FC2ブログ

向精神薬長期投与による、処方料・処方箋料減算開始!

明日から向精神薬にご注意

2018年4月の診療報酬改正で「向精神薬を長期投与した場合、処方料2(29点)・処方箋料2(40点)を算定すること」となりましたよね。長期投与というのは1年以上の投与のことで、2018/4からスタートした改正ですので、とうとうその1年後が明日に迫っています。
つまり向精神薬が、2018/4/1から2019/3/31まで連続して長期投与されている患者様が対象となるわけで、減算の対象となる事例が発生するのが、2019/4/1以降。つまり明日から減算しないといけないというわけですね。みなさん減算の準備は出来ていますか?

向精神薬長期投与とは?

まずは、減算の対象がどういうものか、診療報酬改定の通知で確認しましょう。
不安または不眠の症状を有する患者に対して、1年以上継続(*1)して別に厚生労働大臣が定める薬剤(*2)を投薬した場合(*3)、をさします。
  • (*1)1年以上継続とは「同一の成分を同一の1日あたり量で連続して処方している場合」をさします。定期処方と頓服薬の変更は、「同一の1日あたり用量」には該当しません。
  • (*2)別に厚生労働大臣が定める薬剤とは、→(まずはこちらの独立行政法人医薬品医療機器総合機構 PMDA「ベンゾジアゼピン受動態作動薬の依存性」をご覧ください ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について。)
  • (*3)例外とは、当該症状を有する患者に対する診療を行うにつき、十分な経験を有する医師が行う場合、又は精神科の医師の助言を得ている場合、その他これに準ずる場合を除きます。

*詳しくは、厚生労働省の通知をご確認下さい


減算しないための対策(例外)

当院の医師は精神科医ではないため、このままでは減算対象となってしまうということで、今年度に研修を受けて頂きました。よって、減算対象にはならずに済みました。こちらの記事もご覧ください→眠れぬ夜にベンゾジアゼピン?
もちろん、皆様のところでも対策が取られていると思いますが、もし対策を取られていない場合は、処方料、処方箋料を算定するときに注意して下さいね。

まとめ

1年って早いですね。バタバタと診療報酬改定に伴う事務処理に追われていたのが昨日のことのよう。診療報酬改定があると、病院と違って、クリニックは小さな組織なので、頼れる人も少なく、いろいろと心細いものですよね。クリニック勤めの皆さん。迷ったら、是非私のブログを検索してみて下さい。同じようなことでつまづいている私に出会えるかもしれません。時間がある時は、メールやコメントでも質問や悩みも受け付けていますので、一緒に乗り越えていきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

いつもブログを訪問して頂いて、ありがとうございます。
では、ご質問にお答えしますね。

同一の1日あたり量とは、例えば、「マイスリー10㎎×28日 分1 就寝前」と処方されたとします。

これはマイスリー10㎎を1錠ずつ、就寝前に毎日飲むということですよね。この場合1日あたり量はマイスリー10㎎ということです。

【1年以上継続とは「同一の成分を同一の1日あたり量で連続して処方している場合」をさします。】

つまり、マイスリー10㎎を毎日1錠、一年以上途切れることなく、継続して処方されたことを指します。


こんな回答で良かったでしょうか。分かりにくかったらまたご質問下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }