HbA1cの減点

明日はレセプト送信です。
それにもかかわらず、押し寄せてくる盆休み前の患者様の列列列。

朝から「ここはどこ?」という程、ワイワイガヤガヤ、元気な?お年寄りたちの笑い声話し声。

「お宅が長い夏休み取ってんやからなあ~。」の鋭い患者様の突っ込みに、「そうですよね。確かにこっちの勝手休みなんですけどね。病院は、通常診療ですものね。でもクリニックの醍醐味ってそこぐらいなんですから、休ませて下さいよ」。と心でつぶやき、顔で笑って。

おまけに台風の警報で、子供さんが休みになり、急きょ休みを取らざる負えなくなったスタッフもおり。

朝から院内も台風でした(´;ω;`)ウゥゥ

そんな中でのレセプト点検。国保からこんな減点が戻ってきました。


まさかのHbA1cの減点です


縦覧点検 

5月30日 HbA1c 施行 (病名 糖尿病疑い)

6月27日 HbA1c 施行 (病名 糖尿病疑い)





まさかHbA1cは1か月に1回のみ算定の検査の代表格!

月1回のルールは守ってますし、病名漏れもありません。

それなのに何故???




大事なことを忘れていました。というよりそこまで気が付かなかったこちらのミスですね。この患者様、糖尿病の疑いはあるものの、あくまでも疑いのみ。医師に相談すると、値的にほぼ糖尿病に近いらしいですが、微妙なところだそう。なのでもちろん薬もまだ出ておりません。そこを見落としていたんですね。糖尿病確定診断で、毎月1回HbA1cを測っていたとしたら、何の問題もなかったのでしょう。しかし、ほぼ寝たきりに近いこの患者様に、そこまで多くの検査は過剰と判断されたのでしょうか。縦覧点検でチェックされたのは、当院初めての事例です。突合点検での減点は、たまにあったのですけどね。


参考

縦覧点検とは・・・同一医療機関の同一患者について、サーバーに蓄積している過去6か月分のレセプトを参照して、当月のレセプトを審査することをいう

突合点検とは・・・医科・歯科レセプトと調剤レセプトをコンピューター上で患者単位に紐づけし、院内処方のレセプトと同様に病名と医薬品の適応、用量等の適否を審査するものである


週1回 月1回 複数月1回の検査(レセプト総点検マニュアルより抜粋)






まとめ


医師の中には、納得いかない部分もあるようですので、とりあえず再審査してみます。結果は数か月後にお知らせ出来ればと思います。明日は、台風一過。よい天気になるでしょう。(子供の頃は台風一家だと思っていました・・・)レセプト終了まであと一息。お盆の波にのまれながらのレセプト業務、皆様頑張りましょうね。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }