わかる診療点数早見表ガイド 夜間・早朝等加算

夜間・早朝等加算


  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。

平成28年の診療報酬改定で夜間・早朝等加算について、施設基準を満たしていれば、届出は不要となりました。
当院でもそれを機に夜間・早朝等加算を算定しています。しかし、最初からうまく行った訳ではありません。
名称が夜間・早朝となっていることもあり、「なぜ、夜でも早朝でもないのに、割高になるんですか?」「診療時間内なのに、どうして?」等クレームからのスタートでした。
勿論、夜間・早朝等加算を頂きますよ~と言った内容のポスターを作って院内に掲示しましたし、夕方6時を過ぎての患者様には一言、「夜間・早朝等加算がつきますので少し高くなります。恐れ入ります。」といった声掛けをしていたんですけどね。
1年が経過し、やっとスタッフ、患者様にも少しこの制度が浸透しはじめたかな。といったところです。今日は、夜間早朝等加算も含め、時間外、休日、深夜加算なども勉強しなおしてみますね。


早見表をチェック



1週当たりの診療時間が30時間以上であり、「早朝6時~8時」「夜間18時~22時(土曜は12時以降)の時間帯のいずれかに診療を行う診療所で算定可。

夜間救急を担う病院に軽度の患者様が集中しないよう、設定されました。


当院での取り組み

  1. 以下のようなポスターを作成し、院内に掲示
「当院では、早朝6時から8時、夜間18時から22時(土曜は12時以降)に予約外で受付された患者様に夜間早朝加算50点を加算しております。ご了承下さい。」
2. 夜間18時を超えて受付された患者様には(予約外)、加算がある旨を説明
3.会計時に、加算分があることを明細書を見ながら説明
注:予約の患者様は18時を過ぎても、算定しない


その他の加算(診療時間以外に来院)

  • 時間外とは診療時間以外(但し以下を除く)
  • 休日とは日曜日・祝日・12月29日~1月3日
  • 深夜とは夜22時~翌朝6時
  • 救急病院や救急輪番であれば時間外特例加算あり
  • 休日加算は平日は対象外
  • 平日の休診日は時間外加算の扱い
  • 日曜日や年末に診療している場合は加算不可
  • 深夜と重複する場合は深夜加算を優先


標榜診療時間 

8:00~19:00 土曜日は8:00~15:00 休診日:木曜日・日曜・祝日

<一般の場合>診察日(土曜日以外)


木曜日



日曜日・祝日



(日曜日を診療日とした場合)



土曜日



<小児特例の場合>①6歳未満の乳幼児が②夜間・休日・深夜に受診した場合は③標榜時間内で
あっても緊急に時間外・休日・深夜に受診した場合と同じ点数を算定する
診察日(土曜日以外)


木曜日



日曜日・祝日



日曜日を診療日とした場合



土曜日



初・再診料と往診料の加算が算定できる時間帯(診療時間:9時~12時、16時~19時)

*時間外加算の取り扱いは都道府県によって異なる

<平日>



<休日>



まとめ

夜間・早朝等加算を算定しだしてから、1日に1~2名は算定していることに気付きました。昨年度からは届出もないので、気軽に算定できる上に貴重な収入源になっているように思います。ただ、患者様によく説明理解を頂いた上で、算定しないと誤解も招きますし、全スタッフの情報共有が必要だと感じました。そのほかの加算については正直、電子カルテを使用していると、勝手に時間になるとパソコンが算定してくれるので、正直忘れがちです。今更ながらこうして図にしてみると、理解しやすいです。医療事務の基本の基本を機械に任せず、頭で納得しないといけませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }