レセプト病名による、薬の減点について

大事なのはモチベーション


今日は月に1度のスタッフミーティングでした。先週は個人面談週間でしたので、各々スタッフから院長に要望があったこと、説明を求められたことに対する返答会も兼ねていました。

私も数々の要望や疑問点などを院長にぶつけましたが、一番大きな要望は、賞与アップでした。私以外にも同じような要望があったようで(小さなクリニックなので、労働組合はありません。)その回答は次のようでした。


院長:「医療業界は、収益が大きく伸びたり落ちたりする業界ではないので、毎年一回のベースアップはするが、賞与で個人を評価しません。」


つまり賞与アップは考えていない。との回答。

公式に全員の前で回答があったので、今後も大きく覆ることもないでしょう。すっかりモチベーションが下がってしまいました。




それでもレセプトです


モチベーションが下がったとはいえ、やるべきことはしっかりとやらなくてはいけません。今週の土曜日にレセプト伝送を予定しているので、本日は休診日とはいえ、レセプトチェックでクリニックに缶詰め状態でした。

今回特にチェックで気を付けたのが、薬に対する病名。以前に、減点になったものを中心に、総点検です。



アマージ 減点


減点事例:アマージ2.5㎎×3錠

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:アマージ、片頭痛薬。「頭痛発見時に1回2.5㎎ 1日5㎎以内」。

アマージ2.5㎎×3錠では、1日に7.5㎎服用することになります。「頭痛発見時」とあるので、内服ではなく、頓服が基本。頓服ですので1回量を基本とし、10日までが原則です。



トラムセット配合錠 減点


減点事例:トラムセット配合錠 

病名:慢性疼痛

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:トラムセット配合錠は単なる疼痛病名だけでは、通りません。非がん性慢性疼痛、又は難治性疼痛等の病名が必要です。



スピリーバ吸入用カプセル18μg 減点


減点事例:スピリーバ吸入用カプセル18㎍

病名:急性気管支炎

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:スピリーバ吸入用カプセルは、気管支炎では通りません。慢性閉そく性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)もしくは気管支喘息の病名が必要です。



ネキシウムカプセル20㎎ 減点


減点事例:ネキシウムカプセル20㎎ 初回投与日から8週を超えて投与

病名:逆流性食道炎


減点理由を分析:ネキシウムカプセルは1日1回20㎎。胃潰瘍、吻合部潰瘍、維持療法除く逆流性食道炎8週間まで。8週を超えて処方する場合は、難治性逆流性食道炎の病名が必要です。




まとめ


過去の失敗は、現在の糧になります。失敗や間違いを犯したときは、喜んでその事実を受け止め、次に繋げましょう。

労働者ですので、賞与アップを望むのは当然ですが、それがなくても仕事や苦労は必ず自分の糧になっています。それをプラスに捉えてモチベーションにつなげましょうか( ;∀;)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }