FC2ブログ

診療所か病院か

日から、勤め先の診療所の院長が学会に行かれるので、スタッフは臨時休業!あまり、有給を取りにくい我々にとっては、至極の喜び。私は、遠く離れて暮らす九州の父のところに、フェリー⛴往復旅行を計画している。
以前勤めていた病院では、有給はほとんど消化できるほど、利用していた。子供達も小さかったので、有給制度には色々と助けられた。病院の頃は、有給も取りやすかったなあ~と今更ながら思う。
しかし、従業員としては、診療所と病院どちらがいいのであろう。もちろん、それはその人にとってのデメリットなので、優劣はつけられないが、私の経験した限りでの診療所と病院との違いについて書いてみようと思う。 

以下、医療事務業務で、平正社員の場合

勤務日



【病院】月曜から金曜
【診療所】月曜から土曜     木曜は休み

休み




【病院】土日祝日   夏休み3日、正月休み5日曜 


【診療所】日祝日 お盆休み約3日、正月休み7日


勤務時間



【病院】
8:45~17:15  昼休み50分 


【診療所】
8:30~12:50  昼休み50分  15:30~18:30
午前診療が長引く場合は、午前と午後の間の休みがなくなったり、午後診療が長引く場合は診療終了までが勤務となる。20時、21時まで業務となることもある。

残業 レセプト時期除く



【病院】週1から3時間
【診療所】週5時間から7時間 

残業 レセプト時期



【病院】5から10時間
【診療所】2時間程度

業務内容




【病院】外来、入院、受付、会計、労災、事故色々な業務があり、担当替えがよくある。 


【診療所】事務業務は全てやるというスタンス。担当という区切りは曖昧。業務内容に変化なし。


トイレ休憩



【病院】いつでも取れる
【診療所】若干取りにくい、業務の合間に行く

業務改善




【病院】会議等にあげてからなので、中々自分の意見が通りにくい 


【診療所】院長への直談判も可  自分の意見が反映されやすい


給与



【病院】13から15万円
【診療所】18から20万円

有給



【病院】年10日  取りやすい
【診療所】年10日 取りにくい

採用試験



【病院】面接重視だが、試験をするところもある。資格などの提示を求められる。
【診療所】面接のみ。資格などの提示は求められる。

昇給



【病院】平社員の間はほとんど昇給なし
【診療所】年2000円程度のアップ

研修




【病院】マナー研修、個人情報研修、医療事務研修等 多数。診療報酬改定の折はその都度、研修あり。 


【診療所】年に数回。個人情報研修など。診療報酬改定時は、外部研修を利用するか、自分達で研究、学習する。


事務員数



【病院】30名  病床数250床
【診療所】4名 外来数100人/1日

従業員同士のトラブル



【病院】年間数件は必ずある
【診療所】今の所、3年間表に出るトラブルはほとんどない

食事会




【病院】忘年会、新年会、歓迎会、送別会など、年に5から6回   会費制


【診療所】年3回。そのうち1回は、旅行。診療所によっては、海外旅行を毎年恒例とするところもある。 全て費用は無料。


異動




【病院】〇〇会などの医療法人の場合、異動はある 


【診療所】ない


昼休みのコーヒー




【病院】全員で、割り勘 


【診療所】院長からの善意の提供


インフルエンザ予防接種費



【病院】1000円
【診療所】無料

社内恋愛




【病院】結構あり。ドクターや、薬剤師、コメディカルの方との恋愛チャンスあり。 


【診療所】院長以外は、全て女性。全くないに等しい


医療事務の立ち位置




【病院】医者   看護師 その他コメディカルの下 


【診療所】組織は小さいが立ち位置は病院と同じ


まとめ




いかがでしたか?どちらも一長一短って感じですかね。どちらも経験して初めて今の自分があると思うので、皆さんも両方経験してみると楽しいかもですね











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
最新コメント
訪問有難うございます
プロフィール

なつこ

Author:なつこ
某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

診療報酬早見表を調べる
(((uдu*)ゥンゥン
国保・社保に問い合わせる
(((uдu*)ゥンゥン
よくわからないまま算定する
(゚Д゚;)
医師事務作業補助者にもっと光を
✨✨
特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

(ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
Google AdSense

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



Google アナリティクス

当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

データ収集のためにCookieを使用します。

データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



Amazon.co.jpアソシエイト

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!
『最後までお読み頂きありがとうございました。』
『励みにします』
これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
医療事務初心者にはお勧め!わかりやすさNo1
薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }