領収書と明細書

一昨日から電子カルテがバージョンアップしました。本来使いやすくなるはずでしたが、苦労しております。処理能力が速くなり、用量が増えたとの説明でしたが、どうも使い勝手が悪い。長年慣れ親しんで使い込んだものを少し修正が加えられるだけでも、その流れを習得するまでには時間がかかるものです。人間がコンピューターを使いこなすのではなく、コンピューターが決めたものに人間が合わせていかなくてはいけないのが実情です。

そうはいっても、毎日の診療は粛々と進めていかなくてはいけないので、習うより慣れろといったところでしょうか。


領収書の再計算


医事(受付)で一番戸惑っているのは、領収書の再計算の仕方が変わったこと。今までですと例えば前回未収金があり、本日診察ありで、前回の分と合わせて領収書を発行する場合、一旦前回の領収書の差し替えを行い、その後本日の領収書を発行していたのですが、今回からは、前回の分が本日の領収書の中で相殺されて一枚のみ発行するようになりました。しかしながら明細書に関しては、本日の分しか発行されないので、前回の分は再度発行しなおす手間がかかります。そもそも領収書と明細書は両方必要なのでしょうか。


領収書と明細書


領収書とは、点数表の各部単位で金額の内訳のわかるもの

明細書とは、算定項目を具体的に記載したもの




「領収書」は無償で交付し。レセプトオンラインシステムを導入している医療機関は「明細書」も無償で発行する必要があります。様式や用紙の大きさは定められていません。

こちらの記事も併せてご覧下さい。➡明細書発行体制等加算について





(領収書の見本)









(明細書の見本)






領収書のルールについて



  1. 領収日付:領収書発行の日を書く(必ず発行する日の日付が必要です)

  2. 患者様の氏名:領収書を受け取る患者様の名前を正式に記載する

  3. 金額:¥1,350など3桁ごとに「,」で区切りましょう

  4. 点数表の各部単位で金額の内訳がわかるように記載する

  5. 収入印紙:金額が5万円以上の場合は必要。割り印も必要です

  6. 医療機関の住所と名称:医療機関の正式名称と住所を記載したら、認印も必要です




明細書のルールについて


算定項目を具体的に記載したものが必要で、検査料ではなく、(創傷処置、心電図、診断書等)のように具体的な内容が必要です。




まとめ


そもそも領収書・明細書などは元々電子カルテを利用している場合、業者が作り上げてくれているので、詳しく記載内容のルールなど気にも留めていませんでしたが、改めて調べてみると細かく決められています。診療点数早見表の一番最初(通則)にとても詳しく載っていますので、一度読んでみることをお勧めします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }