FC2ブログ

自立老人を支えられない国家

父を見舞う旅


今日は新幹線の中で、ブログを書いています。
昨日、久しぶりに父の住む小倉に降り立ちました。折しも日本列島逆横断の台風の最中、行くのも少しためらいましたが、新幹線が止まったら、仕事を、休んで一泊伸ばそう。たまにはこんな突然の休みもいいかもね。と強行しました。
というのも父の様子が最近元気がない。一番近くにいる姉が参っていることもあって、普段全く父の世話をしない後ろめたさもあり、急いで新幹線に乗り込んだという訳です。
言い忘れましたが、父は大正15年生まれ、御歳92歳。高齢者サービス付き住宅に1人暮らしです。姉が車で30分ぐらいの距離に住んでいます。週末は姉がいつも様子を見に行ってくれているのですが、最近眠れないと睡眠薬に頼る毎日。眠れないと薬を飲む。薬を飲むと身体がだるい。だるいので、昼間寝てばかりいる。昼間寝ているので、夜眠れない。と悪循環の様子。
睡眠薬に後ろめたさがあって、やめていきたいが、中々やめられない。それも悩み。と、元気が無くなってしまったのです。
久しぶりに出会った父は少し痩せて、寂しげに見えました。元々社交的な人で高齢にも関わらず、太極拳、英語、パソコンなど多面なクラブに所属し、友人も多かったのですが、訳あって、去年、姉の住む近くの施設に転居してから、難聴も進んだ関係もあり、他人とコミュニケーションがしづらくなり、新しい環境で友人が出来ないことが、寂しさの一番の原因のようでした。

介護保険は何のためにあるのか


父は、心臓と肺に持病があるものの、背中はピンと真っ直ぐ、どこまでも歩けますし、認知もない。見た目は元気。ということで、何度申請しても介護認定は受けられません。しかし耳が本当に遠くて、筆談でしか会話が成立しないほど。おまけに92歳という超高齢者。何故、こんな老人に日本は手厚くないんでしょう。
自動的に90歳を超えた老人には自立していても、介護保険が降りてもいいと思います。最後まで自分らしく生きたくて、子供の手を借りず。一人暮らし。そんな老人をどうして国は応援していけないんでしょう。
習い事をしたくても送迎がないため諦め、社会から取り残されて行く父。それでは、子供のあなたが面倒みればいいじゃないか。って。そうですよね。それが出来れば一番なんですが。様々な理由があることも分かる方には分かりますよね。簡単に家族で解決出来ないこともあるのです。だから介護保険があるのに、自立だというだけで、何の恩恵も受けられない。
日本というのはそういう国です。戦後の復興に力を注いだ世代を支えることも出来ないのです。

医療の現場から


身体や心の具合が悪くなる老人は病院に行くことだけを日課とします。そこで沢山のクスリを出されて、益々死が遠くなる。それで在宅に手厚くと、医療現場も変わりつつありますが、まだまだこれからだなぁという印象です。
人間は死ぬまで、生きなくてはいけません。自分らしく生きるために。言葉では簡単ですが、生きることは、過酷です。

まとめ


新幹線は、西日本豪雨で被害のあった広島岡山を通過しました。新幹線のホームからは、わかりませんが、ここで、多くの方が被害に遭われました。雨ぐらいで、人が死ぬなんて、誰も予想しなかったことです。突然、命を落とされた方々はどれほど心残りだったことでしょう。
その一方で、オウムの犯人達がまとめて処刑されました。命の重みを、改めて考えさせられた夏でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 質問があります

Sさん、こんにちは。
医学管理の算定についての質問ということですが、どの医学管理でしょうか?
もう少し具体的に項目をしぼって質問頂けたら、お力になれるかもしれません。
全般的にということでしたら、ブログ内のカテゴリー「診療報酬改定2018」や「診療点数早見表」の中にも
いくつか医学管理に係る内容について、書いてあるものがあるので参考にしてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご迷惑をお掛け致します

Sさん。こんにちは。特養の配置医師の場合の医学管理についてですね。

私も調べてみたところ、やはり皮膚科特定疾患指導管理料は、算定不可の項目にはありませんね。
そうなると単純に考えて、指導をしたのなら算定してもよいのではと思います。

しかし、一つ気になる点があります。それは、院長先生が皮膚科専門医ではないというところです。仮に皮膚科と形成外科の専任なら問題ないと思うのですが、内科も兼任しているのでしょうか。
今日のブログ「皮膚科特定疾患指導管理料とは」でも調べて書かせてもらったのですが、この管理料は皮膚科を専任する医師が指導管理を行った場合に算定するとあり、兼任の場合は算定出来ないと解釈出来ます。

詳しい御院の状況がわかりかね、私の取り越し苦労かもしれませんので、あとはご自分で確認してみてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 自立老人を支えられない国家

Sさん。お返事を拝見してどうしてもまたコメントしたくなりました。
診療所の場合、院長イコール経営者である場合が多く、算定もお伺いが必要になります。Sさんの場合も、これおかしいのでは?と思いながらも算定してるのが、よくわかります。
Sさんの院長先生の言われる通り、レセプトの審査機関は通過できると思いますが、監査や立入り調査が行われた場合はカルテとの照合が必須なので、どうなんでしょう。
私も算定の解釈で、?と思ったらすぐに院長に意見してしまう方なのですが、一事務員が何度も食らいついてまで意見するのは、自分の立場上出来ないし。とても葛藤があります。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }