FC2ブログ

在医総管(処方せん未交付加算)とは?

在医総管





在医総管って難しいですよね。当院は訪問診療は数人のみ。どうしても勉強をするのが億劫になってしまいがちです。しかし、どうしても年に1~2回は勉強しなおす必要がやってきます。残念ながら患者様が亡くなった時や、新しく訪問診療を始める場合など。いつものルーティン算定では太刀打ちできない時がありますからね。




先日ある患者様がいつも薬を出しているのに、薬が大量に余っていて薬を出さない月がありました。「あっ!、確かこういう時って、’処方せん未交付加算’とかいうのが取れたのでは・・・」と頭の奥から小さな声が聞こえ・・・








ということで今日はそれを復習してみました。









診療点数早見表を確認する











え?これだけ?そうこれだけです。目次で「処方せん未交付加」と探しても載っていなくて、在医総管の説明の欄の一部を探してピックアップしました。






要するに処方せんを交付しないその月は、300点取れますよ。というそれだけです。「え?」なんで処方せんを出していないから点数が引かれるなら分かりますが、300点もらえるなんて。なんだか「???」になったのは私だけでしょうか。

あちこち持っている算定本で調べてみたところ、どうも在医総管は包括点数であるので(包括とは:いろいろなものをセットで取る点数のことで、在医総管の場合は医学管理料や投薬、処置などがセットで〇〇〇〇点と決まっています)投薬→処方箋料もセット項目に含まれているので、あえて薬が処方されない場合はその分をもらえるというわけ?なんでしょうか。




処方せん未交付加算が算定出来る時、出来ない時


早見表の参考の欄に以下のようにありました。(抜粋)

Q:当月に処方せんの交付がない場合は処方せん未交付加算を算定できるが、以下の場合にあっても算定できるか。


①当月の投薬がすべて院内処方の場合→算定できる

②状態が安定しているなどして投薬が必要ない場合→算定できない

③同一月に処方せんを交付した訪問診療と院内処方の訪問診療が混在した場合→算定できない


④前月に2カ月分の院外処方をしているため、今月は投薬がない場合→算定できない

当院の今回の場合、薬が余っていたので処方しなかったという理由なので、上記にぴったりと当てはまるものはありませんが、②④に近い理由なので算定できないと考え、算定しませんでした。

在医総管ってホント難しいですよね。












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 在医総管(処方せん未交付加算)とは?

A様。この度は私の疑問にお答え頂き誠にありがとうございます。とても丁寧にお教え頂き、大変勉強になりました。居宅療養についてもそういう風に算定できるのですね。目からうろこでした。残念ながら当院は院外処方のみなのですが、基本の考え方を具体例まで添えて頂きとてもよくわかりました。
ありがとうございました。

在医総管

いつも勉強させていただいてます。まだまだ医療事務に関しても未熟ですが、在宅は本当にわかりにくくて、返戻のたびに苦戦してます。
在医総管を算定している患者さんに導尿の処置をしました。聞く人によって言われることが違い、混乱してます。ご存知でしたら、ご教示ください。

在医総管に処置は含まれるため、ディスポーザブルやキシロカインなどの薬剤のみ算定できる。
とかんがえてましたが、医師が行うと薬剤も持ち出しになるので、算定できないと言われました。
ということは、同行した看護師や、訪問看護で行ったら薬剤は算定できるのでしょうか。
本でしらべても、そこまで詳しく書かれておらず、わかりません。
よろしくお願い申し上げます。

Re: 在医総管

R様。お疲れ様です。本当に在宅医療って難しいですよね。私もあまり在宅に関しては詳しくないのですが、自分の少ない経験の中からお答えさせていただきます。
在医総管を算定している患者様は包括点数になるので、処置の手技料は包括に含まれるので算定できません。在宅医療の処置で必要な物品も、特定保険医療材料等で算定できるものは保険算定できますが、それ以外は基本的には包括されているので算定できません。
しかし、ここからがポイントです。在宅寝たきり患者処置指導管理に係る在宅薬剤及び特定保険医療材料の費用は、
「㊵処置」薬剤としては算定できませんが、「⑭在宅」薬剤として算定することが出来ます。
もちろん往診時、訪問診療時などに医師が処置をしてもよいですし、訪問看護に指示をして処置をする場合でも同じです。レセプト請求時には「⑭在宅」で算定し、「摘要」欄に使用日を記載するのも忘れないでくださいね。
スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務のQ&A。わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }