FC2ブログ

診療点数早見表 尿沈渣

  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。


外来迅速検査


当院は内科系の診療所です。血液・尿検査は院長の拘りで出来るだけ自院で検査が出来るよう、病院と変わらない程の検査機器を取り揃えております。お蔭で、CBC検査(白血球・赤血球・ヘモグロビンなど)だけでなく、AST・ALTなどの肝機能検査、ナトリウムカリウム、尿酸などの腎機能検査、グルコース、HbA1cなどの糖尿病検査の値を数十分で出すことが出来、診療に非常に有効に役立っています。もちろん、外来迅速検体検査加算も算定していますよ。

私の知っている限り、こんなに充実した検査機器を備えている診療所は、この近隣にはないので、患者様にも好評を頂いております。


検尿検査


血液検査は充実していますが、検尿検査は、一般的な尿中一般物質定性半定量検査26点が出来るのみです。泌尿器科ではないので当然と言えば当然ですが・・・

この尿検査で大切なのが、蛋白・糖・ケトン・白血球・潜血反応などですが、最近、どうも潜血反応が出る患者様が多いことに当院の医師が頭を痛めておりました。

「潜血反応、結構出るよな~。」

「そうですね。泌尿器科に紹介されますか?」

「いや、実際に+が出ても誤作動で、実際には血が出ていないってこともあるからね。」

「尿沈渣が出来ればいいんだが・・・」

「外注に出されますか?」

ということで、外注検査に出すことになりました。


尿沈渣








尿沈渣は当該検査の対象患者の診療を行っている医療機関内で実施した場合にのみ算定できる。⇩


泌尿器科を掲げている医療機関が院内で実施した場合にのみ算定できる。ということ

(但し、外部の委託業者に検査を依頼している場合で、速やかに結果が報告される場合でも可)


ということで、内科系の当院が外部に委託したとしても、尿沈渣は算定できないということなのです。しかし、当院の院長は自らが検査費用を出してでも、尿沈渣を出したいとの強い希望で、尿潜血が出た患者様は全員尿沈渣を無料で実施しております。

尿沈渣の結果、実際に異常のある患者様は、改めて他院泌尿器科に紹介しています。


まとめ


算定のことを考えると、保険診療の出来ないような検査はやめてほしいなと思っていましたが、尿沈渣の結果、他院に紹介し、重要な尿路系の病気がみつかった方も数人いらっしゃいます。早くみつけてもらって良かったと感謝される場面に出くわすと、医療は保険診療のみではないなあ~。保険診療の枠組みを超えて、医療を見つめる必要もあるのだなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい院長先生

はじめてコメントさせていただきます。
現在、クリニックのレセプトを任されている者です。医療事務経験もレセプト経験も20年以上になりましたが、細かく変わる診療報酬やまだまだ熟読できていない点数表に日々苦闘しています。
うちのクリニックでは、院内でやっているカタチで外注にだして算定しています。売り上げを第一に掲げる院長と患者を第一にする院長の違いですよね。羨ましいです。。
また分かりやすい説明ブログ、とても助かります。在宅医療がほぼ初心者なので看取り加算や死亡加算など、今後載せていただけたら嬉しいです😊

Re: 素晴らしい院長先生

コメントありがとうございます。私もクリニックの事務を任されてはいるものの、毎日悪戦苦闘です。先日も訪問診療の患者様がお亡くなりになり、死亡加算、看取り加算で戸惑いながら算定したところです。クリニックでは相談相手が少ないので、悩みますよね。
将来的にはブログを通じて、全国のクリニック勤務の事務員の横の繋がりが出来たらいいな。悩みを相談できる場が提供出来たらいいなと考えています。
来年の診療報酬改定に向けて、一緒に頑張りましょうね。

お返事ありがとうございます😊
私も全国の医療事務の方と勉強会のような場所があったらな〜〜と思っていました。
看取り加算とターミナル加算とられたんですね。
是非にブログ更新をm(__)mお待ちしております

Re:

死亡加算看取り加算、今月のレセプトが終わったら是非まとめて、投稿させて頂きます。今日は、夫の蜂咬傷事件がありましたので、そちらをご覧ください🤗
クリニックの事務の会を開いている機関もあるようですが、ちょっと会費がお高めだったり、地方の会員は会合に出席出来なかったりと色々難しいとこもあるようです。もっと気楽に無料でネット上等で、意見や質問出来る会、作れたらと。まずは地道にブログを頑張って、読者が増えたら提案出来たらと思っています。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }