長谷川式、MMSEも点数がつきます(80点)

認知機能検査の項目が増えました。


2018/4の診療報酬改定により、認知機能検査の項目が増えました。

以前のブログでも書いたことがありますが、今までは認知機能で一番よく施行する検査(長谷川式簡易知能評価スケール、MMSE等)は基本診療料に含まれるとされ、算定できませんでした。こちらをご覧ください→認知症は早期発見、早期治療が大切です

しかし、遂に今回の診療報酬改定で認められ、認知機能検査その他心理検査「操作が容易なもの 80点」に堂々と仲間入りすることになりました。めでたしめでたしというところですか。




改定の概要(臨床心理・神経心理検査)


D285認知機能検査その他の心理検査の「1 操作が容易なもの(80点)」に、長谷川式簡易知能評価スケール、M-CHAT、STAI-C、MMSE等8項目が追加された。また「3 操作と処理が極めて複雑なもの(450点)」に子ども版解離評価票が追加された。




長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)


実際の検査の内容はこんな感じです。聖マリアンナ医科大名誉教授の長谷川和夫氏が考え出された検査で、その名前を取って長谷川式というのですね。

大の大人を相手にするテストにしては少し小馬鹿にした質問内容もあるかなという印象もあるので、患者様の協力と理解がないと実施できない検査だそうです。しかし、大がかりな機材が必要なく時間も15分程度で実施できる検査で、ある程度、客観的に認知症を診断する材料になる検査のようです。


MMSE


MMSEの方は、こんな検査です。こちらはアメリカのフォルスタインさんらによって考案されました。長谷川式と違って、紙を利用したりする動作を必要とする検査が含まれています。














まとめ


私のクリニックでは今までずっとこの2種類の検査を無料で行って認知症の診断に役立ててきました。今回の診療報酬改定で算定可能になり、やっとやっと報われたという気持ちでいっぱいです。


今後、認知症が益々増える時代。簡易に検査も実施できますし、手広く多くの医療機関で認知症患者様に役に立つ検査として利用されることと思います。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さんへの応援ブログです。
(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }