FC2ブログ

わかる診療点数早見表ガイド 湿布枚数について


  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。


処方料 湿布枚数について









入院中の患者以外の患者に対して(外来で診察を受けた患者に)
1処方につき70枚を超えて湿布薬を投薬した場合は算定しない(湿布薬を71枚以上も処方してはいけませんよ)
ただし、医師が疾患の特性等により必要性があると判断し、やむを得ず70枚を超えて投薬する場合には(ただし、医者が仕方なく病気の重い患者に対してどうしても、たくさん湿布が必要なんです、という場合だけ)
その理由を処方せん及び診療報酬明細書に記載することで算定可能とする(その理由を処方せんに記入して、レセプトにも記入すれば70枚を超えて処方も認めますよの意味)


なぜ湿布薬は70枚を超えてはいけないのか




平成28年4月の診療報酬改定の折、湿布については70枚を超えてはいけないという通知が出ました。70枚以上/回の湿布を処方されている患者は全国で30万人/月を超えていたとか。 今回の枚数制限によって年間数十億円の医療費削減が見込まれています。高齢者社会に向けて、医療費を削減するのに一番手っ取り早いところだったのでしょうか。確かに以前私が勤めていた病院でも内科にもかかわらず患者様の希望にそって1回につき140枚なんてことはザラでした。家の隅に眠ったまま、または使わずに捨てられてしまう湿布の医療費を考えると、確かに納得せざるを得ないところですかね。


処方上の注意


処方せん欄


  • 医薬品名

  • 投与総量

  • 1回当たりの使用量及び1日当たりの使用回数、又は投与日数

  • 使用に際しての注意事項等


例1 モーラスパップ30㎎ 10cm×14cm 28枚
  1日1枚 28日分 膝に貼付




例2 MS温しっぷ「タイホウ」200g

  1回20g 10日分 肩に貼付





例3 モーラスパップ30㎎ 10cm×14cm 77枚

  1日2回 1回2枚 膝に貼付 20日分


処方せん備考欄 (70枚を超えた場合は)



  • 投与が必要であると判断した旨(1処方で70枚を超えて投与する場合)




  
疼痛が強いため、70枚を超えて湿布処方

レセプト摘要欄(70枚を超えた場合は)



  • 投与が必要であると判断した旨(1処方で70枚を超えて投与する場合)




  
疼痛が強いため、70枚を超えて湿布処方




Q&A


Q:70枚超投薬の対象となる湿布薬にゲル剤は含みますか?
A:貼付剤のみに適用です。ゲル剤やチック剤、外用薬のオピオイド系鎮痛薬等は含みません。

Q:モーラステープを35枚、ロキソニンテープを42枚という風に種類を変えて処方をするのはどうですか?

A:認められません。湿布薬全体の合計枚数が70枚を超えてはいけません。


まとめ


70枚以下処方が始まった時は、患者様から「もっと湿布出してくれないの?」とか「いっぱい貼るから困るんだけど」といったクレームも多々ありましたが、1年経過してみると、ほとんどの人がその枚数でも十分足りているのか、文句を言う方も少なくなりました。内科なので、すんなり受け入れてくれたのかもしれませんが。それでも足りないとおっしゃられる方には、薬局で足りない分は買ってもらうようお願いしております。
先日、マラソン後の足の痛みが残っていたので、病院に行く程でもなかったので、ドラッグストアで湿布を購入しました。色々ありすぎて、(゚Д゚;)。それに高い!7枚で1000円~1500円するものまで所狭しと並んでいました。

パスタイムZX 7枚・7cm×10cm悩んだあげく、こちらの商品を購入。
健康保険ってホント助かりますね。この1~3割で湿布が処方してもらえるのですから。湿布70枚処方が始まって1年。どのぐらい医療費削減に功を奏したか知りたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }