FC2ブログ

2020/診療報酬改定予告編  検査・画像診断

2020年診療報酬予告編その2


前回のブログに続き、今日は検査、画像診断についての変更される見込みのある箇所についてです。詳しくはこちらをご覧ください→中医協ホームページよ




具体的検討事項(検査・画像診断編)


  • 医者の技術料としての評価が低すぎる検査料の見直し〚生体検査(運動負荷、子機ガス分析加算など)〛の再評価

  • 常勤の放射線診断専門医による体制がある場合の増点

  • 遠隔画像診断の定期と内容の明確化

  • コンピュータ断層診断の要件見直し、他医療機関撮影のCT等の読影は初診、再診にかかわらず評価すること




個人的には他医療機関撮影のCT、MRI等の読影に再診でも算定できるのはうれしいですね。xpは初再診に関わらず取れるのに、「なんでCTは、初診しか算定できないの?」っていつも疑問に思っていたんで。ましてや450点もの点数を再診というだけであきらめなくてはいけなかったんですから。読影するという点では初診も再診も関係ないですからね。



診療報酬前の今、これだけは準備しておこう






  • 現在、自分のクリニックで算定しているコストをノートなどに、項目別に抜き出しておく

  • その時、現在の点数を書いておく



  • 書き出した右側を空白にしておき、書き込めるようにしておく



今からこれだけ準備しておけば、いざ点数改正が発表になったときに、サクサクと新点数を書き込んでいけば、頭が整理されやすく便利です。私は毎回、1冊、診療報酬用の専用ノートを作っています。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }