在宅酸素導入!手順と算定について

在宅酸素導入!さてどうしますか?


慢性閉そく性肺疾患や、慢性心不全などで在宅酸素が必要になった場合、事務としては何をどうしたらいいかわかりますか?

実は今日、後輩から「在宅酸素のことがよくわからないんです。最初に導入する時って、何をどうしたらいいのかわからないんです。」と相談を受けました。

なるほど、毎月間違いなく算定していたので、当然わかっていると思っていたのですが、いつも前月を参考に同じ要領で算定していただけのようです。どうも導入時の算定にあやふやな部分があったようですね。

特に大切なのは、最初の導入時。酸素導入及び在宅酸素療法指導管理料を算定するまでには、確認しなければならないことがいくつかあります。一度算定してしまうと、次の月からは前回のを参考にコストを取ることになるので、一にも二にも最初が肝心。

今日は酸素導入の事務的手順について復習します。




在宅酸素導入の手順



  1. 医師が在宅酸素が必要と診断する

  2. 患者の了解を得て、酸素業者に連絡をする

  3. 医師と酸素業者(例:帝人、フィリップス等)の間で、契約書を交わす

  4. 医師が酸素業者に酸素の内容について指示書を提出する

  5. 酸素業者が指示書の通りに、患者に在宅酸素を提供する

  6. 診察時に患者の酸素の状態を確認、指導し、在宅酸素療法指導管理料の算定をする

  7. 酸素業者が契約者(医師や病院)に在宅酸素料の請求をする





事務の手順


詳しくは以前のブログにも書いてありますので併せてご覧下さい➡在宅酸素療法算定について




1.指示書の確認

 ①病名は? (病名によって点数が違います チアノーゼ型先天心疾患 か その他か)

 ②加算は? (酸素の装置は何か。加算で何を取ったらよいか判断します)

 ③いつからか?(指示がいつから出ているかによって、算定開始がいつか判断します)








2.診察時に算定する(必ず酸素飽和度を測り、カルテ及びレセプト摘要欄に記載する)




3.毎月、在宅酸素算定の有無を酸素会社に報告する(酸素会社はそれを基に酸素料金を病院に請求します)




まとめ


後輩に在宅酸素導入の流れを指示書や契約書を見せたりしながら説明すると、やっと納得がいったようです。確かに毎月同じ点数を算定するので、疑問に思わなければ、そのままですものね。質問を受けて私もいい復習になりました。人に教えるのが一番勉強になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }