今月のレセプトチェック バルトレックス

同じ薬剤でも用量が替われば、病名も替わり、効能も替わる薬剤って結構ありますよね。バルトレックスもその一つ。以前にバルトレックスの病名と用量の不一致で減点されたことがあります。

患者様の強い希望で、多めに口唇ヘルペスの薬が欲しいと所望され、うっかり規定より多く出してしまったための減点でした。医師をはじめとし、医事のレセプトチェックでも気付かず、そのまま請求してしまい、減点となったもの。今日はバルトレックスについて調べてみます。


バルトレックス(今日の治療薬 南江堂より抜粋)




バルトレックスは抗ヘルペスウイルス薬です。口の周りに出来れば口唇ヘルペス、性器に出来れば性器ヘルペス。体の神経のある場所に集中的にぶつぶつが出来て、痛痒いのが帯状疱疹。体内に潜んでいたヘルペスウイルスが免疫が低下すると発疹となって表れる病気です。帯状疱疹は、子供の頃にかかった水疱瘡のウイルスがひっそりと陰をひそめていたはずだったのに、突然暴れだす病気です。そんなとき、ウイルスをやっつけるために登場するのがこのバルトレックスという薬です。


主なポイント


①単純疱疹の時

1回500㎎ 1日2回 ×5日間




③帯状疱疹

1回1000㎎ 1日3回 7日間まで


ミスの原因


この患者様は、口唇ヘルペスですので、500㎎ 2錠 5日間が基本。
単純に医師の勘違いで多めに出しただけではありますが、周囲の誰も気付かなかったのは✖です。
患者様は出来るだけ多めに薬を出してもらおうと、サラリと注文をつけるものです。
「よくヘルペスになるんです。念のため手元に置いておきたくて・・・」
「来月、旅行に行くので多めにもらえませんか」
「他の病院では、3か月もらえてました」
などなど。つい巧妙な口車にのってしまうことって、医師とはいえあるんですよ。もちろん医学的理由があってのこともありますが・・・
そんな時、医学的理由であるのか、ついうっかりだったのか、医事としては、上手に医師に尋ねなくてはいけません。

まとめ


医療事務員は医師でも薬剤師でもないので、薬についてとことん詳しく勉強する必要はありませんが、結局最後の請求時に、医学的理由で査定されることって多いものです。その時、再審査するのかどうか医師に尋ねる必要が生じてきます。そんな時、互角に医師と渡り合っていくためには、やはり正しい知識は必要ですよね。常日頃から薬の効能、用量などについて関心を持つところから始めましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }