FC2ブログ

自立支援医療証とは?

自立支援医療の対象疾患


今日、一人の患者様が自立支援医療証を持ってこられました。

当院は初診の患者様。他院精神科でうつ病で通院されていましたが、その精神科の先生の紹介で、「本態性振戦」を診て欲しいということで来られました。

患者:「自立支援医療は使えますか?」

みると、自立支援医療証を持っていて、指定医療機関に当院が追加記入されています。当院を受診される前に、市役所で交付を受けたようです。

医師:「残念ですが、本態性振戦では、自立支援医療は使えません。確かに精神科病名では使えたのでしょうが、紹介状によると当院では本態性振戦を治療して欲しいということですよね。今日は医療保険になりますよ。」

患者:「しかし、市役所で交付を受けましたが・・・」

医師:「うーん。どうしたものでしょうね。」




当院は神経内科なので、時々こういう勘違いが生じます。届出書の印鑑を押した市役所側も十分な確認を怠ったのかもしれません。神経内科は、精神科や神経科と同じように捉えられて、精神疾患も診ていると思われがちなのです。神経内科で自立支援が使える疾患は「認知症」や「てんかん」患者様。残念ながら「本態性振戦」では使うことが出来ません。そのことを詳しく説明し、「本態性振戦」に関しては医療保険を使用して治療することを納得して頂きました。




自立支援を受けるには


自立支援法は2006年4月に制定され、身体障害者と知的障害者、精神障害者について様々な支援を行う制度です。


  1. 市町村等に申請を行う

  2. 医療受給者証の交付


負担上限額は、0円、2500円、5000円、10000円、20000円の五段階区分です。









このような👆受給者証を持って来られます。




2か所以上の医療機関を受診した場合


負担額は患者単位で管理することになっており、自己負担上限月額のある患者様については、受給者証と共に「自己負担上限管理票」で確認をします。
指定医療機関は提示された管理票に一診療ごとに徴収した自己負担額とその月の累積額を記載し、管理します。負担額が自己負担上限額に達した場合は、管理票の所定欄にその旨を記載します。院外処方の場合は指定保険薬局でも使用できます。





まとめ


自立支援医療証、または特定疾患医療証も上記のような、管理票で自己負担額を管理しています。しかしながら、患者様自身、その管理票を持ってくるのを忘れてくることもあり、一体今月、他の医療機関でいくらかかったかわからずに、困ることがあります。月内に利用された医療機関(薬局も含む)を尋ね、電話で問い合わせをしたりして、大変手間がかかります。支払い後に、何らかの理由で支払額が変わるときが一番問題で、すべて月内にかかわった医療機関に連絡を入れ、レセプト請求額を変更してもらわなくてはなりません。
電子カルテが普及し、レセプトも電子請求する時代に、未だにこのような紙ベースで負担額を管理していることに疑問を感じるのは、私だけでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

わんこさん。お久しぶりです。
レセプト大変だったんですね。お疲れ様でした。
精神科なら自立支援多いでしょうね。
当院の場合「てんかん」「若年性認知症」の患者様のみですので、こちらの方が色々聞きたいぐらいです。
私の所も自立支援の切り替え申請が遅くなって、期限を過ぎても申請に行き忘れる患者様もいらっしゃるので、レセプトは保留にする場合が多いです。
保険証、公費の医療証があれこれある方は、本当に面倒ですよね。医療の情報を一つにまとめた保険証があればいいのですが・・・。
すべて保険証のみで精算し、後で還付という方法だと、医療関係者としては楽なんですけどね。

わんこさん。いつも温かくて有益なコメントありがとうございます。とても参考になります。 
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }