先日、脳梗塞を患った患者様が、症状の悪化で誤嚥を繰り返すとのことで、近隣の医療機関で、胃瘻造設術を受けられました。胃瘻とは胃に穴をあけて、口からではなく、胃に直接栄養物を入れること。口から十分な栄養物を取り込めない患者様に、本人家族の希望で行われる処置のことです。

私の祖母も生前、胃瘻手術を受けて、施設にて寝たきりのまま、胃ろう栄養だけで生き永らえたのを見ていたもので、私の中では「胃瘻=寝たきり=在宅寝たきり患者指導処置管理料」のイメージが定着していました。

しかしながら、この患者様は家族のつきそいが必要なものの、自分でまだ歩けていて、外来受診もされていたので、決して「胃瘻=寝たきりではないなあ~。」と実感した次第です。

では、在宅寝たきり患者指導処置管理料を算定できる患者様ってどういう状態なのでしょうか。


「寝たきり」の定義



  • 「寝たきり」を調べてみるとウイキペディアで調べてみると、このように書かれていました。








【寝たきり(ねたきり)とは、常時ベッドで寝ている状態・仰臥している状態の人を表現する俗語である。医学会や医療行政機関による公的で明確な定義は確認されていない。】


「診療点数早見表」をチェック


C109 在宅寝たきり患者処置指導管理料 1050点


  1. 在宅における創傷処置等の処置を行っている入院中の患者以外の患者であって、現に寝たきりの状態にあるもの又はこれに準ずる状態にあるものに対して、当該処置に関する指導管理を行った場合に算定する。

  2. 区分番号B001の8に掲げる皮膚科特定疾患指導管理料を算定している患者については、算定しない。


わかりやすくいうと・・・家や施設で、鼻からの鼻腔栄養や胃瘻からの栄養処置を受けたり、膀胱に留置カテーテルが入った状態などの処置を受けている方で常にベッド上で生活をしている状態の方に「在宅寝たきり患者処置指導管理料」を算定するということですね。

「原則として、医師が患家に訪問して指導管理を行った場合に算定する。」とも書いてあるので、原則外来受診が出来ている場合は、その対象とならないとも解釈できます。しかし、そうは言っても、状態が悪くなって訪問診療で対応できない場合は(検査が必要な場合など)は、家族の付き添いのもと、外来受診もありえ、例外的に算定が認められます。⇒レセプトには、「家族の付き添いの上、受診」などのコメントを入れておきましょう。






以前のブログにも在宅寝たきり患者処置指導管理料について書いてあります。参考にどうぞ。→在宅寝たきり患者処置指導管理料






まとめ


思い込みは、しばし誤解を招きます。今回のケースもその一つ。寝たきりでなくても、将来的に栄養不良を招くことが分かっている時は、元気なうちに胃瘻を作ることもあるということですね。

他にも最近、自分が誤解して思い込んでいるものが結構あることに、後輩から指摘されて気付かされるようになりました。後輩が成長してくれたお陰か、はたまた、よくわかっているつもりになった私の驕りか。時々初心に戻って、ゼロから見直すことも必要ですね。



twitter_icon_f07a237e2197fdd9edc11b0fafb74c95.jpgなつこからのお願い

(只今アンケート募集中)全国の医療事務の方々が一体どのぐらいの給料、賞与なのか、興味がありませんか?そういうことって隣のクリニックのことさえ、わからないものですよね。もちろん正社員、パート、アルバイトと条件は違うので一概には言えませんが、もし、大勢の方がご回答いただけるようでしたら、必ず集計してブログで医療事務の給与の実態を発表しますので、アンケートにご協力ください。



  1. 勤務状況(病院か診療所か等)



  2. 雇用状況(正社員かパートかアルバイトか等)



  3. 給与額



  4. 賞与額



このブログのコメント欄に1~4を記載して頂き、送信してください。もちろん無記名(ハンドルネーム可)、ブログ非公開扱いで構いません。非公開でコメントを頂ければ一切、ブログに載ることもありませんし、私の方でも個人を特定することは一切できませんので安心して、コメント欄に回答頂ければと思います。操作を誤って公開にした場合はこのブログにそのまま載ってしまいますので、ご注意下さい。


またメールフォームも用意してありますので、そこにコメント頂いても結構です。(私のメールアドレスにそのまま届きます。但しこの場合は、個人のメール番号がこちらで把握出来てしまうので、ご了承下さい。)




★ブログ内のプラグインに「今年の夏のボーナス」アンケートも実施していますので、こちらは該当部分をクリックして頂くだけのものです。みなさんの集計結果もすぐに「投票結果」から見ることが出来ます。多くの方にクリックして頂くと、全国のみなさんの医療事務の実態を見ることが出来ますよ。




既にご協力頂いた方には深く感謝致します。


スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }