FC2ブログ

限度額適用認定証の提出について

限度額認定証、見たことありますか?

8月から70歳以上の方の限度額が変更になりましたよね。現役並みが3種類に細分化され、かつそれぞれ限度額が引き上げられました。保険入力にも慣れてきた頃ではないでしょうか。

目新しい「現役並みⅡ」とか「現役並みⅠ」なんていう限度額認定証を持って来られると、「お、これがそうなのかあ。」とちょっと感激したりしてます。というのは、やはり限度額認定証って、入院して医療費が高額になった時だけ、申請する人がほとんどなので、外来ではあまり見かけないからです。
限度額認定証は、保険証とは別に患者様が個別に持ってこられるものです。必ずしも全員が持っているわけではないので、窓口では提示された方だけ、保険入力をする必要があります。
大切なポイントは、この適用区分という欄。この区分に応じて窓口で支払いをして頂きます。

公費との併用

実は先月からこの、限度額適用認定証で問題が起きました。公費との併用で限度額認定証が無い方にレセプト送信の際にエラーが発生してしまうのです。

  • 主保険のみ(限度額認定証なし)
  • 公費(適用区分に限度額あり)
電子カルテ会社に問い合わせると、「公費の適用区分と主保険に相違があるため、送信できない。一旦公費の方を優先して保険入力をし、レセプト送信後に元に戻してください。」との返事でした。
要するに「本来なら限度額認定証に値する方が、申請をしていないだけで、資格としてはあるので、公費の適用区分の通り入力して。」とのこと。こちらとしては、本物の限度額認定証を確認していないので、いやな感じなのですが、公費には最初からその区分が表記されているので、それを主保険として入力するようにとのことでした。
こんなことなら、主保険発行時に最初から所得区分は分かっているのですから、限度額認定証も同時に発行してくれたら良いのに。と思います。
過去にも同じような失敗をしたこともあり、→保険証入力の際の注意点

またもや保険証入力の深みにはまってしまいました。


まとめ

最近、なんだか忙しい日々が続いて、帰ったらお風呂に入ってバタンキューの生活が続いていました。しかし、来週はドクターが学会に出席することもあり、なんと4連休!久しぶりに泊まりで、九州の父親のところに顔を見に行こうと思っています。明太子も買いたいし、とんこつラーメンも食べたいし、門司港で焼きカレーもいいなあ。食べることばばっかり。あーありがたや、学会様。診療所に勤めてよかったなと思える瞬間です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

呼吸器リハビリ

こんばんは。
呼吸器リハビリの初期、早期加算の起算日の件で質問です。
点数本には、「発症、手術若しくは急性増悪から7日目又は治療開始日のいずれか早いもの」を起算日とするとあります。
7日目は、発症にもかかっていると解釈していたのですが、先月、何件か査定を受けました。国保連に確認したところ、7日目というのは、発症日にはかかっていないと言われました。今までずーっと発症日から7日目か治療開始日のどちらか早い方を起算日として算定してきてたのですけどね…
どのように思われますか?

Re: 呼吸器リハビリ

わさびさん、こんばんは。
早期リハビリの解釈の件ですね。点数表の日本語って難しいですよね。
ここでは、「、」「若しくは」「又は」の使い方を覚えるといいのかなと思います。

分かりやすく書くと、「【A(発症)、B(手術)若しくはC(急性増悪から7日目)】又は【D(治療開始日)】のいずれか早いもの」という意味で、
・【A(発症) B(手術)C(急性増悪から7日目)】のいずれか  
又は
・【D(治療開始日)】
のいずれか早いもの
という意味ではないでしょうか。

国保連の言われるように、私も7日目というのは急性増悪にかかるだけで、発症日にはかかっていないのだと思います。

お返事、ありがとうございます。
うちの場合リハ科も医事課も、みな同じ様に解釈していました。
言われてみれば、そうですよねー。
いいように解釈してました。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }