FC2ブログ

2020/診療報酬改定予告編 投薬

多剤投与ルール撤廃か


内服薬が処方されるときに算定できるF400の処方箋料、ちょっと面倒ですよね。当院では電子カルテを使用しているため、自分で考えるというより、電カルが勝手にカウントして処方箋料を算定してくれるので、楽といえば楽なんですが、「6種類以下」と「7種類以上」では処方箋料が違います。


  • 「6種類以下」68点

  • 「7種類以上」40点


カウントルールも結構細かくて、難しいと思いませんか?

1回の投与に錠剤、カプセル剤は1銘柄ごとに1種類と数えますが、散剤、顆粒剤、液剤などで、混合して服薬するよう調剤する場合は、合わせて1種類と数えます。また1剤(1日分につき)20点以下は全体で1種類と数えたり、同一銘柄の企画違いも1種類と数えたり、なかなか難しいですよね。

当院でもこのルールのカウント間違いで(電子カルテも間違えます)査定されることも度々あります。

★過去のブログに処方箋料について書いてあるので、ご覧ください→処方せん料の減点 




このややこしいルールもしかしたら2020年の診療報酬改定では無くなるかもしれません。




中医協の意見書より


8.投薬

(1)7種類以上の内服薬処方時及び向精神薬多剤投与時の処方料、薬剤料、処方箋料の減算の撤廃

 多数の疾患を抱える患者、特に高齢者をかかりつけ医が担当するためには多剤投与が必要となるケースは避けられない。多剤投与の方が投薬管理は複雑になり加算も検討すべきであり、減算される仕組みは不合理である。

 糖尿病だけでも4種類の薬剤が必要な場合が少なくない。高血圧症、高コレステロール血症などが合併すると7種類以上になるケースが多い。 




私もずっと思っていたんですよね。薬が増えるには理由があって、その分診察も複雑になるのに7種類以上になると減算されるなんて、もともとおかしいんじゃないのって。ここにどんなメスがいれられるのか今から楽しみです。




そのほかにも


  • 一包化加算の新設

  • 30日を超える長期投薬を減らす取り組みを導入

  • 90日以上の超長期処方には必要理由の義務付け

  • 一般名処方加算の増点


など、投薬部分にも改定がありそうですね。




まとめ


最近では、当院でも投薬の際、ほとんど一般名で処方されるようになりました。最初は患者様も先発薬になじみが深く、一般名で処方された処方せんを見て「この薬はいつもの薬じゃない!」と血相を変えて受付に来られる方も多かったものです。事務員の方も先発薬だとなんの薬か分かるけれども、後発薬になると何がなんだかわからなくなって困ったものです。しかし慣れとは恐ろしいもので、最近では一般名で覚えてしまって、先発薬の薬なんだっけ?なんて思うことも。益々複雑化される診療報酬についていけるよう、しっかり身構えていきましょう。
スポンサーサイト



01/19のツイートまとめ

queseraserapan

ソンしてない? 「医療費控除」でやってはいけない3つの大間違い! 確定申告で失敗しないために #SmartNews https://t.co/pFXDsp2uxD
01-19 07:40

01/16のツイートまとめ

queseraserapan

後発品加算、より高い使用割合の点数を新設か:DI Online https://t.co/WBMEIaaVUQ #日経メディカル
01-16 16:04

2020/診療報酬改定予告編  検査・画像診断

2020年診療報酬予告編その2


前回のブログに続き、今日は検査、画像診断についての変更される見込みのある箇所についてです。詳しくはこちらをご覧ください→中医協ホームページよ




具体的検討事項(検査・画像診断編)


  • 医者の技術料としての評価が低すぎる検査料の見直し〚生体検査(運動負荷、子機ガス分析加算など)〛の再評価

  • 常勤の放射線診断専門医による体制がある場合の増点

  • 遠隔画像診断の定期と内容の明確化

  • コンピュータ断層診断の要件見直し、他医療機関撮影のCT等の読影は初診、再診にかかわらず評価すること




個人的には他医療機関撮影のCT、MRI等の読影に再診でも算定できるのはうれしいですね。xpは初再診に関わらず取れるのに、「なんでCTは、初診しか算定できないの?」っていつも疑問に思っていたんで。ましてや450点もの点数を再診というだけであきらめなくてはいけなかったんですから。読影するという点では初診も再診も関係ないですからね。



診療報酬前の今、これだけは準備しておこう






  • 現在、自分のクリニックで算定しているコストをノートなどに、項目別に抜き出しておく

  • その時、現在の点数を書いておく



  • 書き出した右側を空白にしておき、書き込めるようにしておく



今からこれだけ準備しておけば、いざ点数改正が発表になったときに、サクサクと新点数を書き込んでいけば、頭が整理されやすく便利です。私は毎回、1冊、診療報酬用の専用ノートを作っています。








01/12のツイートまとめ

queseraserapan

#浅田真央サンクスツアー  浅田真央サンクスツアーを初めて観に行きました。感動🥺現役を離れて大分経つのにあれだけまだ滑れるなんて!真央ちゃんの華麗なステップ、仲間の絆、言葉にできない感動が昔の演技と重なりあって、涙涙涙。フィギュア界を変えた偉人です。
01-12 16:33

01/11のツイートまとめ

queseraserapan

認知症の第一人者が認知症になった NHKスペシャルの番組公式サイトです。 https://t.co/09usEBkRaJ
01-11 21:04

2020/診療報酬改定予告編

お久しぶりです


久しぶりにブログに帰って参りました。個人的に色々ありまして・・・


  • 娘の結婚!(これはハッピーなことなのですが何かと親としての務めもあるもので忙しかったです。)

  • 仕事でのモチベーションダウン(これはダメージ大きかった。精神的にやる気が起きないと何もする気がおきなくなるもんですね。)

  • 転職への道、模索(とうとうハローワークに登録しました。仕事や今後の人生も考えて現在転職先模索中です。)

  • 老犬の病気(13歳になる愛犬が病気をしまして、私にしては子供も同然。心配で夜も眠れない日々でした。今はやっと元気になりました。)

  • 家族全員正月疲れで風邪でダウン(久しぶりに家族全員が揃ったにぎやかな正月だったせいか、正月後、全員風邪でダウンしております。現在も継続中)

  • Windows7からのWindows10への買い替え(ブログを発信するためには、これが一番の必須アイテム。)


なんて色々と書きましたが、診療報酬改定も近いですし、また少しづつブログをアップしていきますのでよろしくお願い致します。




中医協の情報に注意


昨年12月の中医協の資料に具体的な改定事項の意見が出てくるようになりました。「プラス改定だ!」「マイナス改定だ!」正直そんなところどうでもいいんですよね、現場は。「何がどう具体的に変わるのか!」「どうやって算定するのか!」そこのところが知りたいもので、この情報は有益ですね。

中医協のホームページより




具体的検討事項(医学管理編)


具体案が出ていましたので今日は医学管理についてお伝えします。まず一番大きいのは、

  • 特定疾患療養管理料の見直し→月1回450点算定可能に


クリニックの場合、225点を月2回算定可能でしたが、それが一気に月1回で算定出来ることになりそうです。これは大きいですよね。大体月2回も患者様に来院していただくことは少ないですし、基本1月に1回というところが多いのではないでしょうか。そうなると月225点しか取れなかったところが、月450点取れるとなると大きなプラスになります。


  • 認知症療養指導料の算定拡大?


認知症患者は今後増える一方です。現在認知症専門医か認知症疾患医療センターで診断され、他の保険医療機関へ紹介された患者のみにしか算定できなかった認知症療養指導料が、認知症専門医やかかりつけ医まで算定可能になるかもです。


  • 診療情報提供料(Ⅰ)の見直し


中学生までの情報を行政等に情報提供した場合、介護療養施設等、職場の産業医への情報提供にも拡大の見込みです。


  • 婦人科特定疾患指導管理料新設

  • 小児科外来診療料見直し

  • 小児運動器疾患指導管理料の対象年齢引き上げ


現在の6歳未満から15歳未満へと引き上げられる見込み。特発性側弯症患者の大部分を対象患者とできる




まとめ


診療報酬改定への忙しい春が始まりました。2年前の同時改定に比べると静かな始まりですが、時代とともに診療報酬も変わっていきます。ちまたでは鼻炎などのアレルギー剤が保険薬から外されるなんてニュースも流れていますし、今後ますます注意深く情報を集める必要があります。当ブログでも診療報酬改定について情報発信していきますね。

01/03のツイートまとめ

queseraserapan

RT @yousuck2020: 🎍謹賀新年🎍【総額10億円】#前澤お年玉 100万円を1000人にプレゼントします!100万円で皆さまの人生がよりハッピーになりますように。応募方法は僕のフォローとこのツイートのリツイート。締切は1月7日23:59まで。企画趣旨…
01-03 19:35

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }