FC2ブログ

わかる診療点数早見表ガイド 分割処方について


  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。


分割処方について


今日の診察のことです。軽度認知障害の患者様です。月に2回診察に来てもらっています。
「実は、明日から、愛媛の娘のところに行くんです。先生、いつもより長く薬を出してもらえませんか?」
「処方は30日分が限界なんですよ。」
「そうなんですか・・・」
「どこか娘さんのご自宅の近隣の病院でもらって頂くしかないですかね~」

(実は、当院ドクタは、昨年度の診療報酬改定の長期投薬に係わる原則に強く拘って、30日以上の投薬を認めていません。)


長期投薬を行う場合は、いくつかの条件が追加されました。

  • 患者の状態が安定していること

  • 服薬管理が可能であること

  • 病状が変化した際の対応方法、医療機関の連絡先を周知すること




30日を超えた場合は、


  • 30日以内に再診を行う

  • 200床以上の保険医療機関にあっては、他の200床未満の病院又は診療所に文書による紹介を行う

  • 患者の病状は安定しているものの服薬管理が難しい場合は、分割処方に係わる処方せんを交付する




診療点数早見表をチェックしてみると






医師が処方する投薬量については、予見することができる必要期間に従ったものでなければならず、(薬を処方するときは、やたらと長く、だすものではありません)30日を超える長期の投薬を行うに当たっては、(30日以上薬を出す場合は)長期の投薬が可能な程度に病状が安定し(病気の状態が安定していて、同じ薬でしばらく大丈夫という感じ)服薬管理が可能である旨を医師が確認するとともに(薬の管理ができる人、または誰かがしっかり管理してくれることを確認する)病状が変化した際の対応方法及び当該保険医療機関の連絡先を患者に周知する。(病気が悪くなったときの方法や、病院の連絡先を教えてあげること)


この患者様は病状は安定しているものの、軽度認知障害があり、一度に30日分の処方をすることは危険もあるので、滞在先の娘さんに服薬管理をお願いし、今回分割処方せんで対応することとなりました。

分割処方の処方せんの出し方


分割で処方せんを発行する場合の注意点は、備考欄に分割回数及び分割ごとの調剤日数を「備考」欄に記載する。また処方した医薬品の中に分割調剤の対象でない医薬品がある場合(ここではアモバン)のみ、分割調剤を行う医薬品が明確にわかるように、「処方」欄に記載する。なお、薬局への具体的な指示事項がある場合にも「備考」欄へ記載する。


分割処方の流れ


実は、当院では分割処方の処方せんを発行するのは初めてのことでした。処方せんが無事薬局に受理されたのか、その後どういう手続きで2回目、3回目を調剤されるのか心配になったので、薬局に電話で確認しました。

「処方せんは1枚だけでしたが、その後2回目、3回目は処方せんはどうなるのですか?」

「本日は1回目の調剤分のみ調剤し、処方せんの裏に調剤禄を貼りつけてあります。その処方せんは患者様にお渡ししております。2回目は15日以内にどこかの調剤薬局に行ってお薬をもらうようお話ししてあります。」

「通常だと処方せんの処方期間は4日ですよね、分割の場合はどうなるのですか?」

「処方期限は30日です。もし、患者様が2回目の15日を過ぎてしまうと、調剤日数が少なくなってしまいますので、そのことは気を付けられるようお話ししました。」


なるほど、一枚の処方せんを分割回数分だけ使いまわすということなんですね。


まとめ


分割処方なら病状の安定した患者様に何度も病院に足を運んでもらう必要がなく、便利な方法ですよね。医療機関の混雑緩和をはじめ、再診回数の減少による医療費や通院負担の軽減につながるというメリットもあります。前回ジェネリックに関して書きましたが、お試しにジェネリックを使用してみる。なんてことも出来そうです。もしジェネリックで不都合があった場合には、処方せん記載通りに戻すなんてこともできるという訳ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }