FC2ブログ

鼻腔・咽頭拭い液採取

風が吹くと桶屋(病院)が儲かる?

寒くなりましたね~。急激に温度が下がると心配なのがインフルエンザの流行です。特に今年はインフルエンザワクチンがまだ本格的に供給されていないこともあって、インフルエンザ患者が例年より増えることが心配されます。
インフルエンザ患者が増える時期は、病院も忙しい。毎年12月は目の回るような忙しさで、加えてインフルエンザワクチンも今年は遅めのスタートなので、ワクチン接種業務と診察業務の並行で、より一層の忙しさが懸念されます。

インフルエンザ検査

インフルエンザ検査は、鼻に棒を突っ込んで鼻水を取る痛~い、いや~な検査ですよね。簡単な検査ですが、痛くて涙ぐんじゃう人もひるので、見ている方も辛くなります。

インフルエンザ検査はD012感染症免疫学検査のインフルエンザウイルス抗原定性 147点で算定します。その時忘れてならないのが、検査の手技料。
鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)も忘れずに算定しましょう。これは2016年4月から設定された新しい手技料です。
同じくMRSAなど、鼻腔から粘液を採取し、検査をするものは、すべてこの鼻腔・咽頭拭い液採取料を忘れずに算定しましょう。たかが5点。されど5点です。

その他採取料について

この鼻腔・咽頭拭い液採取の他にも、検体を取る時の手間料として、色々な採取料があります。以前にそのことについてまとめてあるので一緒にご欄下さい。➡採取料について


まとめfc2blog_201710302141406c9.jpg

インフルエンザワクチンを接種していても、インフルエンザにかからない訳ではありません。2年前にワクチン接種をしたにもかかわらず、スタッフが私を含め3人も次々とかかったことがあります。さすがにこの年で40℃近い発熱はヘビーです。患者様にうつしてはいけないので、しばらく休まなくてはなりませんし、忙しい時期には迷惑をかけてしまいます。

まずはワクチンを過信せずに、手洗いうがいをしっかりしましょう。栄養・休息も大切です。

11/19のツイートまとめ

queseraserapan

診療報酬マイナス改定の方針|ニフティニュース https://t.co/bVuGXInRoLやはりマイナス改定
11-19 17:50

医師事務作業補助者の重要性

骨粗しょう症薬と抜歯

先日の診察時の話です。いつも一人で診察を受けに来られる、難聴の高齢女性の方が、その日はお孫さんと一緒に来院されました。
お孫さん:「先生、うちのおばあちゃん、骨の薬って飲んでるんですか?抜歯をした後の治りが悪くて、口腔外科を紹介されたんですが、『骨粗しょう症の薬をのんだまま、抜歯をしたのが原因かもですね。』と言われてしまって。」
医師:「抜歯されたんですか。初めて聞きましたよ。確かにフォサマックという骨の薬をいつも処方していますよ。抜歯をした歯医者さんには、そのことを言われなかったのですか?」
お孫さん:「おばあちゃん、骨の薬を飲んでるかどうかも知らなかったみたいで。歯医者さんに聞かれてもわからなかったみたいで、そのまま薬を飲み続けたまま抜歯したみたいんなんです。」
どうもこの患者様。歯科で抜歯をする際に、お薬手帳を見せずにか、歯科医師の意図がわからなかったのか、フォサマックを服用したまま抜歯したようです。抜歯後の修復が悪く、その後口腔外科を紹介された様子。危うく顎骨壊死を起こしかけたようでした。

原因と対策

ここで問題なのは、何故このようなことが起きてしまったか。ということ。
  • 患者様が自分の服用している薬を把握していなかった
  • 家族がいつも薬の管理・診察など、関心を払っていなかった
  • 歯科医が抜歯前に服用している薬について、患者様の話だけを聞いて納得し、かかりつけ医に問い合わせをしなかった
  • かかりつけ医が診察時に抜歯することを聞き出せなかった
このように高齢の方で一人で診察を受けに来られる場合は、しばしこのようなケースが生じます。今回は幸いにも、大事に至る一歩手前でしたが、薬に関するトラブルは診察室で起こりがちです。
「そんなの医師の責任だし~」
確かに薬に関しては処方した医師の責任下ですが、その医師の一番身近にいて、診察室の現場にいるのは医師事務作業補助者の貴方。知識こそ浅いですが、何かおかしいと感じるチャンスを捉えることが出来るのは、医師事務作業補助者なのです。

医師事務作業補助者の重要性

私は、医師事務作業補助者だけが、診察室を冷静に見渡すことが出来る番人だと考えています。

医師は自分の思いで診察を推し進めようとする場合もありますし、看護師は処置等で現場を離れることもあります。医療事務員はカルテを通じてしか現場の状況はわかりません。

唯一、診察室での医師のミスを指摘できる存在。

私はそれが医師事務作業補助者だと思っています。カルテの隅々まで見渡し、患者様と医師の会話に耳を傾けて、何かおかしなことはないか。隈なくチェックするのです。

  • 「先生、患者さん、本当はこんなことを言いたかったのでは。」
  • 「この方の息子さんはいつもこちらに来られている○○さんですよ。」
  • 「この方、緑内障があります。処方大丈夫ですか?」
  • 「去年の同じ症状にこの抗生剤、効かなかったようです。」
などなど。特に薬に対して何かコメントすると医師に失礼と思われがちですが、私は浅はかな自分の知識をすべて集めて、おかしいと思ったことは臆せず先生に尋ねてみることにしています。


まとめfc2blog_201711141952569bc.jpg

医師事務作業補助者はやっと最近になって、あちらこちらで見かけるようになりましたが、電子カルテ入力が速いだけでは務まりません。医療事務の知識を持っているものが、診察室現場にいると、新たな算定に気付くこともあります。
「あっ。今の先生の話って肝炎指導料取れるんじゃない?」って気付いたり。
特定疾患の患者様の診察で「先生、今日のその処方は54の保険使用されますか?」と質問出来たり。
算定と医療知識。幅広い勉強が必要な仕事です。

予防接種一覧

12月から順次入荷

例年ですと、インフルエンザワクチン接種は11月がピーク。12月の中旬頃になると、ワクチン接種シーズンは殆ど終了となります。
しかし、今年はご存知のようにワクチン入荷が遅れていることもあり、ワクチン接種済み者は去年の3分の1程度。接種希望者には12月以降、入荷数をみて接種する旨、伝えてあります。
幸いにも今年はまだ当院ではインフルエンザ発症の方がいらっしゃらないので、なんとか流行する前に、接種希望者に行きわたることを望んではいますが。

65歳以上は無料接種

私の住んでいる周辺地域は、インフルエンザワクチンが65歳以上は無料です。そのためあってか、インフルエンザ希望者がとても多いです。というよりも、インフルエンザを打つのは高齢者の恒例行事となっている感じ。

今年のようにワクチンが不足すると、「毎年打っているのに、かかったらどうするんや」とか「なんで今年は遅いんや。ワシは毎年10月に打っとる」とか文句の連続です。

これが1本10000円もすれば、誰も打たないのかもしれませんがね。ただより怖いものはないです。


法的予防接種一覧

今の日本の法律で定められているワクチンは以下の通り。ほとんどが子供対象ですが、私の子育て時代とは若干変わってきているようです。小さなお子さんのいるご家庭では、管理が大変ですね。


A類疾病(定期接種)
発病すると重病になったり、後遺症を残したりする病気が対象~1995年より努力義務になりました。
  • 結核(BCG)
  • 百日咳、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ、小児麻痺)
  • 麻疹(はしか)風疹
  • 日本脳炎
  • インフルエンザ菌b型(ヒブ)
  • 小児の肺炎球菌感染症
  • 水痘(水ぼうそう)
  • ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)
  • B型肝炎ワクチン

B類接種
65歳以上の者および65歳未満の者であって、政令で定めるもの(慢性高度心・肺・腎・免疫機能不全者)が法的対象です。努力義務はありません。
  • インフルエンザ
  • 高齢者の肺炎球菌感染症

任意接種
  • おたふくかぜ(ムンプス)
  • ロタウイルス

まとめ


今年はインフルエンザワクチン不足で、医療関係者を悩ます冬です。何故遅れたのか、どうやってインフルエンザの株を決めるのか。こちらにNHKのとてもわかりやすい記事が載っていましたので、是非ご欄下さい。➡足りるの?インフルエンザワクチン(NHK解説委員室)より


11/17のツイートまとめ

queseraserapan

在宅の現実だなぁ〜 https://t.co/ddzKUySRnB
11-17 01:06

入院診療録の思い出

心臓カテーテル検査

今日、義父が狭心症の心臓カテーテル検査のため、近隣病院で精査入院をしました。たまたま私も休みだったので、義母共に病院へ。朝から検査に付き添うことになりました。
10時に入院し、13時からの検査。1時間ほどの心臓カテーテル検査の後、狭窄部位があるので、そのままステント留置術に切り替わり、術後の安静を確認して、今帰宅したところです。
心臓カテーテル検査とは、局所麻酔下に、手首または大腿の動脈から心臓まで管を入れて、冠動脈の造影検査を行うもの。その結果、狭窄があったため、その管を通して風船付きカテーテルを挿入し、冠動脈を拡張させ、義父はそこにステントを入れたようです。

帰りに病棟の片隅に医療事務の女性の方が電子カルテの前に座っていました。「テレビカードはどこで買えますか?」そんな質問をすると、電子カルテの手を止め、親切に応対してくれました。
当時の私は笑って患者様に応対出来ていたっけ。怖い顔でカルテだけを見ていなかったろうか。急に懐かしさがこみあげてきた私です。

入院担当志願

というのも、実は5年前までは、某病院で入院担当をしていました。
それまで私は人間ドック担当で、人間ドックのお知らせを送ったり、結果を送ったり、空いている時間は外来カルテを運んだりなど、一切診療点数にはかかわらない仕事をしていました。
しかし、診療報酬に興味が出てきた私は、なんとか「外来会計窓口の計算をしている人!、レセプトの見れる人!」になりたくて、チャンスを伺っていましたが、当時の外来担当は上司のお気に入りのメンバーで固められていて、入り込む隙はありませんでした。
その頃の入院担当は、激務と呼ばれる部署で、新しく入っては辞め、また新しく入っては辞めを繰り返しているような所でした。外来担当から入院担当へ異動になるのですが、もちろん、そんな入院担当に進んで行きたい人などいなくて、いつも一人辞めると次は誰が犠牲者になるのか!といった感じの雰囲気でした。
  • 若い明るい人は外来担当
  • 暗く怖そうな人は入院担当
  • おばさんたちはドックや健診、カルテ運び担当
そんな位置づけがされていたように思います。
診療報酬を覚えるためには、外来担当は無理だと思った私は、あえて入院担当を志願しました。
全く診療報酬のしの字も知らず、外来(基本)の診療報酬も知らずに、大胆な行動だったと思います。しかし、当時本当に入院担当が足りなく、派遣会社の社員さんまでが応援に駆け付ける始末。私のようなものでも、やる気があるならと採用されたのです。
そこから私の本当の医療事務員としての一歩が始まったのです。

入院担当時代

自ら志願して入院担当になったものの、現実は過酷でした。一緒の病棟を担当した方が、たったの3か月先に入った方だったこと。応援社員さんがとても厳しかったこと。当時は紙カルテだったため、業務量がとてつもなく多かったこと。
突然、荒野に投げ出されたような感じでした。毎日泣いては起き上がり、怒られては立ち上がりを繰り返し、レセプト時には深夜になることも。
朝、入院診療録を出力し、ミーティング後にそれぞれの担当病棟へ。毎日入院カルテを全員分チェックし、診療録を手書きで記載。その後レセコン入力と、今では考えらえない程のアナログな業務をしていたのだと思います。
当時の診療録を掲載します。この小さなスペースに毎日の診療をカルテから拾い出して記入していくのです。全て手書きで、手計算。診療点数早見表と電卓を片手に医事課と入院病棟を往復する毎日。業務は本当に大変で紙カルテの時代には戻りたくありませんが、何故だかとても懐かしいです。

まとめ

今でこそ、ブログを書けるほど診療報酬が好きになりましたが、当時は本当に手探り状態。早見表を読みこなすことすら難しくて、教わるままよくわからないまま算定していたように思います。もし、今、診療報酬が難しくて投げ出したい人がいたら、もう少し踏ん張ってみて下さい。

苦労は必ず報われますよ。40過ぎて主婦から医療事務を始めたおばさんの私が言うのだから間違いないです。


緊急往診加算

往診料の定義

往診料は、患家の求めに応じて患家に赴き診療を行った場合に算定するもの。

要するに「先生~。うちのおじいちゃんが具合が悪くなったので、家まで来てください。」と言われて、医師がそのおじいちゃんの家まで診察に行く行為です。

今までも往診・訪問診療について過去にも記事を書いてきましたが、今日は、緊急往診について書きたいと思います。




緊急往診加算


最近、定期的に予定を組んで行う訪問診療以外にも、急きょ、医師が赴く往診料も増えてきました。というのも、訪問診療を行っている患者様の状態が末期を迎え、医師が突然呼ばれることが増えた為です。その中でも一番頭を痛めるのが、緊急往診加算。




  診療点数早見表を確認してみると

(1)緊急往診加算は、保険医療機関において、標榜時間内であって、入院中の患者以外の患者に対して診療時従事している時に、患者又は現にその看護に当たっている者から緊急に求められて往診を行った場合に算定する。

(2)「注1」に規定する「別に厚生労働大臣が定める時間」とは、保険医療機関において専ら診療に従事している時間であって、概ね午前8時から午後1時までの間とする。

(3)「注1」の加算の対象となる緊急な場合とは、患者又は現にその看護に当たっている者からの訴えにより、速やかに往診しなければならないと判断した場合をいい、具体的には、急性心筋梗塞、脳血管障害、急性腹症等が予想される場合をいう。





簡単にまとめると


  • 医療機関が通常診察を行っている時間帯に

  • 「先生、うちのおじいちゃんの具合がおかしいのですぐに来て下さい。」と訴えがあった場合

  • 「これは大変だ!急性心筋梗塞かも!と医師が判断し、

  • 急きょ、往診に行った場合に取れる加算です。


往診の結果、緊急ではなかった場合


Q:急いで往診に行ったものの緊急性がなかった場合はどうしたらいいでしょう。緊急往診加算は取れるのでしょうか?


A:緊急往診をしたものの、結果的に、特に疾患が発見されなかった場合も、もちろん緊急往診加算は算定できます。



これは当たり前ですよね。診察時間内に慌てて赴くのですから、当然算定できます。但し、急性心筋梗塞疑い等の病名は忘れずに。



まとめ


往診料は奥深いです。色々な加算が取れるので、注意が必要です。過去に往診・訪問診療についてまとめてあるので併せてどうぞご覧下さい。


往診の仕組み

往診と訪問診療の違いについて

死亡診断

Q&A往診料

往診料の時間外加算について

こんな時どうしますか?

毎日病院にいると、色々な事件が起きるものです。これは今週実際に当院に来られた患者の家族とスタッフの会話です。みなさんはこんな時どうしますか?


事例1 



  • 先月、当院から〇〇病院へ紹介となった方です

  • 紹介状を渡して、当院は終診となりました

  • カルテも病名はすべて、転院のため、中止となりました

  • レセプトも送信済み





本日この患者様の家族が来院されました。

家族「薬がなくなったので、もらえませんか?」

スタッフ「確か、○○病院へ紹介となりましたよね。そちらでもらって頂けませんか?」

家族「いやあ、実はまだ○○病院へは行っていないんです。来週が予約なもんで。それまでの薬が無くなって困ってるんです。」

スタッフ「わかりました。院長に確認を取りますね。」




初診?再診?


この患者様は一旦当院では、病名上は中止となっているので、診察するとしたら、初診扱いになります。しかし、今日は家族様のみの来院。本人を診察なくして、初診料は算定できません。

本当は、○○病院へ行って薬をもらって欲しいところですが、○○病院の予約が来週とのことなので、その分だけ、処方することにしました。

レセプトが送信済みですので、初診料を取りたいところですが、家族のみの来院なので、仕方なく再診料で算定し、処方しました。




事例2



  • 当院を先月、終診となった方です

  • 在宅医療を受けることになったので、在宅専門の✖✖医院に紹介となっています

  • 在宅自己注射+血糖自己測定器加算を算定していました

  • カルテも病名はすべて、転院のため、中止となりました

  • レセプトも送信済み



血糖自己測定器のチップが足りないと来られた場合


先月の在宅自己注射指導管理料算定時に、血糖自己測定器チップと針を30本手渡しています。血糖自己測定器加算20本以上400点で算定していました。
「足りない!」と言われても、当院は終診となっている上に、レセプト請求も終わっています。
仮に血糖自己測定器のチップを追加で渡したとしても、当院が終了となっているため、管理料も算定出来ません。
紹介状を書いて渡してあるので、新しい✖✖医院でもらって頂くよう説明し、帰って頂きました

事例3



  • 現在特養入所中

  • 元々は当院かかりつけ患者様でした





家族が薬が欲しいと来られた場合


元々は当院かかりつけ患者様でしたが、先月から特養に入所となっています。薬がなくなったので欲しいと家族様がふらっと訪れてきました。

スタッフ:「施設から何か手紙とかを預かってきましたか?」

家族:「いえ、薬が無くなったから来ただけなのですが。」

スタッフ:「通常、特養の場合は、施設の医師が薬を処方するはずなんですがね。もしそちらで出せない場合は、何らかの手紙(診療情報提供書)を持って来院してもらわなくては困るのですが。」

家族:「え?そうなんですか?」よくわからない様子

スタッフ:「施設に確認を取ってみますね。」




施設に確認を取ったところ、やはり勝手に家族が来られた様子。施設に戻って、施設の医師に処方してもらうよう説明しました。



まとめ


病院同士のルール、算定方法などはやはり一般の患者様にはわかりにくいものです。こんな風に患者様が間違って来られても、なるべく嫌な顔をせずに対応したいものです。忙しい最中だとつい口調が冷たくなってしまいがちですが、こんな時こそ、ニッコリ笑って、患者様に分かり易く説明できるといいですよね。



11/13のツイートまとめ


queseraserapan

ブログも副業になる? https://t.co/2FTirhXsW0
11-13 23:54

支払基金通信より



支払基金通信

レセプトの時期になると、返戻や、再審査通知などと共に送られてくる、「支払基金通信」、読んでますか?
いつもさっと、目は通すもののあまり役立つ情報がないという印象でしたが、今月の文書は有効でした。
支払基金における審査の一般的な取扱の公表に関する検討委員会の記事。
簡単に言うと「算定について、こういう事例は算定しますよ。」っていうお知らせです。今日はその中で私が役に立った情報をピックアップしてみました。

 

他医療機関(検診も含む)でヘリコバクター・ピロリ菌陽性の場合の取り扱いについて

  1. 除菌前である
  2. ヘリコバクター・ピロリ感染診断の請求無し
  3. 他院で内視鏡を実施し、ヘリコバクター・ピロリ陽性
  4. 又は検診の内視鏡で、ヘリコバクター・ピロリ陽性
  5. 病名がある(胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍)
  6. 症状詳記がある
除菌治療薬(3剤併用・7日間投与)を認める

アルツハイマー型認知症の病名と脳血管障害の病名が併存している場合のアリセプト内服薬の投与について

  1. アルツハイマー型認知症の病名あり
  2. 脳血管障害(脳梗塞後遺症・多発性脳梗塞)の病名あり
アリセプト内服投与を認める


ペリシット錠の病名について

動脈硬化症のみ
原則認められない
(高脂血症)+(ビュルガー病、閉塞性動脈硬化症、レイノー病、レイノー症候群に伴う末梢循環障害など)の病名が必要

セルテクト錠の病名について

慢性気管支炎
原則認められない
セルテクト錠は、第2世代抗ヒスタミン薬である
(アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚瘙痒症、湿疹・皮膚炎、痒疹)の病名が必要

H2ブロッカー(ガスター等)とプロトンポンプ・インヒビター(PPI)(オメプラール錠等)の併用

  1. H2ブロッカー(ガスター、タガメット、アルタット、アシノン等)を投与
  2. PPI(オメプラール、パリエット、ネキシウム、タケキャブ等)を投与
  3. 1と2を併用投与した場合
原則として認められない

単なる浣腸又は座薬挿入時のキシロカインゼリーの使用

  1. 単なる浣腸
  2. 座薬挿入時
  3. 1又は2においてキシロカインゼリー2%の使用
原則として認めない

まとめfc2blog_20171021234708d0b.jpg

これを機にじっくり支払基金のホームぺージをクリックしてみると、結構面白いです。「月間基金」なる雑誌の一部も掲載されていて、定期購読してみたいなあ~と思わせる内容。院長に交渉してみようかなと思いました。

みなさんも是非一度クリックしてみて下さいね。➡支払基金



スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }