今月のレセプトチェック フィブリノゲン定量

フィブリノゲン定量 減点されました



(減点理由)B 
療養担当規則等に照らし、医学的に過剰・重複とみとめられるもの 審査結果の理由等:「本例での査定は、診療内容全般を通して過剰と判断します。」





(病名)播種性血管内凝固(疑)

(検査)PT(プロトロンビン時間) 18点
    APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間) 29点
    フィブリノゲン定量  23点  減点
この3つの血液検査でフィブリノゲンが減点されました。スクリーニング検査としてセットで検査をしているものでした。では、どうして減点されたのでしょうか。


凝固検査について


PT(プロトロンビン時間):外因性凝固機能を総合的に判断する
APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間):内因性凝固系機能を総合的に判断する
③フィブリノゲン:主として出血性または血栓性疾患(DICを含む)の診断。経過判定。あるいは血栓症に対する線溶療法時の経過判定に用いられるため、血栓形成や出血傾向の推測のために外科的手術前のスクリーニング検査としても有用。




恐らく出血性疾患のスクリーニングとしては、フィブリノゲンについては外科的手術の前にスクリーニングとしての意味合いが強く、内科系では査定されたものと思われます。


対策


実は、フィブリノゲンの減点は今回だけではありません。凝固系の検査のスクリーニングとしてセットで組んであるため、何度か減点されてきています。そのたびごとに症状詳記を医師に書いて頂き、再審査をしたこともありましたが、通過した経験がなかったので、今回からセット項目から外して頂きました。


まとめ


医療事務としては、過去の減点、再審査状況をまとめて、医師に減点されるべくポイントを理解して頂き、検査の見直しも必要です。検査や薬などは、日進月歩なので、査定の傾向に常に目を配り、減点されることなくレセプトを提出できるよう努めることが、我々の務めです。
明日からレセプト点検が始まります。日常業務に加え、レセプト業務も忙しくなりますが、みなさん10日まで元気に乗り越えましょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }