FC2ブログ

診察料が算定出来ない時~レせ「摘要欄」の記載について

レセプト伝送時に注意したいこと


9月になりました。暑さはまだまだ夏真っ盛りですが、朝晩の過ごしやすさに秋の気配を感じるようになりました。私の町では、秋祭りのための子供たちの太鼓の稽古が始まって、夕方の涼しい風の中、「どーん、どーん」と軽快なリズムを響かせています。

さて、月初というとレセプト業務。明日からの1週間、皆様忙しい日々を過ごされるかと思います。4月の診療報酬改定から約半年が過ぎ、新点数もしっくりいくようになり、落ち着いて業務に臨めるようになりましたが、あまりお目見えのしない算定は、時々忘れてしまいがちなのも事実。今日は点数こそないものの、レセプトの「摘要欄」に必要な記載事項について一部触れてみたいと思います。




診察料が算定出来ない時


医師が診察をすると、「初診料」または「再診料」が算定できますが、医師の診察が行われていない場合は当然、これらは算定できません。医師が診察をしない場合とは例えばこんな時です。


  • 検査のみの受診

  • 画像撮影のみの受診

  • 処置のみの受診

  • 手術のみの受診

  • 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合

  • 検査、画像診断の結果のみを説明した場合

  • 診断書等の書類を取りに来た場合


などが考えられます。

しかし、上記の中でも赤字検査、画像診断の結果のみを説明した場合は、医師が実際は診察した場合があるので、必ずカルテのチェックが必要です。もし、診察をしていてもカルテ記載が無い様なら、医師にカルテに記載してもらう必要があります。




レセプト「摘要欄」への記載


2018年4月の診療報酬改定で上記の場合に、レセプト「摘要欄」にレセプト定型文を入れる必要が出てきました。厚生労働省 保医発0326第5号 別表Ⅰを参考にすると、このように書いてあります。

(初診又は再診の後、当該初診又は再診に付随する一連の行為を後日行った場合であって、当該初診日が前月である場合)

ア、初診又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来院

イ、往診等の後に薬剤のみを取りに来院

ウ、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来院

少し分かりづらいですね。簡単に言うとこんな感じ。

8月:腹痛で来院。医師の診察で、9月に血液検査をすることになる。→初診料

9月:血液検査のみのため来院→再診料は無しで、レセプト定型文の「ウ、一旦帰宅し、後刻又は後日検査を受けに来院」を選択

月をまたいで、診察行為なしの来院があった場合は注意が必要です。




実際の現場で


簡単な定型文ではありますが、実際にレセプトチェックでは、見落としてしまうことが多いものです。日々、上記のような検査のみ来院はよくあることですが、前月と当月にまたいでいる場合だけに注意をするのは中々難しいもの。多くは同月内に(初診料+検査のみなどのように)、一連の行為が終了してしまう場合が多いからです。その場合は、このような定型文は必要なく実日数のカウントだけ気を付けていればいいので。

私のクリニックでは事務スタッフで話し合いをして、検査のみ等で患者様が来院した場合、月をまたぐかまたがないかは後の問題として、当日算定時に患者様のIDをノートに記録しておくことにしました。そしてレセプトチェックの時に、もう一度その患者様のカルテを確認して、月をまたいでいる場合は、その定型文を入れることにしました。この半年、なんとかこれで上手くいっています。皆さんの現場ではどのように対処していますか?




まとめ


日本列島に再び台風が近づいていますね。今度の台風21号は非常に強い台風とのこと。明後日4日には西日本から東海地方にかなり接近し、上陸するおそれがあるようです。台風の接近に伴い患者数も影響を受けますよね。台風前後は駆け込み患者が増えるもの。明日は忙しい一日になりそうです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }