わかる診療点数早見表ガイド 皮膚欠損用創傷被覆材

皮膚欠損用創傷被覆材


  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。


当院は内科なので、外科的処置は殆どないのですが、たまに褥瘡や軽い傷、火傷などの処置をすることはあります。内科ではあまり関与しない算定なので、その都度、早見表を確認して算定をしています。

創傷処置とは


創傷処置とは、比較的小さな切創、刺傷、咬創などの処置のことです。擦過傷、褥瘡、手術創など縫合をしない傷の手当のことです。縫合必要傷の手当は創傷処理で算定します。

普通、簡単な消毒やガーゼによる被覆のみです。ガーゼや包帯、固定のためのテープ類の請求は認められませんが、使用薬剤で15円を超えるもの、また特定保険材料の皮膚欠損用創傷被覆材は算定できます。今日は皮膚欠損用創傷被覆材について確認してみます。


早見表(材料)をチェック




解説


(1)真皮に至る創傷用(皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の3つに分けられます。真皮は触れる肌の皮膚のすぐ下です。)


(2)皮下組織に至る創傷用(真皮より下の組織のことです。深い傷をおうと皮下組織まで至ります。)

(3)筋・骨に至る創傷用(筋肉や骨までの深い深い傷を言います。)
☆傷の深さは(真皮)<(皮下組織)<(筋・骨)といった感じですかね。



ア 傷を保護するだけの被覆材の費用は、創傷処置に含まれて算定できません。
 皮膚欠損用創傷被覆材はいずれも2週間を標準として、特に必要な場合は3週間を限度として算定を認められます。また同じ部位に対して複数の創傷被覆材を貼った場合は、主な大きな部分の大きさで算定します。
 皮膚欠損用創傷被覆材は、手術の時や軽い傷の時には使用したものは算定できません。


皮膚欠損用創傷被覆材とは何ぞや!


早見表の定義を読んでいるだけでは一体何のことやらさっぱりわかりませんよね。何を使ったら真皮なんだか、皮下組織なんだか、医事ではさっぱりわかりません。
これは昨年発行された早見表からの抜粋ですが、実はもっと以前の早見表には、親切に商品名を載せていてくれていたんです!それがこれ!これ便利でしょう。この商品名が分かれば算定もしやすく本当に助かっています。




なんで最近の早見表からこの部分がカットされたのかは、疑問ですが(やはり商品名を出すのは・・・)となったのでしょうか。ジェネリックも増えて商品名が書ききれない程になったからかもしれませんが。

簡単に説明すると市販されているキズパワーパットのようなものですね。もっと詳しく知りたい方はこちらをクリックしてみて下さいね。➡皮膚欠損用創傷被覆材一覧


算定できない被覆材は


商品名「テガダーム」、「オプサイトウンド」、「バイオクルーシプ」「キュティフィルムEX」「パーミエイドS」などのポリウレタンフィルム・ドレッシング材については、創面保護を主目的とするものなので、皮膚欠損用創傷被覆材として認められていないので算定できません。

病名・算定について


ただの擦過傷や創傷では、通らない場合もあるので、当院では外傷性皮膚欠損褥瘡などの病名を付けています。使用した材料の大きさも記載して下さい(例:5cm×5cm等)

まとめ


医事にいて一番わからないのがこの材料の算定ではないでしょうか。現場にいないので、実際のものをみる機会がないのでイメージが湧きにくいのです。ましてや検査や処置、手術にどう使うのか見当もつきません。本などの知識だけでは理解できないのではないでしょうか。習うより慣れろですね。私は材料や検査器具など、看護師さんや技師さんに頼みどしどし本物を見せてもらうようにして、やっと理解できるようになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }