FC2ブログ

向精神薬長期投与による、処方料・処方箋料減算開始!

明日から向精神薬にご注意

2018年4月の診療報酬改正で「向精神薬を長期投与した場合、処方料2(29点)・処方箋料2(40点)を算定すること」となりましたよね。長期投与というのは1年以上の投与のことで、2018/4からスタートした改正ですので、とうとうその1年後が明日に迫っています。
つまり向精神薬が、2018/4/1から2019/3/31まで連続して長期投与されている患者様が対象となるわけで、減算の対象となる事例が発生するのが、2019/4/1以降。つまり明日から減算しないといけないというわけですね。みなさん減算の準備は出来ていますか?

向精神薬長期投与とは?

まずは、減算の対象がどういうものか、診療報酬改定の通知で確認しましょう。
不安または不眠の症状を有する患者に対して、1年以上継続(*1)して別に厚生労働大臣が定める薬剤(*2)を投薬した場合(*3)、をさします。
  • (*1)1年以上継続とは「同一の成分を同一の1日あたり量で連続して処方している場合」をさします。定期処方と頓服薬の変更は、「同一の1日あたり用量」には該当しません。
  • (*2)別に厚生労働大臣が定める薬剤とは、→(まずはこちらの独立行政法人医薬品医療機器総合機構 PMDA「ベンゾジアゼピン受動態作動薬の依存性」をご覧ください ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について。)
  • (*3)例外とは、当該症状を有する患者に対する診療を行うにつき、十分な経験を有する医師が行う場合、又は精神科の医師の助言を得ている場合、その他これに準ずる場合を除きます。

*詳しくは、厚生労働省の通知をご確認下さい


減算しないための対策(例外)

当院の医師は精神科医ではないため、このままでは減算対象となってしまうということで、今年度に研修を受けて頂きました。よって、減算対象にはならずに済みました。こちらの記事もご覧ください→眠れぬ夜にベンゾジアゼピン?
もちろん、皆様のところでも対策が取られていると思いますが、もし対策を取られていない場合は、処方料、処方箋料を算定するときに注意して下さいね。

まとめ

1年って早いですね。バタバタと診療報酬改定に伴う事務処理に追われていたのが昨日のことのよう。診療報酬改定があると、病院と違って、クリニックは小さな組織なので、頼れる人も少なく、いろいろと心細いものですよね。クリニック勤めの皆さん。迷ったら、是非私のブログを検索してみて下さい。同じようなことでつまづいている私に出会えるかもしれません。時間がある時は、メールやコメントでも質問や悩みも受け付けていますので、一緒に乗り越えていきましょう。
スポンサーサイト

自動精算機入りました

自動精算機導入


先週、とうとう当院のクリニックに自動精算機が導入されました。

某会社の自動精算機で、病院にあるような直立型のものではなく、受付のカウンターの机に設置する卓上精算機です。今までお支払いの時は、患者様を呼んで、アナログにお金を頂いてお釣りを返す方式を取っていたのですが、お金の授受はすべてこの精算機が引き受けてくれることになりました。

どういうものかというと☟








手順はこんな感じ。


  1. 患者様に診察券に印字してあるバーコードをかざしてもらう

  2. 請求額が表示される

  3. お金を投入し確認ボタンを押してもらう

  4. おつりが出てきて、領収書、明細書がとなりのプリンターから出てくる





良かった点


今までは、手でお金を頂いて、レジを打ち、おつりを手で返し、会計簿に記入する。といった一連の仕事が必要だったのですが、そのすべてを精算機が請け負ってくれているので、スタッフが現金を触ることがなくなりました。今までは最後にお金が合わなかったり、貰い間違えがあったりと、色々とストレスがあったのですが、この精算機のお陰ですっかりそのストレスは無くなりました。お金って1円でも合わないと本当に嫌な気分ですからね。たとえ1円の相違でも院長に報告をし、インシデントを書いていたので、本当にこれは助かります。




患者様の反応


一番心配だったのが実はこれでした。高齢者も多いクリニックですし、硬貨を1枚づつ投入するのも難しい腰の曲がった方も多いですから。

最初この精算機が入っただけで、朝の患者様の様子がまず変わりました。

「これ、何?」

「自動精算機ですよ。今日から皆さまにご自分で精算して頂きますね。」

「えー。そんな難しいこと出来ないわよ。」

と困り顔ながらもなんとなくウキウキした様子。新しいものっていくつになっても、なんとなく好奇心がそそられるようです。

いつもは「私の順番まだ?」と言ってくる患者様も、前の人や知り合いの人が精算機でお金を払っていくところを、全員食い入るように見ています。最初なのでスタッフが付きっ切りで説明をして補助をしている様子を、どの人もみな熱い視線で見てくるのです。

自分の番が来たらうまくやらなきゃと思っているのか、全員予習をしているよう。日本人って本当に勤勉で真面目なんだなあ~と妙に納得した私です。

実際、精算機でうまくお金を払えた高齢者の患者様が、とてもうれしそうに帰って行かれるのが印象的でした。ちょっとしたコインゲームをしているような感覚なのでしょうかね。

反対者が多く出るかもと思っていた心配は見事に打ち破られました。

患者様の中には、「院長、人件費削減だね。」とニヤッと笑っていかれるかたもいて、ドキッとしましたが。




悪かった点


悪かった点は、まだ精算機と電子カルテとうまく連動出来ないところがあり、一部、未収がある場合に精算が出来ない場合もあって、完全に従来の会計業務とは切り離せない点です。

実際、精算機導入から1週間経ちましたが、電子カルテとの連携不具合で、従来の会計に慌てて戻したりスタッフが問題が生じた時に不慣れなために対応が出来なかったりと、実際に慣れるのにはもう少し時間がかかりそうです。

あと、患者様に言われたことは、「スタッフの人と、おしゃべりしながら会計するのが楽しかったのにね。」と。コミュニケーションをすることは自動精算機になっても積極的に行っていかなくてはと思いました。




まとめ


クリニックに自動精算機導入。これがいいのか悪いのか、まだ実際わかりませんが、スタッフの手間が軽減されるのは事実。院長はその分、スタッフに早く帰ってもらって残業を減らして欲しいと思っているようですが・・・今後雇うはずだったパートさんを削ろうとしているのも本音のようです。

電子カルテに、レセプトチェックソフト、自動精算機、お掃除ロボに、自動予約受付、そのうち保険証確認機なんてのも出てくるのでしょうか。

みなさん、もう医療事務がすることがなくなってしまう時代が目の前ですよ。








仕事を辞めたくなる時


  1. 算定漏れをした時

  2. 患者様にクレームを言われた時

  3. スタッフ間の関係が悪い時

  4. 新しい事が覚えられない時

  5. 後輩が自分より出来る時

  6. ドクターの機嫌が悪い時

  7. 休みの日に院長から電話があった時

  8. 手取りが少ない給料日

  9. 有給を取りにくい雰囲気

  10. 疲れて帰った夜、洗い物を済ませてない時


そんな時は、求人広告を見ます。新しい職場、新しい仲間、新しいドクター。
新しい仕事が見つかって、「辞めさせて頂きます。」と誇らしげに言う自分まで想像して。
そして次の日。再び同じ職場に向かう私。
あ~。負のスパイラルから抜け出したい

03/05のツイートまとめ

queseraserapan

これうま〜〜い https://t.co/9B7JCH2Gnl
03-05 21:33

03/04のツイートまとめ

queseraserapan

これだけは知っておきたい、5月「超大型10連休の基礎知識」 https://t.co/SY84dWuG1m #現代ビジネス こんなに長い休み何しよう〜〜
03-04 06:00

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }