FC2ブログ

電話や通信機器を用いた初診料の実施

初診料の基本がひっくり返る


初診料算定の原則!「必ず患者と対面で診察をすること」

今、コロナウイルス感染症に伴い、その原則が一時的に緩和されました。




厚労省の4月10日の事務連絡1.(1)によると

「規定する初診から電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方をする場合には、当該患者の診療について、診療報酬の算定方法A000初診料の注2に規定する214点を算定すること」




つまり電話や情報通信機器(パソコンやスマホ)で初めての患者を診察した場合に、

新型コロナウイルス感染症・臨時的取扱214点を算定できるということです。




普通の初診料の288点よりは低いですが、新型コロナウイルス感染症・臨時的取扱いとして正式に算定できます。




慢性疾患の患者の電話再診


そのほかにもこんな特例も新設されました。




慢性疾患の診療(コロナウイルス感染症・臨時的取扱)147点

普段は慢性疾患として特定疾患などの管理料を取っていた患者様が電話で再診があった場合に、取れる管理料のことです。

月2回の特定疾患療養管理料よりは低いですが、電話再診で算定できる医学管理料としては、初のこと。コロナウイルスを恐れて実際に来院できない患者様には、もれなく取っていきたい管理料です。




院内トリアージ実施料


これは従来、届出をしている医療機関のみに限定されたもので、休日または深夜においてトリアージが実施された場合に算定していたものです。

しかし、今、コロナウイルスの恐れのある患者様が来られた場合、十分にトリアージ(優先順位を決めて治療や搬送の優先順位を考え診察すること)した状態で診察した場合、一時的に届出がなくても算定できることとなりました。

院内トリアージ実施料300点

当院でも今週からコロナかもと疑って、特別に診察をした場合(防護服、特別部屋への案内など)このコストを取り始めまています。




日々変わる診療報酬


日政府からも発言がありましたが、コロナウイルスに関し、診療報酬アップで医療機関を支えていこうという動きがみられます。厚労省のホームページをみると日々更新されていく事務連絡。

「院内トリアージは当院では取れるのか?」

「電話で再診の場合の、管理料は?」

「オンライン診療の届け出は?」などなど

毎日疑問が湧いてきては、院長と話し合い、時には保険医協会へ問い合わせをしたりして、当院なりの結論を出している日々。今までこんな経験がなかっただけに、日々頭をフル回転させている状態です。小さなクリニックは日々のコロナ対策で手一杯。


  • 患者様への検温、消毒

  • 患者の導線の消毒、清掃

  • 距離を保って待たせる工夫

  • コロナと普通の患者を見分ける対応

  • まずは自分がかからないこと


などなど本当に今までにはない苦労の連続ですよね。そんなときに忘れがちなのがこの診療報酬。取れるものは取っておかないといけません。みんなの努力がそこに反映されているのですから。

私たち医療事務員も医療スタッフの一部。今この時期、一番大切な医療を支えている一人です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Yさん。お久しぶりです。本当にコロナコロナで大変な日々が続きますね。
さて、ご質問の件ですが、以下の事務連絡のことでよろしかったでしょうか。

「処方箋の取扱いについて
患者が、薬局において電話や情報通信機器による情報の提供及び指導(以下「服薬 指導等」という。)を希望する場合は、処方箋の備考欄に「0410 対応」と記載し、当 該患者の同意を得て、医療機関から患者が希望する薬局にファクシミリ等により処方 箋情報を送付すること。その際、医師は診療録に送付先の薬局を記載すること。また、 医療機関は、処方箋原本を保管し、処方箋情報を送付した薬局に当該処方箋原本を送付すること。 」

 これは、患者様が直接に医師と直接出会っての診察を希望せず、電話などの通信機器での診察を希望した場合のことです。

 こういう患者様の場合、当然薬剤師とも直接出会って薬の受け取りをしたくないので、医師が処方せんに「0410対応」と記載し、ファックス等で処方せんを希望する薬局に送付することで、それを受け取った薬剤師は、「0410対応」と書いてあるので、直接出会わずに、電話などで服薬指導をする患者様だと認識できる。

という意味です。

本当にわかりにくい事務連絡ですよね。一刻も早くコロナ終息が見えて欲しいものです。お互い医療機関ということで危険度も高く緊張の日々が続きますが、頑張りましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }