FC2ブログ

頓服処方について

コメントから勉強させて貰っています。


先日、私のブログに頓服処方についてコメントをくれたW様、ありがとうございました。自分では当たり前に分かっているつもりでいたことを、コメントを返すためにもう一度見直してみると、とても勉強になるものです。W様のところも頓服処方で査定があったようですが、分析してみると、診療所の場合は特に診療行為が少ないこともあり、レセプトの査定は薬剤についてのものが多かったりしますよね。

今日は頓服処方について基本のおさらいをしてみようと思います。




頓服薬とは


定期的、継続的に飲むのが「内服薬」。発作、疼痛時などに、臨時に服用するものが「頓服薬」です。ちなみに「外用薬」は体の表面に用いる薬のことを言います。

例えば・・・


  • 血圧の薬等は、毎日決まって服用するものなので→「内服薬」

  • 頭痛や発熱時に、その時だけ服用するものが→「頓服薬」


になります。

私たち医療スタッフにとては当たり前のことのようですが、患者様には案外わからないもの。先日も先生が患者様に「今度から睡眠薬は、内服じゃなくて頓服にしておくね。頓服だから今回は14回だけにしておきます。眠れない時だけにしてね。」と言ったところ、患者様の顔が「???」に。会計の時にいつも28日分処方される睡眠薬が14回分しか処方されていなくて、「今日はどうして少ないの?」と事務スタッフに質問があり、患者様がどうも内服と頓服の違いがわからなかったことが判明しました。




頓服の処方制限


頓服の基本は疑義解釈資料の中に「1日2回を限度として臨時的に投与するものをいい、1日の服用回数が2回以上でかつ服用に時間的、量的に一定の方針がある場合は内服薬とする。頓服薬は症状に応じて臨時的服用を目的として投与するものをいう。」とあります。

都道府県によって「1回量×10回」もしくは「1回量×14回」としているところが多いようです。

ちなみに当院では1回14回を制限として処方しています。




薬の処方について思うこと


実は薬の処方についていつも悩んでいることがあります。例えばこのような頓服が出た場合、基本はレセプト的には14回までとなっていても、ドクターが28回で処方した時、皆さんはどうしていますか?

その場ですぐに医師に連絡をして、基本は14回までだと伝えるか、若しくはそのまま放置するか・・・迷うことってありませんか?

医師は基本を当然知っていて敢えて多く処方している場合もありますし、もちろん人間ですからうっかりってこともあります。その見極めがつかない事務スタッフが忙しい診察の最中に、ドクターにそんなこと聞いていいのか?ということ。診察の中身を見ていない事務スタッフがそこまでする必要があるか?という疑問もあります。「薬のことは医師や薬剤師の管轄だし、素人があれこれいうべきじゃないしね。」というのもあります。

時と場合によりますが、私はその場で患者様のために何か悪影響が及ぼされるかも、と感じた時で自分の知識の範囲で「あれ?」と思ったことは面倒ですがもう一度聞いてみることにしています。


  • 「先生、緑内障をお持ちの患者様ですがPL処方されていますが、よろしいでしょうか?」

  • 「〇〇剤と〇〇配合剤は、併用不可ですが、よろしいでしょうか?」


「事務スタッフごときが!」と内心面白く思われないドクターもいるかもしれませんが、水際で危険を察知できた場合、伝えることは重要なことです。「あーありがとう。そうだよね。助かったよ。」と言ってもらえればとても嬉しいもの。しかし、私の知識間違いで「それはいいんだ!。そのままで!」って怒られることも勿論ありますがね・・・




まとめ


医療事務は、お金の計算、接遇だけを担当しているわけではありません。特に小さな診療所になればなるほど、チームプレイが大切になります。仕事の分担もはっきり線引き出来るのは大きな病院だからこそ。診療所勤めが面白いなと思うのはその点です。事務の枠を超えて、薬の知識、看護の知識、医師の知識のほんの少しでも自分のものとして吸収していければ、一事務スタッフの枠を超え、診療所にとって大きな力になるでしょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お久しぶりです。

Nさん、お久しぶりです。お仕事頑張っているのが伝わってきます。お元気そうで何よりです。

今度は支払基金に請求するのですね。それなら総括票は要りませんよ。

支払基金なら診療報酬請求書診療報酬明細書(レセプト)が必要(総括票は要りません)で、
国保なら総括票請求書診療報酬明細書(レセプト)が必要と覚えておけば大丈夫です。(但し都道府県によって総括票が要らない場合もあります。)

公費との併用の場合でも、主保険が支払基金か国保かで必要な書類を判断して下さいね。

レセプトのことは、ホームページでも詳しく書いてあります。支払基金http://www.ssk.or.jp/seikyushiharai/、国保は、○○県国保連合会と検索すると必要な様式についても詳しく書いてありますので見て下さい。

レセプト送信まであと少し。今月もお互い頑張りましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }