FC2ブログ

消炎鎮痛等処置は損?

ウォーターベッド


当院には1台だけ、リハビリ用機器があります。待合室の隅にポツンと置いてあるのは、ウォーターベッド君。 水の入ったベッドですので、柔らかく、心地よく、水の浮遊感を利用して、血行促進効果、リラクゼーション効果が得られる全身治療機器です。勿論医療器の認可を取ったものですので、使用すると医療点数が発生します。

患者の病状により(特に肩こり、腰痛等の患者)、医師の指示の下、看護師見守りで行う処置になります。




消炎鎮痛等処置 35点


ウォーターベッドを使用すると、消炎鎮痛等処置(35点)が算定出来ます。診療点数早見表で確認してみましょう。




長い診察の待ち時間に気軽に出来ることもあり、患者さんからはとても定評のある処置です。

しかし、実際のところ、ウォーターベッドを診察の待ち時間に利用されると医療側としては損をしてしまうことをご存じですか?




外来管理加算 52点


外来管理加算(52点)は、処置、リハビリテーション等を行わずに計画的な医学管理を行った場合に算定できるもので、再診料の加算点数です。こちらも併せてご覧下さい。➡外来管理加算について

ということは、診察に訪れた患者が、診察+ウォーターベッドのような消炎鎮痛処置(35点)を行った場合は、外来管理加算(52点)は、算定出来ないこととなります。








  • ウォーターベッドを使用しない場合:(再診料72点)+(外来管理加算52点)=124点

  • ウォーターベッドを使用する場合:(再診料72点)+(外来管理加算52点)+(消炎鎮痛等処置35点)=107点



要するに124点-107点=17点 処置を行った場合の方が、普通に診察をするよりも安い点数になってしまうということです。





これって、変だと思いませんか?医師が指示を出し、看護師が処置に伴う補助をし、手間も時間も多くかかっているのに、点数がマイナスになるなんて、どういうことなんだか。

きっと多くの場合は(整形外科など)、消炎鎮痛等処置は、診察ではなく、リハビリのみで訪れることが多く、現実に即した点数構成になっているものと考えられます。しかし、当院のように診察のついでにちょっとウォーターベッド。という考えではウォーターベッドのメンテナンス料、手間賃を考えると単なるマイナス材料にしかなっていませんね。



まとめ


診療点数にはこのような、?と思える点数が多々あります。しかし、診療点数改定の度にその不公平感のある点数は改定されていくものもあります。例えば退院後1か月内の特定疾患療養管理料もその一つ。平成28年度の改定前までは、退院後の方の1か月以内の特定疾患療養管理料がことごとく、減点になっていました。診療所のようなところでは、患者様が入院していたことなどわからないこともあり、請求後に減点されることの多かったこと。今では減点されることもなく、よい見直し事項であったと痛感しています。今、私が点数化して欲しいのは、長谷川式認知症テスト。手間がかかるテストにも関わらず診療点数がありません。それも今後見直されていくかもしれません。

 

   


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

処置と外来管理加算

いつも勉強させていただき、ありがとうございます。

何の知識も無いまま、最近では簡単な会計を教わっています。診療後に全ての患者さんの請求の画面を見て、見慣れて欲しいと言われてますが、よくわかりません。
いつも、電気で通院されている患者さんがいます。
処置に消炎鎮痛処置を入れて合計を出します。この方が診察に入った日があり、その時は処置をいれずに外来管理加算がとられていました。
なぜ、処置が入ってないのか聞いたら、診察と 電気の処置は両方とれないから、と言われました。
これって、やはりイレギュラーなやり方なのですか?

Re: 処置と外来管理加算

るいるりさん。お疲れ様です。
見て覚えるのって言う方は簡単ですが、言われる方は大変ですよね。見るポイントがわかれば、見てるうちにわかってくると思いますが、知識もなくどこをどう理解したらいいのかわからない時は、まず先輩の真似をするだけではなく、意味を分かって覚えると理解度が深まりますよ。

まずは外来管理加算の意味を復習しましょう。外来管理加算とは、(医師が丁寧な問診と詳細な身体診察を行い、それらの結果を踏まえて患者に対して症状の再確認を行いつつ、病状や療養上の注意点等を説明すること)なので、再診料を算定する時にはセットでついくる加算です。(*ちなみに場合によっては外来管理加算をとれない場合もありますが・・・)

通常の診察の場合:再診料+外来管理加算。これがスタンダートな料金です。

しかし、今日は電気を当てるという処置(消炎鎮痛処置)もしたということですよね。そうなると単純に考えると
 再診料+外来管理加算+消炎鎮痛処置 と思ってしまうのですが、これは✖間違いです。「処置をしたのになぜ消炎鎮痛処置料を取らないの?」と思ってしまうかもですが、
外来管理加算と消炎鎮痛処置はどちらかしか取れないという、診療報酬の決まり事があるからです。

そうなると①再診料+外来管理加算と②再診料+消炎鎮痛処置、どちらが高いかすぐにわかりますよね。同じ診察行為をするのなら外来管理加算をとるのは当たり前のことで、①の再診料+外来管理加算で算定するのが、医療事務としてはスタンダードなやり方です。多分先輩の方がおっしゃっていたのは、そういう事だと思いますよ。

初めてのことばかりで、大変なことが多いと思いますが、いつもそうやって疑問を持って納得していけたらすごく成長できると思います。頑張って下さいね。

ありがとうございます。

お忙しい中、丁寧なお返事ありがとうございます。
職場の先輩にあまりつっこんで質問できず、わからないままだったので、勉強になりました!
まだまだ勉強不足ですが、少しずつ理解できるよう、頑張ります。
ありがとうございました!
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }