FC2ブログ

レセプトコード増殖中~2020診療報酬改定

2020診療点数早見表



4月5月は、コロナ禍でどこぞに吹っ飛んでしまった2020年診療報酬改定でした。新しい診療点数早見表はみなさま、もう購入されたでしょうか。毎年毎年分厚く重くなっていく「診療点数早見表」。今回私はまだ購入していません。いつもなら予約してまで手に入れるのですが、今年は先に変更部分だけを掲載した診療報酬BASIC点数表2020を購入したため、躊躇していました(二重に重なる部分があるため)。また職場には保険医協会から届いた保険診療便覧(これは医学通信社協力編集のもので、ほとんど「診療点数早見表」と同等です)もありますので、それを見てから必要なら自分用にも購入しようと思っていたのです。


さて職場にある本をパラパラと開いてみると、なんとまず目に飛び込んできたのが「新型コロナウイルス感染症」に関わる内容が数十ページ!緑の色で(緑は新しい項目という意)ずらっと書き綴ってあります。


  • 外出自粛者の診療

  • 臨時的取扱い

  • 施設基準

  • 診療報酬の取り扱い等々


この先もコロナの行く末によっては、中止されたり変更されたりする部分があるのでしょうかね。今後も注意深く見ていきたいと思います。




レセプトコード


今回の改定はあまり大きな改定はなかったものの、私なりに感じたところでは、レセプトコード(電算コード)が大幅に増えたなあと思いました。レセプトコードの欄は巻末近くの診療報酬請求書・明細書の記載要領の部分にあります。2年前のレセプトコードもややこしいなと思ったのですが、この度そのコードが増えていました。その一部がこれ。



在宅時医学総合管理料の算定に、該当する状態を(要介護3など)レセプトコードで入力したり、在宅誘の指導管理料酸素飽和度をいれたりなど。今までももちろん入れていた内容のものも、レセプトコードとして個別にその番号で入力するようにまでは、強制されていなかったので大きな変化です。電子カルテを使っているその機器により、かなり入力の仕様にも違いがあるでしょうが、なんだか面倒なことになってきました。

一つ一つの算定項目にレセプトコードがつくということは、国が管理をしようとしている意味。すべてコード化し統計を取って、今後の日本の医療に大きく貢献してくれれば、良いのですが・・・




ちなみにこちら、まだ猶予期間が定められているので、本格的に導入しなければならないのは10月からとなっています。今のうちにしっかり自分のところで頻出する算定項目を調べておいた方がいいかもですね。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

Y様、いつもブログを訪問頂きありがとうございます。
間歇スキャン式持続血糖測定器加算が4月の改定から加わりましたね。確かに1250点と高いですが、Y様の医院さんで導入されているのだとしたら、当然算定してよいと思いますよ。何も後ろめたいことなんてないです。
確かに患者様には最初「え!今月からなんでこんなに高いの?」と言われるかもしれませんが、厚労省の決めた点数なので、しっかりと算定の必要性を説明さえすれば、何も問題ありません。

当院でも患者様には「今月なんでこんなに高いの?先月より高いよ。」なんて言われることがありますが、その都度診療報酬の仕組みを説明するようにしています。患者様は分からないなりにも、真摯に説明する態度を見せると納得してくれるものです。ましてや厚労省はその仕組みを考えた張本人ですから、こちらが正しく算定していれば、目をつけるなんてことは無いと思います。以前に査定があったとか、院長先生に何か考えがあるのかもしれませんが、しっかり話し合って取れるところは取っていけたらいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }