レセプト病名による、薬の減点について

大事なのはモチベーション


今日は月に1度のスタッフミーティングでした。先週は個人面談週間でしたので、各々スタッフから院長に要望があったこと、説明を求められたことに対する返答会も兼ねていました。

私も数々の要望や疑問点などを院長にぶつけましたが、一番大きな要望は、賞与アップでした。私以外にも同じような要望があったようで(小さなクリニックなので、労働組合はありません。)その回答は次のようでした。


院長:「医療業界は、収益が大きく伸びたり落ちたりする業界ではないので、毎年一回のベースアップはするが、賞与で個人を評価しません。」


つまり賞与アップは考えていない。との回答。

公式に全員の前で回答があったので、今後も大きく覆ることもないでしょう。すっかりモチベーションが下がってしまいました。




それでもレセプトです


モチベーションが下がったとはいえ、やるべきことはしっかりとやらなくてはいけません。今週の土曜日にレセプト伝送を予定しているので、本日は休診日とはいえ、レセプトチェックでクリニックに缶詰め状態でした。

今回特にチェックで気を付けたのが、薬に対する病名。以前に、減点になったものを中心に、総点検です。



アマージ 減点


減点事例:アマージ2.5㎎×3錠

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:アマージ、片頭痛薬。「頭痛発見時に1回2.5㎎ 1日5㎎以内」。

アマージ2.5㎎×3錠では、1日に7.5㎎服用することになります。「頭痛発見時」とあるので、内服ではなく、頓服が基本。頓服ですので1回量を基本とし、10日までが原則です。



トラムセット配合錠 減点


減点事例:トラムセット配合錠 

病名:慢性疼痛

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:トラムセット配合錠は単なる疼痛病名だけでは、通りません。非がん性慢性疼痛、又は難治性疼痛等の病名が必要です。



スピリーバ吸入用カプセル18μg 減点


減点事例:スピリーバ吸入用カプセル18㎍

病名:急性気管支炎

事由:医学的に適応と認められない


減点理由を分析:スピリーバ吸入用カプセルは、気管支炎では通りません。慢性閉そく性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)もしくは気管支喘息の病名が必要です。



ネキシウムカプセル20㎎ 減点


減点事例:ネキシウムカプセル20㎎ 初回投与日から8週を超えて投与

病名:逆流性食道炎


減点理由を分析:ネキシウムカプセルは1日1回20㎎。胃潰瘍、吻合部潰瘍、維持療法除く逆流性食道炎8週間まで。8週を超えて処方する場合は、難治性逆流性食道炎の病名が必要です。




まとめ


過去の失敗は、現在の糧になります。失敗や間違いを犯したときは、喜んでその事実を受け止め、次に繋げましょう。

労働者ですので、賞与アップを望むのは当然ですが、それがなくても仕事や苦労は必ず自分の糧になっています。それをプラスに捉えてモチベーションにつなげましょうか( ;∀;)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

JOY様へ
大変お返事が遅くなりまして申し訳ございません。拍手コメントにコメントを頂いていたのですね。拍手コメントはほとんどチェックしていなくて、そのページを開くまで全くコメントが来ていることに気付かず、先ほど気が付いたところです。本当にごめんなさいね。もう、解決しているかもしれませんね。今度から返信希望のコメントはメールを利用してくださるか、コメント欄にコメントして頂けると、コメントが来たことが私のメールに通知されますので、助かります。

さて、院外処方の処方をそのままレセプト送信してしまった件ですが、私も実はやってしまったことがあります。私の場合は、少しJOY様とは違うかもしれませんが、全部院外処方で、電子送信をしているので通常のレセプトでは、そういったミスは絶対に起きないのですが、返戻のレセプトを郵送で送信する際に、誤って、処方薬を載せたものを郵送してしまったことがあります。
まずは、国保連合会から、処方がのったレセプトが送られてきているということを指摘する電話が来ました。慌ててそのレセプトは誤送信であったことを伝え、どうしたらよいか尋ねたところ、薬がのっていることが問題ではなく、(仮レセプト)と表記されていることが問題(薬を載せたレセプトは仮レセプトと表記されます)と言われ、その部分を訂正したものを至急郵送するように言われ、なんとか間に合ったことがあります。
JOY様の場合は、当月のレセプトということで、枚数も多かったでしょうから、大変困惑されたのがよくわかります。
もう解決済みかとは思いますが、やはり国保又は社保に誤ったことを伝えてどうしたらよいのか指示を仰ぐのが一番かと思います。
遅い返信の上にあまり参考にならないコメントで申し訳ありません。
今回はコメントして頂き本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さんへの応援ブログです。
(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }