医師事務作業補助者の仕事 出生証明書

皆さま、毎日の業務お疲れ様です。医師事務作業補助者の仕事には、2つの大きな柱となる仕事があります。1つ目は、電子カルテの代行入力。そして2つ目は、各種文書の代行作成です。今日は診断書の作成をしてみましょう。

出生届と出生証明書


赤ちゃんが生まれたら、まず出生届を管轄の役所に出生届を提出する必要があります。生まれてくる赤ちゃんへの最初の大仕事です。
戸籍法第49条により

『出生の届出は、14日以内(国外で出生があったときは(国外で出生があったときは、3箇月以内)にこれをしなければならない。』14日目が市区町村役場の休日にあたるときは、その休日の翌日まで(連休の場合は連休明けの日まで)となる
届出書には、次の事項を記載しなければならない
1.この男女の別及び嫡出子又は嫡出でない子の別
2.出生の年月日及び場所
3.父母の氏名及び本籍、父又は母が外国人であるときには、その氏名及び国籍
4.その他法務省令で定める事項


医師、助産師又はその他の者が出産に立ち会った場合には、医師、助産師、その他の者の順序に従ってそのうちの一人が法務省令・厚生労働省令の定めるところによって作成する出生証明書を届出書に添付しなければならない。ただし、やむを得ない事由があるときは、この限りではない。
医師事務作業補助者は、医師に代わって出生証明書を記入することがあるので書き方を覚えておきましょう。




①出生届の子の氏名を記載する

②夜の12時は「午前0時」昼の12時は「午後0時」とする

③出生した病院や産院を記載する。自宅の場合は自宅住所を記載する

④正確に測定値を記載する。単位に要注意

⑤2多胎の場合、何子中第何子であったかを()内に記載する

⑥戸籍上の名前を正確に記載する

⑦出生時の週数を正確に記載する

⑧出生した子の母親の出産状況を記載する。今回の出生子、今回の婚姻以外での出生数を含む

⑨医師と助産師が立ち会った場合には医師

助産師と家族が立ち会った場合には助産師 ○で囲む

医師による記載に内容の確認依頼

⑩医師による確認(直筆のサイン・押印

まとめ


出生証明は、その子の人生の初めての大切な大切な証明書です。カルテの分娩記録を注意深く読んで、記載していきましょう。心を込めて丁寧にが基本です。書き終えたら、必ず何度も目を通し、医師に内容の確認を依頼し、直筆のサインをしてもらいましょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }