在宅持続陽圧呼吸療法治療器加算 (ASV)と(CPAP)の算定の違い

  診療点数早見表って、医療事務には必要不可欠ですよね。でもどうして難しく書いてあるんでしょう。ここではもっと簡単にわかりやすく解説します。 以前に在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料についてまとめてあります。そちらもご覧下さい。➡在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料


(ASV)と(CPAP)とは


ASV療法  患者の呼吸に合わせて陽圧を変動し、空気を送り込むもの

CPAP療法 一定の強さの空気を常に送り込むもの




算定の原則


在宅持続陽圧呼吸療法を行っている入院外の患者に対して、在宅持続陽圧呼吸療法用治療器を使用した場合に3月に3回に限り、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の所定点数に加算する。

ASVを使用した場合   3750点

CPAPを使用した場合  1100点


指示書


ASV





CPAP





レセプト「摘要」欄の書き方 例



ASV 

  1. 初回実施日:2012年3月3日

  2. 無呼吸低呼吸指数:脳波を含めた詳細なPSGで20.49

  3. 睡眠ポリグラフィー所見:重度閉そく性睡眠時無呼吸症候群 検査実施日2012年1月3日

  4. 自覚症状等の所見:CPAPの導入により夜間の熟睡が可能となった。ASVによりさらに症状は改善。

  5. (継続理由):上記自覚症状の改善により日常生活の質の向上のため、2か月を超え継続している。


6. (算定根拠):睡眠時に呼吸不全が出現しており、ポリソムノグラフの所見において夜間から早朝への無呼吸状態が長く持続する。ASVの装着開始によりこれらの症状は消滅したため、継続使用。(ASV療法実施開始日:2012年4月3日)





CPAP


  1. 初回実施日:2012年3月3日

  2. 無呼吸低呼吸指数:56.1

  3. 睡眠ポリグラフィー所見:重度閉そく性睡眠時無呼吸症候群

  4. 検査実施日:2012年1月3日

  5. 自覚症状等の所見:CPAP導入により昼間の眠気の改善、夜間熟睡が可能となった

  6. 継続理由:上記自覚症状の改善により日常生活の質の向上が見受けられたため2か月を超えて継続している



まとめ


以前に在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料について書きましたが、今日はその続き。レセプトでの漏れのないよう復習を兼ねてまとめてみました。

レセプト真っ只中ではありますが、軽く近所をジョギングしてきました。雨上がりの空と緑がとても目に鮮やかで気持ちよかったです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2アフィリエイト
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)

特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。
平成30年度診療報酬に向けて日々学習していきますね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
こちらも(*'▽')
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
一度使ってみて下さい。手放せなくなります。
一歩先行くレセプト点検学べます。
貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }