人は突然死にます

身近な人が亡くなった後の手続きのすべて


Amazonでこんな本を買いました。


言い忘れましたが、今のところまだ同居中の夫の両親と、私の実家の父は元気です。(実母は25年前に亡くなりましたが)

しかし、親世代の死だけでなく、私や夫も50を過ぎましたので、昔だったら疾うに死んでいる年齢。ある日突然、こんなことが必要になってくるかもしれません。突然のその日に慌てないように、一冊身近に置いておこうと思って購入しました。






患者様が死亡した時


医療機関に勤めていると、悲しいかな、事務仕事と言えども、人の死に間接的に触れることはありますよね。今は診療所勤めなので、直接患者様の死の場面に出くわすことはありませんが、病院勤めの時は、ドクタークラークをしていたこともあり、救急室に運ばれてきた患者様の処置にドクターと一緒についていき、蘇生をする医師の傍らで、電子カルテに蘇生のための処置の記録を淡々と打ち込むこともありました。救急室での蘇生ですので、患者様が目の前でお亡くなりになる場合も勿論あり、そのあと、霊安室のカギを開ける仕事は本当にいやな仕事でした。

今は診療所勤めなので、さすがに目の前で患者様はお亡くなりになりませんが、いつも受付で会話をしていた患者様が、突然亡くなられたと近隣の病院から一報が入ったりなどはよくあること。「○○さん、亡くなったんだって。」待合室で、そういう会話はよく耳にします。

訪問診療に行っている患者様は特に注意していなくてはなりません。悲しいかな、突然亡くなって、医師が死亡確認に行くことも想定されます。

患者様が死亡したとき・・・その日は突然やって来ます。患者さんの家族は急いで死亡診断書を取りにきますし、会計も済ませておかなくてはなりません。会計後に間違いがあったとしても、追加でお金を頂くことなんて出来ないことです。事務として必要なことは、「その日が来た時」素早く正確な会計と書類作成をすることです。






死亡マニュアルを作成しておく


縁起のいいことではありませんが、死亡マニュアルを作っておきましょう。必ず役に立つ日がやってきます。一番多いのは訪問診療の在宅患者様が亡くなるパターン。亡くなる前は、訪問回数や往診が増えたり、訪問看護からの報告も頻回になったりしますよね。そうなるといよいよその日は近いのかもしれません。死亡の連絡があったら、ドクターは診療を中断しても患家に出向くかもしれません。その時の対応マニュアルも必要になります。


  • 死亡時の状況(訪問時なのか往診時なのか)

  • 死亡した日時(往診で行った場合は死亡時刻によって取れる加算も変わってきます。)

  • 死亡時の加算(看取り加算、死亡診断加算、在宅ターミナルケア加算など)

  • 死亡診断書作成(死亡診断書の料金は決めていますか?正しく診断書を書けますか?)





過去のブログに死亡診断時の記事をいくつか書いています。良かったら併せてご覧ください→死亡診断書 →死亡診断 →死亡診断書と死体検案書の違い




まとめ


我が家の愛犬は今年の7月で12歳になります。最近はすっかり茶色だった毛も白くなり、毛の量も少なくなってきました。しかし、老犬ですが今のところはまだ元気に走り回れますし、体調も上々です。でも犬ですのであと生き永らえたとしても数年程度。いつまでも一緒にいたいですが、その日は突然やってくるはずです。一人でその日を想像しながら涙を流してる私。こういう時は昔子供に読み聞かせをした絵本を取り出してきます。もし、読んだことがない方がいたら、是非一度読んでみて下さい。子供への読み聞かせは勿論、大人になって読んでも感動できる絵本です。






「なっちゃん🐶、ずっと、ずっとだいすきだよ。」

twitter_icon_f07a237e2197fdd9edc11b0fafb74c95.jpgなつこからのお願い

(只今アンケート募集中)全国の医療事務の方々が一体どのぐらいの給料、賞与なのか、興味がありませんか?そういうことって隣のクリニックのことさえ、わからないものですよね。もちろん正社員、パート、アルバイトと条件は違うので一概には言えませんが、もし、大勢の方がご回答いただけるようでしたら、必ず集計してブログで医療事務の給与の実態を発表しますので、アンケートにご協力ください。



  1. 勤務状況(病院か診療所か等)



  2. 雇用状況(正社員かパートかアルバイトか等)



  3. 給与額



  4. 賞与額



このブログのコメント欄に1~4を記載して頂き、送信してください。もちろん無記名(ハンドルネーム可)、ブログ非公開扱いで構いません。非公開でコメントを頂ければ一切、ブログに載ることもありませんし、私の方でも個人を特定することは一切できませんので安心して、コメント欄に回答頂ければと思います。操作を誤って公開にした場合はこのブログにそのまま載ってしまいますので、ご注意下さい。


またメールフォームも用意してありますので、そこにコメント頂いても結構です。(私のメールアドレスにそのまま届きます。但しこの場合は、個人のメール番号がこちらで把握出来てしまうので、ご了承下さい。)




★ブログ内のプラグインに「今年の夏のボーナス」アンケートも実施していますので、こちらは該当部分をクリックして頂くだけのものです。みなさんの集計結果もすぐに「投票結果」から見ることが出来ます。多くの方にクリックして頂くと、全国のみなさんの医療事務の実態を見ることが出来ますよ。




既にご協力頂いた方には深く感謝致します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
アンケート募集
無料アクセス解析
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }