FC2ブログ

夫は初診料を知らなかった

患者様からの質問


昨日、風邪で診療所を訪れた患者様から、帰り際に「どうして、今日はこんなに高いの?前はもっと安かったよ。検査もしてないのに。」と会計の時に質問がありました。

以前のカルテを開いてみると、ちょうど3か月前に、同じく風邪で来院されています。しかし、その時の風邪の時は、治りが悪かったのか全部で2回来院されていました。


  • 1回目は初診料と投薬

  • 2回目は再診料と投薬


でした。

その患者様は、2回目の「再診料と処方箋料」の算定の記憶があったようです。今日は新たな風邪で、「初診料と処方箋料」だったので高いと感じたようです。

その後、もちろん受付で丁寧に説明をして納得して帰ってもらいました。




夫に話す


家に帰って、夫に「今日、初診料と再診料の違いが分からない患者さんが来てね~。」なんて話をすると、夫が真剣な顔で私にこう言いました。


  • 「そんなの普通の人はわからないよ。俺も初診料は初めてその病院に行った時に取られる料金だと思ってたよ。だから診察券はなくさないように大事に取ってたよ。なくしたらまた初診料を取られると思ってた。」

  • 「えーーー!もしかして初診料=診察券だと思ってたの?」

  • 「そうだけど。だって初診料ってめて察を受ける金って書くじゃん。」


私は開いた口がふさがりませんでした。夫はそこそこの会社員で既に五十路。そんな人がそんなことも知らないなんて!!!

「じゃあ、ちゃんと分かりやすく説明してよ。」と一から説明することになりました。




夫への説明



  • 「初診料はね。初めてその病院を訪れて診察を受ける時も、もちろん正解なんだけど、例えば腰痛で診察に行ったとするでしょう。その腰痛に対しては「初診料」なんだけど、腰痛が治って、今度はお腹が痛くなったとするでしょう。その時も「初診料」が取られます。」

  • 「ってことは、初めてその病院を訪れたor新しい病気になった時に取られるってこと?」

  • 「そうそう。」

  • 「じゃあさあ、腰痛が治りきっていなくてリハビリを続けている最中に、風邪ひいたらそれは初診?」

  • 「同じクリニック内の同じ科で、診てもらったとしたらその風邪は再診料だよ。でももし違う科で診てもらったとしたら、その風邪は初診料。」

  • 「ふーん。でも一年前、腰痛で整形外科受診して、それから半年後に行った時も初診料取られたよ。腰痛完全には治っていなかったのにさ。」

  • 「それは、その一年前の時、腰痛だったけど、リハビリも行かずに勝手に自己中断してたじゃん。3か月間ぐらい患者さんが来院されなかったらその病名は中止されるので、その後また同じ腰痛になったとしてもそれは新しい腰痛として考えるから、初診料になるんだよ。」

  • 「へえ~。そんなこと受付の人、全然教えてくれないから分からなかったよ。」

  • 「それはそうだよ。質問されなかったら、いちいち全部の会計の説明なんてしないもんだよ。」

  • 「まあ、どっちにしろ、病院の会計は素人には分かりづらいね。なんのお金を取られてるのか分からない人ばっかりだと思うよ。その業界じゃない人には全くわからないもんだよ。」





初診料とは


良かったら以下の記事も参考にしてください。

あなたが支払った医療費について教えます、初診料


Q&A 初診料




まとめ


今回のことは本当にショックでした。一番身近にいる人に、初診料=診察券だと思われていたなんて。でもよく考えてみると私も夫の仕事のことはさっぱり分かりませんし、世の中のことだって、専門家じゃないとわからないものです。

患者様に窓口で質問されたら、専門用語を使わずに、わかりやすい言葉に置き換えて、説明することが大事だと実感した夜でした。

09/09のツイートまとめ

queseraserapan

太陽光発電パネルが台風で飛散、重金属(人体に有毒)を含有するため取扱いに注意【危機啓発のためにシェア】 https://t.co/qme0awrzrw
09-09 07:18

頓服処方について

コメントから勉強させて貰っています。


先日、私のブログに頓服処方についてコメントをくれたW様、ありがとうございました。自分では当たり前に分かっているつもりでいたことを、コメントを返すためにもう一度見直してみると、とても勉強になるものです。W様のところも頓服処方で査定があったようですが、分析してみると、診療所の場合は特に診療行為が少ないこともあり、レセプトの査定は薬剤についてのものが多かったりしますよね。

今日は頓服処方について基本のおさらいをしてみようと思います。




頓服薬とは


定期的、継続的に飲むのが「内服薬」。発作、疼痛時などに、臨時に服用するものが「頓服薬」です。ちなみに「外用薬」は体の表面に用いる薬のことを言います。

例えば・・・


  • 血圧の薬等は、毎日決まって服用するものなので→「内服薬」

  • 頭痛や発熱時に、その時だけ服用するものが→「頓服薬」


になります。

私たち医療スタッフにとては当たり前のことのようですが、患者様には案外わからないもの。先日も先生が患者様に「今度から睡眠薬は、内服じゃなくて頓服にしておくね。頓服だから今回は14回だけにしておきます。眠れない時だけにしてね。」と言ったところ、患者様の顔が「???」に。会計の時にいつも28日分処方される睡眠薬が14回分しか処方されていなくて、「今日はどうして少ないの?」と事務スタッフに質問があり、患者様がどうも内服と頓服の違いがわからなかったことが判明しました。




頓服の処方制限


頓服の基本は疑義解釈資料の中に「1日2回を限度として臨時的に投与するものをいい、1日の服用回数が2回以上でかつ服用に時間的、量的に一定の方針がある場合は内服薬とする。頓服薬は症状に応じて臨時的服用を目的として投与するものをいう。」とあります。

都道府県によって「1回量×10回」もしくは「1回量×14回」としているところが多いようです。

ちなみに当院では1回14回を制限として処方しています。




薬の処方について思うこと


実は薬の処方についていつも悩んでいることがあります。例えばこのような頓服が出た場合、基本はレセプト的には14回までとなっていても、ドクターが28回で処方した時、皆さんはどうしていますか?

その場ですぐに医師に連絡をして、基本は14回までだと伝えるか、若しくはそのまま放置するか・・・迷うことってありませんか?

医師は基本を当然知っていて敢えて多く処方している場合もありますし、もちろん人間ですからうっかりってこともあります。その見極めがつかない事務スタッフが忙しい診察の最中に、ドクターにそんなこと聞いていいのか?ということ。診察の中身を見ていない事務スタッフがそこまでする必要があるか?という疑問もあります。「薬のことは医師や薬剤師の管轄だし、素人があれこれいうべきじゃないしね。」というのもあります。

時と場合によりますが、私はその場で患者様のために何か悪影響が及ぼされるかも、と感じた時で自分の知識の範囲で「あれ?」と思ったことは面倒ですがもう一度聞いてみることにしています。


  • 「先生、緑内障をお持ちの患者様ですがPL処方されていますが、よろしいでしょうか?」

  • 「〇〇剤と〇〇配合剤は、併用不可ですが、よろしいでしょうか?」


「事務スタッフごときが!」と内心面白く思われないドクターもいるかもしれませんが、水際で危険を察知できた場合、伝えることは重要なことです。「あーありがとう。そうだよね。助かったよ。」と言ってもらえればとても嬉しいもの。しかし、私の知識間違いで「それはいいんだ!。そのままで!」って怒られることも勿論ありますがね・・・




まとめ


医療事務は、お金の計算、接遇だけを担当しているわけではありません。特に小さな診療所になればなるほど、チームプレイが大切になります。仕事の分担もはっきり線引き出来るのは大きな病院だからこそ。診療所勤めが面白いなと思うのはその点です。事務の枠を超えて、薬の知識、看護の知識、医師の知識のほんの少しでも自分のものとして吸収していければ、一事務スタッフの枠を超え、診療所にとって大きな力になるでしょう。



臨時休診

台風接近


明日、四国、近畿地方を中心に大型台風が接近しています。最近は台風の接近と共に、各鉄道会社から前もって運休が伝えられるようになったり、ニュースで頻繁に避難を促したり、事態が深刻化しないように配慮がなされていますよね。

今朝、院長から突然話しがあり、「急遽、明日一日休診とすることに決定しました。」とのこと。今まで台風が来ようと、大雪が降ろうと、休診になることは無かったので、スタッフ一同「え!」っという感じ。

さあ、そこからが大変です。当院では4分の3が予約患者様なので、全員に連絡をいれなくてはいけません。通常勤務をしながら全員の予約患者様に電話をするのは、結構大変なこと。慌てて、パートさんを一人呼び出して電話連絡スタートです。




電話連絡にも限界あり


患者様のカルテで連絡先を確認してみると、大体が自宅の電話が登録されています。その自宅に電話をかけてみたところ、どの患者様にも繋がらず、いきなり滅入ってしまいました。

たまに電話が繋がっても、患者様の大半は高齢者なので耳が遠かったり、話が通じなかったり。「明日が休診であることを理解して頂き、薬が切れていないか確認し、必要があれば次の予約を取り直す。」たったそれだけのことに一人10分から15分程度かかってしまいます。中には家族に確認しないとわからない。残薬がどのぐらいかわからない。という方も大勢で話がちっとも前に進まないのです。

それでもまだ電話が繋がった方はまだ良い方で、全く電話をかけても出られない場合も多く、携帯がある場合も高齢者の場合、携帯を持ち歩いていないのか、全く電話に出ない方も多く、家族の携帯番号を把握しておくべきだと、強く思いました。




奥の手


やっと8割方の患者様と電話が繋がった頃は夕方でした。しかし何度電話をかけてもやはり出ない方もいらっしゃって、さてどうしたものか?と思案していたところ、一人のスタッフがグッドアイディアを提案してくれました。

高齢者の場合、訪問看護が関わっている場合も多く、訪問看護さんに連絡をして家族の携帯または居場所に連絡してもらうのはどうか、と。

作戦は成功し、全員に連絡がついたころには、夜の7時を過ぎていました。

通常業務と電話連絡。おまけに台風を危惧して今日は臨時の患者様も多くみえて、今日はどのスタッフも終わるころにはグッタリ。

若い方ならメールで連絡など、他にも手があるのでしょうが、高齢者でおまけに一人暮らしなどの場合、本当に連絡がつきにくいものです。今後に備えて何かよい連絡方法を確保するべきかなと思いました。




まとめ


電話連絡をしていて思ったことは、患者様の伝えてくれた番号が時に間違っていることもあるということ、または携帯などは番号が変わったのか「現在使われておりません。」とアナウンスがある場合も。患者様の連絡先は、形式上カルテに自宅のみを記載していましたが、やはりこれからは自宅、携帯、家族の携帯、またはメールなど、聞いておくほうが便利ですね。高齢者の場合は、訪問看護の把握も重要です。

09/02のツイートまとめ

queseraserapan

RT @inunekome: ★あたりクジまだ残りあります★フォロー&リツイートで、その場でアタル!Amazonギフト券10,000円50名様にプレゼント! #いぬねこスマイルhttps://t.co/SRCw3kZkQ1 https://t.co/RMkLoay1Bf
09-02 22:55

https://t.co/Ibl9MbKrp9
09-02 22:52

診察料が算定出来ない時~レせ「摘要欄」の記載について

レセプト伝送時に注意したいこと


9月になりました。暑さはまだまだ夏真っ盛りですが、朝晩の過ごしやすさに秋の気配を感じるようになりました。私の町では、秋祭りのための子供たちの太鼓の稽古が始まって、夕方の涼しい風の中、「どーん、どーん」と軽快なリズムを響かせています。

さて、月初というとレセプト業務。明日からの1週間、皆様忙しい日々を過ごされるかと思います。4月の診療報酬改定から約半年が過ぎ、新点数もしっくりいくようになり、落ち着いて業務に臨めるようになりましたが、あまりお目見えのしない算定は、時々忘れてしまいがちなのも事実。今日は点数こそないものの、レセプトの「摘要欄」に必要な記載事項について一部触れてみたいと思います。




診察料が算定出来ない時


医師が診察をすると、「初診料」または「再診料」が算定できますが、医師の診察が行われていない場合は当然、これらは算定できません。医師が診察をしない場合とは例えばこんな時です。


  • 検査のみの受診

  • 画像撮影のみの受診

  • 処置のみの受診

  • 手術のみの受診

  • 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合

  • 検査、画像診断の結果のみを説明した場合

  • 診断書等の書類を取りに来た場合


などが考えられます。

しかし、上記の中でも赤字検査、画像診断の結果のみを説明した場合は、医師が実際は診察した場合があるので、必ずカルテのチェックが必要です。もし、診察をしていてもカルテ記載が無い様なら、医師にカルテに記載してもらう必要があります。




レセプト「摘要欄」への記載


2018年4月の診療報酬改定で上記の場合に、レセプト「摘要欄」にレセプト定型文を入れる必要が出てきました。厚生労働省 保医発0326第5号 別表Ⅰを参考にすると、このように書いてあります。

(初診又は再診の後、当該初診又は再診に付随する一連の行為を後日行った場合であって、当該初診日が前月である場合)

ア、初診又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来院

イ、往診等の後に薬剤のみを取りに来院

ウ、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来院

少し分かりづらいですね。簡単に言うとこんな感じ。

8月:腹痛で来院。医師の診察で、9月に血液検査をすることになる。→初診料

9月:血液検査のみのため来院→再診料は無しで、レセプト定型文の「ウ、一旦帰宅し、後刻又は後日検査を受けに来院」を選択

月をまたいで、診察行為なしの来院があった場合は注意が必要です。




実際の現場で


簡単な定型文ではありますが、実際にレセプトチェックでは、見落としてしまうことが多いものです。日々、上記のような検査のみ来院はよくあることですが、前月と当月にまたいでいる場合だけに注意をするのは中々難しいもの。多くは同月内に(初診料+検査のみなどのように)、一連の行為が終了してしまう場合が多いからです。その場合は、このような定型文は必要なく実日数のカウントだけ気を付けていればいいので。

私のクリニックでは事務スタッフで話し合いをして、検査のみ等で患者様が来院した場合、月をまたぐかまたがないかは後の問題として、当日算定時に患者様のIDをノートに記録しておくことにしました。そしてレセプトチェックの時に、もう一度その患者様のカルテを確認して、月をまたいでいる場合は、その定型文を入れることにしました。この半年、なんとかこれで上手くいっています。皆さんの現場ではどのように対処していますか?




まとめ


日本列島に再び台風が近づいていますね。今度の台風21号は非常に強い台風とのこと。明後日4日には西日本から東海地方にかなり接近し、上陸するおそれがあるようです。台風の接近に伴い患者数も影響を受けますよね。台風前後は駆け込み患者が増えるもの。明日は忙しい一日になりそうです。






スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }