FC2ブログ

漢方薬の保険適用

最近、漢方薬の処方が増えてきていると思いませんか?当院の院長も保険適用の漢方を次から次へと採用しています。そのため院内に出入りするMRさんの中に「ツムラ」の社員の方を多く見かけるようになりました。

漢方薬は2剤まで???

実は、これよくわかりません。というのも漢方薬について細かくのっている医療事務本を私は見かけたことがないからです。ただ、漢方は2剤まで!となんとなくインプットされた知識でこれまできています。どうも調べてみると過去に3剤で査定された経歴もあるようで、(漢方には似た成分の組み合わせが多いため)はっきりとしたことがわかりません。


漢方薬の適応病名(抜粋)

葛根湯(感冒・神経痛)
小青竜湯(感冒・アレルギー性鼻炎)
補中益気湯(感冒・食欲不振)
麦門冬湯(気管支炎・気管支喘息)
麻黄湯(気管支炎・インフルエンザ)
清肺湯(咳)
八味地黄丸(糖尿病・しびれ)
当帰芍薬散(動悸)
半夏瀉心湯(口内炎・下痢)
半夏厚朴湯(口頭違和感)
六君子湯(慢性胃炎・十二指腸潰瘍)
大建中湯(腹部膨満・便秘)
牛車腎気丸(浮腫)
五苓散(めまい・頭痛・下痢)
防風通聖散(肥満)
抑肝散(認知症・神経症)

このように漢方には、西洋薬と違い適応病名がなんとなくざっくりしていると思いませんか?そのせいか、今まで漢方薬での病名違いによる査定はありません。

漢方薬は食前か食後か

多くの場合、漢方は食前指示ですよね。しかし薬を飲みなれた人でも食前薬は忘れがちです。そういう時は、食後にのんでもらっています。勿論食前にのめればそれに越したことはないのでしょうが、どうしても無理な場合は食後にのんでも効能にさほど差はないようです。飲むのにもざらっとして苦くて飲みにくいという声もよくききますが、煎じてのむこともできます。即効性がないと言われますが、実は小青竜湯などは短期間で効果を出るものもあります。

漢方薬の副作用

漢方は安全性が高いとよく言われますが、副作用がないわけではありません。間質性肺炎、肝障害などがあります。血液検査で肝機能障害がみられ、初めて漢方の副作用を疑う場合もあります。

まとめ


fc2blog_20170430195919474.jpg

個人的に、私は西洋薬より、どちらかというと漢方が好きです。昔から愛飲しているのは、風邪をひきそうになったら、葛根湯。アレルギー症状には小青竜湯。咳があるときには麦門冬湯。マラソンでのこむら返り防止に芍薬甘草湯。膀胱炎症状には猪苓湯。などいつもお世話になっています。ドラッグストアに行っても漢方薬のコーナーをぶらっと立ち寄るタイプ。最近興味があるのが八味地黄丸。更年期防止に役に立ちそうだなあと。プラセボ効果というものかもしれませんが、私は漢方はよいと勝手に思い込んでいるので効くのかもしれません。飲みにくいのが玉に傷ですので、もっと錠剤が採用されればいいなあと思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }