FC2ブログ

ジェネリック薬の変更不可

後発医薬品(ジェネリック薬)が世の中に随分広まってきましたよね。テレビのコマーシャルでも多く見受けられるようになりましたし、「薬をジェネリックにしませんか。」などという御手紙が各家庭に届けられたり、世間的にも広く浸透してきたように思います。こちらも併せてご覧下さい➡ジェネリック薬のお知らせについて


後発医薬品(ジェネリック薬)とは


以前に一般名処方加算についてこのブログでも書きました。➡一般名処方加算について

要するに先発医薬品の特許期限が切れたものを、他社がこぞって同じ成分の薬を安く作って、販売をはじめたのが後発医薬品(ジェネリック)です。医療費を安く抑えるためにも後発医薬品を使いましょうというのが、一般名処方加算の狙いです。

同じ成分で安い値段!いかにも魅力的な薬ですよね。私は個人的には体が敏感なタイプではないので、先発に拘らず、出来るだけ安いジェネリックを選ぶようにしています。

しかし、やはり、使い慣れた薬がいい。という考えの人も多く見受けられますし、実際に先発薬と後発薬を飲み比べて、同じ成分にも関わらず、なぜか効果に違いが見られるという方もいるのも事実。

そんな時は、処方せんに「変更不可」のチェックを入れて医師の記名押印又は署名が必要です。

後発医薬品の方がいい人も・・・


「先発薬の方がいいので、後発医薬品に変えないで下さい。」という訴えの患者様は、結構いらっしゃいますが、最近少しづつ見られるようになってきたのが、例えば「『興和薬品』さんから出ているジェネリック薬がいいんですが・・・」など敢えて、後発医薬品を望む方です。そういう場合はどういう風に処方せんを記入すればいいのでしょうか。基本は、処方せんに「変更不可」の原則と同じで、「変更不可」にチェックを入れて医師の記名押印又は署名が必要ですが、それに加えてその理由を「備考」欄に記載しなくてはなりません。

書き方はこちらを参照してください。⇩







なお、先発医薬品を「変更不可」とする場合は、理由を記載する必要はありません。


まとめ


ジェネリック薬は多くの製薬会社が出しているので、ジェネリック薬が浸透してくると、今度はひいきの会社のジェネリックを所望する患者様が増えてくるでしょう。微妙に値段も違いますし、薬局にすべての製薬会社の薬をそろえている訳ではないでしょうから、取り寄せになると薬局も大変ですね。薬は医者が選んで与えるものではなく、患者が好んで選べる時代になってきました。患者のニーズに応えるべく、事務サイドも薬の知識を広く持つことが重要になってきそうです。

薬の長期処方について

今日から最愛の子供達が続々と帰省してきます。母は朝から布団の準備からバーバキューの算段からと、大忙し。言い忘れました。私には3人の成人した1男2女の子供達がおります。(ちなみに夫の両親、妹・夫・私・子供三人・犬一匹、猫2匹・亀一匹との二世帯住宅で8人、ペット4匹の大家族です。)

上の娘・息子は既に社会人。末娘は大学生。それぞれ遠方で一人暮らしをしています。子供たちが去った子供部屋は、夫婦二人、それぞれの部屋に改造しましたので、子供達三人の寝る場所を確保するのに家具をまた動かしたり、布団を出してきたりと、朝から汗びっしょりです。現在の私のブログ部屋も末娘が使っていた部屋を改造したもの。今でも高校生時代の時間割が置いたままの部屋を陣取って使っているので(了解を得ていません・・・(-_-;) ブログに夢中の母に、帰ったら呆れられるかもしれません。)

我が家の愛犬も子供たちの帰省がわかるのか?母のウキウキワクワクが伝わるのか朝から意味もなく笑って家中を走り回っています。






(ネタバレ)ちなみにこの子の名前は「なっちゃん」私のブログのハンドルネームのtwitter_icon_f07a237e2197fdd9edc11b0fafb74c95.jpg「なつこ」のモデルになっています。この画像も子供が小さかった頃、なっちゃんの顔を書いてくれたものを採用しています。著作権乱用にならないように帰ってきたら娘から許可をもらわなければ!!


お盆休み


皆様のところのお盆休みは何日間ですか?私のクリニックは、8月10日から15日までの計6日間です。長いですかねえ?病院に勤務していた頃は、順番に夏休みを3日間取得するシステムでしたので空いている時を狙って休めれば、人の波にのまれることなくゆったりバカンスを楽しむことが出来たので、どちらがいいのかはわかりませんが、夏休みは嬉しいものです。
クリニックの長期休みのお知らせは事前に、1か月前頃から、院内掲示への張り出し、モニター画面での案内、領収書と共に手渡す「休みのお知らせのご案内」、ホームページへの掲載、留守番電話案内のアナウンス。あらゆる手段を講じてもなぜか休み明けに、「この前わざわざ来たのに、休みだった!薬が切れてしまって困った!」と怒られる患者様も必ずいらっしゃいます。どこまで事前の休み予定を徹底したら伝わるのか。まだまだ課題があります。


30日限処方


当院の院長は平成28年度の診療報酬改定以来、一回の処方を30日分限度としています。

その理由は、平成28年の診療報酬改定において、予見することができる必要期間に従った投薬量が適切に処方されるよう、取扱いの明確化を図るため、30日を超える長期の投薬については、条件が設定されたからです。




医者が30日以上処方するためには、以下が確認されなければなりません。


  • 病状が安定しているか

  • 患者が飲み忘れなく、薬の服薬管理ができるか

  • 病状が悪化した際の、連絡先を教えているか


医療機関側は、30日以上投薬する場合は、上記確認事項を確認した旨をカルテ及びレセプトのコメント欄及び処方せん備考欄に記載しておく方が、無難ということです。

しかし、盆正月休みのような長期休みの場合、30日処方では納得のいかない患者様も多くいらっしゃるので、次のような方針を定めています。


長期処方をする場合


①紹介状を渡す

長期で旅行などに行かれる予定の患者様等は国内に限っては、患者様の身体状況・服薬状況を書いた紹介状を作成し、滞在先の近隣の医療機関で診察を受けた上で投薬を受けるよう説明しています。

②分割処方をする


これは症状が完全に安定していて、定期の薬のみで、長期自宅を離れる患者様に限って発行しています。これなら医療機関を訪れる必要がなく、直接薬局に行くだけなので患者様には好評です。詳しくはこちらもご覧下さい。➡分割処方について



まとめ






患者様のお薬手帳などを拝見すると他の医療機関では未だに30日以上の投与をしているところを多く見受けられます。上記のように長期処方の理由をカルテレセプト等に記載しているからなのかもしれませんが、医療機関によって違いがあると患者様は不可解に感じられるようです。「どうして先生のところは、1か月分しか薬を出してくれないの?○○病院では3か月分出してくれるのに。」と言った具合です。その都度、長期処方の意味や危険性も説明し、納得して?帰って頂いております。


当院で30日処方を厳格にしている訳は、診察の度に残薬を確認すると、飲み忘れも多く、服薬管理が出来ない患者様も多くいらっしゃる現実を把握しているからです。


もっと強い厚労省の規制が加われば、一斉にどこの病院も処方日数を厳格に守るのでしょうが、患者様に不満を漏らされると、なんだか真面目が損をしているような気分になります。


皆さんの病院ではどうですか?















    漢方薬の保険適用

    最近、漢方薬の処方が増えてきていると思いませんか?当院の院長も保険適用の漢方を次から次へと採用しています。そのため院内に出入りするMRさんの中に「ツムラ」の社員の方を多く見かけるようになりました。

    漢方薬は2剤まで???

    実は、これよくわかりません。というのも漢方薬について細かくのっている医療事務本を私は見かけたことがないからです。ただ、漢方は2剤まで!となんとなくインプットされた知識でこれまできています。どうも調べてみると過去に3剤で査定された経歴もあるようで、(漢方には似た成分の組み合わせが多いため)はっきりとしたことがわかりません。


    漢方薬の適応病名(抜粋)

    葛根湯(感冒・神経痛)
    小青竜湯(感冒・アレルギー性鼻炎)
    補中益気湯(感冒・食欲不振)
    麦門冬湯(気管支炎・気管支喘息)
    麻黄湯(気管支炎・インフルエンザ)
    清肺湯(咳)
    八味地黄丸(糖尿病・しびれ)
    当帰芍薬散(動悸)
    半夏瀉心湯(口内炎・下痢)
    半夏厚朴湯(口頭違和感)
    六君子湯(慢性胃炎・十二指腸潰瘍)
    大建中湯(腹部膨満・便秘)
    牛車腎気丸(浮腫)
    五苓散(めまい・頭痛・下痢)
    防風通聖散(肥満)
    抑肝散(認知症・神経症)

    このように漢方には、西洋薬と違い適応病名がなんとなくざっくりしていると思いませんか?そのせいか、今まで漢方薬での病名違いによる査定はありません。

    漢方薬は食前か食後か

    多くの場合、漢方は食前指示ですよね。しかし薬を飲みなれた人でも食前薬は忘れがちです。そういう時は、食後にのんでもらっています。勿論食前にのめればそれに越したことはないのでしょうが、どうしても無理な場合は食後にのんでも効能にさほど差はないようです。飲むのにもざらっとして苦くて飲みにくいという声もよくききますが、煎じてのむこともできます。即効性がないと言われますが、実は小青竜湯などは短期間で効果を出るものもあります。

    漢方薬の副作用

    漢方は安全性が高いとよく言われますが、副作用がないわけではありません。間質性肺炎、肝障害などがあります。血液検査で肝機能障害がみられ、初めて漢方の副作用を疑う場合もあります。

    まとめ


    fc2blog_20170430195919474.jpg

    個人的に、私は西洋薬より、どちらかというと漢方が好きです。昔から愛飲しているのは、風邪をひきそうになったら、葛根湯。アレルギー症状には小青竜湯。咳があるときには麦門冬湯。マラソンでのこむら返り防止に芍薬甘草湯。膀胱炎症状には猪苓湯。などいつもお世話になっています。ドラッグストアに行っても漢方薬のコーナーをぶらっと立ち寄るタイプ。最近興味があるのが八味地黄丸。更年期防止に役に立ちそうだなあと。プラセボ効果というものかもしれませんが、私は漢方はよいと勝手に思い込んでいるので効くのかもしれません。飲みにくいのが玉に傷ですので、もっと錠剤が採用されればいいなあと思っています。


    高血圧の薬

    血圧って知らず知らずに上がるんですね~


    「血圧少し高めですね。140/70です。」

    40代半ばを過ぎた健康診断でそう言われるようになりまして。

    20代の頃は上の血圧が100以下だったりしたので

    私の血圧は低い!と思っていたので、最初は、はあ?って感じで。

    まあ、何の症状もないし、体調もいいし、大丈夫だろうと放置しておりました。


    しかし、約1年前、50を過ぎた頃、

    「血圧 145/89だね。下の血圧が高いのは、気になるね。毎朝早朝高血圧を測ってみて下さい。」

    と、医者に言われまして、

    恐る恐る

    「血圧計ないんですけど・・・」

    「血圧計ないの?一家に一台あると便利だよ。買って測ってみて下さい。」

    とまで、言われてしまったので、早速血圧計を買いに出かけました。

    (医者には手首で測るものより、腕で測るものを勧められました。心臓に近い方が正確らしいです。)


    早速、血圧計を買うことに。


    近所の家電量販店に行ってみると、色んな血圧計がありすぎてびっくり(゚Д゚;)

    下は数千円から上は数万円まで、何の機能がいいんだか悪いんだか、迷って購入できず、トボトボと家路につきました

    帰宅して、私の愛読している通販生活春号がポストに届いておりまして、ペラペラとめくっておりますと、

    IMG_4537.png「これだ!」

    血圧計なんてカフを巻いて、スイッチポンでどれも同じでは?と思ったのですが、この血圧計のすごいところは、緊張すると血圧が上がるタイプの人は、正確な血圧が測れないらしく、それを解消したところ。血圧を測り終えると、緑のランプと赤のランプのどちらかが灯り、緑なら正しい血圧。赤なら緊張血圧と表示してくれるのです!価格は税込み9980円と若干高めかなあ?と思ったのですが、一生使うものだし、我が家のお気に入りにしようと購入を決めました。


    早朝血圧を測る日々が始まりました。


    ちなみに早朝血圧を測るのって面倒なんです。医者曰く、朝起きて食事をする前の1時間以内、(但し排尿を済ませること)なんて 条件が意外に厳しくて。それだけで血圧上がりそうなんですけどね。昔基礎体温を測ってた時も、起きる前に舌下で5分測るのが大変で途中で挫折した経験もあるので、今度は頑張るぞ~。そして約1週間、測った記録がこれです。

    securedownload.pngこれって高いらしいです。

    主治医に意気揚々とこの記録を見せたところ、早速、高血圧の烙印を押され、こんな薬が出されました

    ロサルタンロサルタンカリウム(ニューロタン)というお薬です。       ちなみにこれはジェネリックで、1錠25.7円です。先発薬のニューロタンが1錠65.1円なので約2分の1以下。一生飲み続けるかもしれない薬なので、少しでも安いジェネリック薬をお願いしました。死ぬまで一体いくらのお金がかかるのかしら。


    高血圧になって今後予想される費用を計算してみました。


    (50歳から85歳まで生きるとして、負担金3割で、月に1回病院通いを続けたとしたら・・・)

    <病院> 再診料73点+投薬料68点+特定疾患療養管理料225点=336点

    <薬局>調剤基本料41点+薬剤服用歴管理指導料38点+調剤技術料80点+薬剤料3点×30日=249点

    <合計>585点➡1755円×12か月×35年=737,100円

    もちろんこの間に日本の情勢はめまぐるしく変わって保険制度が崩壊してるなんてこともあるかもしれないですけど、高血圧ってだけでこんなにかかるなんて。ましてや今後もっともっと薬を増やしたり、他の病気を併発し、検査をしたり、入院したりなんてことになったとしたら、ね~(-_-;)

    薬を飲まずに過ごしたとしたら、あと何年生きられるのか試算出来ればいいんですが。

    続きを読む

    スポンサーリンク
    最新コメント
    訪問有難うございます
    プロフィール

    なつこ

    Author:なつこ
    某クリニックの医療事務をしております「なつこ」と申します。
    現在、医療事務と医師事務作業補助者の二束のわらじで勤務中。
    全国の医療事務員の皆さま。診療報酬でつまずいた時、どうされてますか?
    医師事務作業補助者の皆さま。あなたのドクターに不満はありませんか?

    診療報酬早見表を調べる
    (((uдu*)ゥンゥン
    国保・社保に問い合わせる
    (((uдu*)ゥンゥン
    よくわからないまま算定する
    (゚Д゚;)
    医師事務作業補助者にもっと光を
    ✨✨
    特にクリニック勤務の場合、病院勤務に比べ、相談する相手がいなくて困っていませんか?
    かく言う私がその一人。診療報酬に携わる皆さん、医師事務作業補助者の皆さんへの応援ブログです。

    (ちなみに、当ブログで掲載された診療点数の内容に関しては私個人の見解ですので、内容に関してのトラブルには一切責任を負いません。)
    Google AdSense

    当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

    広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

    Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。



    Google アナリティクス

    当サイトではアクセス解析のためにGoogle アナリティクスを使用しております。

    データ収集のためにCookieを使用します。

    データが収集、処理される仕組みについては、ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用をご覧ください。



    Amazon.co.jpアソシエイト

    当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

    第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブログ内の記事から探す
    入力した語句が含まれる記事を探せます!
    『最後までお読み頂きありがとうございました。』
    『励みにします』
    これが無ければ始まらない。是非とも一人一冊お勧めします
    貴方の?の答えがここにあるかも。1038問ものQ&Aで悩み解決。
    薬のことならこの1冊で全て解決。持ち歩くのにも最適なサイズ感。絶対おすすめです。
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }