FC2ブログ

「電子的保健医療情報活用加算」疑義解釈

疑義解釈出ました


電子的保健医療情報活用加算・・・相変わらず、ながーいネーミングですが、要するにマイナンバーカードで受付したかどうかの加算です。正確にはマイナンバーで受付することにより患者様の情報(他院や健診時の検査結果とか)を取得して、診療に活かしたよ。としたことに対する報酬です。

前回のブログでも書きましたが、ざっくりとマイナンバーを保険証として提出してくれた初診の方に7点、再診の方に4点ってやつです。細かい説明はこちらをご確認下さい。→電子的保健医療情報活用加算

電子的保健医療情報活用加算(3点)~初診の場合であってオンライン資格確認により当該患者に係る診療情報等の取得が困難な場合又は他の医療機関から当該患者に係る診療情報等の提供を受けた場合にあっては、2024年3月31日までの間に限り、3点を算定する

↑今日はこの中の上記にあった疑義解釈が出ていましたので説明します。

「当該患者に係る診療情報等の取得が困難な場合」?

疑義解釈の説明をそのまま載せてみました

当該加算は保険医療機関においてオンライン資格確認等システムが開始され、診療情報等を取得し、当該情報を活用して診療等を実施できる体制が整えられていることを評価する趣旨であることから、オンライン資格確認等システムの運用を開始している保険医療機関であれば、実際に患者が個人番号カードを持参せず、診療情報等の取得が困難な場合であっても、但し書きの「当該患者に係る診療情報等の取得が困難な場合」に該当するものとして差し支えない。また患者の個人番号カードが破損等により利用できない場合や患者の個人番号カードの利用者証明電子証明証が失効している場合なども、同様に該当する。

要するに・・・資格管理システムを導入している医療機関なら、マイナンバーではなく普通の保険証で受付をしても、初診の方に3点取っていいですよ。ということですね。

マイナンバーは浸透するか?

当院でも資格確認システムを導入しましたが、未だ利用者はゼロ!もちろん初診で来た方には上記の3点は頂いていますが。今後健康保険証をマイナンバーに紐づけして、保険証として利用してくれる人が増えていくのか?いや増えてもらわないと「なんのためにこの機器置いたんだよ」という感じ。今は一緒にカウンターに並べてある体温器、消毒器様たちの足元にも及ばないほどの無活躍ぶりで、いささか気の毒な感じです。
私自身もマイナンバーを作ったには作ったけど、健康保険と結び付けていない現状。まずは自分から。マイナポータルで手続き勉強しなくては・・・。医療機関スタッフがこうなんだからそりゃあ中々浸透しないわなあ~⇒マイナポータル
スポンサーサイト



スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
検査・画像のことなら
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者さん推薦
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }